「失礼しまーす」
コンコンと、軽くドアを叩いて開けた。
教授の部屋は、廊下の一番突き当たりなので、静まりかえっていて怖かった。
 
細めに開けたドアの隙間から中を覗き込むと、本棚が壁中に作り付けられていて、図書館のような匂いがした。
「何をしている? 入ってきなさい」
部屋の奥から、悠然とした声が響いた。
「…………」
俺は思い切って、室内に顔を突っ込んだ。
薄暗い部屋で窓を背に、正面奥のでっかい机の向こうに教授が座っているのが見えた。
「……あの、俺…」
 
俺は留年の危機に瀕していた。
要するに遊びすぎて、単位が足りなくなりそう……という、よくある話しなんだけど。
うっかりしたことに、落としちゃいけない講義を、俺はサボりまくっていた。
散々忠告は受けてたんだ。教授の講義はちゃんと出とけって。
 
「……わたしの講義を専攻しておきながら、出席しないというのは……」
 
ふんぞり返った革張りの椅子の上で、ゆっくりと教授が喋り出した。
「……どういうことかな? ……こちらへ来なさい」
「…………ハイ」
俺は小さくなりながら、ドアを閉めて教授の前まで進んだ。
この教授……どっか気持ちが悪いんだ。
目線が絡みつく。それがいやで、2・3回講義に出ただけでやめてしまった。
白い口ひげを右手で弄りながら、俺をじっくりと舐め回すように見つめる。
「すみませんでした。悪かったです。教授……俺……どうしても単位ほしいんです…………」
もう、平謝りだ。
他のヤバイのも、なんとかしてくれって、謝り倒してお願いしてきた。
あとは、この教授さえ落とせれば……
「お願いします! 教授の授業を受けたかったのは、本当なんです! やむを得ず、欠席が続いてしまって……すみませんでした!!!!」
ガバッと、身体を二つに折って、頭を下げた。
あんま見つめられたくなかったのもあるし、表情から演技がバレるのも困るから。
 
「……君みたいなのが、多くて困るねえ」
「…………スミマセン」
「……どうしたいの?」
「…………は?」
 
俺は顔を上げた。
イヤらしく光る目に、ぶつかった。
「君……どうしたいって?」
「…………」
――なに言ってんだ? この爺さん。
「……だから……単位を」
「ただ、くれ…………と?」
―――は?
「君……わたしを侮辱しておいて、ずうずうしいね」
「ぶ……侮辱って……!」
俺はびっくりした。いい年をした爺さんが、俺みたいなガキに、そんなこと言い出すなんて。
学生一人が講義をサボったぐらいで、侮辱とか言うか?
「とんでもないです! そんなこと……」
「どう、責任取ってくれるの?」
「……え?」
「わたしを選びながら、勝手に休んで、単位だけくださいなんて……虫が良すぎると、言っているんだ」
「…………」
 
―――それは確かに、そうだ……うう……。
でも、責任て言われても……
 
「すみません……どうしたらいいのか…俺……」
教授を、恐る恐る見つめた。
また、妖しげな光を煌めかせて、教授は嗤った。
「……中川君、入りたまえ」
―――え?
右奧のドアがあいて、ひょろっとした人が一人出てきた。
「……中川先生…」
長身の細身で、いつもストレートの長髪を後ろで一つに束ねている。
教授の弟子とかいうのは、聞いていたけど……。
先生の授業は、判りやすいし面白いから、こっちは積極的に出ていた。
それに、俺の出席日数を気にして、何度も声をかけてくれていた。
 
 
「……このヒトね」
教授は、入ってきて俺の隣りに並んだ中川先生を、じろりと睨み付けた。
「とんでもないヘマをしてくれて、せっかくのわたしの研究を台無しにしてくれたんだ」
「……え?」
俺は、先生の横顔を見上げた。
困った顔で頭を下げる頬に、サラサラと髪が掛かる。
「教授……申し訳ありません」
何度も言ってるであろうその言葉を、繰り返しながらぺこぺこ頭を下げている。
「君……森部君て言ったね」
「あ、はい!」
「……なんでもする?」
「そ、そりゃもう!」
俺は藁にも縋る思いだったから、チャンスがあるなら、何が何でもひっ掴んでやる!と、勢い込んだ。
「ふん……頑張りによっては、あげないでもないよ、単位」
「……はい! 頑張ります、俺……」
言いながら、ちょっと不安になった。……何をするんだ?
「……中川君」
「――はい」
命令と服従。
余りにも日常的にそれが行われているように、自然に中川先生が動いた。
「え………え!?」
俺は先生に後ろから羽交い締めにされて、動けなくなった。
教授がゆらりと、立ち上がる。
「…………」
 ―――ちょ――これは……
 
机を避けてゆっくりと歩いてくると、正面に立って見下ろしてきた。
教授も歳の割りには、背が高い。
俺はのっぽ二人に挟まれた格好で、値踏みされていた。
教授のしわくちゃな手が、首元に伸びてきた。
今日は開襟白シャツに、エドウィン。
一応きちんとしたカッコを心がけたんだ。これでも。
普段のTシャツにショートパンツ&キャップというのに比べたら、遙かに正装だった。
 
シャツのボタンが、外されていく。
「…………!?」
目の前の、口髭だけ白い教授のその動きを、見つめた。
………何…すんだ?
後ろを振り返って、俺を押さえ付けている先生を見上げてみた。
でも顎の先しか見えない。
「………先生?」
中川先生の顔が、俺の耳元に降りてきた。
「言うことを聞いて。……教授に逆らったら、駄目だよ」
「―――あッ」
先生の言葉を理解する前に、胸にぞわっと悪寒が走った。
しわくちゃな指が、開けたシャツの隙間に滑り込み、直に胸を触ってきた。
「や……」
身体を捩って逃げようとしたけど、先生の抑えている力が強い。
半端に胸を反らすくらいしか、動けなかった。
「若い子はいいね……肌がものすごい綺麗だ」
「…………」
ボタンを全部外すと、はだけた胸に屈んで顔を寄せてくる。
………うわっ! ……それは、ちょっと……!
背中がぞわっとして、腰が抜けそうになった。
教授の口髭が、胸に当たる。
その下で、ざらっとした生温かいものが、胸を這った。
「…きょ……教授!?」
――キモイ!!
悪寒が、身体を駆けめぐる。
胸の突起部分を、執拗に舐め回された。
「………あ」
すごいキモイのに、触感は最悪なのに……その動きは信じられないほど、巧みだった。
ねちっこく尖らせた舌先で、転がすように嬲り続ける。
羽交い締めにされて、伸ばされている胸筋が、ヒクついた。
「や……やめてください……」
感覚に恐怖して、思わず懇願した。
「……何でもするって、言ったのに?」
妖しげな光をたたえた目で、俺を見上げる。
「森部君……それは駄目だよ」
頭上からも、声が降った。
「………ぁ痛ッ!」
爪を立てられた。左胸は唇と舌が這い、右胸は指が蠢いていた。
「どうする? ……単位が欲しくないなら、別にいいんだよ」
楽しそうに覗き込んでくる教授の目線が、俺に絡んだ。
「……………」
――しょうがない。
――背に腹は変えられない。
俺は悔しくて、唇を噛んで……それでも、小さく頷いた。
「よろしい」
不気味に微笑むと、教授は更に身体を撫で回しはじめた。
エドウィンの前も開けて、シャツを引きずり出した。
「……見事な腹筋だねえ」
腹筋の一段一段を楽しむ様に、指を這わす。
「…………」
口髭が下っ腹をくすぐって、キモチ悪い。
「森部君……大きい声を出しちゃ、駄目だよ」
また後ろから、囁かれた。
「……え?」
聞き返そうとした瞬間、エドウィンとボクサーを引きずり降ろされた。
――――うわぁ!!
正面は広い窓。
向かい側には別棟が建っていて、講義室が何となく見える距離だった。
間には大きなケヤキの木が葉を茂らせていて、目隠しにはなってるけど……。
「…きょうじゅ! ……こんな……」
せめて、後ろ向きならいいのに。
教授は俺の前に跪くと、股間に顔を埋めた。
「あッ! ………ぁああ…!」
思わず叫んでしまった。ざらっとした感触が、俺を包む。
ねっとりと舐め上げて、吸い付いてきた唇で扱きあげられた。
「ぁあっ………」
口髭がザワザワとくすぐったい。
舌先が異様な動きで、あちこち舐め回す。
………嘘だろ……
突っ立ったまま、先生に羽交い締めにされて、下を爺さんにしゃぶられてるなんて。
この状況が、信じられなかった。
そんでもって、背中を這い上がってくる、この感覚……
「……んぁああっ! ……やめ……っ」
つい言いそうになった言葉を、中川先生が塞いだ。
大きな掌で口を塞がれて、俺は首を振って抗った。
―――やっぱ、イヤだ! ……単位なんて、クソ食らえだ!!
「んんっーーー!!」
拘束されたまま、下は教授が追い上げていく。
激しい扱きはないのに、絶妙な舌に誘導されて、俺はどんどん高められていった。
――やっ………嫌だっ……
「……ぁああ!」
腰を痙攣させて、俺は教授の口の中にイカされてしまった。
――――!!
一瞬の絶頂感と入れ替わって、もの凄い嫌悪感。
「………くぅ……」
塞がれた口から、悔しくて嗚咽が漏れた。
「若い子は……元気があるね」
教授が立ち上がって、嗤った。
唇を舐め上げている舌先が、妙に光っている。
「…………」
口を押さえられたまま、放心したように教授を見つめた。
……これで、単位……もらえるのか?
 
「……中川君」
「――はい」
さっきと同じ、命令と服従の合図。
教授はゆっくりと元の椅子に戻って、ふんぞり返った。
中川先生は、羽交い締めにしていた腕を離すと、当然の様に胸を抱き締め直して、俺の身体を触ってきた。
「――!? ……先生?」
「抗ったら、駄目だよ」
………駄目って……
先生はさっきから、それしか言わない。
完全にはだけた胸に手をは這わす。
教授とは違う、滑らかな手の平。
乳首を摘んだり、指先で転がしたりして、刺激する。
「………ぁ……」
嫌でも、反応してしまう。
エドウィンとボクサーは膝下までズリ下げられていて、股間は教授に丸見えだった。
 
「んっ」
先生の唇が、俺の首筋を噛んだ。
サラサラの髪の毛が、顔に掛かってくる。
「ぁ……せんせ……や……」
キツく首筋を吸い上げられ、うなじや耳を舐め回す。
蠢く手も、胸や腹の愛撫をやめない。
……ぅぁ………ぁあ……
腰に刺激が集まっていく。胸を撫で回されるたび、身体が跳ねて熱くなった。
「森部君……がまんしてね」
また、耳元で囁かれた。
「……せんせ……!」
今イッたばかりで萎えているのを、掌中にされた。
温かい先生の手のひらの中で上下されて、俺は震えた。
……冗談! ……先生まで、何でこんな……
俺は、再び熱く脈を打ち出した自分のモノを、その感覚を、持て余した。
 
目の前で、ふん反り返った教授が、俺を観察している。
晒してる裸体を上から下まで、……特に恥ずかしい部分を……舐め回すように眺めて。
 
「………くぅ………」
―――あり得ない!
こんな状況で、すぐ勃つなんて……
でも、先生の指も動きが異様で。
先端をなぶりながら、括れを擦る。きゅっと押すように鈴口を刺激しては、裏スジを撫でる。そうしながらも全体を、後ろの指3本で根本からしぼるように扱き上げられた。
 
「ぁ……ぁあ……」
先生に抱えられた状態で、膝がガクガクして……
………やだ……いやだ……
これじゃあ、教授の視姦の前で、イカされてしまう。
しかも、正面は講義室が見える窓。
そんな恥ずかしいこと、絶対嫌だ!
「…ぁああ! ……先生……! やめ…やめてくださ……ッ」
抗って、腰を捩ったけど遅かった。
また口を塞がれ、激しく扱きあげられる。
「…んっ………んんーーっ!!」
ビクンと腰を震わせて、俺は教授のデスクに向かって、思いっきり吐精してしまった。
 
 
「――――――」
 
 
………最悪だ……
 
余りに酷いと思った。
いくら単位がほしいからって……俺、ここまでやるつもりはなかったのに……
 
涙が頬を伝っていて、それを中川先生が拭ってくれた。
「よく頑張ったね」
首を屈めて、頬にキスをくれた。
サラサラストレートが、また俺の首に流れる。
 
 
「……中川君……それで済むなんて、思ってないよね?」
「―――はい?」
「君へのお仕置きも、兼ねているんだよ、これは」
「…………」
先生の身体が、強張るのが判った。
 
「…………何を……」
声が掠れている。
俺に寄せている綺麗な顔は、真っ白になっていた。
 
 
 
「ヤリたまえ」
 
 
一言。
ただ、それだけだった。
「………?」
見上げると、先生は蒼白になった顔をこっちに向けた。
「……ごめんね、森部君」
「………は?」
――――!!
いきなり唇を塞がれた。
「んんっ! ………ちょっ……」
抗って身体ごと引き剥がすと、1歩下がった。
だけど、ジーンズが脚に絡んで、それ以上は逃げられなかった。
すぐ横にあるサイドテーブルに手を突いて、身体を支える。
このテーブルの上にも、本が山積みになっていた。
「……先生?」
「……教授の命令は……絶対なんだ」
困った目で俺を見下ろすと、それだけ呟いた。
「君もだよ……森部君」
革張りの椅子にふんぞり返っている教授が、厳しい声を発した。
「…………」
  
 
「ヤラれたまえ」
 
 
………たまえって……
笑うトコじゃ、ないけど……
あんまり滑稽なセリフな気がして、緊張がイキすぎて、つい口の端が上がった。
「……よかった。余裕だね」
先生も俺に近寄りながら、口の端を上げた。
「泣き叫ばれても、困るから……」
―――余裕……? ………んなワケ、あるかよ!
俺は蒼白になりながら、ブンブンと首を横に振った。
 
「………あ」
テーブルに追い詰められるようにして、先生に捕まった。
手首を引き寄せられ、すっぽりと腕の中に抱き締められた。
「見えないよ」
「……すみません」
先生は俺を抱き締めたまま、身体を少し回転させた。
教授に俺の背中を見せる格好で、抱き締め直す。
尻が丸見えになるように、シャツの裾を背中の上の方まで捲り上げられた。
―――うわぁ……
教授、どんな顔でこれを見てんだろう…。さっきとは違う恥ずかしさで、顔が熱くなる。
 
「……ぁ……ぁあ!」
先生の手が、後ろに伸びた。
尻を割って、指を奥に這わせてくる。いきなりの刺激に、俺は仰け反って腰を振った。
「……いいね」
満足そうな声が、背後で響く。
「や……先生…離して……」
胸の中で抗うと、先生の顔が降りてきた。
「覚悟を決めて。森部君。……僕は最後までヤルよ」
耳元で囁かれたその声は、弱々しいけれど、迷いはなかった。
「ごめんね」
「………あぁッ」
指が中に押し込まれる。でも全然入らなくて、圧迫感と痛みだけが、腰に響いた。
 
「口開けて」
「…んぐっ……」
先生の指を口に突っ込まれた。二本の指が、俺の舌を探しては絡んで来る。
「んっ……んぁ……」
唾液でべとべとになった指を、もういちど後ろにあてがう。
教授によく見えるように、反対の手で尻が割り開かれた。
「………ぁあああ!」
指がずるりと、突っ込まれた。凄い異物感…。
 
「やぁ……せんせ……」
 
必死に先生の胸にしがみついて、俺は身体を支えた。
指、熱い……。硬いし、なんか挟まってる感じが、すっごい…変……。
  
「ぁっ…ぁあっ……ぁあッ……」
二本の指を、凄い勢いで出し入れしてくる。
突き上げられるたび、気持ち悪いだけじゃない、異様な感覚が生まれてくる。
――――うぁあ……嫌だ……やだ……!
先生にしがみつきながら、教授に見られていることを思うと、ぞっとした。
「せんせ……お願い………やめて……」
はぁはぁと、喘ぎながら掠れた声で懇願した。
「森部君…みっともないことを言っていると、ヤラれ損だよ」
「………え?」
「教授を喜ばせないと……単位はもらえない」
「………!!」
ここまでして、最後まで犯られて……
それで、何にもならないのは………
混乱する頭で、俺は必死に拒否してしまう身体を抑えた。先生の胸に顔を押し付けて、言葉も塞いだ。
「んっ…んん~っ……」
先生の指が3本に増やされ、内蔵が捲れ上がって出てくるんじゃないかと思うほど、擦られた。
反対の手もまた、前を握ってくる。
後ろを出入りする指のせいで刺激され、硬くなってきていた。
「……んぁああ……」
後ろへの挿入と前の扱き上げが、ダブルで俺を襲う。
腰がおかしくなっちゃうんじゃ……恐怖するほど、熱い。
 
「……あッ」
 
先生が不意に、色っぽい声を上げた。
「―――!?」
胸にしがみつきながら見上げると、苦しそうに綺麗な顔を顰めている。
「…………教授……」
はぁ…と吐息を吐きながら、俺の後ろの教授を見つめていた。
いつの間にか背後に立っていた教授は、俺の股の下から、先生の股間を揉んでいた。
「続けなさい」
「………はい」
先生は悶えながら、いっそう俺をいじくった。
「……んぁッ……ぁあっ―――!!」
いきなり、目の裏に火花が散ったような快感を受けて、俺は、思わず甲高いよがり声を出してしまった。
「……いいね」
背後で、教授が喜ぶ。
「……ぁあ、……ぁああッ」
先生の指が、俺の中で蠢く。
立っていられないほどの快感が、何度も何度も腰を襲う。
「や……やぁ……なに……」
―――何してんの…先生……
神経に直接触るように、びんびんと弾かれる快感。
突っ込まれた指がそこを擦るたび、俺は嬌声を上げた。
勃っちゃった熱いのが、どうしようもなく疼く。先生の手の平にねだるように、擦りつけた。
それでも散らし切れない快感に焦れて、腰を思いっきり振ってしまった。
「ぁ…せんせ………やば……や……ぁああ!」
扱く手が激しくなる。止まる様子はまったくない。
俺は、まっしぐらに絶頂を目指していた。
…んぁ……イク………イクッ……ぁあああ……っ!
あと、もう一擦り………ってところで、いきなり動きが止まった。
「んんっ!? ……ぅぅ………はぁ……!」
ぎゅううっと搾られるような感覚を下っ腹に感じながら、急降下していく快感に困惑した。
吐息だけを繰り返す。
 
「…………せんせい?」
見上げると、熱っぽく潤んだ先生の目が、俺を見下ろしていた。
「…君で良かった」
微かに呟いた声は、俺にもやっと届く程度だった。
――――?
「………んっ」
唇が押し当てられた。
いきなりキスしてきて、俺のだらしなく開いてた口に舌を侵入させる。
―――ちょ、ちょ……! 
驚いて振り払おうとしたけど、やっぱりしっかり捕まえられてて、逃げられない。
丁寧に丁寧に、やや放心してる俺の咥内を舐め回し続けた。
「ん…ふ………」
わざとぴちゃぴちゃ音を立てるように、口を大きく開けながら、舌を舐め取り絡ませてくる。
「いいね。……実にイヤらしい」
教授の、喜ぶ声。
 
そのまま背中を抱え込まれて、横のテーブルの上に上半身を押し倒された。
「――――!」
積み重ねてあった本が崩れて、床に数冊落ちたけど、気にしてる余裕なんかない。
冷たくて硬い板を背中に感じて、俺は震えた。
「森部君……」
ささやく唇が、首、鎖骨、胸……と、下がっていく。
「あッ……はぁ……」
「ん……ぁああぁ………」
俺の喘ぎと、先生の喘ぎが、時々重なる。
横に立っている教授が、先生のズボンに手を突っ込んで、後ろをまさぐっていた。
「ぁあ……教授……許して下さい……」
俺を押さえ付けながら、先生も悶えて仰け反った。
……先生……色ぽい……
サラサラの髪が乱れて、俺に落ちてくる。
日に焼けた俺の肌を触る先生の白い手が、妙に生々しい。
 
「……はぁ…」
乱れながらも、俺を攻める先生。悩ましい顔しながら、赤い舌で乳首を舐めてくる。
しつこく舐められて、俺は机の上で背を反らした。
ピリピリ、ゾクゾク…あちこち這う快感が、たまんない。
「んぁ……ぁあッ……!」
また、後ろに指が入ってきた。
片足を抱え上げられ、そこがよく見えるように、開かされて。
「いいね……実にいいね」
興奮する、教授の声。
楽しそうな教授の顔が、霞んだ視界の端に映った。 
 
……俺…こんな喘いでる姿を、教授に視姦されている……
 
さっきは恥ずかしくて嫌なだけだったのに…なんでか、興奮してきてる自分がいた。
体内で、高みを求める。
熱くなった身体を、もっともっと、と………
「せんせ……俺……」
後ろの指を、ぎゅと締めてしまった。
………うわ……恥ずかしい………
真上にある顔を見つめながら、真っ赤になった。
先生は、ズボンから引き抜いた俺の両脚を抱え上げると、腰ごとテーブルの上にズリ上げた。
自分の前も開ける。教授に触られまくっていた先生のそれは、もうでっかくなってそこにあった。
「……教授……入れます」
「……早くしなさい」
「―――はい」
俺を無視した遣り取りを済ませ、先生は、大きいそれを抜いた指の変わりに、押し込んできた。
「……うぁ……ああっ……!」
―――デッカッ! ……キツイ………ああぁ…!
強引に抜き差ししながら、押し込んで来る。
あまりの圧迫感と異物感に、快感は吹っ飛び、腰を揺らして逃げた。
「センセ……イタ……むり………」
はぁはぁと、首筋に熱い息を掛けながら、俺はまた懇願していた。
「僕に…委ねて……」
先生も、俺にのし掛かりながら、苦しそうな顔で言う。
次の瞬間、不意に仰け反って、綺麗な喉を晒した。
「――ぁあっ……教授っ!」
教授の指が、先生の後ろに突っ込まれていた。
「………ぅぁっ!」
そのせいで、俺の中の先生がグンと大きくなった。
「……いいよ、そのまま」
興奮した教授の声に、先生が反応する。
腰を動かし始めた。
………あッ……ぅぁああッ………!
でっかい先生の熱くて硬いのが、容赦なく俺を擦り上げる。
内蔵を持って行きそうな勢いで、ピストンされた。
「……ああぁ! ……ぁあっ、………ぁああっ!!」
 
―――うあぁ……うあぁ――!!
 
手首を押さえられ、テーブルに固定された状態で、大開脚した脚は、宙を蹴った。
体内の奥深くまで、先生が入り込む。
肉壁を抉っては出て行き、また入ってくる。
「…あぁッ、…あぁッ、……んあぁッ………」
―――センセ……すごい―――すごい……
未知の違和感が、だんだんイイ方に変わっていく。これって、……気持ちイイの?
口の端からは、飲み込めない唾液が垂れた。
「……んっ」
その口を口髭が覆った。
―――教授!?
先生の後ろを指で犯しながら、唇は俺を貪っていた。
「……ん……んんっ」
苦しい……気持ち悪い舌が入ってくる。
それでも腹の中の熱がもっと、俺を襲う。嫌悪も続かなかった。
 
「んっ……んぁあああ!」
前を握られた。
もう、どっちの手かなんて、判らない。
激しく上下して扱かれた。
「…んん! ……んんーーっ!」
「あぁ……はぁ……」
先生の喘ぎも、激しくなる。
…や…もう、ダメ…いく……イク……
「……ぁぁ……教授……きょうじゅ………」
…あぁ、先生……せんせいっ………!!
 
「……んっ……ぁあああッ……!!」
ドクン
と、心臓が跳ねて、腰が震えた。
 
どっちかわからない手の中に、俺は白濁を飛び散らせていた。
………ん……熱い……
体内の先生も、痙攣している。
「…………はぁ…」
涙目で、先生を見つめた。
「………がんばったね」
にっこり笑ってくれたその顔に、俺は照れて笑い返した。
まだ繋がっているせいで、快感がそこに燻っている。
 
……教授は、許してくれるんだろうか。
俺は、そっと目線を教授に向けた。
「――――!」
教授は、先生を許していなかった。
先生の後ろを犯している指は、動き続けていた。
「きょ……教授…もう……」
喘ぎながら、先生は首を振った。
俺の中の先生が、ピクピクと震え出している。
「君はわたしの数年間を、台無しにしたのだよ。こんなことで、許すと思っているのか?」
「すみません……でも…でも………許して下さい……」
「もう一度、イキなさい」
ぐいっと、先生に指を押し込んだらしい。
「ぁあ! ……はぁっ……!」
また顎を反らせて、先生が喘いだ。
「ぅぁあッ………」
先生が悶えると、俺も辛かった。
また芯を持ち出す、先生の熱いモノ……
 
………ちょっと待て!
俺、とばっちりじゃねえ!?
熱くなりかけた身体に、冷静に問い掛けた。
「先生のヘマ」に俺がこれ以上、付き合う必要は……
 
「センセ……俺……も…ヤダ…」
早速、訴えた。声が掠れて、自分でも痛々しい気がする。
「……ごめんね。……それはムリだよ」
「その通り。君ももう一度イキなさい。イクときはわたしを呼ぶように」
―――えっ!?
教授を仰ぎ見ると、「はやくしなさい」と、顔を顰めた。
………ちょ……
俺が一番ゾッとしたのは、教授を呼べってとこだった。
「…………」
俺は先生を見上げて、助けを求めた。
先生は、哀しそうに微笑んで、首を横に振った。
「ん……」
ピストンが始まる。
さっきより腰を高く抱えられ、俺は更に奥底まで貫かれた。先生が出した液体のせいで、滑りが違う。
………うわ
もうダメだと思ったのに。もうムリだって……
「ぁああっ……せんせ……せんせー……」
丁寧に丁寧に、優しく突いてくれる。
擦れすぎて、痛い。
でもそれ以上に、打ち付ける振動に快感が湧く。
乳首にも舌を這わて、舐めてくる。
「ん…んぁっ、ぁあっ、……先生…きもち…いー」 
はぁ…はぁ…と、吐息を熱くさせていきながら、先生を見つめた。
「……僕も……」
それだけ言うと、唇を塞がれた。
「ん…」 
変わりに指が胸をいたぶる。両胸を痛いほど摘んでくる。
 
「…んッ……んん……」
……ぁあ…ぁ…すご……口と胸と後ろ……3点攻め……
―――センセー、上手すぎ……
 
あんまり気持ちよくて、思わず先生を見つめた。
薄目を開けた先生と、一瞬目が合った。先生の色っぽい目に興奮して、俺も応戦し出す。
舌を絡め返した。
「いいね、いいね、盛り上がってきた」
横で喜んでいる教授にも、ちらりと目線を送った。
――――こうやって、何人の生徒を食い物にしてきたんだ、この教授は…………
中川先生の”仕込まれ方”も、尋常じゃない。
先生が生徒の相手をさせられて、きっとテクを上げたんだ。
「ん……んッ、…んッ……」
キスを続け、舌を絡め合ったまま、先生は激しく俺を突いた。
腰は激しいけれど、優しい愛撫、優しいキス。
先生の手と舌は、さっきとは違うやり方で、俺の身体を熱くしていった。
何度目かの起立も、先生が包んでくれた。熱い手の平が、どんどん俺を高めていく。
「んぁ……んッ、…んッ……!」
――うわ……すげ……ぁああ………ああっ…………
―――い……イク……せんせ……いく!!
「…きょうじゅ…」
申し訳程度、一回だけ呼んだ。
 
………ん、ぁああぁぁっ……!!
ドクンッ
 
何度目かの放出。もうそんなに出なかった。
…ぁあ……はぁ……先生……
見上げると、さっきと同じように微笑んでいる。
「………付き合わせて、ごめん」
はぁはぁと弾む息で、こっそり囁く。
「………うん」
気持ちよかったから……俺も笑い返した。
……でも、なんにしても……今度こそ、許してもらえるのだろうか……
 
「……………」
俺と先生は、教授を見た。
 
「君たち、いいねえ。実に、イイ」
喜ぶ教授のその手には、スゴイものが掴まれていた。
―――――――!?
「次は、これを二人で入れ合うってのを、やってもらおうかな」
「…………………」
「それとも、これを入れたまま、講義に出てもらおうか」
 
目眩が俺を襲う。
―――俺は、人生で最大の後悔をした。
単位を……出席日数を、ナメたら、絶対いけないってことを。
要注意講義ってのの忠告を、きちんと聞いておけばよかった……
―――来年は、絶対、気を付ける。
心にそう誓った。 
二度と、ごめんだ。こんなの!
  
ぐったりと言葉もなく、俺は教授を見ていた。手の中のモノも。
…………マジで……勘弁。
疲れすぎて、ぼんやりと先生に視線を移した。
先生も、教授の手の中のモノを見つめていた。
「……………」
……目が…その目が、妙に光っている気がする。
 
  
 
トクンと、俺の中で、先生が脈打つのを感じた。
 
 
…………先生?
「…………」
 
…………俺、さすがに、もうムリだよ……? 
 
 
 
 
-終-

                 

NEXT-File長編SS短中編