ぼくは、あっち。
  

 
指が増えて、どんどん僕の身体は、押し広げられていく。
「はぁっ…、はぁっ…」
 
ここに……先生が入ってくる……
そう思うだけで、ますます身体が、熱い。
 
 
でも同時に、脳裏に暗い影が過ぎる。
 
 
あ…もう、先生がくる………
 
――そう思ったとき、僕は先生の頭を思いっきり掴んでしまった。
「……せ…せんせいっ! まって……待って!!」
僕は、どうしても聞きたかったんだ。
最後の不安。これを解消しないと……僕は………
 
先生が身体を起こして、僕を見つめる。
その瞳に、問いかけた。
 
「濱中先生……僕は、先生の…通りすがり……じゃ、ないよね……?」
「…………」 
 
「……僕、それは…嫌なんだ」
「…………」
 
「先生には一瞬でも……僕には、一生だから……」
 
悲しくて、それ以上続けられなくて、唇を噛んだ。
僕の”期間”が終わったら、新入生を相手にするなんて。
そんなの……卒業した後、僕…どうしたらいいの……?  
 
 
 
「野原……」
 
大きな掌が、僕の頭をなでた。
「……俺を、なんだと思ってるんだ?」
「……」
「さっきは怒りにまかせて、おまえに酷いこと言ったけど」
苦笑いを浮かべている。
「俺だって、傷つくぞ」
「――先生!」
「俺だって、一生だよ」
僕をくるみこみ、肩をこれ以上ないくらい抱きしめて…
「俺の一生の中で、こんなコトは…おまえ一人きりだ」
 
「せん…せい……」
熱い感情が、僕を満たす。
聞きたかった言葉…聞きたかった想い。
やっと僕は、怖がらずに先生をもっと好きになれる。
「先生……ごめんなさい……ごめんなさい…」
自分勝手に想い悩んでいたことに、酷く反省した。
「わかったら、もうグダグダ言うな」
叱りつけるように、厳しく言われた。でも、その口元は白い歯を見せて綻んでいる。
「……ハイ」
その言い方…先生らしいな…。僕は泣きながら、くすりと笑ってしまった。
「お、やっと笑った。野原はそうでなきゃ」
「………」
「どんなに失敗でも、お前はいつも笑ってるだろ?」
「………」
「実技がヘタな分、他でカバーしようと一生懸命で」
 
 
「俺、ずっと見てたんだぞ」
「……せんせい…」
胸が熱い。 
「ぼくも……。僕も…先生が僕を見捨てないから……」
身体が熱い。
「僕は嫌われないようにって頑張った。濱中先生に嫌われるのは本当に……怖かったから」
体育の時間が憂鬱だったのは、いつか濱中先生に呆れられてしまうんじゃないかと、怖かったからなんだ。 
 
「……嫌うわけない。こんな一生懸命な、子ねずみ」
「んあぁ!」
僕は胸に抱かれたまま、後ろに指を差し込まれていた。
「あッ、せんせッ……」
「もう限界だ。……これ以上焦らさないでくれ」
「ん……はぁ……」
先生は、ジャージのズボンを下げて、熱くなったものを取りだした。
 
―――ぅわあ…
僕は、思わず見つめた。
 
「そんな、凝視すんな」
「せんせいの……おおきい」
「これ、…おまえの中に、挿れる」
「……うん」
「…このままの体勢で、いいか?」
「―――え?」
聞かれた意味を理解出来ないまま、足を開かされ、先生の腰に跨った。
両脚は膝を曲げないで、開いたまま先生の両側に投げ出されている。
僕を支えているのは、先生の両腕だけだった。
「重力にまかせて、身体を落としていけばいいだけだから」
――えっ!?
先生の手が、僕のお尻を割り開く。
そして、先生の熱く勃ち上がっているモノへ誘導して、僕の蕾をあてがった。
「――――っ!!!」
もの凄い圧迫感、異物感!
「あっ! …ああぁ!!」
何かが僕に入ってこようとする。
あまりに大きすぎて、僕は反発を繰り返す。
「んん、んあぁっ!…せ…先生……」
先生の肩にしがみつき、必死に身体を支えた。
先生は僕の逃げようとする腰を、お尻を下から支えて逃がさなかった。確実に下に降ろしていく。
「先生…せんせい!」
僕は、叫ばずにはいられない。
押し開く痛みと、侵入する異物感。
これだけだったら、とても我慢できなかった。
 
―――先生が熱い…!
 
痛みと刺激と、先生の熱が、僕を貫く。
そこから、体中が熱くなる。
あんまり痛くて頭がガンガンする中で、身体の奧を突き上げてくる何かが、背中を這う。
……せんせい……濱中先生………!
その圧迫感、重量感が全部、濱中先生のものなのかと思うと、痛みより嬉しさが込み上げてきた。
…この痛みだって、先生が僕に与えているんだ。
その気持ちが、ますます僕を熱くした。
 
「ぅ……」
全部入りきって、僕のお尻は先生の腰の上に座った。
「はぁ……先生…先生……」
首にしがみついて、呼び続けた。
ちょっとでも動くと、繋がっているそこが、すごい刺激を受ける。
「野原……」
先生が、しがみついている僕の腕を剥がした。
「……濱中先生」
ぎゅっと瞑っていた目を、少しあけると、苦しそうな顔の先生がいた。
ふたりとも、呼吸が荒い。
「……野原。ホントに、頑張り屋だな」
にやりと笑って、頭を撫でてくれた。
「……ハイ」
嬉しくて、僕も微笑んだ。
「んっ」
急な口づけ。
先生の舌が、強引に入ってくる。
「んん――っ!」
………あッ!
僕の中で、先生が大きくなった。そう思った瞬間、身体が浮いた。
「――あっ、ぁあ!!」
僕は繋がったまま持ち上げられ、そして手を離して落とされた。
先生を咥えこんだ蕾と、あたっている内壁がこすり上げられた。
「ぁあっ、ああっ!……」
仰け反って喘いだ。何度も何度も、浮かせては落とされる。
その度、腰から全身に痺れが走った。
落とされて打ち付けられる衝撃が、激しい疼きとなって腰から身体中に散る。そして、体内の先生を揺さぶる。
 
「せ…せんせ……」
支えていられない。腰が震えて、手が痺れて…落とされたときにバランスを取れなくなっていた。
「も…ムリ……もう…むりぃ」
首にしがみついて、必死に訴えた。
「……そのまま、しがみついてろ」
動きを止めて、僕の背中を抱きかかえた。
あっと思った瞬間、背中を地面に付けて仰向けにされた。
先生は、繋がったまま身体の上下を入れ替えて、僕を腕の下に抱き込んでいた。
「んっ…ああっ!」
接合部分がすごい刺激を受けて、僕は仰け反った。
「野原…動くぞ」
「え…、…や…」
僕の折り曲げた膝を、外側にぐいっと押し開く。股関節が開いて、先生をもっと受け入れやすい体勢にされた。
動き出した先生の腰が、さっきとは違う強引さで出し入れを始めた。
僕は頭も身体も、まだ事態を飲み込めていなかった。体内をこすられる感覚に怯えた。
「あぁ! せんせ…まって」
「待たない。…どんだけ待たせんだ」
僕の上で、動きながらにやりと笑う。
「ん……ああぁ!……」
出入りする熱いモノが、僕を突き上げる。
内蔵が揺さぶられて、蕾がめくれ上がった。
  
……すご……激しすぎる………せんせい…
 
「ぁあっ……、はぁッ!」
喘ぎながら、夢中で先生の首に手を伸ばした。
「野原……おまえの中…熱い」
「うん…先生も…僕の中……熱い…」。
僕の前で熱くなってるモノに、先生が手を伸ばした。 
「あぁっ!!………」 
身体全身が、びくっと震えた。
後ろとは別の、直接的な快感が、腰から背中へ駆け抜けた。
「くっ…すごい、締まった……」 
先生が呻いた。
「んぁあ、せ…せんせい…、それ……やめ」
激しい衝撃に、身体が着いていかない。快感なのか、苦痛なのか……
打ち込まれる熱いかたまり、扱き続ける先生の手。
握られた指の一本一本が熱い。親指で先端をこすりながら、全体を上下されて……
「あ……ダメ……僕、もう……」
「…………野原!」
「――ああぁっ!」
 
激しい痙攣と悲鳴。
僕の中で、先生が…! 熱い迸りを体内に感じたとき、僕も絶頂に達した。
「ん……ぁはぁっ……」
出しきったあと、息を吸うときも激しく喘いでしまった。
地面に、目眩で貼り付けになる。
濱中先生が、僕が汚した掌を舐め上げた。
「あ……」
ダメです、そんなの……!
そう言いたくて、慌てて起きあがろうとした。
「! ぁあ……」
まだ繋がっているそこに、刺激が走った。
「野原……」
悶えた僕を抱きしめて、先生が言った。
「可愛いおまえのモノ、……こうすんのは当たり前のことだ」
 
「………せんせい」
 
目が潤む。
入ったままの先生が気持ちよくて……身体がまだ、快感を離さない。
 

NEXT /長編SS短中編