1.
 
変な出会いが切っ掛けで、付き合う(?)ことになった僕の相手は、
 
有馬哮さん。
性別・男!
スーツの似合う、リーマンだった。
 
 
ちなみに僕は、北原和希。
背は小さいし髪は長めだけど、リーマン歴2年の、れっきとした男!
 
後で判った事実……哮さんは、僕はより一つ年下だった。
 
 
  
 
 
「ふう……」
 
今日何回目かの、溜息……。
もうすぐ5時になる。
今日も片付かなかった仕事の書類を、カバンに詰めているところだった。
 
「どしたん? かずきちゃん」
向かい合わせのデスクの向こう側で、髭面の咥え煙草が、口の端を上げた。
「らしくないじゃんヨ」
 
―――また……宮下さんはッ!
「ちゃん付けは、止めてくださいって!」
その頬杖を付いている、細い顔を睨み付けた。
コレでも一応、僕の上司だ。
「ひひ、恋の悩みか? おじょーちゃん」
今度は、殆ど前髪で隠れてて見えない目を細めた。
口角をもっと上げて、ヤニで黄ばんだ奥歯まで見せている。
「――――!!」
僕は真っ赤になって、息を呑んだ。
「みっ、宮下さん! からかうの、いい加減にしてくださいッ!」
僕はデスクを叩いて立ち上がると、煙の充満する仕事部屋を飛び出した。
腰の携帯が、メールの着信音を鳴らす。
「……っ!」
取り出した携帯を握り締めて、社屋の外に出ると裏庭に向かった。
見なくたって、判ってる。
着信履歴は、哮さんの名前ばかり。
 
 
実はあれ以来、まだ一度も哮さんとは会っていなかった。 
何回か会う約束はしたものの、いつも僕が直前でドタキャンしていた。
 
携帯を開くと、待ち受け画面には、眩しい笑顔。  
『貸せよ! 俺のカオ、入れといてやる!』
そう言って、強引に僕から携帯を奪うと、勝手に待ち受けに設定してしまった。 
「………ふ…」
クスリと、笑いが零れてしまう。
短髪で男前のへの字口を、ニカッと開いて白い光を零している。
 
あれからもう、3週間は過ぎていた。
―――だって、残業だったり、どうしても外せない急用が出来たり……  
裏庭の塀に寄り掛かりながら、その顔に小さく呟いた。
「なーんて……。みんな、口実だよ……」   
 
あの日、一日だけ濃密な時間を過ごして……。
次の日にまた会えば、違ってたかも知れない。
2人とも予定が合わなくて、やっと取りつけた2度目の約束は、1週間後だった。
……その時はもう、僕は怖くなってしまったんだ。
たった一日、会っただけのヒト。
僕のこと、どれだけ覚えているんだろう。
 
あんな成り行きみたいに「俺と付き合え」なんて、言って。
改めて僕を見て、またそう思うんだろうか……
 
 
「ふう……」
出るのはやっぱり、溜息だった。
さっきから、メールは同じコトばかり。
「逃げるなよ!」「絶対、そこにいろ!」
 
―――今日は逃げるな! 会社まで、迎えに行くからな!
 
そう言って、直接電話を掛けてきたんだ。
今朝いきなり。
 
『に……逃げてなんか、ないよ! 仕事で仕方なくって、説明したじゃないですか!』 
―――いいから、終わったら、そこにいろよ!
『ちょっ……哮さん!?』
 
電話は、一方的に切れてしまった。
 
 
……今日? そんな、いきなり?
 
 
 
それで僕は、終業が近づくにつれ、大きな溜息をついてしまっていた。 
「……………」 
携帯を握り締めている掌が、汗で湿ってきた。
……体中が、熱くなっていく。 
あの時の事を思い出すと、足が震える。
僕は塀に寄り掛かったまま、自分の両肩を抱いた。
 
―――哮さん……
会いたいけど……会いたくない…… 
 
  
 
 
 
 
 
終業と同時に着替えて、門の外に立った。
僕の会社は印刷・出版系で、常に色々な人間が出入りしている。
私服オッケーだから、普段はGパンとカジュアルシャツで、通勤していた。
かなりラフな格好をしていて、いまいち社会人に見てもらえない時もある。
でも、女の子に間違えられることは、なくなっていたのに!
『女に見えなくもないし……』
あれを言われた時の、悔しい気持ちが蘇った。
だから朝電話が切れた後、僕はアフター用の着替えを一式用意して、持ってきていたんだ。 
……今日はあんなこと、言わせない!
  
 
 
ヴォンッ!!
考え込む僕の思考回路を吹き飛ばすような、爆音が響いた。
「―――えッ!?」
バイクのエンジン音。
背広にフルフェイスの青い塊が、目の前に急ブレーキでスライディングしてきた。
 
――――バ…、バイク!?
……しかも、デカイ!!
 
  
「カズキ!!」
 
 
メットを外した哮さんが、バイクに跨ったまま叫んだ。 
………うわっ…!!
 
怒ったような、真剣な眼。
胸に響く、低い声。
久しぶりに見るその顔に、僕の胸は高鳴った。
 
……大型バイクにリーマンスーツなんて、ミスマッチな気がするけど。
スーツ映えするルックスのせいか、やたら似合ってる。
 
―――哮さんだぁ………!
 
胸の鼓動は、どんどん早くなっていった。懐かしい顔に、釘付けになる。
でもその目は、鋭い光で、僕を睨み付けてくる。 
 
………どっ、どうしよう……怒ってる!!
………それに…恥ずかしいーッ!!
 
ホテルまで行ってしまった自分が、信じられない。
今更それを思い出して、顔から火を噴く思いだった。 
「…………」
僕はまともに、視線を合わせられなくなってしまった。
下を向いて、その場に立ち尽くして動けない。
 
「和希! なにしてんだ? ……来いよ!」
 
また叫んでいる。
「…………」
僕は顔を上げられないまま、近づいた。
会社の誰が見てるか分からないから、よけい焦る。
まさか、バイクで来るとは思わなかったから……。
 
「ひ……久しぶり……」
ガードレール越しに、挨拶しようとした僕に、予備のメットを投げてきた。
「いいから、後ろ乗れ!」
怒鳴りながら、自分もフルフェイスを被り直している。
もう顔はよく見えなかった。
 
―――やっぱ、怒ってる!!
 
トゲトゲした声に、僕はへこんだ。
 
―――ドタキャン続けたんだから、当たり前だよなぁ……
 
それにしても、後ろに乗れって……。
僕は車の免許は持ってるけど、バイクは後ろに乗るのも初めてだった。
しかも超大型。
前屈でハンドルを握る、スピード重視のスタイルだった。
ボディとヘルメットのメタリックブルーが、すごい綺麗。
「よ……ぃしょ」
鋭角に跳ね上がっている太いマフラーに足を掛けながらよじ登って、やっと座れた。
やたら座席が高い位置にある。
「…………」
乗ったはいいけれど、どこに掴まっていいか、分からなかった。
前のめりの体勢なので、そのままでは哮さんの背中に抱きついてしまう。
「何してんだよ、ちゃんとしがみ付け!」
戸惑っている僕を振り返り、メット越しにまた怒鳴られた。
僕の両腕を掴んで、強引に自分の腰に巻き付けてしまった。
 
「……あ」
「しっかり掴まってろよ!」
 
言うなり、アクセルを搾った。
フィンッ! というモーター音と共に、低音で呻りだしたエンジンが、地響きのような内蔵まで揺さ振る振動を伝えてきた。
 
―――うっ、うあぁ!!
 
走り出した途端、遠心力で後ろにひっくり返りそうになった。
慌てて、目の前の背中にしがみつく。
回した腕に力を込めて、必死で哮さんに抱きついた。
………温かい。哮さんの背中だ……
僕は顔をメットごと背中に押し付けて、身体のくっつく限りを密着させた。
低振動が、足元から伝わってくる。
エンジンの爆音は、メットのせいか、他人事のように遠くに聞こえた。
―――す……すご……はやっ………!
滑るように車道を走って行く。
車を避けるときは、身体ごと斜めに倒して、車体を傾けた。
 
「うわぁぁぁ!!」
 
哮さんに、と言うより、バイクのボディにしがみついているような感覚だった。
両側の景色が、飛ぶように後ろに流れていく。
風圧を腕や足に、痛いほど感じた。
 
 
 
どれだけ走ったか、しがみつく腕が冷え切って麻痺し出す頃、バイクは小高い丘の上で止まった。
そこは絶壁の上の公園で、遊具の一つもない校庭のグラウンドのような広場だった。
今は誰の人影もない。
緩い弧を描くステンレスの手摺りの向こうは、遙か眼下に夕暮れの街が広がっていた。
 
「和希!」
やっと降りたバイクの横で、いきなり哮さんに抱き締められた。
…………あっ!
激しい衝撃で、外したメットを地面に落としてしまった。
「………!」
 
「会いたかった!」 
――――――!!
 
耳の横で囁かれたコトバ…
背中がぞくりとした。 
 
怒ってると思ってたから。
さっきの乱暴な物言いや、強引な行動で、てっきりまた怒鳴られるかと思ったんだ。
だから僕は、目を瞑って硬直してしまっていた。
 
――――あっ……
 
いきなり顎を掬われて、唇を重ねられた。
「んっ……」
舌が入って来る。
これは……あの時と、同じだ………
初めて会ったあの日、いきなりディープキスで腰砕けにされた。
あの、卑怯なほど甘い………
 
「ん…ぅん………」
上手すぎる優しいキスは、イヤでも僕の緊張を解していく。
……まだ明るいのに!
……見てる人が、いるんじゃないの!?
脳裏に掠める、そんな焦り。
前回もそうだった……この人、周りなんか気にしないんだ。
 
……でも……
「ん……ぅん………」
甘く優しい感触。
そっと包むように、舌を巻着付けて、吸い上げる。
これには、勝てない…… 
  
「…ぁ………はぁ」
 
膝がガクッと落ちそうになるのを、スーツの両腕が支えた。
冷えて痺れた腕も、張りつめた肩も、全部くるみ込んで抱き締めて……体中が哮さんの体温に包まれた。
 
とろんとしてしまった僕の目線に、哮さんが笑った。
 
「和希……やっぱ、可愛い」
 
 

NEXT /長編SS短中編