SIDE 1
 
「スゲ…お前、こんなキツイのしてんの?」
 
 
久しぶりに往来でばったり出会った、かつての幼馴染みを、家に連れてきた。
クリスマス当日に一人でふらついてるなんて、俺もコイツも寂しすぎるぜ。
 
「オマエこそ、なんだよこれ、伊達か?」
 
 
 
 
一声掛けたら、『つきあってやるか』と偉そうに言いやがった。部屋に通したら、『クリスマスなのにツリーも無いのかよ』ときた。
相手もいねーのに、祝ったって楽しくねーんだよ。
心で毒づきながら、ヤツ……ナツキを眺めた。
 
中学以来だから…そりゃ育ちもするだろうさ。
……でも、なんだ…コイツのこの変わりよう。
「──────」
気付かれないように、横目でジロジロと眺めた。
適当に座れと言ったら、床に座り込んで、ソファーに寄りかかっている。
ダチから押しつけられた、俺の部屋の唯一のデカ物、ピンクの革張りソファーだ。上に座ればいいのに。
しかし何というか、その姿は……やべー……
 
ナツキが引っ越して行って、その後一度も会うことはなかった。……あんなに仲が良かったのに。
でも…なぜかずっと、俺の中で忘れられない存在だった。
だからか? ……何でこんなにドキドキしている…俺の心臓。
 
 
……そりゃ、昔から女の子みたいだったけどよ。
ほっそい体…ヤラシイ服、着やがって。 
でも、ツンとすまして気取る仕草は、変わっていない。 
 
 
 
「酒、飲むか? ビールだけど」
「……オレは要らない」
「あっそ…」
……”オレ”って言ってたっけな?  
自分のビールと摘みを持って、俺はいつもの座り方…ソファーに全身乗り上げて座った。
脱色したような黄色い後頭部が、何するでもなく目の前でじっとしている。
 
どうしてやろう…… 
俺はせっかく会えたこの機会に、もう一度昔のように仲良くなりたいと、思っていた。
 
「眼鏡、掛けたんだ。ガキん頃はしてなかったよな」
試しに振った話しに、ナツキは食いついてきた。
「冬吾もだろ、いつからだよ」
首をねじ曲げてこっちを見る。
 
ヤベ…鎖骨が…
 
アホなことを考えながら、視線を泳がせた。挙動不審に見えたら、最悪だ。 
「俺は高校の終わり頃だな…パソコンやり始めてから、転げ落ちるように悪くなった」
 
「……へえ」 
興味深そうにレンズの奥から、綺麗な目が見つめてきた。
「ちょっと交換してみよう? それ貸せよ」
無造作に伸ばしてきた手が、ひょいと俺の眼鏡を取り上げてしまった。
「冬吾は、こっち」
細い指が差し出してきた黒フレームは、かなり度のキツイヤツだった。 
 
───マジかよ、こんなのしてんの。……裸眼は、何も見えねぇんじゃねえの。
 
頭痛を起こしそうになって、早々に外した。
「これに比べたら、確かに俺のは伊達みたいなもんだな…オラ、返すぜ」
眼鏡をお互いに受け取りながら、なにげに素顔を見つめ合った。
………俺のカオ、どんくらい見えてんだ?
無意識に、顔を近づけていた。 
 
「……何」 
 
ビックリした様子が、また……ヤベーわ。
しれっとした白い顔が、うっすら赤くなった。
俺はまだ飲んでいない酒に、酔ったような気分になった。 
「おま……色っぽいな」
つい言ってしまった言葉に、俺も真っ赤になった。
「……………」
不愉快そうに眉を寄せて、むっつりと口をつぐんで。でも目は見開いたまま、俺を凝視してくる。
 
……ん? 怒ったわけじゃないのか…? 
 
「なぁ…なんでお前、そんなに変わっちまったんだ?」
「………なんでって?」
ブリッジを鼻柱の上で押し上げながら、元の顔に戻って聞き返してきた。
「その髪…服…おまえらしくない」
……似合ってっけどな。
「らしくないって…」
ショックを受けたようにまた黙り込んだ。
俺は缶ビールをグッと煽ると、ソファーから脚を下ろして、膝の間にナツキを挟んで座り直した。
そして眼下の黄色い頭を、両手でワシャワシャとかき混ぜた。
「うわっ…?」 
「真っ黒い綺麗なストレートだったのが、だいなしじゃねえか!」
「ちょ…とうご…」
抗うのを、両脚を腹の前でクロスさせてガッチリ押さえ込み、今度はぺったりしたカーディガンを触った。
女物みたいだ。きめ細かいニットで、ぺらぺらに薄い。細い胸筋や肋まで影を浮かせている。
しかも、紫色…インナーは赤だ。こっちもてろんてろんの生地で、スケベささえ、漂わせている。
……どう考えても、かつてのコイツのセンスじゃねえっつーの!
 
妙な不快感と、手触りの心地よさとで、俺は調子に乗って肩や胸をなでくりまわした。
 
「お!」 
「あ!」
 
同時に叫んだ。
「おま…これ、何だ」
「やめ……」
胸を撫でていたら、不自然な突起が指の腹に当たって。
何故か、その感触が、異様に気持ちが良かった。思わずもう一回。……もう一回。
どんどん硬くなって、はっきりしてくる。
指の腹が、ゾワゾワしだした。
 
「乳首か、これ!?」
「……あ……あほか! ドスケベッ!!!」
 
ひじ鉄が飛んできた。
顔を横に倒して交わすと、そのまま胸元を覗き込んだ。
ガッパリ開いた襟首は、手を突っ込んでくださいと、言わんばかりだ。
するり。
 
「うわ!」
「ひゃあ!」
 
な…生々しい……なんだこれ…コリコリと先っちょだけが、硬い。小さな豆粒みたいのが、人差し指の腹を刺激する。
「あ、あ、あ…」 
一緒に出る声も。ヤバイ。
エロ過ぎる……
「わりぃ…俺、すっげ…気持ち良いんだけど…」
「…んっ…んっ……」 
俺の手を引っ掻きながら、床を蹴ってじたばたする。でも、ヤメロって言わない……
「マジ、わり…俺、止まんねぇ」
俺はとうとうカーディガンとインナーをたくし上げて、胸を晒してしまった。
白い胸の両脇に、弄って反応したピンクの乳首が……。
平らなところに、唐突に飛び出してんのが、妙におかしいんだ。紐にじゃれつく猫のように、夢中で両手を使って、こねくり回した。 
「ぁああ…あぁ…!」
声のデカさで、やっと我に返った。
「わっ、ワリッ!!」
──ナニしてたんだ、俺……!
両手をバッと離して、ヤツを解放した。 
 
「……はぁ…」 
 
言葉にならない、悶絶のような吐息。涙目になって、下から俺を責めるように見上げてきた。
 
「……え…」 
チノパンの前が、すっげー膨らんでる。
「勃っちまったのか…?」
 
「───冬吾の、せいだろ」
泣きそうに、眉を顰めて、体育座りになった。
「……気持ち良かった?」
思わず聞いてしまい、また怖ろしい視線を喰らった。
俺のそう言うところが、デリカシーが無いって、よく言われるんだが………
でも、今は、そんなのと違う。……俺も、何故か気持ちが良くて、だから、ナツキが勃起したのが、嬉しかった。
 
「隠すなよ……俺も、デカくなってんだ。おあいこだって」
ジーンズを押し上げてくる内側が、キツキツだった。
 
ナツキが、目の高さの俺の股間に、釘付けになった。
「凝視すんな、バカ」 
しかし、治まりが付かないこれを、どうしてくれよう。言葉少なに側にいるヤツが、どうにも気になる。 
濡れたような視線…
 
 
 
「な……クリスマスだし……恋人ごっこ、しようぜ」 
 
 
 
「……どっちが、オンナ役?」
クスリとナツキが笑った。懐かしそうに目を潤ませて、ゆっくりと言う。
「よく、そういう遊び、したね」
 
「……そう言や、そうだな」 
男版、おままごとだ。性に興味を持ちだした頃、知りもしないくせにデートの仕方だの、口説き方だの、お互いで練習してた。 
 
 
しかし、どっちがオンナって……
今この場で、俺たちを見りゃ、一目瞭然……… 
「お前!」 
俺はナツキを脇から掬い上げると、ソファに座らせた。背中から抱き込むようにして、膝の間に納める。
見た目より、もっと細い。
「お前を鳴かせて、イかす!」 
 
首筋に唇を這わせた。びくりと肩を揺らせて、反応する。……でも、抵抗しない。
シャンプーの良い匂いを嗅ぎながら、耳を甘噛みした。
「……ん」
そうしながら、再び両手で、乳首を弄くった。
「ん…ん…」 
悶える声に、俺の股間が熱くなる。ナツキのも苦しそうだ。下に手を這わせて、ジッパーを下げてやった。
「あ…」
さすがに、嫌そうに身悶えた。俺も、どこまでナニしていいやら……でも、気持ちよくさせてやりたかった。もっと触ったら、どんな声を出すんだろう…そんな興味も手伝って。
ボクブリの中に、手を突っ込んだ。
「…………!」
二人で、吐息を吐いた。
………熱い。
そのまま、自分がオナニーをするときのように、扱いてやった。
「んっ……あっ、あっ、あ………」
抵抗していた身体から、力が抜けたのが判った。
オレの胸に身体を預けるように、寄りかかってきた。
 
───ズキン
可愛く思えて、また心臓が変な音を出す。
 
色っぽい唇が、半分空いたまま、喘ぎ続ける。
あんまりイイ声で啼くから…
「気持ちいいか?」
つい、聞いてしまった。もっと気持ちよくしてやりたくて。
「……………」
ツンとすましていた顔は、すっかりのぼせて真っ赤になり、艶っぽい汗を光らせて………
濡れた眼が、嬉しそうに微笑んだ。
……ヤベー
ナツキに酔っちまった。
 
「いく……いくいく……あッ…!」 
 
白濁が飛び散るのを反対の手で押さえながら、最後まで扱き上げた。
「とうご…もう、い…――――ハァ……」
脱力した体を、ソファーに横たえてやった。
 
横に座って眺めていると、髪も横顔も肩も、体も足も…コイツが変に可愛く見えて、困った。 
「………」 
力のない手が伸びて、俺の股間に触る。
「……なに?」
「冬吾のが……」
 
「や…、俺はいいよ」
いきなり照れくさくなった。コイツに見せられるかよ、こんなイチモツ。
当初の目的は、コレの処理だったんだが…それどころじゃない。
「………」
横たわった顔が、寂しそうな表情を作った。…え、なんで? 
  
……でも、今は辛いだろ? 出したばっかだぜ。
 
気を遣ったつもりだった。
「こんど、よろしくな」 
 
「…うん」 
嬉しそうにニコリと笑って、寝てしまった。
 
 
 
クリスマスの拾いモノ。
2Kの何にもない寂しいマンションに、とんだプレゼントが転がり込んだ。
”今度、よろしく”って……俺たち、どうなっていくんだ?
 
寝顔を見ていたら、堪らなくなった。
カッコつけたけど……こんなギンギンになったままの、放っておけるかって。
「ナツキ…ごめん」
おかずがコイツってのが、オドロキだったけど…さっきの色っぽさは、天下一品。
愛しさまで湧いちまって…… 
起こさないように静かに、自分のを取り出して、握った。
「……………」
ナツキの熱がまだ残ってる手の平…そう思うと、また興奮してくる。自分の熱に重ね合わせて、扱いた。 
イクときはもちろん、ナツキがしゃぶっている妄想……
「ん……ッ」 
いつもよか、半端無い量を出していた。
 
────はぁ…くせになりそうだ。 
自己嫌悪と闘いながら、そこら中を拭いて後片づけをした。 
 
 
くしゅん、とナツキがくしゃみをした。
気が付いてみると、かなり冷える。 
 
外は雪が降り出していた。
ガラにもなく、メリークリスマス…などと、心で呟きながら。
俺はナツキに毛布をかけて、頬にキスをしてみた。
 
 
 
− Happy Merry Christmas −

side_2 /長編SS短中編