1. 
  
「須崎、須崎!」
って………
加藤はいつも、僕のことを、そう呼んでいた。
あの、夏合宿が終わるまでは―――― 
 
 
 
 
  
「リオを……撮りたいんだ」 
 
頬を高揚させて、目を異様にぎらつかせて。
加藤が、僕を見下ろしてきた。
―――やっぱり………!!
僕は身体を、震わせた。
悔しくて、睨み付けた。
加藤は、絶対そんなヤツじゃないと思ってたのに……
 
”アレ”を盾に、脅すなんて―――
8ミリをその手段に、使うなんて!!
 
 
 
  
 
 
 
さっきは、まさかと思った。
―――加藤にバレてる……
それに気づかされたのは、試写会が終わった直後。
 
先輩たちの含み笑い。
「あとは任せたよ」の言葉。
加藤の目が、眼鏡の奧が……妖しく揺らめく。
口の端を上げて、意味ありげに笑った。
そして、その声は……。 
 
 
  
「よろしくな……リオ」
 
 
 
「……………」
僕の頭は、グルグル回り始めた。
あの夜を、思い出す。
先輩たちに押さえ付けられて…
僕の、あられのない格好……
何をされたのかも……
一瞬にして、身体が熱くなった。
思わず顔も赤くなる。 
 
 
先輩たちが撮った、僕のAVフィルム。
あれを……加藤は、観たのか……?
それを盾に、こんな……
 
 
―――俺は知ってるんだぞ
バラされたくなかったら、従え…”リオ”―――
 
  
そう、脅迫されている気がした。
真っ青になって、近くの机にしがみついた。
 
「リオ……この後、片づけ手伝って…」
「………………」
加藤が”命令”する。
僕は、部室に残るしかなかった。
加藤は僕を、どうしようというのか……。
その真意が判らなくて……何を言い出すのか、じっと待ってたんだ。
他の部員の子たちが次々と帰っていく中、黙々と映写機を片づける、その顔を見つめ続けた。
 
細い縁なし眼鏡。
短めの茶髪。
板谷先輩たちに追い着くくらい、背が高い。
一見お堅いインテリで、その実…8ミリオタク。
加藤の真剣な目がファインダーを覗いているときは、誰も声を掛けちゃいけないと思うほど、空気が張りつめていた。
その表情から、映画に掛ける情熱は、本物だと思っていた。
僕は、そこまで真剣に取り組めない。そんなこと、わかってるから。
軽く”入部する”なんて安請け合いは、したくなかったんだ。
それなのに……。
 
 
「……リオ」
試写会後の、2人きりになった部室で、加藤は不気味に僕を見下ろしてきた。
広い部室の後ろの方で、僕たちは、机をいくつか挟んで、向かい合っていた。
なんだか……制服を透して、裸を視姦されている気がして、居心地が悪かった。 
「面白かったろ? 映画」
「…………」
映画は、確かに面白かったけど……。
頷けない。
肯定=強引入部…と、なってしまいそうで。
何も言えずに、見上げていたんだ。
そしたら、駆け引きのように、切り出したその言葉。
 
 
「リオを……撮りたいんだ」
  
 
 
 
 
 
 
――僕を…撮る?
――今度は、加藤が自分でか!?
――そして、それをネタに僕を脅すのか……!
 
ショックと混乱のせいで、僕の思考は恐怖にしか向かわなかった。  
「―――やだ!」
僕はそう叫んで、睨み上げた。
 
―――やっぱり……!!
そう思った瞬間、はげしい怒りが湧いた。
―――こんなヤツ、もう知るか!!
僕は、逃げようとした。
だいたい、部室に2人きりなんて、それ自体危険だったんだ!
「―――あッ」
腕を掴まれて、引き寄せられた。
間にあった机が、ガタガタと激しい音を立てて掻き分けられる。
―――痛ッ……
強引すぎる手首の拘束に、恐怖を感じた。
「やっ……加藤!」
思わず僕は、悲鳴を上げた。
「―――離してッ………」
腕の中に抱え込まれて、あの夜が始まった瞬間を、思い出した。
佐倉先輩に押さえ込まれて、動けなくされたあの瞬間。
 
―――はぁ……はぁ……
 
自分の浅い呼吸が、耳に入ってくる。
引っ張られた勢いで、肩を抱き竦められて動けない。
すっぽりと入ってしまった腕の中で、見下ろしてきた加藤と視線が絡んだ。
 
空気も、僕たちも……ぴたりと止まって、至近距離で……睨み合った。
 
「………んんっ!」
 
いきなり加藤が唇を押し付けてきて、僕の呼吸を塞いだ。
  
――――!? ……やだ…!!
 
 
「…やッ……やめろ!」 
僕は、ありったけの力ではね除けると、憎ったらしい加藤を睨み付けた。
「――――卑怯者ッ!!」
悔しくて、それだけ叫んだ。
入部強要どころじゃ、ないだろ!
あんなフィルム観て―――
あの切り札があれば、何してもいいと思ってるのか!
あんなコトされた僕なら、何してもいいと思ってんのか!!
誰にでも、平気でこんなこと――――!
 
 
そんな気持ちが、涙を滲ませた。
「―――卑怯ものッ!!」
泣き顔なんか見せたくなくて、僕は部室を飛び出した。
夏の終わりの学校は、変に静かだった。
伸びる影が、手を伸ばして僕を捕まえようとしている様で、怖くてどこまでも逃げた。
 
走って走って……。
駅近くの裏通りで、やっと塀にぶつかるようにして、止まった。
そのまま塀に背中を着けて、地面にへたり込んだ。
「……はぁ…はぁ…」 
汗が、顔から首へ、胸へと流れていく。
弾む息の中で、身体が熱くて、顔が熱くて……唇も熱いことに気が付いた。
加藤の唇が押し付けられたそこに……心臓があるかのように、ドクンドクンと脈打っている。
 
「――――ッ」
グイッと唇を肩口に押し付けて拭うと、僕は膝を抱えて、泣いた。
先輩たちは、あのフィルムで僕を、本格的に脅すようなことはしなかった。
映研に入るかどうか――そんなのは、結局僕の意志で。
先輩たちは、僕を信じてる……そう思ってたんだ。
なのに……それなのに、加藤に観せていたなんて―――
僕じゃなくて……加藤に託しただけだったんだ。
 
あんな恥ずかしい映像を、アイツは観たんだ。
あんなの観られたかと思うと……悔しくて、悲しくて、……胸が痛くてしょうがなかった。
 
―――そしてアイツは、僕を脅した。
 
なんか、……みんなに裏切られた気分だ。
―――先輩も…加藤も……みんな大っ嫌いだ。
 
 
そして、僕自信も……。
「……………」
さんざん泣いて、気分が落ち着いてきて、……途方に暮れた。
熱くなった身体が、冷めない。
加藤にキスされて、佐倉先輩の濃厚なあれを思い出していた。
両腕で身体を抱き締めて、膝をすり合わせる。
―――まただ……どうしよう……
あれ以来、僕の身体は少し、おかしい。
つい思い出しては、心臓が早くなって……腰が疼いてしまった。
 
 
 
「君…大丈夫?」
  
不意に、上から声を掛けられた。
「…………」
見上げると、知らないおじさんが立っている。
スーツ姿で、仕事帰りの汗ばんだ体臭。
「君、中学生でしょ? なんで制服なんて着てるの?」
腰を屈めて、僕に目線を合わせてきた。
「ちゅ……中学生!?」
僕はびっくりして、その人を睨み付けた。
「家に帰れないなら、話しを聞いてあげるよ」
「………はっ!?」
そいつは、いきなり僕の腕を掴んで、立ち上がらせた。
「ちょっ……何すんですか!」
僕は怖くなって、手を振り払おうとした。
「言うことを聞きなさい! 警察に突き出してもいいのか!?」
「―――!?」
そのドスの利いた声に、心底怯えてしまった。
黙って、腕を掴まれたまま見上げた。
「そう――良い子だね。おじさんとおいで」
頭を撫でられて、もっと怖くなった。
「やっ………」
抗う僕を見下ろす目が、狂気に光ったとき……
 
「その子、家出人じゃないよ。悪いけど」
 
不意に聞き慣れた声が、男の後ろから聞こえた。
 
「僕たちの連れなんだけど……返してくれる?」
 
怖い顔で、2人の先輩がそこに立っていた。
「…………!!」
男は驚いて振り返ると、先輩たちを見て、もう一度驚いたように唸った。
180センチを越える、板谷先輩と佐倉先輩。
その二人が、険しい顔で睨み付けてくる。……完全に迫力負けだった。
チッと舌打ちして、僕を捨てるように放り出すと、一目散に逃げていった。
 
「………せん…ぱい…」
急なことで、すごい怖くて………僕は、立ったまま腰を抜かしていた。 
  
動けないで、立ち尽くしている僕に、2人の先輩はふっと笑いかけてくれた。
「―――こんな顔してちゃぁな…」
「……襲ってくださいって、言ってるようなものだね」
佐倉先輩が、見上げたままの僕の頬に、優しく手を添えた。
「おいで」
「辛かったな」
僕の手を引いて、先輩たちは歩き出した。
古いアパートの一室で、佐倉先輩が鍵を取り出した。
「………せんぱい?」
その部屋が、何なのか……。佐倉先輩の手元を見ながら不安になった。
手慣れた仕草で、ドアを開けている。
「ここはね、僕の姉さんが借りてた部屋。結婚が決まったから、僕が後を引き継がせてもらったんだ」
「………引き継ぐって…」
「いいから、おいで」
強引に、部屋の中に通された。
板谷先輩と、佐倉先輩。
2人が寄り添うように、2Kのダイニングに立っている。
先輩たちもまだ、制服を着たままだったけど……僕なんかとはまるで違う。
子供ではない――大人でもない、妖艶な空気を纏って………
大天使たちは、顔を寄せ合った。
その口の端を上げて、妖しく微笑む。
 
「…ようこそ。俺らの城へ」
「リオちゃんは、いつも僕たちの秘密に、一番乗りだね」
 

NEXT / 夏シネマ / 8ミリ / 長編SS短中編