先輩と内緒シネマ
  
2. 
  
「……………」
その光景が、あまりに非現実的すぎて……。
僕は、瞬きを繰り返すばかりだった。
「こっちにおいで」
また手を引かれ、奥の部屋のソファーに座らされた。
背中とお尻が沈み込み、踵が床から浮いた。
その両側に、先輩たちが挟むように座る。
「リオちゃん、辛かったね」
またその言葉を繰り返して、佐倉先輩が、僕を背中から抱き締めた。
ソファーに埋もれた身体をずらされて、僕は余計斜めに沈み込んだ。
「……………?」
――――辛いって……さっきから……
「今、楽にしてやるよ」
板谷先輩が、正面から僕を覗き込んだ。切れ上がった二重で、涼しげにくすりと笑う。
「そんな顔したままじゃ、また変なのに声掛けられそうだからな」
――――え……?
「リオちゃん、口を開けて」
「……佐倉せん…? …んっ……」
横から、頬をすり寄せるように顔を近づけて、僕の唇を塞いだ。
あの時みたいに、優しく舌が入り込んでくる。
「……んんっ……!」
喘いだ胸のシャツのボタンを、板谷先輩が一つ一つ、丁寧に外しだした。
――――ちょ……なに……?
「ん――んん……っ!」
抗うと、佐倉先輩に羽交い締めにされた。
「…………あ」
あの時と、まったく同じだった。
「理央……」
はだけた胸の中心に、板谷先輩が舌を這わせる。
「……ぁ…んんっ…!」
僕は思い出した。これを、僕のこんな声をアイツは………
「……板谷先輩、ひどい!」
綺麗な二重が、ちらりと僕を見た。
「あれ……加藤に、観せたんですか……?」
震える息で、胸を愛撫し続ける先輩を非難した。
 
「―――あれって?」
「……なんのこと?」
 
―――――――!!
空とぼけられて、まったく話しにならない。
佐倉先輩は、僕の耳に唇を押し付けて、クスクスと笑った。
「ね、リオちゃん、ちから抜いて。僕はこれを教えてあげたい」
「ぁ……」
佐倉先輩のキスは凄かった。
舌が別の生き物みたいに、僕の中で動き回る。
僕の舌を絡め取っては、気持ちいいところを擦ってくれる。
心地よく吸い上げては、あちこち突いてくすぐる。
「ん…んんっ…」
思わず声をあげた。
「俺はこっちを、教えてやる」
「……ぁあッ!」
ズボンと下着を、剥ぎ取られた。
「いいなぁ、リオちゃん」
「………よく……ないですよぉ」
僕は、泣きたかった。
こんな恥ずかしいカッコにさせられて、イイもなにも……
「……板谷の指、気持ちよかったでしょ?」
「……………」
僕は思い出して、小さく頷いた。
顔は既に、真っ赤っかだと思う。恥ずかし過ぎて、頬が痛いくらい熱い。
「また……何か撮るの……?」
2本目のビデオを撮影して、また脅しのネタにでも、するのだろうか。
「そんなことしないよ」
とろんとした僕の声に、佐倉先輩がくすりと笑った。
「お前が、あんま、辛そうな顔をしてるから」
板谷先輩も、優しく囁く。
「これは特別。プレゼントだな。……偶然お前を見付けて、良かった」
……プレゼントって……
いらない、僕。そんなの―――
「この経験が役に立つと、いいね」
「理央が出会う、大事な誰かに、教えてヤレ」
二人して、声を潜めて笑っている。
「…………」
その言葉を、僕はまた勘違いして聞いていた。
僕が出会う”女の子”かと思ってたんだ。
よく考えたら、そんなはずあるわけなかった。
だって……
「アナルは、バージンのままにしといてやる」
「でも、開発はしようね」
その行為は……女の子とのエッチには、関係ないことだった。
「先輩! いいです……僕、いらない………」
焦っても、もう遅かった。
佐倉先輩が、また唇を塞ぐ。
胸の尖りを弄ってくる。
「んっ……ん」
―――あッ!
開かされた脚の根本に、板谷先輩が顔を埋める。
後ろに、生温かい舌が入ってきた。
「あッ、ぁあッ……」
腰を浮かせて振ってしまう。
充分濡らされて、指にすり替えられた。
「んん―――っ!」
そこから背中にかけて、何かが走り抜ける。
ゆっくりゆっくり、……中を探るように人差し指と中指を、揃えて抜き差しする。
指を曲げては、何処かを擦る。
「んっ、んっ、んっ…」
優しく優しく、いつまでも…僕の中の何かを待つみたいに。
「…………はぁ……はぁ……はぁ……」
だんだん僕の息は、指の出し入れに合わせて、熱くて浅い呼吸を繰り返し出した。
 
「理央……今回はフィルムには撮らないけど―――」
板谷先輩の低い声。
「お前の身体で、覚えておけ」
……はぁ………はぁ………?
「お前の五感というフィルムに、焼き付けろ」
「リオちゃん、これは内緒の撮影会。…今日のことは、誰にも内緒だよ」
―――誰にも……?
「だから、記録は記憶の中だけだ」
「…………」
僕は、曖昧に頷いた。
―――加藤にも、観せない。
「覚えておいて。高2の夏に、こんな映画があったってこと」
佐倉先輩の濡れたような瞳が、揺らめく。
「僕たちも――最初は大変だったんだよ」
――――え?
「………サクラ」
「………ん」
シルエットが重なる。
僕の目の前で………
あの時と同じだった。僕を挟んで、目の前で短いディープキス。
2.3回舌を絡めて、離れた。
それこそ、映画のワンシーンだった。
佐倉先輩の熱っぽい視線を、板谷先輩が、愛おしそうに受け止める。
「……………」
これは……このクランクインは、先輩たちが主役なんだ。
前回みたいな、僕のアダルトビデオなんてものではなかった。
 
先輩の指が、また入ってきて、同じ動きを繰り返す。
掌を上に向け、僕の中の上側を探る。
………ゆっくり、ゆっくり指を抜き差しする。
「ん………ん………」
だんだん焦れったくなってきた。
時々、ゾクリとする刺激がくる。
でも、熱を持って勃ちあがってしまっている前のを、満足させるような波は来ない。
「んぁ………せん……ぱい……」
腰を捩って身悶えたのを合図のように、板谷先輩の舌が、僕のそれを舐めだした。
指の動きに連動させるように、裏スジ、袋を舐め上げる。
「んぁああっ……!」
堪らずに、仰け反った。
その身体を受け止めて、佐倉先輩が呟いた。
「いいなぁ、リオちゃん」
羨ましそうな声。
「……佐倉」
板谷先輩が反応して、顔を起こした。
伸び上がって、顔を寄せ合う。
チュッという軽いキス。
「もうちょっと、待ってろ……な…」
佐倉先輩に優しい声でそう言うと、ソファーの足元のボックスから何かを取り出した。
「…………!!」
僕も、本とかで見たことがあるアイテム第2弾だ。
今日も、そんなおもちゃを使うとは、思いもしなかった。
「やっ……そんなの……!」
「こないだのよりラクだから、力抜いてろ」
そう言うと、僕の垂らしている透明な液体に擦りつけて、それ全体を濡らした。
「んっ…ぁああッ…!」
腰が跳ねてしまう。
丸く細まった先端を、後ろにあてがい、ゆっくりと挿入される。
「やっ………ああぁ……!!」
ピンクの楕円型をしたそれは、コードを繋げたまま、僕の中に完全に押し込まれた。
更に指で追いやって、腸内の奥底に、送り込む。
「ぁああ、やだ…先輩、やめて………」
異物感が、気持ち悪い。
「ん…」
…いやだ…排泄感みたいのも……
押し出そうとする腸の感覚が、挿れられる感じよりもっと怖い気がした。
 
「中でくわえ込め」
………? …そんなこと、言われても………
ふふ、と耳元で佐倉先輩が笑った。
「それはまだ、ムリだよねえ」
額に汗で張り付いている、僕の前髪を掻き上げてくれる。
「指を抜いて、上から揉んであげて……僕にしてくれたように」
「……ああ」
ローターだけ中に残して指を抜くと、掌の親指の付け根の部分を、コードをはみ出させたソコに押し付けてきた。
「んぁッ………!」
僕はまた仰け反った。身体が上下するほど、押し揉み上げてくる。
反対の手で、僕の揺れている熱いのを握り込んだ。
指先で縒り上げるように揉みしだきながら、先端から袋までを何度も往復させた。
「ぁあっ! ぁあッ……ぁぁあッ………!」
めちゃくちゃ気持ちが良い。
その手の動きは、さっきまでの焦らしを完全に解消してくれた。
「ぁあ、あ、あ、あ……」
動きに合わせて、喘いでしまう。
「……サイコーでしょ…。板谷の指テク……」
溜息のように、佐倉先輩が耳元で囁く。
 
「……佐倉」
「……ん」
 
板谷先輩が、また身体を伸び上がらせた。
僕を喘がせながら、目の前でまたディープキスのショーを始めた。
お互いを飲み込んでしまいそうなくらい、押し付け合う唇。
喉の奥まで舌を絡めて、舌面を密着させ合っているのが判る。
佐倉先輩の喉が、時々嚥下した。
そうかと思うと、唇は離して、舌先だけを尖らせて絡め合う。
ピチャピチャと軽い音をわざと立てて、絡んでは逃げてを繰り返したり。
そんなときは、薄目を開けて、見つめ合っている。そして微笑む。
熱い吐息―――
「………はぁ…」
………楽しそう。……気持ち良さそう……僕まで、喘いだ。
ネコみたいに目を細めて、佐倉先輩は板谷先輩を受け入れていた。
「………んっ…」
ひとしきり戯れると、佐倉先輩が小さく喘いだ。
やっと唇を離す2人。
「……あとでな」
「…うん」
視線を絡めて、サインを送り合っている。
「…………」
僕は、自分が激しく邪魔な存在に思えてきた。 
僕の視線に気付いた板谷先輩が、笑った。
「ごめんな、こいつ、すごいやきもち焼きで…」
「………………」
無言で頷く僕に、佐倉先輩の熱くなった唇が降りてきた。
「リオちゃんは特別。平気の筈なんだけど…ごめんね」
たった今、板谷先輩から受けたキスの熱を、そのまま僕に注ぎ込んでくる。
「ん…んんッ……んぁああ……」
自分で息をしているのか、させられているのか、そんなことすら判らなくなるくらい、翻弄された。
「アッ! ―――ァアアアアッ!!」
いきなり、体内で何かが暴れた。
ローターのスイッチを入れられたんだ!
「ああぁ! ………ぅぁああぁぁ……」
すご………すごい……
前にくる刺激が、強すぎる。
仰け反ったり、腰を捩ったり……身体が勝手に反応した。
肩は羽交い締めで、唇は塞がれたまま。
下半身は、M字に開脚した状態で、足首をソファーに押さえ付けられていた。
やめ…!! ……やめて…………せんぱい!! 離してッ―――
「んんっ…! んん―――――っっ!!!」
ローターが動いただけで、僕の身体はすぐに絶頂を目指した。
それに合わせて、前をすっぽりと咥えられて……、板谷先輩の唇が上下に動く。
「………ぁああ!!」
―――気持ちいい!!
ぁああ――いく……いくっ…イクッ…せんぱい………!!
 
「――――っ!!」
ドクンッと震えた腰は、先輩の口の中に白濁を飛び散らせていた。
何度も何度も…恥ずかしくてもう、自分でも嫌って程…
そんな僕の出したのを、板谷先輩は全部口で受けたあと、最後は綺麗に吸い取って、お尻の中のも抜いてくれた。
「…ん………はぁ……はぁ…はぁ…」
何もかも熱くて、体中の震えが全然止まらなくて…
僕は涙目で、荒い呼吸をずっと繰り返し続けた。
「……良かった?」
僕を抱えながら、佐倉先輩が頬を寄せてきた。
僕は、もう……ただただ、頷くだけだった。
 
そのあと……先輩たちのシネマは、続いていた。……みたいだった。
寄り合うシルエットと、密かな笑い声……
それを感じながら、僕は2回目のエッチな体験に、クタクタになって――――
 
目を覚ますと、佐倉先輩が隣にうつぶせで横になっていた。
「………………」
間近のその顔を、霞む頭でぼんやりと眺めた。
上気してピンク色の頬。汗で髪の毛が顔に張り付いている。
閉じた睫毛は濡れて光っていた。
紅い唇は少し開いて、熱い吐息を今も小さく弾ませている。
―――色っぽいなぁ……
動き出した頭で、そう思って赤面した。……先輩たち…。
「こいつもね……」
佐倉先輩の黒髪に、指が差し込まれた。
目線を上げると、床に座り込んだ板谷先輩がソファーに寄り掛かって、佐倉先輩の頭を撫でていた。
「理央と同じ……終わるとすぐに、寝込んじまう」
愛おしそうに顔を寄せて、そっと黒髪を梳く。
「…………………」
 
………クランクアウトだ……と、思った。
 
全裸でソファーに丸くなる佐倉先輩。その肩には、板谷先輩の開襟シャツが掛けてある。
床に座り込んで、その寝顔を眺めている板谷先輩もまた、裸にシャツ一枚引っかけてるだけ。
板谷先輩が伸ばした手は、佐倉先輩を起こさないように、そっと頭に乗せたまま止まっていた。
 
僕は、佐倉先輩が落ちてしまわないように、もっと奥へ身体を寄せたかったけれど…起こしてしまいそうで、動けないでいた。
 
あの、絵になるキスシーンから始まって……
音もない、静かな世界。
もう、なにも動かない。
 
幸せと、不安と…泣きたくなるような想い合い…
……この二人の空間を、壊したくなかった。
 
僕は、このラストシーンを、絶対…忘れない――――
  
 
 
 
 
僕は――先輩たちの内緒の映画に、少し出演させてもらっただけだった。
二人だけの、あの城で…… 
その始まりを、見せてもらったんだ。
これから先、何度も繰り返すだろう、あのシーンを。
 
 
自分のベッドの中で、寝返りを打っては、それを思った。
――――羨ましいな。
合宿の時、そう思ったけど。
先輩二人の間の、空気。
信頼しあっているあの特別な波長は、そういうことだったんだ。
親友じゃなくて……恋人同士だったんだ。
――――ずるいよ、そんなの
 
 
溜息をついて、加藤の顔を思い浮かべた。
―――加藤は……僕をどうするつもりなんだろう……
 
「公貴が、何か言ったのか?」
板谷先輩が、最後に聞いてきた。
僕は黙って、首を振った。
何も言わないから、怖いんだ。
”リオ”といきなり呼んできた。
アイツのあの呼び方……あれが怖い。僕には、無言の圧力にしか思えない。
 命令してくる。
 ”俺に従え”と……。
「公貴が何かしようとしてるなら、それはあいつ自身で考えていることだ。俺らには、関係ないよ」
そう、涼しい顔をして笑った。嘘つき先輩。フィルムは見せてるくせに。
……関係ないはず、ないじゃないか!
また寝返りを打って、自分で身体を抱き締めた。
―――今日はもう平気だけど……また、変になったら、どうしよう。
それも、不安の一つだった。
 
―――こんな身体にしてくれちゃって……
―――先輩たちのバカーーッ!!
僕は頭の中で、板谷先輩をけっ飛ばした。
 
 
 
 
夏休み最後の日、加藤が僕を呼び出した。
―――どうしよう
話しがあるから、とにかく駅まで出て来いという。
話しったって……どうせ、アレにきまってる。
入部してくれとか、映研を助けろとか。
……加藤一人じゃ、どうにもなんないのは僕だって、わかる。
でも、人数あわせに僕なんかが入部したって、迷惑かけるだけなのに。
それが、嫌なのに……。
 
―――あんな卑怯な言い回しで、脅してくる加藤……
アイツの光る眼鏡を思い出して、身体が竦んだ。
   

NEXT / 夏シネマ / 8ミリ / 長編SS短中編