2度目は、悔しいほど 見惚れて 
 
2.
 
「!!」
 
そのキーワードで、僕にも力が戻った。
「かっ、可愛いって…!」
 
――女の子の代わりみたいな扱いは、嫌だっ!
 
哮さんの胸を押して、身体を離した。 
「僕は女の子じゃ……!」
哮さんは、僕より頭二つ分背が高い。必死にその顔を睨み上げた。
でも、抗う手を押さえ込まれ、また抱き締められた。 
――うぁ……苦しい……!
息を吐き出した肺が、そのまま潰されそうだった。
「た…哮さん……ッ」
必死に声を出して、背中や脇腹を掌で叩いた。
「や……やめッ」
「うるせぇって、言ったよな?」
「………!?」
首元に顔を埋めて、哮さんが暖かい息を漏らした。
「女じゃねえよ! 俺はお前がイイんだって、言っただろ!」
「―――――!」
 
「…和希ッ」
腕を解いた哮さんは、僕の顔を両側から挟んで、強引に上を向かせた。 
「…………ッ!!」
 
―――ドキン……
心臓が、高鳴った。
……どんどん鼓動が、早くなっていく。
 
怒っているのかと思った。もっと、怒鳴られるかと思った。
それなのに、見下ろしてきたその顔は……泣きそうに眉が寄せられていた。
 
「和希……会ってくれないから……」
「…………!」
「俺、もう……嫌われたかと、思った」
 
―――!! ……哮さん………
僕は掌に挟まれたまま、必死に見上げ返した。
「ごめんなさい……」
僕も会いたかった……でも……
胸が締め付けられるみたいに、痛くなった。
 
「なんでだよ? ドタキャンばっか、したろ!?」
 
暗くなるに連れて、黒目が大きくなって行く。
真っ直ぐ、見下ろす瞳。僕しか見ない。
この目は……やっぱり、僕の心臓を、早くする。 
…ドクンドクン……呼吸が心臓に付いていかない。
苦しくて、ただ、一生懸命見上げた。 
 
「…だって……」
だって、……初めて会った男の人と、いきなりあんなことになって………
僕は家に帰ってから、あれが現実だったのかと、怖くなってしまったんだ。
身体が、携帯の写真が、もちろんそれが現実だって教えてくる。
でも、あんまりに急なことだったから、夢みたいで……
事がコトだから、恥ずかしさも手伝った。
また哮さんと会うなんて、僕、どんな顔したらいいか、わからなくなっちゃったんだ。
 
哮さんの手が、僕の脇に差し込まれて、持ち上げられた。
「…………!」
僕は軽々、バイクの後ろの席に腰掛けさせられていた。 
「……和希?」
目線が高くなった僕の肩に手を掛けて、哮さんが覗き込んできた。
……黙り込んでしまった僕の答えを、待ってる。
  
その目を見返した僕の視界は、滲んでいた。
「――僕……怖くて……」
久しぶりに僕を見て、幻滅しないかな…とか。
やっぱり女の子の方がいいや、って言われたらどうしよう……とか。
頭の中で、グルグル回り出して、いざ当日って時にはどうしても、怖じ気づいてしまった。
 
「…んでだよ。俺と付きあえって、ちゃんと言っただろ?」
「………」
「俺は和希がいいって、言ったよな!?」
 
「……1日会った、だけなのに?」
「関係ねぇよ!」
「……………」
「……和希は?」
「……え」
「俺のこと、そんな好きじゃない?」
 
僕はビックリして、その眼をもう一度、しっかりと見返した。
自信たっぷりの、気の強そうな顔。
その眼が、不安そうに揺らいでる。
 
嫌われたらどうしよう……そう思うだけで、会えなかったのに。
”やっぱ、いいいや”と、突き付けられるくらいなら、このまま会わない方がいい……なんて思うくらい、胸が締め付けられるのに。
 
「嫌いなはず……ないよ」
恥ずかしくて、上目遣いにちょっと睨んでしまった。
「…ん」
また優しいキス。
僕は、ゆっくり口を開けて、その舌を受け入れた。
 
………はぁ……哮さん…だ………
 
何度も何度も、優しく吸い上げてくれる。
甘く、優しく……
僕の手はいつの間にか、哮さんにしがみついて、震えていた。
腰に来るんだ……このキスは……
 
「………はぁ…」
銀色の光を引きながら、唇が離れた。
潤んでしまった僕の目を、優しい瞳が見つめる。
「やっぱ、可愛い」
「………ッ」
僕はただ、真っ赤になってしまった。
 
そのうち、僕をしげしげと見て、哮さんが笑い出した。
「今日のカッコ、なに?」
「えっ…………変?」
 
黒の袖無しレザージャケット(襟の周りだけファー付き)の下は、身体のラインがぴっちりと出る五分丈カットソー。白と黒の2枚重ねで、上の黒はメッシュになっている。
パンツは濃紺ヨレヨレデニムのローライズ。
後ろのポケットはレザー張りで、浅い腰回りにはチェーンも付いている。
要するに、着る人が着れば、とても男らしいくカッコイイ……そんな格好だった。(と、思う)
 
「…男…らしい…?」
「……そのつもり……」 
 
とにかくそれを意識した服を、選んでいた。
二人で歩いてて、間違っても男女のカップルになんか、見えないように。
哮さんが、僕を女の子扱い出来なくさせるために。
「……僕、男だから」
「ぶっ」
哮さんが、噴き出した。
「あははははっ!!」
ゲラゲラ笑い出した!!
「…………!!」
僕は、恥ずかしいのと、悔しいので、顔がどんどん熱くなっていった。
「そんな、笑わなくたって! ……真剣なのに!」
「あー、悪ぃ。……ウケた!」
涙を拭きながら困り笑いで、僕を見下ろしてくる。
「………哮さん!」
僕は恥ずかしさMAXで、その身体を突き放しながら、乗せられた後部座席から飛び降りた。
地面に転がったままのヘルメットを、拾おうと思ったんだ。
「…………あッ」
着地した途端、脚がふらついた。
手を付きそうになって、身体がふわりと浮いた。
「……!!」 
「なにやってんだ、ばか!」
哮さんが後ろから腕を回して、身体を引き上げてくれていた。
そのまま抱き寄せられて、耳に囁かれた。
「俺のキスで……腰砕けだろ」
―――!!
僕はまたもや真っ赤になりながら、間近な顔に、振り向いて睨み付けた。
悔しいけど……怒れない。 
不敵に笑うその吊り目に、見惚れてしまった。 
 
「……ばかって、言わないでください……」
泣き声になってしまった僕の耳に、また唇が押し付けられた。
「……口癖だ……悪ぃ」
―――んんんっ! 
ぞくりと腰に響いてしまい、ますます自分で立っていられない。
抱き締められるのに身体をまかせて、慌てて顔だけ反らせた。
 
「……あ、綺麗……」
 
崖っぷちの手摺りの向こう側に広がる街が、最後の夕焼けに染められている。
赤と黒のグラデーションの中に、街灯や家の明かりを、浮かび上がらせ始めていた。
 
「……手摺りのとこ、行こう! あそこで見てみたい!」
哮さんの胸にしがみつきつつ、そっちに首を伸ばした。
バイクを止めたこの位置から手摺りまで、ちょっと離れている。
あそこから乗り出して、下を見てみたくなったんだ。
「…………ああ、いいけど」
哮さんが、一瞬変な顔で僕を見下ろした。
「…………?」
なんだろ?
見上げ直すと、僕を抱き締めたまま哮さんは、おかしそうに笑い出した。
「……和希ってさ」
「…………?」
「……いや、何でもない」
クスクスと笑いを堪えて、言葉を濁してしまった。
「……なんですか?」
気になる!
問いつめても、苦しそうに笑いを堪えているばかりで、答えてくれなかった。
一見、無愛想な顔なのに。
黙ってると冷たくさえ見えるその顔は、意外にも笑い上戸で……
「…………」
憎らしいほど、カッコよかった。
見惚れた僕の視線に気付き、哮さんは笑いをとめた。
「ほら、空の色がまた変わったぞ。見るんだろ?」
「あ……うん!」
上手いことカワされた気がするけど、あっちも気になる!
手摺りまで数歩の距離を走って、二人で並んで肘を付いた。
と言っても、僕は足元のコンクリ台に乗り上がって、更につま先立ちだけど。
「うわー、気持ちいい!」
秋の心地よい風が、そよいでいる。
もう太陽は完全に沈み、眼下の街は夜の顔になっていた。
 
――だいぶバイクで走ったよなぁ。どこなんだろ……ここ。
知らない街並み。右側一帯は一軒家、左側には団地。その向こうには。大きなマンションの群れ。
それぞれの高さで、それぞれの窓明かりが並ぶ。
……あの一つ一つに、ヒトが住んでんだなぁ。
 
「小さい頃、俺さ」
「……?」
唐突に喋りだした真横の哮さんを、思わず見上げた。
短い前髪をそよがせて、真っ直ぐに街を見下ろしている。
「あの窓の一つ一つに人間が住んでいるのかと思うと、気持ち悪くなった」
「……えぇ! …何で……?」
「…なんかな、自分の知らない人間が、それぞれ世界作って、自分と同じように生活してるってのが、受け入れられなくて」
「……………」 
切れ上がった吊り目を懐かしそうに細めて、街の灯を映している。
「……僕は、反対……」
僕も眼下に目を戻して、きらきら揺らめく街並みを眺めた。
「……へえ?」
「世界には、いっぱいヒトがいるんだなぁって思うと、嬉しかった」
「へえ……」 
「僕は、寂しがり屋だったから……」 
「――――――」 
 
………………?
 
黙ってしまった哮さんに顔を向けて、またもやドキンと心臓が跳ねた。
――――うわ…!
すぐ横……肩や腕はくっついてる。
息がかかるような距離に、その目はあった。
いつの間にか、じっと僕を見てる。 
信号待ちで見上げた時みたいに、真っ直ぐ…僕だけを… 
僕も見惚れて、視線を外せなくなってしまった。
 
……どっ……どうしよ……また、キスかな………
そんな、何度もされてると、……僕…… 
 
手擦りを握る掌が、汗で滑り始めた。
 
 

NEXT /長編SS短中編