ベランダの鍵貸します
 

 
「孝之助ー!」
 
甲高い女の声。
「入れて! びしょ濡れよ! ……も〜っ」
ピンポン、ピンポンと何度もチャイムが鳴る。
 
 
  
「…………」 
 
 
 
 
一瞬、郡司と名雪は見つめ合った。
 
 
 
名雪の顔から、血の気が引いていく。
 
 
「僕……帰ります……おじゃま様です!」
 
 
クルッと背中を向けると、ベランダから飛び出していった。
 
 
「あ! ……名雪!!」 
 
 
郡司は、しつこく鳴り続けるチャイム音の中で、舌打ちした。
「うるせぇな!」
走って、玄関に向かう。
靴だけ掴み上げると、ベランダから名雪を追いかけた。
 
傘も持たずに飛び出したので、すぐにずぶ濡れになった。
「なゆき!!」
 
通りの向こうを左に曲がっていく姿が、ちらりと見えた。
見失ったら、今度こそ終わりだ。
そんな焦りが、郡司を追い立てる。
 
「名雪!」
 
どれだけ走ったか。同じ大学の近場というだけあって、そんなには離れていなかった。
細い路地のずっと奥まったところに、いかにも古い木造アパートがあった。
大きな今風のマンションの影になっていて、全体は見えない。
その横に付いている、錆びた階段を駆け上がる靴音が聞こえた。
郡司もそこに辿り着くと、一段飛びに駆け上り、最上段の踊り場で脚を止めた。
 
通路に既に、人影はない。
板戸が左側に並んで、奧へと続いている。 
 
 
(名雪……どこだよ)
 
 
吹きさらしで雨が半分吹き込む通路は、打ちっ放しのコンクリート。
斑点や汚れがあちこちに染みこんでいて、かなりの年期を思わせる。
 
その上に、今ついたばかりの雨跡が、点々と黒い染みを作っていた。
「…………」
郡司はそれを辿って、一つのドアの前で止まった。
雨跡は、そこで途切れている。
見回しても、板戸の横に、「名雪」の札はない。
 
「名雪……ここだろ?」
軽く戸を叩いた。
何の返事も返ってこない。
取っ手を回してみた。
鍵が掛かっていて、開かない。
 
「名雪! おい!」
ドンドンッと、激しく叩き直した。
 
「いるんだろ!? 名雪! ……開けろ!」
 
近所迷惑などの判断は、もう付かなかった。
この部屋じゃなかったら、どうしよう。
そう思いながらも、ここ以外はあり得ないと思って。
導いた雨跡が、”僕はここだよ”と、叫んでいる気がしていた。
 
「――名雪!!」
 
ガチャリ。
鍵を開ける気配がして、郡司は板戸から離れた。
軋んだ悲鳴のような音と共に、板戸が少し開いた。
「…………」
名雪が、無言で顔を出した。
まだ髪の毛も服もびしょびしょのまま、濡れた目で郡司を見上げる。
 
 
「……彼女、置いてきたんだぞ。雨宿りぐらい、させろ」
 
  
前髪を掻き上げながら、郡司はその目に、鋭く言った。
 
 
名雪に通されて畳に上がった郡司は、その部屋の様子に驚いて、声も出せなかった。
古くて狭い。そして、薄暗い。
北に一つしかない、という窓は、目の前のマンションのせいで真っ暗だった。
狭すぎて置けないのか、家具と呼べる物がまるで無い。
隅っこに畳んだ布団と、衣類を入れるボックスがあるだけだった。
  
「――――」
 
「……驚いた?」
目を見開いて、突っ立っている郡司に、名雪は目を細めた。
 
「――――」
 
「……ここが、僕のお城」
名雪は微笑みながら、タオルを郡司の頭に掛けた。 
「他の誰が来ても、別に平気だったけど……郡司さんには……ちょっと、見られたくなかった」
「…………」
「……なんでかな」
上目遣いに、困った顔でそれだけ言うと、他のタオルを何枚も使って、郡司の身体を拭き出した。
「この部屋のシャツは、みんな小さいから、貸せないよ」
言いながら動かす腕には、郡司の貸したシャツが濡れて張り付いている。
捲り上げた袖裾から、吸い込んだ雨が滴っていた。
名雪の身体からポタポタと垂れ続ける水滴は、畳にたくさんの染みを作っている。
 
(――名雪……)
自分のことは後回しで、郡司の世話ばかりやく名雪。
どうしようもなく可愛く思えて、同時に腹が立った。
真っ白い腕を掴むと、郡司は強引に引っ張った。
「あ……」
腕の中にすっぽりと抱え込まれて、名雪は慌てた。
「ちょ……ぐんじさん……」
 
「自分を先に、拭けよ!」
「…………!」
 
「なんで、ヒトのことばっか、最優先なんだよ」
 
 
顔を上げた名雪を、睨み付ける。
二人とも、髪の毛から滴を垂らし、顔を濡らしていた。
 
 
「――なゆき」
「……んっ!」
 
衝動が抑えられず、郡司の唇は、名雪のそれを捕らえていた。
藻掻く頭を押さえ付けて、無理矢理舌をねじ込む。
キスもしたことがない名雪は、驚いて激しく抗った。
 
「や……やめ……!」
突き飛ばすようにして、離れようとする。
郡司は、その身体を離したくなかった。
腕を掴みなおして、自分に向かわせた。 
 
 
「女、振ってきたんだぜ。やらせろよ」
 
 
「―――!?」
蒼白になった名雪のシャツの裾を、捲り上げる。
下には何も着けていない生肌を、撫で上げた。
「やぁっ……!!」
また、名雪が抗う。
身体を引いて、部屋の奥に逃げた。
それを追いかけて、抱き締めると、畳に押し倒した。
 
「……痛ッ!」
 
腕の下で、歪めた顔が涙目になっている。
(名雪……) 
 
 
「オーナー命令だ」
 
 
なんとか言うことを聞かせたかった。
郡司は、言葉を選べない。
今までの高飛車な態度が、そのまま出てしまった。
  
名雪の泣きそうだった目に、怒りが宿った。
垂れた目尻はそのままに、眉が吊り上がっていく。
押し倒されたまま、動けない身体を震わせた。 
 
 
「……命令なんか、聞かない! もう賄いバイトなんか、辞めてやる!」
 
 
 
  
「――そんなに嫌か……?」
 
 
 
  
「あたりまえだ! ……命令なんか、聞くか!」
 
 
 
 
濡れた髪を畳に広げて、また泣きそうな顔をしながら睨み付けてくる。 
 
郡司は、女将さんとの会話を思い出した。
あの時、オーナー風を吹かせていた自分を、反省したのに……
 
卑怯な方向から、言うことを聞かせようとしていたのだ。
臆病な自分がいたことに、気付いた。 
「―――――」
ぐっと、唇を噛んで、名雪を見つめる。
 
真っ白い顔に頬を高揚させて、睨み付けてくる名雪。
初めて怒らせた時と、同じ。
眉は吊っているのに、垂れた目が迫力を出さない。
見かけによらず、芯の強いところに、また驚かされる。 
 
(名雪…………)
 
 
 
 
  
「お前が……好きだ。……これでもか?」
 
 
 
  
吊っていた眉が、困ったように下がった。
「…………」  
モノ言いたげに、瞳が揺れる。
 
「……なに?」
  
 
 
「部屋に、女の人が……」
  
  
  
「!」
  
 
   
雨の名残か、それとも……
垂れた目の淵から、水滴が筋を作って、畳を濡らしている。
「…………っ」
郡司の身体が熱くなった。
名雪の首の下に腕を差し込み、顔を胸に押し当てながら抱き締めた。
その耳元に、囁く。
「何度も言わせるな。置いてきちまった」
「…………」
「あんなんより、お前の方が断然いい」
「…………」
 
不安げに、少し顔を起こした名雪を、困ったように見つめて微笑む。
 
「責任感が強かったり、一人で歌ってたり……」
「……!」
「俺、知ってんだぜ……。お前がこっち、見なくなって……俺、寂しかった」
 
「…………郡司さん……」
名雪の目尻から、また涙の筋が伝った。
「僕……世界が、違いすぎて……」 
 
「キスシーンが強烈で……それに、あのヒトみたいに、僕は郡司さんの横には……いられないって……」
 
郡司を”孝之助”と、呼び捨てる程の関係の女性。
あの部屋に玄関から入り、”中”にいることを許されているヒト…。
それが、名雪には羨ましかった。
覗くことも許されない、閉じきったガラス窓。カーテン。
名雪にとってあの部屋は、自分を閉め出している異空間だったのだから。
 
「当然のように、郡司さんの横でキスしてもらってる……あのヒトが、羨ましかった」
 
「ばか、当然じゃねぇよ。俺は競争率が高いんだぜ」
「…………」
「アイツらはアイツらで、凄い努力して、あの場所を勝ち取ってんだ」
 
「…………」
名雪の目が、哀しそうに潤んだ。
 

NEXT /長編SS短中編