「俺とアイツ」夏シネマ
 

 

 
―――え!?
……うわっ……なっ……!!
 
 
 
慌てて映写機に抱きつくようにフィルムを止めて、誰もいるはずのない部室を見渡した。
―――先輩!?
ドクン、ドクンと、心臓が煩い。
 
あの時の、先輩たちの様子を思い出す。 
「誰もいない時に、一人で観てね」
妙に含んだような、言い回し。
口の端に浮かんだ、笑み。
 
「―――――っっ!!」
俺は慌てて、部室のドアの鍵を閉めに走った。
後ろ手に鍵を閉めながら、ドアに背中で寄り掛かった。
「………………」
眼鏡のレンズをシャツの裾で拭いて、かけ直す。
頭を落ち着かせて、さっきの映像を思い出してみた。
佐倉先輩たちに、押さえ付けられていた須崎……。
その顔は真っ赤で、大きい目を見開いて……俺を見ていた。
――――これ、あの合宿の時の……だよな。
生唾を、何度も飲み込んだ。
あれ以来、須崎とは会っていない。
――――あそこで、あんなトコで……何があったんだ……?
6畳の部屋に布団を敷き詰めた空間。
そこで先輩2人に捕まえられた須崎……
そう考えただけでも、興奮した。
「……………はぁ…」
深呼吸をして、気持ちを落ち着かせると、映写機の前に戻った。
――――見定めてやる
そんな気分だった。
息を詰めて、再びリールを回し始める。
 
それは、板谷先輩たちに裸にされた……須崎のAVシネマだった。
 
一番最初に俺を見たと思った場面は、カメラの位置を教えられて、驚いている顔だった。
固定アングルらしく、いまいち不明瞭な映像。
でも、須崎の顔がどんどん火照っていって、仰け反って喘ぐ姿は、充分綺麗に映っていた。
「………………」
瞬きも忘れて、それに見入った。
音声はない。
昔のサイレント映画みたいで、それはそれで、もの凄くエロい映像だった。
タカタカタカタ…微かに鳴り響くのは、リールの回る機械音だけ。
「………」
無音の世界の中で、須崎が喘ぐ。
悩ましげに眉を寄せては、目を潤ませて、頬を紅く染めていく……
首を振っては「やめて」と、何度も動く、紅い唇。
白い肌……
胸を這い回る、手の平。
板谷先輩の上下する手に、両脚を広げて……
うわ、尻に指が…! ……仰け反る身体……
 
―――はぁっ……はぁっ……
 
聞こえるはずのない、須崎の喘ぎ……それは気が付いてみれば、自分の荒い呼吸だった。
「あッ……」
思わず腰が震えた。
須崎が板谷先輩の手で、イカされた瞬間だった。
ビクンと身体を震わせると、喉を反らせて小さい口が悲鳴を上げたようだった。
佐倉先輩の腕の中で、ぐったりとして、身体を小刻みに痙攣させている。
頬を伝う涙、真っ赤な唇。
「――――――っっ」
俺は一端、映写機を止めた。
――――ヤバイ。
ズボンの前が、かなりきつくなっていた。
 
―――須崎見てて、勃っちまうなんて……
誰に見られているわけでもないのに、恥ずかしくて一人、赤面した。
――――どうする……まだ観るか……?
 
なんて、悩んだのも一瞬だった。
俺はもう一度深呼吸をして、立ち上がって、背筋を伸ばした。そしてきちんと座り直すと、再びリールを回し始めた。
 
「……うわ…」
思わず声に出して、呻いた。
佐倉先輩が取り出したモノは、俺も始めて見る。
ゴムを被せたそれ……大きめのバイブが、須崎の後ろにあてがわれた。
大声を上げそうな場面では、佐倉先輩がその唇を塞いでいた。
――――うわ……うわ…………
濃厚なキス。
須崎の喉は反り返り、胸が激しく上下している。
その下、広げられた両脚の根本に……太いバイブが埋め込まれていく。
押し込むたびに、背中を反らせて震えて。
痙攣する腰、のたうつ身体。
須崎のソコは、少しずつ勃ち上がっていった。
――――はぁ………
全部入れられた後、尻で座らされて、辛そうに顔を歪めている。
「………ッ」
自分がそうされたかの様に、股間が疼いた。
知らずに歯まで、食いしばって。
――――はぁ、…はぁ…はぁ…
俺は須崎の変わりに、呼吸を荒げ続けた。
そこで画面が切り替わって、須崎のアップが映し出された。
板谷部長が、カメラを構えたんだ。
「…………スゲ…」
泣いて嫌がる、火照った須崎の顔。
その口には、撮影で使った猿ぐつわが嵌められていた。
目線だけで訴える仕草が、胸にズキンときた。
そのアップから、カメラは少しづつ下になめて移動していく。
首筋から胸へと、伝う汗。
鎖骨、ピンクの小突起、腹筋、半勃ちになってるソコ…その奥に少し見えてる、バイブ……
開いた脚の膝頭…ふくらはぎ…リキんだつま先まで、じっくりと映し出した。
 
―――さすが板谷先輩……すごい綺麗に撮ってる……
生唾をまた、飲み込んだ。
―――でも、それにしたって……何、してんだ…先輩たち……?
 
「――ッ!」
バイブのスイッチを入れられたのか、須崎の身体が急に跳ね上がった。
「うぁ……」
俺も、そこが痛い。腰がどんどん疼いていく。
その瞬間、音声が入った。
 
『んんッ……ぁあああッ…!!』
須崎の喘ぎ声だった。
  
 
 
『理央……入部してくれ』
『キー君を、助けてあげて』
 
  
 
先輩達の声…!
 
「――――――――!!」
 
俺は、胸が熱くなった。
先輩達のその声は、やっていることからは想像も付かないくらい、真剣だった。
『…ん……んっ…んんん!』
その間も、須崎の喘ぎ声は続く。
もはや、抵抗じゃない。もっともっととねだるような、懇願の色がその声には交じっていた。
『…ぁあッ…ぁあッ……ああぁッ…』
―――はぁッ…、はぁッ……
俺はもう、堪らなかった。ズボンの前を解放すると、熱くなっているそれを引き出して掌中にした。
須崎の喘ぎ声にあわせて、上下させる。
須崎の唇は、また佐倉先輩の濃厚なキスで塞がれていた。
『……ん!! ……んんーーっ!!!』
…ぁあ、…ぁあ、………んッ…ぁああぁ……!!
 
「………くッ…」
ヤツがイカされるのと同時に、俺もイっていた。
……ハァッ……ハァッ…ハァッ…
スクリーンは、正体をなくした須崎のアップの、静止画で終わっていた。
真っ赤な頬に涙の跡が幾筋も伝い、閉じている目も長い睫が濡れている。
 
『―――リオちゃん、約束だよ―――』
 
最後の佐倉先輩の声が、耳から離れない。
………リオ……リオ……
俺はその顔を見つめながら、もう一発抜いていた。
「………んッ」
―――ハァッ、……ハァッ……
 
「………リオ…」
 
思わず、声に出して呼んでしまった。
胸が新鮮な響きで、高鳴った。
「リオ……リオ……」
俺は、残りの休みの間中、自分のベッドの中でその名を呼び続けた。
 
 
 
 
 
 

 
試写会は、8月が終わる3日前。
俺たちの特権。夏休み最後のイベントだった。
俺たちだけが、誰もいない学校を独占する。
 
 
「リオ……この後、片づけ手伝って…」
「……………」
真っ青になって、目を見開いて震えているリオに、そう”命令”した。
 
 
「……………」
何も言わないで、見上げてくるリオ。
机2つ離れた距離が、警戒を物語っている。
既に先輩も女の子達も帰って、部室には俺たち2人だけだった。
「………面白かったろ? 映画」
俺は、上出来の仕上がりにも、興奮していた。
あのラストのアップみたいに、リオをまた撮りたい。
「リオを……撮りたいんだ」
そう言った瞬間、リオはビクッと身体を震わせた。
「………やだ」
眉を吊り上げて、睨み付けてくる。
生の須崎……なまのリオだ……。
フィルムの中の、喘いだ顔が思い出される。
……紅い唇、潤んだ瞳。色っぽい表情……
思わず手を伸ばした。
「………あッ」
怯えたリオが身体を引いた。
―――逃げられる!
俺は咄嗟に手首を捕まえて、引き寄せた。
間にあった机が、激しい音を立てて床を滑る。
「やっ……加藤!」
リオの悲鳴が、部室に響いた。
身を捩って逃げようとする。
俺は強引にその身体を腕の中に、抱き込んだ。
「……離してっ」
浅い呼吸を繰り返しながら、身体を震わせている。
気丈にも、真っ白な顔で睨み付けてきた。
「リオ……」
「――――ッ!」
その唇に、自分のを押し付けていた。殆ど衝動的に。
「んんんーーっっ!! ………やっ…やめろ!」
この身体のどこに、そんな力があるのか。
激しい抵抗で俺の腕を振り払うと、手の甲で唇を拭いながら俺を睨み上げた。
「……卑怯者っ!!」
それだけ叫ぶと、身体を翻して、教室から走って出て行ってしまった。
 
「………………」 
俺は、出て行くリオを追いかけることも出来ずに、一人部室に立ち尽くしていた。
夏の終わりの部室で…… 
俺は、何をしているのだろう。
広い部室の片隅に、映写機と…俺ひとり。
下がったままのスクリーンの前に、板谷先輩と佐倉先輩の、仲の良さそうな笑顔が見えた気がした。
 
 
 
 
「……なに?」
夏休み最後の日、リオは俺からの携帯呼び出しで、渋々出てきた。
――大事な話があるから。絶対来い……リオ――
そう言って。それは、無言の圧力。
場所は、俺んちの最寄り駅だ。
俺は決心していた。昨日一日、ずっと考えてた。
―――もう迷わない。俺は、実行に移す!
残暑続きで、ヤツはショートパンツにロゴTシャツという軽装だった。
――無防備だな…… 
見た瞬間、そう思ってしまう俺は、やはり野獣になっていたからだろう。
顔を赤くして、半睨みに見上げてくるその顔に、俺もどきどきした。
「――ちょっと、歩こうや」
「……………」  
用心するように睨み付けながら、リオは着いてきた。
それを眼鏡のレンズの端に捕らえながら、俺は他愛ないことを喋りだした。
「将来さ、何になりたいか……考えてるか?」
「―――?」
言葉の真意を探るように、じっと見てくる。
「俺さ、映画監督になりたいんだ」
「……カメラマンじゃないの?」
さすがに、リオが口を開いた。
「……ああ]
さんざん俺は8ミリでカメラマンになる! と繰り返していたから。
「ストーリーを追って物事を組み立てて、完成させる。その手段の一つが映像だって判った」
「………?」
「カメラで何かを映す……ファインダーに納めていくのは、すごい楽しい。でも、もっとドキドキすること、見付けた」
映研で、俺は先輩にそれを教えてもらった。
「映すための世界を自分たちで作り上げて、用意をしていくんだ」
「……ああ」
リオも、納得いったように頷いた。
俺は立ち止まって、その顔を正面から見た。
「そのためには、どうしても…お前が必要だ。……リオ」
名前を呼ばれた瞬間、リオは顔を引きつらせた。
「やっぱ卑怯もんだ! ……加藤は!」
不意に叫んだその顔は、泣きそうに歪んでいた。
「僕…帰る!」
俺は、踵を返そうとしたリオの腕を掴むと、すぐ横の鉄門扉を開けた。
「――!?」
驚くリオを無視して、玄関の鍵をあけると中に引きずり込んだ。
「ここ、俺んち」
中は誰もいない。昼間はいつもそうだ。
「………加藤!?」
嫌がるリオを引きずって、二階の自分の部屋に連れ込んだ。
「離せ……離せよ!!」
ベッドに押し倒されて、藻掻いて暴れた。
用意していた紐で手首を束ねると、リオは悲鳴を上げた。
「やぁ……加藤…っ!?」
俺は無言で、その手首をベッドのパイプにくくりつけた。
両腕が上に上がったせいで、Tシャツの裾から腹が見えた。
あの映像を思い出して、俺は息を呑んだ。
「あれ、観たんだよね!?」
リオが顔を真っ赤にさせながら、喚いた。
「あんなの約束でも何でもない! あんなことされたって、僕、入んないから!」
「……………」
「まさか……加藤に、ほんとに見せるなんて……」
大きな目から、ぽろぽろと涙が零れた。
「”リオ”とか呼んで脅したって、……今更また恥ずかしいビデオ撮ったって、僕は絶対やだかんねっ」
「………リオ?」
悔しそうに唇を噛み締めている。
「僕は従わない! ………卑怯もの!」   
また、ぽろぽろと涙をこぼしている。
 
「……勘違い、すんな」
 
俺は腹の底から冷たい声を出した。
――今更また、ビデオだって? ……そんなんじゃない!
 
「俺は…お前が欲しいだけだ」
 
リオの目の色が、恐怖に変わった。
「………かとう?」
Tシャツをたくし上げると、綺麗な胸が露わになった。
可愛い桜色の部分に舌を這わせた。
「…っや……ぁああ…!」
悶える腰を押さえて、ショートパンツと下着を引きずり降ろして、脱がせた。
何もかも、あの映像の通りで。
綺麗な肌、艶めかしい肢体……そそる目つき。
「リオ……」
「………んんッ…!」
キス、愛撫、ほぐし……
毎晩毎晩、頭の中でシミュレートしてはリオを抱いていた。
 
その通りに俺は、リオを犯していった。
 

NEXT /8ミリ / 長編SS短中編