先輩と内緒シネマ
 
3. 
  
「……なに?」
 
 
 
 
 
―――夏休み最後の日の、加藤の呼び出しに……
行かないわけには、いかなかった。
 
結局僕は、言われた場所に出向いていた。
上背のある加藤は目立つ。
降り立った駅の改札口で、ぼさっと立っているだけでも、すぐ判った。
ぴっちりTシャツの上に、軽く半袖シャツを羽織って、スリムストレートのデニムパンツ。
――同い歳なのに……
加藤は、板谷先輩たちと一緒の方が、絵になると思った。3年で通用する。
それに比べて、自分は中学生に間違えられたかと思うと…悔しい。
……くっそー!
あの変なおじさんに腕を掴まれて、怖かったのを、思い出した。
それは、試写会の後に加藤に押さえ付けられた時にも、感じた。
――こんなヤツに、脅されたって負けない!
何されたって、負けない!
キスしてきた時の、ドアップも思い出した。
加藤の顔を直視するのが、ちょっと恥ずかしかったけど……精一杯、睨み付けた。 
 
 
「――ちょっと、歩こうや」
「………………」
加藤は、そんな僕に取り合わず、歩き出した。
僕も用心して、後を着いて歩いた。
「俺、映画監督になりたいんだ」
加藤は、将来何になりたいか、なんて話しを唐突に喋りだした。
僕はそれどころじゃないのに。
だいたい、なりたいモノなんて何にもない。
――でも……監督?
「カメラマンじゃ、ないの?」
思わず、聞き返した。
「ああ、カメラは楽しい。だけど…撮るための材料を用意していくのは、もっと楽しいことがわかった」
「………」
映研の合宿を思い出した。みんながそれぞれの持ち場で、仕事をこなしていく。
それをまとめ上げて、完成させていく……。
確かに、僕もその一員になって、ちょっと楽しかった。
「うん………」
頷いた僕に、加藤は足を止めて、向き直った。
無表情の目が、じっと僕を、眼鏡の奧から見降ろしてくる。
 
 
「そのためには、どうしても…お前が必要だ……リオ…」
 
 
―――――――!!
さぁっと、顔から血の気が引いていくのを感じた。
来たか! と思った。
しかも……将来?
そんなオオゴトの話しにして……。
それ以上は何も言わない。ただ、じっと見下ろしてくる。
「―――――ッ」
この、無言の圧力で、僕にどうしろってんだ!
”従います”って、言えばいいのか!?
僕は両手を握り締めて、拳を振るわせた。
  
「やっぱ卑怯もんだ、加藤は!」
 
悔しくて、そう叫んだ。
そんなヤツじゃないと思ってた。
もっと真っ直ぐだと思ってたんだ
……部活にも、僕にも!
そう思いたかった。
こんな卑怯な言い方をしないなら、僕だって…そう思ってたのに。
でも―――
やっぱ、来なきゃ良かった!
 
「僕……帰る!」
加藤なんか、大っ嫌いだ!
 
踵を返そうとして、腕を掴まれた。
―――――!!
そのまま加藤は、立っていたすぐ横の家の鉄門扉を開けて、僕を中へ引きずり込んだ。
「―――!?」
「ここ、俺んち」
冷たい声で、一言。
あとは強引に引っ張られて、二階に連れて行かれた。
 
「やっ……加藤!?」 
ベッドに押し倒されて、心底恐怖した。
ヒモで手首を括られて、ベッドに縛り付けられて……。
まさかと思ったことが、本当に起こっていた。
 
―――加藤は、ほんとに自分でAVを撮り直す気なんだ!
僕の恥ずかしい映像を撮って、言うこと聞かせて……!
 
そう、実感したとき、僕はやっと現実を受け入れていた。
―――こんなことするなんて、やっぱりアレを観てるんだ……
 
悔しくて……悲しくて……、視界が滲んだ。
 
――もしかしたら、加藤は観てないかも……
――もしかしたら、加藤は卑怯じゃない……
 
………そんなこと、僕は必死に、祈ってたんだ!
 
先輩の馬鹿! 加藤のバカーッ!!
何で、ハッキリ言わないんだよ!? 
 
 
「……加藤、アレ観たんだよね!?」
冷たい目で見下ろしてくる加藤に、喚いた。
「……ほんとに、見せるなんて……」
悔しくて、とうとう涙が零れた。
「あんなの、約束でも何でもない…あんなので脅したって…」
泣きながら、加藤を睨み付けた。
「今更また恥ずかしいビデオ撮ったって、僕は絶対やだかんねっ!!」
「………リオ?」
眼鏡の奧が、怪訝そうに細められた。
卑怯モン! 卑怯モン! 卑怯モン!
心がそうさけんで、止まらない。
「僕は従わない! ………卑怯もの!」   
ぽろぽろと涙が零れていく。
加藤に泣き顔を見せるのもシャクだったけど、どうしようもない。
頭上で括られた手首にも腹が立つ。
唇を噛み締めて、睨み続けた。
 
「……勘違い、すんな」
 
聞いたこともない、冷たい声が響いた。
 
 
「俺は…お前が欲しいだけだ」
 
 
ゆっくりと……加藤はそう言った。
――――――――!?
反射する眼鏡のせいで、その奧が見えない。 
「………かとう?」
 
―――あッ!
  
表情を読む暇もなく、僕のシャツが捲られ、胸に顔を押し付けられた。
「…っや……ぁああ…!」
その勢いで、下も全部剥ぎ取られた。
――――うわぁッ……!!
「やッ……やだ………やめて、加藤……」
僕は恥ずかしいのと恐怖とで、涙目になりながら加藤を睨み上げた。
「……リオ」
唇を押し付けてきた。
「んんっ……」
――――――!?
これ、キス!?
あまりに、佐倉先輩の動きと違って、僕は戸惑った。
ねじ込んできた舌は乱暴で、恐怖ばかりを煽る。
「やッ……やめて………加藤ッ!!」
全身を撫で回してくる手も、乱暴だった。
必死に叫んでも、全く聞いてくれない。
それでも、敏感なところを触られると、身体が震えた。
「ぁあっ……やぁああ……!!」
萎えてちっちゃくなってる僕のも、無理矢理揉まれて、辛かった。
―――痛ッ… 
「リオ……羨ましいって言ってたろ。板谷部長のこと。……親友っていいなって」
加藤の興奮した声が、耳元で響いた。
同時に、胸の尖りを摘まれた。
「んぁぁっ………やぁ!」
―――待って……加藤、……待って!!
「俺、リオとそうなりたいんだ」
「――――!!」
あれは――だって、あれは親友なんかじゃない! それ以上だったんだ!
「し……親友って、こんなこと、しないよねっ!?」
喘ぎで、上手く喋れない。
冷静になって欲しくて、夢中で叫んだ。
「んんっ――」
また酷いキスで口を塞がれた。
―――苦しい!
その後タオルを噛ませられて、握った掌と唇で扱かれて……
「……んんっっ…ぁあああ……!!」
僕は、ムリヤリ加藤の口にイカせられた。
―――酷い! なんで、こんな……!! 
 
 
「……………」
僕は傷ついて、ただ泣いていた。
タオルの奧で、嗚咽を噛み殺して。 
「リオ……」
目を瞑って泣き続ける僕に、加藤が囁いてきた。
「俺は、脅して入部させようなんて…もう思ってない」
「………………」
―――やっぱ、そうだったんだ…。
……でも、もう知るか! 加藤なんて、大っ嫌いだ!
ショックで、ずっと涙が止まらない。
加藤の低い声は、響き続けた。
 
 
「これで嫌われても、親友どころか、ダチでなくなってしまっても…」
 
「……お前が欲しいんだ」
 
 
――――――ッ!!
 
――さっきも言ってた…。
………”欲しい”って…なんなんだよ。
僕は薄目を開けて、加藤を視界の中に捉えた。
「……………」
表情からも、その真意を探ろうと思ったんだ。 
真っ直ぐ見下ろしてくる加藤の顔が、すぐそこにあった。
  
 
「……その顔、俺だけがファインダから見つめて、独り占めしたかったんだ」
「…………………」 
 
 
「俺……お前が好きみたいだ」
 
 
―――――――!?
なに? ……もう一回!
そう、問い質したかったのに……
 
「んんッ……んん―――っ!!!」
強引に愛撫を再開しだした。
脚を開かされ、後ろに舌を入れてくる。
板谷先輩に敏感にされていたそこは、加藤の愛撫にも、反応した。
「んんーーッッ!!」
指も入ってくる。僕は、背中を仰け反らせた。
――アッ……あぁぁ…!
そして加藤は、自分の滾ってるモノを取り出して、僕の後ろに押し付けた。
――熱い!
そう思った瞬間、襲ってきたのはありえない衝撃………
―――痛ッ!
強引に……探りもせず、引き返しもせず、ひたすら押し込んでくる。 
――――痛い! 痛い! 痛いーー!
引き裂かれるような、鋭い痛み。ムリヤリ異物が入ってくる圧迫感。
「ンッ、ンン――ッ」
それ自身が熱を持って、単独の生き物みたいに力強く押し入ってくる。
あまりの痛みに、気が遠くなりそうだった。
――――イタイ…………
 
全部押し込みきると、加藤は動きを止めて、僕を抱き締めた。
――――あ……
落ちかけた意識が、ふわりと掬われた気がした。
「リオ……」
耳にそっと囁かれた。
―――ッ!
痛いのに……腰がゾクリとした。
 
―――熱い……僕の中の、カトウ……
 
”バックバージンは奪わないよ”
先輩たちが、何度も言ってた。
―――これかぁ……
 
バイブなんかとは、全然違う。……指とも違う。 
 
――今の加藤が、僕の”初めて”だ―――
今、僕の中に入ってる、熱く脈打つ物体………
 
トクン、トクンと、脈を感じるほど興奮してる。
……僕も。
心臓の音、聞こえてしまうんじゃないかってくらい、ドキンドキンって…脈打ってる。
 
繋がった部分が、身体のほんの少しの揺れでも、敏感に反応して… 
密着した腰が、抱きしめてくる加藤が……熱い………
先輩に感じた体温とは違う…なんかもっと、もっともっと……熱いよ…
「リオ……」 
また耳に囁きながら、口のタオルと、手首の拘束を外してくれた。
………はぁ………
手が上に上がったまま……ズキズキする手首をさすることもできないまま――
僕は、加藤に抱きしめられていた。
「………ぁあっ……」
加藤が動き出した。
背中に腕をまわして、胸と胸は密着させたまま、腰を前後し出す。
………痛ッ!!
――やっぱり、痛い。さっき切れたのかも。
――動きが強引すぎる……
「いたっ……痛い……加藤…!」
我慢できずに、声を出した。
腰を突き上げてくるたび、仰け反って、痛みに耐えて。
息を吐くたび、痛いと呻いた。
それなのに、加藤のヤツ……
「熱い……リオの中……」
僕を頭から抱え込むように抱き直して、耳元で囁く。
どんどん動きを早めていく。
「…ぁッ…ぁああッ……!」
思わず声を上げた。その声に反応するように、ますます腰を進める。
 
――――うあッ! い……痛ッ! …痛い!!
ちょ……かとう! ……何で聞いてくれない!?
 
頭も顔もみんな、加藤の腕の中。
叫ぶ声は、掻き消されている。
「痛ッ……痛いッ……! ……バカッ……加藤のバカッ……!!」
密着した身体の隙間で、大声を上げた。
それでも、加藤はまったく動きを緩めてくれない。
耳元で熱い吐息だけが、ずっと聞こえる。
…ハァッ………ハァッ………ハァッ………
そして、時々囁く。
「……リオ………リオッ……」
 
―――加藤………
頭を押さえ込む手に、頬に押し付けられた胸板に、ドキドキする。
痛い…痛いけど…………
抉られる内側は……
………あ、……うぁ……
 
僕も身体が、腰が……熱くなっていった。
痛いだけだった感覚の中に、息の弾む何かを感じ出す。
 
板谷先輩に、気持ちいいことされて……
バイブやローターは、すっかり僕の奥を”開拓”しちゃっていたんだ。
 
「リオッ……リオッ……」
「ん……はぁ……ぁああ……ぁああッ……」
 
漏れだした喘ぎは、止まらなくなった。
「……あッ」
僕の声に、加藤が大きくなるのが判った。
出入りがキツイ……
 
すっかり反応して勃ってしまった僕のも、また掌中にされた。
「んっ……や、…もっと、優しく……」
「もっと、そっと……うごかして……」
加藤が何か動くたびに、乱暴で痛い。
でも、訴えてみても、聞こえてなんか無かった。
 
「…ぁあっ! …ぁああ……ぁああ……」
どんどん早くなる加藤の動き。
打ち付ける衝撃も激しい。
――ハァッ…ハァッ…ハァッ……
「リオ……リオ……リオッ……」
耳に押し付けてくる加藤の息遣いと、僕を呼ぶ声。
 
「あッ…あッ…、かと……かとうッ……」 
 
僕も、喘ぎで応えていた。
腕の中で仰け反って、両脚を最大限開いて、打ち付けを受け入れて……
「……んっ……」
時々呼吸を塞ぐように、キスもしてくる。
僕は、一生懸命その舌も、受け入れていた。
 
 
「んぁ……あぁッ、…ああぁッ!!」
扱きが早くなった。
 
 
………気持ちいい……も、ダメ……
―――いく! ……イク…イクッ…!!
 
 
「ぁあッ………かと……イクッ…!!」
 
 
「………リオッ!」
ぎゅぎゅっと抱きしめられて―――
 
 
ドクンッ!
 
  
加藤の手に、熱い白濁を飛び散らせた。
心臓が破れるかと思うほど、全身が震えた。
 
―――あぁぁ………あつい……!!
 
体内で、加藤を感じた。
放出した熱も……痙攣する、小刻みな震えも……
  
――ハァッ…ハァッ…ハァッ…
 
抱え込まれた胸の中で、耳に響く荒い息。
もう、僕のか加藤のか、わからない………
 
「りお……」
少しだけ顔を起こした加藤は、軽いキスをくれると、僕の胸まで身体を下げた。
ぐったりと胸の上で、脱力している。
まだ、僕の中に入ったままで……… 
気が遠くなりそうな中で、その感覚がかろうじて、僕に意識を保たせていた。
 
………あの時の、佐倉先輩みたいなカオ、してんのかな……僕……
 
ソファーで横たわっていた、上気した顔。
――終わると、すぐに寝込んじまう――
そう言って、愛おしそうに髪を梳いてあげてた板谷先輩。
 
思い出して、なんだか胸が痛くなった。
 
 
目線を降ろすと、満足そうな加藤のカオが、僕の胸で一人、ニヤけていた。
「……………」
まだ繋がったままの加藤は、時々動いては、僕を震えさせて……
きっと裂けてしまったそこは、いまもズキズキと痛いのに……
 
―――なんか、腹立ってきた。
僕は無意識に、加藤の雑な動きと板谷先輩を、比べていた。
経験とか、テクとか、そういうのとはまた別で―――。
板谷先輩が僕を、どれだけ丁寧に扱ってくれていたかが、今、判ったんだ。
合宿の時も、あのアパートでも……。
それは、佐倉先輩も同じ。
………その心を思うと、なんでか、やっぱり胸が痛かった。
 

NEXT/ 夏シネマ / 8ミリ / 長編SS短中編