先輩と内緒シネマ
 
4. 
 
「………へたくそ!」
僕は、後先考えずに、怒鳴っていた。他の言葉が思い浮かばずに。
「――ヘタクソッ!!!」
もう一度、怒鳴った。
ありったけの悔しさを込めて。
 
「……………」
加藤が顔を起こして、僕を見つめてきた。
興奮と、驚きと、ちょっと悲しげに眉を寄せて……
 
「板谷先輩の指テクは…最高で…気持ちよかった!!」
佐倉先輩がいつもそう言ってた。
それはホントはテクとかじゃなくて……思いやりだと思った。
板谷先輩の、佐倉先輩への優しさだったんだ。
「でも、加藤は痛いだけだった!」
加藤は、自分のことばっかり……
「何度もそう言ってんのに、加藤…ちっとも聞いてくれないっ!!」
悔しくて、涙目になってしまった。
 
 
「……ごめん」
   
「―――――ッ!」
 
「……ごめんな」
 
済まなそうに、そう謝る。
「…………」 
そんな素直に謝ってくると思わなかったから……僕は思わず、言葉を失くした。
加藤と見つめ合って、赤面してしまった。
だって、まだ……下が…繋がったままだし……。意識したら、急にそこが、熱を持ちだした気がした。
「…もういいから、ぬいて!!」
そんなこと、加藤に気付かれたくない。
赤くなった顔を伏せたのに、
「……んっ…」
加藤が出て行く時、思わず声を上げてしまった。
そんな僕を、じっと見つめる気配。
  
 
「リオ…。俺、お前が好きみたいだ」
 
 
また、同じコトを言われた。
また……さっきの言葉だ。
――ナニ言ってんだ、コイツ!
 
僕の顔はもっと熱くなって赤くなって、反対に気持ちはもやもやした。
「…さっきから、”みたい”って、ナニッ!?」
怒りにまかせて、本気で睨み付けた。
加藤は、僕の苛立ちに戸惑ったように、一瞬目を泳がせた。
…………?
それから、眼鏡を押し上げて、今度は真っ直ぐに見下ろしてくる。
その顔は、ひどく真剣で……
 
「……さっき、自覚したから。……自分でも驚いてんだ」
 
「――――」
ズンと、胸を突かれたような、変な衝撃。
眼鏡の奧の、その瞳に見つめられたら…… 
 
 
「ぼ……僕は好きじゃないよ! 加藤なんか!」 
 
 
僕も自分に驚いていた。
……こんなヤツに、ドキドキするなんて!
 
「――――ッ」
加藤は、一瞬傷ついたように眉を寄せた。
そして、また真剣な顔で、低い声を絞り出した。  
 
「……俺は好きだ…。脅してでも、リオが欲しかった。……心も…身体も」
 
―――――!!
 
「痛くして…ごめんな」
 
また、真っ直ぐの瞳で、僕に謝る。
ずっと、冷たい顔して、なに考えてるか判んなかった。
眼鏡の奧は、ただ威圧的で……怖かった。
 
――そんな…今さら、…なんだよ……
僕は胸が痛くて、苦しくて、この空気に耐えられなくなった。
「……へたくそッ!」
また、その言葉を言ってしまった。…他に思いつかないんだ!
――僕の声、聞いてくれたら……。
――嫌だって…痛いって、あんなに言ったのに……全然聞いてくれないから……
……加藤のバカッ!!
そう、叫ぼうとした瞬間、いきなり両腕に抱え込まれた。
 
「……わっ……加藤…!?」
「一年間、毎日ヤッてりゃ、上手くなる」
すごい力で抱き締めてきて、耳元にそう囁かれた。
「………えっ?」
その声の響きにはまた心臓が高鳴ったけど……何て言った!?
「その間に、お前は俺を好きになる」
「なっ……何言ってん……」
やっぱり、カトーは自分ばっかだ!
むかついて、逃げようと藻掻いた途端、ふわりと優しいキス…。
……………!!
見上げる僕に、眼鏡の奧は、優しく細まった。
「その間……俺はお前しか見ない。……他のヤツを撮影したって、俺が見つめるのはお前だけだ」
「……………」
「その笑顔を、俺だけにくれ」
 
―――かとー…… 
 
 
そのあとまた、入部してくれと言い出した。
僕は、加藤がカメラを構えている姿を見るのが、好きだった。
真剣にカメラに打ち込む加藤が、すごいカッコイイと、思っていたんだ。
だから……その神聖な気持ちに水を差してしまう気がして。
僕なんかが入部したら、それは加藤に対して失礼だと……そう、思っていたんだ。
それなのに……。
 
「リオだって、変われる」
「……………?」
ベッドから起きあがり、僕の身体も抱き起こして。
二人でシーツの真ん中で、向かい合って座り込んでいた。
起きたときはやっぱり痛くて、思わずまた噛みつきたくなったけど、気持ちはもう…加藤の話が気になって…
「映画を好きな振りして、演技を好きな振りして……そのうち、本当に好きになるから」
「……………」
「俺だって、そうやって変われたんだ。リオと友達になりたくて…」
そう言って、加藤は昔使っていたという眼鏡にかけ直した。
…………うわ……!
「そんな露骨な顔すんな」
傷ついたように、別人のカトーは眉を寄せた。
「ごめ……ほんとに、違うから」
元が良いからそんな酷い顔になる訳じゃないけど、印象がまるで違う。
これで髪も染めずに格好良く整えてなかったら、かなりあか抜けない風体だったのが、想像付く。

僕は……カッコイイ、大人のカトーを、羨んでた。
背が小さくて、無趣味で……自分を、つまんない人間だと、思ってたけど……
眼鏡を現在(いま)のにかけ直した、いつも通りの加藤を見上げた。
「うん、こっちが”加藤”だ」
僕が知ってる、”変わった”カトーなんだ。
こんなに、違うもんか……僕はおかしくて、笑ってしまった。
―――僕も……変われるかな……
 
「―――リテイクだ」
「…え!?」
いきなり抱き締められて、また焦った。
「俺を好きな振り……そこから、始めろ」
――――!!
り…リテイクって……
加藤の手が、身体をまさぐってくる。もう一回、ヤルと言う…!
「や…やだっ……」
痛いのを思い出して、ゾッとした。
―――それに……
「…痛ッ」
手首を掴まれて、押さえ付けられてしまった。縛られていた場所が、ズキンと傷んだ。
思わず歪めた顔に、加藤も眉を寄せた。
「先輩の真似して…上手くヤルから」
………えっ!
「……いいよ、それは…!」
咄嗟に言ってしまった。
「…………?」
上手いにこしたことないし、テクは大事だけど……
先輩のマネなんて、いらない……だって……
僕は両手首を掴まれたまま、顔を目一杯下に向けて、加藤の視界から逃げた。

「抱き締めたり…囁いたり……それは、僕…気持ち良かった」
……それは、加藤がしてくれたこと。
さっき、それを再認識するのが、ちょっと怖かったんだ。
 
「……リオ」
加藤が、嬉しそうに声を弾ませた。
「……キスは?」
そんなこと、聞いてくる。
「――――!!」
その嬉しそうな声に、僕はムッときた。
僕がずっと痛かったのに、一人だけ満足してニヤけていたのを思い出したんだ。
――これ以上、甘やかせてなるもんか!
 
「や~っ! キスは佐倉先輩の方が、断っ然、上手い!!」
 
強引に迫ってくる加藤から、顔を反らして逃げた。
でも、それは失敗だったみたいだ。
加藤の嫉妬心に火を付けてしまった。
「んっ…んん………っ!」
無理矢理、舌をねじ込まれ、咥内中を探り回る。
いつまでも、いつまでも、舐め回す。
僕が疲れて力を抜かすと、加藤の動きも優しくなった。
――――ん……
ゾクリと、背中が痺れ始める。
僕を心配するように、様子をみながら、優しく優しく啄む……
僕はつい、佐倉先輩の時みたいに、舌を絡め返した。
「………ん」
お互い、吐息を漏らしながら、気持ちいいキスを繰り返した。
―――はぁ………
 
「……合格?」
やっと離してくれた唇を舐めて、加藤が囁く。
「…………」
僕は真っ赤になって、加藤に小さく頷いた。
先輩たちに、感謝しながら――
 
”この経験が、役に立つといいね”
そう言ってくれた。
あのことがなかったら……
加藤のキスの、変化の意味も…
僕がどうして、先輩たちを思うと、胸が痛くなるのか…
そんなことも、判らなかったかもしれない……
 
 
僕は悔しかった。
”卑怯”な加藤が。
8ミリに対して……僕に対して、真摯でなくなったことが。
僕の言葉が、聞こえないことが……
だって、好きとか言いながら、僕なんて、どうでもいいってコトじゃないか……
 
そして、悲しかった。
加藤が、そうである限り。
僕と加藤は、板谷先輩たちみたいには、なれないんだって。
僕は……加藤と、”そうなりたかった”んだなぁって……。
 
でもそんなこと、もったいないから、加藤には教えてやんない。
……だって、僕だって今、気が付いたんだから。 
 
 
「リオ――」
加藤の腕が、僕を抱き締め直した。
―――あ……
心臓がどきんとして、身体が震えた。
体内が熱く火照った気がして、俯いた。
「……………」
思わず、小さい声で言ってしまった。
(僕ね、先輩たちにあんなことされてから……困ってたんだ)
加藤の腕の中で、肩がまた震えた。
そして、言ってしまってから、すぐ後悔した。
こんなこと、バラさなくたって、よかったのに……
「リオ――!」
また嬉しそうな声で、僕を抱き締める。
―――く~っ!! このままじゃ、加藤ペースだ!
負けん気が、出てしまった。
 
「でっ、…でもっ、カトーのこと、好きってわけじゃ…ないよ!」
 
そう叫んでみたけど、コイツの耳に届いたのかどうか。
僕はまた、ベッドの上に、押し倒されてしまった。
「カトーッ!!」
まさぐり出す、加藤の手。
でも――
さっきと違う優しさを感じて、僕は本気での抵抗が出来なくなった。
 
―――板谷先輩たちみたいに…
これからの、加藤と僕。
きっと秘密の撮影会が、繰り返される…。
 
そう思うと、僕の身体は、どんどん熱くなっていった――――
 
 
 
 
 
「痛い! 痛い!!」
「リオ…」
「やめてっ! カトーッ、痛いっ………!!」
あれから、何度も加藤に襲われて――
(僕は、いつも嫌がってるのに!)
相変わらす自分勝手に動いて、痛い。
……でも。
僕の声が、届くようになった。
嫌がれば、やめてくれる。様子を見ながら、進めてくれる。
……加藤の優しさが、僕を包みだす……
 
「…ぁ…あぁ…いい、……気持ち…いい……キミタカ……」
 
イク時だけは、僕も素直になった。
二人で、薄目で見つめ合う。照れながら、そっと唇を合わせる
気持ちいいこと…幸せなこと…二人で確かめ合うんだ。
先輩たちに、教えてもらった。

”始めは、僕たちも大変だったんだよ” 
そう言ってた佐倉先輩。
その佐倉先輩を、独りにしないように…。板谷先輩は必ず、キスのフォローをしていた。あれは、板谷先輩の優しさだ。
 
「痛いか、リオ…やめるか?」 
「わかってるくせに…そういう焦らしはヤメテ!」
 
「ん…そこ…や」
「ごめ…リオ、一瞬辛いけど、よくしてやるから…」
「んッ…ん…」

 
いまなら、判る気がする。
愛されること…、好きになること…、それを自分で受け入れて、受け入れられて…
こうやって、身体で確かめ合っている内に、先輩たちみたいな信頼関係が、僕と加藤の間にも、築けると思った。
 
もう僕は羨むだけの、つまらない人間じゃない。
僕にも打ち込めるモノがある。……好きな人間がいる。僕の世界があるんだ。
それを演じて、成り切って、ホンモノになっていく。
変わることが、できるんだ…… 
 
 
 
 
そして、僕は2年の教室の入り口に立つ。
かつての板谷先輩と、佐倉先輩のように。
下級生の羨望の眼差しを浴びながら。 
 
可哀想な、子羊―――
その子を視界に捕らえながら、僕は隣りの加藤に寄り添う。
 
さあ、幸せになるために、一緒に演じさせよう。
何回繰り返されてきたか判らない、歴代の先輩たちに習って、その”台詞”を口にする。  
 
「…今回だけで、いいから……」
 
そして、心の中で笑う。
……そんなはず、ないのにね。
 
  
 
 
 
 
追記。 
―――加藤は……
宣言通り一年間、……僕を……ぼくを、抱きまくった!
今では、立派なテクニシャンだ。
……そして僕も。
もう、演技なんかしなくても、頭も身体も…文字通り、加藤のものになっていた。
 
僕は、先輩たちとの2回目のエッチ…内緒の撮影会のことは、何も言っていない。
けど、あの時感じた、先輩たちの優しさ…、泣きたくなるようなお互いを想う心……
そんなものを、僕たちはちゃんと手に入れられたと思う。
 
――だからこそ、加藤の手は…めちゃくちゃテクい(優しい)んだ。 
 
 
これを、今度はあの子たちに教えてあげる。 
そんな、下を向いてばかりじゃなく、変われるんだってことも。
 
……繰り返す……映研の、夏の映画のために。
 
 
 
 
終わり  

夏シネマ / 8ミリ / 長編SS短中編