熱が出た。
高熱だ。39度以上ある。
ってことで、僕は町医者の待合室で、順番を待っていた。
ここの先生は、おばちゃんたちに人気があるらしい。
「若くてステキ」なんだそうだが……
今の僕には、そんな理由で混んでいることが、恨めしかった。
 
春先。
このシーズンになると、決まって僕は高熱を出す。
普段は、風邪も引かないのに。
それでもって、この時期は、仕事が忙しい……病気してる暇は、ないんだ。
入社してまだやっと3年目。病欠なんて、恐れ多いし、皆勤手当もほしい。
休んじゃいられないんだ! 
 
 
「……ノサン…、コウノサン…」
――あれ?
  
「高野さーん!」
「……はい?」
まだまだ、僕の番じゃない筈だ。
でも、僕を呼んだらしい……虚ろな目で返事をした。
「かなり、様態が悪いようね。こっちへ来て」
看護師のお姉さんに支えられて、奥の個室へ連れて行かれた。
簡易ベッドが2つ並んでいて、カーテンで仕切れるようになっている。
採血とか、点滴とかするのに使う部屋だった。
 
「混んでるから、まだまだ先なの。ここで寝てて。辛いでしょ」
一年に一回しか来ないけど、その看護師さんを僕は覚えている。
姐さんタイプのしっかりした人。
僕より、ちょっと上…かなぁ?
「……すみません」
壁際のベッドに僕を寝かせると、黄色いタオルケットを身体に掛けてくれた。
「早く、言ってくれればいいのに。先生が気が付いて、こっちにって言ってくれたのよ」 
「え……先生が?」
「順番まで、寝ててね」
お姉さんはカーテンを引くと忙しそうに、部屋から出て行った。
 
………ここの先生、僕、ちょっと苦手なんだよなぁ。
 
去年を思い出した。
やっぱり、熱で動けなくて。
でもどうしても仕事があったから、解熱剤だけ処方してほしかったんだ。
そしたら、優しい顔で微笑みながら、すごい怒られた。
仕事と命、どっちが大事なんだって。
そんな大げさな……
僕は笑ったけど、過労で倒れる人は、そう言うところで自分を休ませないって、真剣に怒って心配してくれた。
 
あの時の――― 
あの、にっこりの眼鏡の奥が、何となく怖いんだ。
 
「高野君」
カーテンが揺れて、背の高い白衣の人が入ってきた。
「うわ、先生……」
僕はびっくりして、声が上擦ってしまった。
「やっぱり、かなりの高熱だね」
僕の横で屈むと、額に手を当てた。
「汗も相当掻いてる。ちゃんと水分取ってる?」
僕は首を振った。
今朝起きて、水を1杯飲んだだけだった。
「あいかわらず、自己管理してないね」
クスリと笑う。
「先生……忙しいんじゃ……」
順番待ちの患者が、待合室にはたくさんいるはずだ。
眼鏡の奥を覗いてみる。優しげなちょっと垂れた目が僕をじっと見返した。
「うん、だから先に看ておこうと思ってね」
言いながら、ぴらっと僕に掛かっていたタオルケットを、足の方から捲り上げた。
「!?」
「病院に来るのに、こんな格好で……」
呆れた先生の声。
このまま会社に直行するつもりで、スーツを着込んでいた。
「え、ちょ……!?」
先生の手が、僕のベルトを外し始める。
「すぐ戻らなきゃいけないから、さっさと終わらすよ」
「え……?」
下着ごと、ズボンを足首まで引き降ろされた。
「膝を曲げて、少し立てて」
…………何!?
僕は朦朧とした頭で、焦って脚を閉じた。
腰が外気に晒されて、身体は熱いのに、鳥肌が立つ。
「ひゃあっ!?」
後ろに、…僕の……後ろのそこに、何か冷たくて硬い物が突っ込まれた。
「せ……先生、何!?」
「静かに。熱を測ってるだけだよ」
―――ね……熱!?
そんなとこで、計らなくたって!
猫や犬じゃ、あるまいし……
 
でもそれは、すぐに取り出してくれた。
「うん……高いね39度6分」
「……………」
……あちゃー、高いなぁ…
高熱と恥ずかしいので、顔を真っ赤にさせながら、僕は呻いてしまった。
「……会社が……」
「まだ、そんなこと言ってる。肺炎起こしたら、入院だよ」
「それは……もっと、困ります……」
「とりあえず、解熱しようね」
「………ハイ」
って、………えっ!?
今日何度目の、叫びだ?
「せ……せんせいっ」
「静かに。自分じゃ入れるの難しいだろうから、ぼくが入れてあげる」
事も無げに言う、その手には解熱用の……座薬。
「いっ……いいです! ……自分でやります!!」
僕は手を差し出して、振り回した。それを先生から奪いたかった。
「これは体温ですぐに溶け出す。手に持ったらすぐ入れないと、いけないんだ。君の指じゃ熱すぎるよ」
「やっ……」
膝を強引に開かせると、銀色のフィルムを捲り上げて取り出した、真っ白いピストルの弾丸みたいなモノを、僕の後ろにあてがった。
「力抜いててね」
………ぅうっ……恥ずかしい……
「ん……」
ぬぷりと、挿入された。滑りが良く、思った以上に抵抗無く入ってきた。
「…………はぁ……!?」
問題は、その後だった。
「ぁ……せん……せい…?」
押し込んだ指を、更に奥に入れてくる。
「奥に入れないと、出てきちゃうでしょ」
……そうかも、しれないけど……
「や……そんなに……動かさないで……」
中で、先生の人差し指が妙に動き回っている。
僕は、腰に変なムズムズが湧いてくるのを、抑えられなかった。
「せん……せ……ぁあ……」
それ以上は、熱い吐息になった。
ただでさえ、熱いのに。
腰を中心に、血流が回り出す。
背中にじっとり汗を掻いてきた。
 
「ほんとに君は、頑張りすぎだから。暫くここで寝てなさい」
「………はぁ…」
返事がまともに出来ない。
腰をくねらせて、指から逃げようとしてるのに……。
「おや、元気になってきたみたいだね」
「!!」
こんな絶不調なのに……僕の股間はちょっと大きくなっていた。
「………せんせいぃ」
膝を閉じたい。そこを隠したい。指を止めて………!
僕は恥ずかしくて、どうしていいか判らなかった。
「いい加減、戻らないとね」
そんな僕の醜態を見下ろしながら、先生はクスリと笑った。
明るく染めた長めの髪が、さらりと揺れる。
「座薬が出てこないように、蓋しとくからね」
「……は?」
今度こそ、驚いた。
先生が取り出したのは……
「やっ!! ……いいです………そんなの!!」
 
――あ……ありえない!!
そんでもって、絶対、無理!!
 
僕の目は、ソレに張り付いてしまった。
こんな、公共の神聖な(?)病院に、とても不釣り合いなソレ! 
何がムリって、デカ過ぎる、そんなの。
先生が握っているのは、かなり太めのバイブレーターだった。
「上反りで、カリ高。これは、気持ちイイよ」
にっこり微笑んで、指を増やした。
「……ぁあぁ!……」
「しっ……さっきの看護師が、来ちゃうよ。見られてもいいの? こんなとこ」
「――――!!」
 
ズボンを降ろされて、男の先生に、後ろに指突っ込まれてる。 
 
どう見たって、これは恥ずかしい。
先生の手にしているモノが、卑猥さをいっそう煽る。
しかも、僕………喘いじゃってるし……でも……
「そんなので、蓋しなくたって……」
「こうでもしないと、順番待てずに、会社に行っちゃいそうでね」
「―――――!」
その可能性は、あった。
「……ぁ……ぁああぁ……」
あてがわれた、バイブの先端が、僕を押し開く。
………ぁっ、……んんっ……
入ってきた瞬間、そこがぞくりと疼いた。
指と入れ替わりのそれは、余りに太い。
「……んっ…ぅん…」
両手で口を塞いで、声を殺した。
「……はぁ……ぁぁああ…」
異物感が気持ち悪い。
「や…」
かなり、強引に押し込んでくる。
朦朧としてて、なにがなんだか…熱いの…苦しいの…気持ち悪いの…って…
 
―――先生…やめて…タスケテ
 
でも…でも……なに……この感覚……
「ぁぁあ……せんせい……それ…大きすぎ……」
圧迫力が、凄い。
出し入れしながら、少しずつ奥を目指す。
体内をこするバイブの括れ部分が、僕の腰に異様な快感を生み出した。
……なんか……僕――どうしよう……
「ん…くぅ………」
…や…嫌だ……声が…
「……はぁ……せんせい……」
熱い吐息を吐きながら、僕はそれを全部くわえ込んでいた。
手だけじゃ抑えきれず、タオルケットを咥えて声を殺していた僕を、先生が見下ろす。
「目が真っ赤に潤んでる。高熱のせいかな?」
なんて言いながら、前髪を梳いて覗き込んでくる。
「…………!」
先生のせいでしょ! って言い返したかった。
「こっちも、すっかり元気だね」
「…………あっ」
完全に勃起している僕のそれを、ゆるゆると撫で上げた。
―――うぁ!?
電撃が走ったみたいに、腰が震えた。
「…んんっ……はぁ…」
先生の、生の指……。
変に興奮して、後ろで咥えているモノを、ぎゅっと締めてしまった。
 
………あぁ……
 
先生はそんな僕を楽しそうに眺めて、そのまま下着とズボンを穿かせなおした。
股間は、アッパー状態。
黄色いタオルケットを、足先まできちんと掛けてくれた。 
「じゃ、順番が来るまで、そのまま待ってて」
にっこり笑って眼鏡を光らせると、カーテンの隙間からするりと出て行った。
さらりと、髪をなびかせて。
「………え……先生!?」
ちょっと待って……
こんなもの挿れたまま……
「あ!?」
ブィィィィと、機械音が聞こえたかと思った瞬間、僕の中でバイブが振動し始めた。
 
―――――やっ!! ……まさか!!
 
「………ぁっ、…ぁあぁぁ…!」
思わず、呻いてタオルケットに噛みついた。
振動が、僕の中でポイントを擦る。
前への刺激が、半端なくすごい。
「あぁ……やぁ……」
身体をくねらせて、僕は藻掻いた。
横向きになって、身体をくの字に曲げた。
――――んぁああぁぁ!
もっと、刺激がすごい。
でも、仰け反っても、真っ直ぐになっても、快感は違う部分を襲ってくる。
「うあ………やぁ……せんせい……」
どうにかなってしまいそうで……。
隣の診療室にいる先生に、助けを求めたかった。
もうダメだ、いい加減、声が漏れる!
と危険を感じたころ、やっとバイブが止まった。
「………はぁぁ……」
深呼吸を繰り返す。
その時……
 
「高野君、入るよー」
声と共に、さっきの看護師のお姉さんがカーテンを開けて入ってきた。
「―――!!!」
悶絶していた僕は、哀れな顔をしていただろう。
「ちょっと! …高野君、顔が真っ赤! 熱、上がったかなあ?」
心配して、備品のタオルで顔や首を拭いてくれた。
「すごい辛そう……。どんどん汗を掻いて、熱を体内から出そうね」
そう言って、用意してきたのは点滴だった。
「…………」
―――どうしよう
咄嗟に身体を壁側に向けて、お姉さんには背中を見せていた。
「ハイ、仰向けになって。腕出して」
「…………」
僕は恐る恐る仰向けになった。さりげなく膝を立てて。
股間が脹れているのが、バレるんじゃないか。それが怖かった。
………それに。
またいつバイブが動き出すか、判らない。
緊張した僕は、呼吸一つ殺すような有様だった。 
「ハイ、これでよし。2時間で終わるから、眠っちゃっていいよ」
緊張を勘違いされて、子供のようにあやされた。
「暑かったら、これ、取ろうか?」
タオルケットを剥がそうとした。
「や!! ……いいです! ……そのままで」
泡食った僕は、半身を起こして、叫んだ。
―――ぅあああぁ!
失敗! 体内のバイブに圧迫されて……
「……そう? それじゃ、何かあったら呼んでね」
何も気付かずに、お姉さんは出て行った。
―――はぁ、―――焦った…
そのあと、何回かバイブは自動で動き出しては、止まった。
「…ぁあぁ………ぁぁあっ………!」
僕は、その度に悶絶した。
イキそうになっては、止められて……それを何回も繰り返す感じで。
……はぁ……はぁ……どうしよう……
取っちゃおうか。こんなの、いつまでも挿れとくもんじゃない…… 
僕は熱で朦朧としながらも、身体の疼きにほとほと参ってしまった。
お尻に嵌っているそのおぞましいモノを、何度も外してしまおうかとベルトに手を伸ばした。
しっかり元通りズボンを穿かせ直して、ベルトも嵌めている。
この中が、そんなになってるなんて……。そこが膨れてなければ、嘘みたいだった。
早く、外したい――でも、あの眼鏡の奥の瞳を思い出すと、何故か怖くてできなかった。 
「……んっ……くぅ…」
まただ。……動き出した。
「あっ……はぁぁ……」
左手は安静のまま、右手で何とか口を塞いで。
動かしても大丈夫にはしてくれてるけど、何となく怖くて左腕には力を入れられない。
とにかく膝を擦り合わせて、振動と突き上げてくる疼きを、散らした。
――うあぁ……もう、いいかげん……ヤバイよ
「ふふ、いい声だね」
するりと、カーテンの隙間から、先生が入ってきた。
「―――!!」
僕はびっくりして、声も出なかった。
全く気配が無かったから。 
「………せん…せい……」
やっと絞り出した声は、酷く掠れていた。
口の中が、カラッカラだった。
「水も渡しておくように、指示するのを忘れていたよ」
そう言うと先生は、持ってきたペットボトルの水を自分の口に含んだ。
「―――んっ!」
いろいろ無抵抗な僕にその唇を押し付けてくると、直接水を僕の喉に流し込んだ。
僕の喉は、音をたててそれを受け入れて、飲み下してしまった。
その間も、バイブは動いたままだ。
零さないように……なんて、集中できない。
唇から零れた、飲みきれない水が、幾筋も首まで伝った。
「―――はぁ……」
先生を見つめる。
――止めて……早く……外して… 
「そんな、熱っぽい目で見られると……ドキドキするよ」
また、前髪を後ろに梳いてくれる。
「……誘われているみたいで……」
「…………」
僕は首を横に振った。 
先生は片手でタオルケットを足の方から捲り上げた。
さっきと同じように、ベルトを外して下着まで脱がせる。
僕の勃起したモノは、さっきよりもっと元気に勃ち上がってしまった。
……ひゃー、恥ずかしい……!
「ぁ…見ないで……外してください……早くはずして……」
じっくり覗き込むように、後ろに顔を近づけるから。
そこはもう、凄いことになってる。 
止まらないバイブのせいで、腰ごと震えて、ゆらゆら揺れてしまう。
咥え込んでるそこも、いやらしくヒクついている。
「トロトロ……後ろまでびしょ濡れだね」
眼鏡が光ってよく見えないけど……先生の瞳は妖しく輝いている気がする。
「先生……僕……」
身体の高まりに、どうしようもなく焦れる。
まさかこんな所で、自分でするわけにもいかないし。
でも……ここまで高められた身体は……もう……
「そのまま、タオルケット噛んでて」
右手で僕の髪を梳きながら、左手でそそり立っているモノを掌中にした。
「……んっ!」
熱い! 先生の手……
 
―――あぁ………すごい……
 
大きく上下する。
その度、鈴口やくびれを刺激して。
自分でするより、よっぽど生々しかった。
「……ぁあぁっ……せんせい……せんせい……」
もっともっとと、ねだるように腰を突き出してしまった。
気持ちよすぎて、苦しい。身体を反らせて、のたうった。
扱くのに合わせて、後ろが収縮する。ぎゅっと締め付けるたび、違う快感に悩まされた。
……ぁああ、すご……
身体の奧から……腰の中心から、背中にかけて、何かが這い上がっていく。
―――ぅああ……
心臓がバクバクしてくる。上下する手は、どんどん早い。
「先生……先生………!」 
……もう……イク……いっちゃう
「ぁあ、ダメ――先生……どうしよう……僕」 
怖くなった。
ほんとに、このままじゃ、イっちゃう…… こんなトコで……
 
涙目で縋る僕に、楽しそうに眺めていた先生は、 
「無理して、会社行かない?」
「………え?」
こんな時に、何を…… 
「……はぁ…」 
僕は真意がわからないまま荒い息で、こくんと頷いた。
「それなら、いいよ」
バイブの端っこを摘んで、ゆるゆると抜き始めた。
………んんっ!
か……カリ高って…… このことか!
バイブのくびれが、体内を抉る。擦り上げる感じが、堪らない…… 
「………あぁ」
それでも、外してくれると思っていた。先生が笑った。
「アッ!?」
「静かに。イカせてあげるから」
抜かれると思ったバイブがまた入ってきた。
そして、先生の唇が僕の大きくなってるモノを咥えた。
「んぁっ……ぁあああぁ……!」
やっ! ……なにっ……なに………
咄嗟にタオルケットの端を口に押し当てて、目を瞑った。
――――ぁああああぁぁ!!
生暖かいぬめったものが、僕の廻りを這い回る。
唇が吸い付いては、扱き上げて、内側のモノを吸飲する。
透明な液体が先生の口中に溢れて、淫猥な音を立て始めた。
…あっ、…あっ…あっ………!
バイブも激しく出入りされて、妖しげな疼きがどんどん高まる。
僕はすっかり脚を開いてしまい、それでも強すぎる刺激に腰を捩った。
―――いく……イクッ!
「…ぁあぁ……せん……せ…」
ビクンッ! と、全身が痙攣した。
先生の顔に打ち付けるみたいに腰を仰け反らせて、すごい絶頂感。
「…ぁあぁ……はぁ………」
長いこと痙攣しっぱなしだった。
後ろを搾ってしまい、余計に刺激を受けてのたうった。
 
「……………」
やっと唇とバイブを外してくれた時は、僕はくたくたで、声も出なかった。
「気持ちよかった?」
濡れた頬を拭いてくれながら、先生は眼鏡の奧から微笑んだ。
「――――っ!」
僕は唇を噛み締めて、その目を睨み付けた。
動けないのをいいことに、…何したんだ、この先生!
抗えなかった僕も僕だけど……今更ながら、悔しくなった。
「これで、よく眠れるよ。入院したくなかったら、当分絶対安静だからね」
「―――――」 
顔を真っ赤にしながら、睨み付けるしかなかった。
「君みたいな…可愛い顔してスーツ着た子が、頑張ってるのを見るとね……」
また前髪を梳いてくれる。もう、汗でべとべとだった。
「悪戯したくなる」
――――!!! ………お……応援じゃ、ないの……?
愕然としてしまった。
ここに入院設備がなくてよかったと、つくづく思った。
あったらさっさと放り込まれて、何をされているかわからない。  
身体を綺麗に拭いて、パンツとズボンを元通り穿かせると、先生は朗らかに微笑んだ。
「じゃ、後でね」
「―――――」  
部屋を出て行くのと入れ替えに、さっきのお姉さんが入ってきたようだ。
「あら、先生どちらにいらしてたんですか? 待ってますよ、患者さん!」
「ん、ごめんね。トイレ」
……………!!
呆れたところへ、カーテンを開けてお姉さんが入ってきた。 
「やだ、まだ顔が真っ赤ね! 点滴終わる頃にはだいぶ楽になると思ったのに」
―――ほんとなら、そうだと思うよ……僕も……
「あら、でも表情はさっきよりずっとスッキリしてるわね。薬、少しは効いたかな? よかったね」
「………………」
点滴を外しながら、にっこり微笑んでくれる。
「もうすぐ順番よ。先生、こっちに来て看てくださると思うから、寝ててね」
さらににっこり微笑んでエンジェルナースは出て行った。
 
………………。
これ以上、ナニを看るっていうんだ?   
こんなタダレた病院、二度と来るかと、僕は誓った。
近づいてくる先生の足音に、ドキドキしてしまいながら……
 
 
 
 
-終-

                                 

NEXT-File長編SS短中編