ぼくは、あっち。
  

 
「………野原」
先生の大きな掌が、僕の頬を包んだ。
「……すまん。酷いこと言った」
「…っく……ぅっく……」
「本気で…そんなこと、思ってないから」
掌が、優しく頬をなでる。
「……三浦と抱き合ってるのを見て…逆上しそうになった」
―――抱き合ってたんじゃ、ない……
「浜中先生を見上げて、微笑んでるお前を見て……もう駄目だと思った」
「……………」
―――だって…だって……
「俺と付き合うって言ったのに、さっきは凄い抵抗されるし……もう、野原がわかんなくて」
――!!
あれは、……あれはっ! 
何か言い返そうとして、咽せてしまった。激しく咳き込む。 
「野原……」
背中をさすってくれて、咽せている僕を、覗き込んだ。
「……………」
僕も、しゃくり上げながら、先生を見返した。
  
 
「酷いことして、ごめんな」
  
 
苦しそうな顔が僕を見ていた。
困ったように眉を寄せて……優しい声で囁いて。
 
「―――――っ」
ぼくの……胸がまた締め付けられる。
「うっく!……」
また、嗚咽が始まってしまった。
 
―――先生、先生!
 
しがみついて、顔を押しつけた。
「ふぇ〜んっ」
情けない声で大泣きする僕を、先生はずっと抱きしめてくれた。
「野原、もう泣くな…」
薄暗がりの中で、彫りの深い先生の顔が僕を見つめる。
太い眉。力強い目線。
体育倉庫で見上げて、ドキドキした……その目だ。
 
胸が高鳴る…見つめられると。
こんな僕でも…絶対見捨てない、先生の目……
 
「…せんせい…好き…」 
 
「………野原」
 
「先生が……僕を一番じゃなくても」
しがみついた先生のジャージを、強く握る。
「僕は先生が一番。……僕には濱中先生だけ…です」
 
先生の眉が顰められた。
「野原……?」
 
「……僕、見ちゃったんです。先生が他の子を抱きしめてるとこ」
「――――!」
「それで、ショックで泣いちゃって……」
手が震える。
「そこに小五郎が、来ただけなんです」
「…………」
「でも、僕…抱きしめ返したり、してない……抱き合ったりしてない……」
掴んだジャージに顔を埋めて、それ以上は続けられなかった。
 
ふわっと身体が宙に浮いた。
「!!」
 
身体を掬われて、先生の膝の中にいた。
起きあがった先生の膝に向かい合って座らされ、背中を抱きしめられていた。
「俺のせいか――」
苦しそうに、耳元で呻いた。
「……ごめんな、野原……ごめんな」
「……せんせい」
「野原、それも誤解なんだ」
「え?」
「……俺だって、野原だけだよ」
「………」
 
抱きしめた腕を解いて、僕を見つめる。
リアクションのない僕に、困ったように眉を下げた。
「あれは、…相談を受けててな……感極まったあの子が抱きついてきたから、受け止めただけなんだ」
 
 
………………。
  
 
「それだけだよ」
「――――――」
 
 
僕の心が――
真っ白になっていた頭が――
 
 
  
「……ほんと?」
「……本当だ」
 
 
 
 
「……ほかには?」
「……ん? 他って?」
 
 
「濱中先生…モテるから」
 
 
ふっと、先生が笑う。
「誰もいない。キスしたのも、付き合えって言ったのも」
「……ほんとに?」
「本当に、ほんと」
 
僕の痛かった心……きりきりと縛っていた紐がほどけていく。
 
僕は、もう一度先生にしがみついた。
「付き合えって……どういう意味?」 
 
「……そうか、ちゃんと言わなかったもんな」
「…………」
 
先生は一回呼吸をすると、しがみつく僕を、腕の中に納め直した。
すっぽりと胸の間に抱き込んで、向かい合う。
薄暗い中で、先生の真っ黒い瞳がきらきらして、僕を見つめて……
 
 
「俺は野原が……野原みちるが、好きだ」
 
そう言って、照れたように笑った。
「………………」
 
 
”好き”
この単語を、何回打ち消したかな……。
錯覚するなと、…自分に言い聞かせて。
 
 
――野原みちるが、好きだ。
……全身に染みこんできたよ…先生の声が。  
 
 
「……………」 
僕は何も言えないまま、先生を見つめていた。
何か言いたいけど、喉が詰まってしまって。
熱い涙だけが、後から後から溢れる。
そんな僕の顔を胸に押し付けると、濱中先生は耳元でそっと囁いた。 
 
「だから、俺とセックス有りの交際をしてほしい」
 
「――――!!」
僕は、最後の言葉に、飛び上がってしまった。
上目遣いに、先生を見上げる。
顔がどんどん火照ってくるのがわかる。
「その顔…。野原にキスしてから、おまえは俺をそんな顔で、見上げるようになったよな」
両手で頬を挟まれた。
「こんな顔されたら、俺、何も言えなくなってな……」
優しいキス。
「唐突に告白しちまったは、いいけど。…その後、どうしたらいいか、わかんなかったんだ」
「せんせい…」
「不安にさせて、ごめんな」
「……うん」
嬉しくて、嬉しくて……
先生のジャージで、顔を拭いた。
涙と鼻水をこすりつけてしまった。
おい、こらっと、先生が笑う。 
 
その笑いが、不意に止んだ。
「……野原」
「……ハイ?」
先生の改まった声に、僕までちょっと緊張した。
 
「さっきは、酷いことしてごめんな」
「………」
「怖かったろ?」
僕は、ゆっくりと首を横に振った。
「……先生の…口だと思ったら…僕……」
「――野原」
先生の顔が、嬉しそうにほころぶ。
「……もっと、段階踏んで…大事に扱うから」  
 
「………」 
ドキドキ、……ドキドキ。
心が、鳴り出す。
 
「その……いいか?」 
 
「……ハイ」
ドクン、ドクン。
心臓が高鳴る。
 
僕は、震える声で、小さく頷いた。 
「…怖い? また抵抗しないか?」
「……先生が、僕だけの先生なら……」
僕は赤くなって、目を潤ませた。
「抵抗するはず、ないです。……いくらでも…全部、もらっちゃってください……」 
恥ずかしくて、笑ってごまかした目の端から、またぽろりと涙が零れた。
 
「野原……」 
優しい目が僕を見下ろす。
僕も先生を見上げて、見つめ合った。
片手で顎を支えられ、先生の顔が迫ってきた。
思わず目を閉じた僕の瞼に、右…左…と、柔らかなキスが降りた。
離れる瞬間、舌先が掠める。
………あ…涙。…キスで拭ってくれた…。
その後、唇に柔らかく押し付けられた。
 
――濱中先生……
 
そこから、熱が体中に広がっていく。
 
「……ん」
舌が入ってきた。僕の涙の味がした。
添えられた手が、僕の顎を上手く誘導する。
僕は導かれるまま、右に左にと攻めてくる先生の舌を受け入れ、喉の奥へと誘いざなった。
 
「んんっ…」
ぴくん、と身体が揺れてしまった。
先生の手が、僕の身体を這う。
制服のシャツの下から忍び込んで、胸の辺りまで這い上がってくる。
顎を支えている手が、身体が本格的に逃げるのを許さない。
唇はしっかりと捕らえられたまま、身体のあちこちを触られた。
 
――腰が…身体が熱くなる……
 
「ぁ……はぁ……」
先生の唇が、首…鎖骨…と、下へ降りだした。
その動きに合わせて、シャツのボタンを外していく。
 
「…あっ」
胸の尖りに辿り着いた。
敏感なそこは、先生の熱い吐息まで、感じている。
「ん…せんせ……」
頭にしがみついて喘いだ。短い髪の毛に指を差し込んで、その髪を掴む。
「ぁああっ……」
舌先と唇…人差し指と親指で……啄まれ、摘まれては、押し潰されたり嘗められたり。
生温かいはずの舌先が生み出す快感は、鋭すぎて冷たくさえ、感じた。
そこに刺激があるたびに、背中に疼きが這い上がった。 
「……ん」
 
唇が更に下へと、降りていく。
さっきのエッチで、僕は制服のズボンを降ろしたままだった。
それも全部、脱がされた。
滑らかに舌先が、薄い腹筋をなぞっていく。
「……あ…」
熱い場所に、唇が辿り着く。
先生は、また僕のモノを咥えた。
僕は…また熱く大きくなっちゃってたんだ。
「せんせ……それは…もういい……」
恥ずかしくて、そんなに何回もはイヤだった。
数回唇で扱くと、すぐに離してくれた。
「……はぁぁ…」
「後での、お楽しみ…な」
ニヤリと笑って、その下のもっと恥ずかしいところを舐め始めた。
「ひゃあ! せ…センセイッ」
慣れない刺激に、声がひっくり返ってしまった。
生温かいぬめっとしたものが、後ろを出入りする。
「んぁ……」
腰が震える。得体の知れない、ゾクゾクとした痺れが背中を這い上がる。
「あっ! …はぁ……」
指が入ってきた。先生の太い指。僕を押し開く。
「んんっ……!」
出し入れを繰り返して蕾に刺激を与えながら、挿入してくる。
そうして根本まで埋まった指が、体内で蠢めいた。
僕は我慢できずに、足を踏ん張ってしまった。
「…あぁッ」
腰の位置が高くなって、先生に掲げているみたいだった。
 
「……痛くないな?」
心配そうに聞いてくる。
「はぁ………」
僕は喘いだまま、無言でこくこくと頷いた。 
口を開いたら、あらぬ声が出そうだったから。
 

NEXT /長編SS短中編