先輩と8ミリ
 
2. 
 
そんなこんなで、やっと殆ど撮り終えて。
明日でクランクアウト! という、合宿も3泊4日の最後の晩になった。
「お疲れ様でした! おやすみなさい〜」
三日目ともなると、僕もだいぶ慣れていた。
「お休み」
「お疲れ様」
先輩たちも、相変わらず優しい。
今日で終わりか……と思うと、この特等席が無くなるのが、少し惜しい気がした。
 
 
 
―――ん……
 
夢うつつの中、何かの気配を感じて、少し意識が戻った。
この晩は妙に蒸し暑くて、さすがの僕も、寝付きが悪かったんだ。
 
 
 
「……寝たかな」
「ふふ…可愛い」
 
「……さくら…」
「………ん…」
 
  
  
頭の上で、ピチャピチャ…と小さな音が続く。
 
…………せん…ぱい……?
 
夢の中で、大天使ラファエルとミカエルが、顔を寄せ合って…キスをしていた。
 
クスクス……
 
笑いあう微かな声。
 
「…起きないかな」
「昨日も、平気だったろ」
「……うん」
 
  
余りに静かな遣り取りに、僕はまた……眠りに引きずり込まれていった。
 
 
 
 
 
「………ぁ…」
「……はぁ……はぁ…」
 
 
―――…ん……?
 
 
「さすがに……聞こえるかもな」
「――起こす?」
   
 
また気配を感じて、意識が少し戻った。
ぼんやりした頭の中に、誰かの会話が何となく響いてくる。
 
 
「ばか、コレがいいんだろ…」
「はは…興奮する……ぁあ…」
 
高い息遣い。
妖しく動く気配。
淫猥な水音。
 
「……ぁ……ぁあ……」
「佐倉……さくら……」
 
「……んっ……ぁぁ…」
小さな悲鳴。
 
 
 
 
 
――――うわっ! うわっ! うわーーーっ!!
 
僕は途中から、完全に目が覚めていた。
眠気なんか、ぶっ飛んでしまっている。 
  
いつの間にか僕は、佐倉先輩の布団の端っこに移動して、二人に背中を向けて丸まっていた。
背後の妖しげな気配に、心臓が飛び出るほど、高鳴っている。 
――――なにしてんだ? ……先輩たち!!
 
くすくす……
 
また笑い声。
 
――――ドキドキ…ドキドキ……
僕は緊張の余り、息も出来ない。
必死に、寝たふりを続けていた。
 
いくら、仲イイったって……
こんな! …こんな! ……こんな!!!
 
っていうか、美咲姫は!?
……まさか、知らないよね?
板谷先輩、何考えてんだ!
 
パニックで、頭の中は勝手にグルグル回り出していた。 
 
 
 
部屋の電気が点いたのか、目を瞑っていても、明るくなったのが判った。
不意に、顔を覗き込まれる気配。
「―――ぅあッ!」
いきなり鼻を摘まれて、ビックリした。ガバッと飛び起きてしまった。
「…………!!!」
真っ赤になって、飛び起きたままの格好で、先輩達を凝視する。
部屋の明るさに、目が着いていかない。眩しくて焦点がなかなか合わなかった。
 
「やっぱり、起きてた」
「今日は佐倉……声が大きかったからな」
「板谷の打ち付けが、激しいから……」
……クスクス…
 
「どうする?」
「知られちゃったね」
「……ああ、まずいな」
また妖しく笑う。
 
夢の中の美しかった大天使たちは今、真っ黒い瞳を妖しげに煌めかせて……。乱れた夜着さえ、禍々しい黒衣みたいだ。
二人とも帯が緩く解けて、前がかなりはだけている。
 
――――!!
「…ぼ……ぼく、言いません!」
恐怖を感じて、咄嗟にそう言った。
膝の間に突いた両手で、無意識にシーツを握り締めて。
 
 
「顔、紅くして……」
「勃っちゃった?」
 
―――え?
 
「………あッ」
 
いきなり肩を後ろに引っ張られて、布団の上にひっくり返された。
「さ…佐倉先輩!?」
真上から、両肩を押さえ付けて、逆さに覗き込んでくる。
 
「可愛い……勃ってる」
「や……!!」
 
さっきの先輩達の声と気配で、僕も興奮していた。
すっかりパジャマの下の部分が、テントを張っている。
僕は真っ赤になって、先輩の手を振り解こうと身体を捩った。
足は、板谷先輩が抑えている。
「俺たちの恥ずかしいトコ、見たんだから。理央のも見せろよ」
 
――――ぇえええええっっっ!?
 
あっという間に、パジャマのズボンと下着が剥ぎ取られた。
 
「ちょ――、先輩……!!」
 
晒された下半身のせいで、変な不安を掻き立てられて…
なにが起こっているのか、急展開についていけない。
 
佐倉先輩が、僕の上半身を羽交い締めにして、抱き起こした。
「リオちゃん…あれ、見て」
耳の横で囁く。
「………?」
先輩の指し示す方向…僕に跨っている板谷先輩の斜め後ろ。
 
――――!!
 
そこには、パイプ椅子に据え付けられた、8ミリのカメラがこっちを向いていた。
「………先輩!?」
悲痛な声を出してしまった。
 
――信じられない!
 
先輩達はすでに(ちゃっかり?)はだけていたはずの寝間着を、綺麗に着込んでいる。
二人の間で下半身を晒け出している、僕だけが異様だった。
こんなとこ、撮影するなんて………!
 
 
「…ぁッ」
佐倉先輩が、パジャマのボタンを全部外して、胸を触ってきた。
ゾクリと、背中に震えが走った。
 
「ぁ……ちょっ……待って、板谷先輩!」
僕の勃ってしまっているソレに、指を這わせてきた。
――――ぅあ……!
肌が全身、粟立った。
ビリッと、腰が痺れて。
その後は大きな掌に包むと、上下に扱きだした。
「ぁあ! …先輩、やめてください! ……僕、ほんとに誰にも言いませんから!」
泣き声で、懇願した。
―――冗談じゃないよ、こんなの!
だいたい、行為は見てないし……裸は先輩達が勝手に…
  
「見たことがもう、罪」
「だから、そんなの…」
 
目の前で、にやりと笑う板谷先輩は、大天使なんてもんじゃない!
真っ黒い翼を広げた、唇も舌も真紅の、ルシファーだった。
邪悪すぎて、僕の言葉と息が一瞬止まった。
 
―――加藤……!
咄嗟に、隣の部屋で寝ている加藤の顔が浮かんだ。
あいつに、助けを……
 
「このフィルム、公貴に編集させようか」
 
無慈悲なルシファーが、残酷な笑いを口の端に浮かべて、とんでもないことを言い出した。
まるで、僕の心を、読んだように。
「……はぁ!?」
「リオちゃん。残念だけど、キー君はここにはいないよ」
「…え!?」
佐倉先輩の声に、意味が飲み込めない僕は、二人の先輩の間で視線をさまよわせた。
「一足先に、撮ったフィルムを現像に出しに行ったんだ」
―――そう言えば、夜のミーティングに居なかった。
部屋にこもって、なんかの作業をしてるのかと、まるっきり気にしていなかった。
「最近は、8ミリフィルムの現像屋となると、貴重でね。場所が遠くて……編集に間に合わなくなっちゃうんだよ」
「…………」
「と言うわけで、助けは呼べないぞ」
「……んっ!」
板谷先輩が、唇を押し当ててきた。舌が侵入してくる。
佐倉先輩も、羽交い締めはそのまま、耳朶を噛んでくる。
「ぅ……ぅうっ……んっ……!」
激しい吸い上げに、恥ずかしい声が出てしまう。
「……はぁッ………」
やっと解放してくれたかと思ったら、4つの手が本格的に妖しく動き出した。
 
「あっ……やぁ……やめてください!」
もう、後はどんなに嫌がっても、容赦してくれなかった。
「あ…、あ…、ぁあぁ……!」
佐倉先輩の細い指が、胸の突起を摘んでは押して、いつまでもなぶり続ける。
その快感は、背中を這って、腰にビリビリと伝わっていった。
そのせいで熱く滾ってしまった僕のを、板谷先輩が扱き上げる。
「や……ぁあっ……!」
―――ああぁ……やだ! …こんなのイヤだ!
頭とは正反対に、身体はめちゃくちゃ気持ちよがっていた。
―――先輩の手……すごい………!!!
透明な液体を垂らして、イヤラシイ水音まで立て始めた。
「……ん………ぁ?」
後ろに変な異物感……。
指をあてがわれていた。
 
「リオちゃん……板谷の指テクは、……最高だよ」
佐倉先輩が耳元で、溜息を漏らすように囁いて、クスリと笑った。
 
「………や…!」
――あ……入ってくる……
背中を仰け反らせた。
「ぁああぁっ……!」
――うぁっ……うぁっ……!
濡らした指で円を描きながら、押し込むように、少しずつそこを広げていく。
細かい振動を付けながら、僕の呼吸に合わせて、確実に挿入してくる。
佐倉先輩の手も、胸から離れない。
  
「やだ……せんぱい……許して………」
 
僕は泣きながら、首を振って抵抗した。
ずぶりと、完全に指の根本まで押し込まれた。
「……気持ちいいだろ?」
板谷先輩が、また悪魔の微笑みで、口の端を上げる。
僕はブルブルと首を横に振りながら、
「……んぁああぁ……!」
更に背中を反らせた。
2本に増やされた指のせいで、押し開く変な感覚と圧迫感に襲われる。
中を探って、暴れ回る異物。
僕はもう、限界だった。
前の扱きに合わせて、打ち付けるように指を突っ込まれる。
振動の度に、痺れが背中を這い上がった。
「あッ、あッ……せんぱ……いく……イク…イク、イクッ!!」
「…イキな」
板谷先輩の、熱い溜息。
「……んぁ…ぁああぁぁ!」
勢いよく、先輩の掌に白濁が飛び散った。
 
  
 
「………はぁ…」
佐倉先輩の腕の中で、ぐったりとしてしまった。
ものすごい脱力感。
ショックも凄い。
何が……あったのか……起こったのか……
わかってるけど……わかりたくない。
 
先輩達が悪いのに。
”イッた”のは僕で……
それだけが、無性に恥ずかしい。
 
―――酷いよ……僕誰にも、絶対言わないのに。
―――見せた、先輩達が悪いのに……
 
 
でも……こんなんじゃ、終わらなかったんだ。
よく言うあれ。
台本でも使ってた専門用語でいうなら……それは正しく”イントロ”ってヤツだった。
  
「もっと気持ちイイこと、リオちゃんに教えてあげたい」 
耳元で、ぽつりと呟かれた。
「……妬くだろ? …佐倉」
「板谷が挿れる必要は、ないよ」
「……バックバージンは、奪っちゃマズイしな」
「そうそう」
僕をおもちゃに、目線を絡ませ合いながら仕組まれた会話を楽しむ二人。
ぼんやり聞いていた僕がそれに気付いたのは、佐倉先輩が布団の脇から取り出した、それを見たときだった。
 
――――!?
 

NEXT / 長編SS短中編