2度目は、悔しいほど 見惚れて
 
3.
 
「かずき……」
 
吐息に囁きを乗せて、その唇が近づいてきた。
僕を斜めに覗き込みながら、薄目で見つめ続ける。
「……たけるさ………ん……」
僕も首を伸ばして、唇を重ねた。 
逃げるわけにもいかないし、僕もこのキス、好きだし…… 
「……ん……ぅん…」
肩を抱き込まれ、いつの間にかすっぽりと哮さんの腕の中だった。
顎を掬われ、いいように右に左にと誘導される。
………あッ……やばい
甘い甘い哮さんの舌が、僕をそっと吸い上げる。
なんでこんなに……ってくらい、優しい……  
「だ……だめ」
やっとそれだけ言って、僕は無理矢理顔を剥がした。
「和希……なんで?」
……なんでって……!
不可解って顔で見下ろしてくる。
 
――こんな場所じゃ……これ以上は、マズい……
……わかんないかな…
……判られても、困るけど。
 
説明も出来ずに、火照った身体を持て余して、僕は途方に暮れた。 
「……あっ」
赤面して下を向いた僕の前髪を、哮さんがいきなり掻き上げた。
「………!?」
引っ張られた勢いで、顔が上を向く。
じっと見下ろしてくる目に、やっぱり心臓が飛び上がる。勝手に早鐘を打ち出す。
……でも、冷たい視線……表情が読めない。
―――なに……?
「……っ」
ぐいと横を向かされ、今度は頬に掛かる横の髪を掻き上げられた。 
隠れていた耳を、しげしげ眺める。
「やっぱ、耳、小さいな」 
 
――――はっ!?
 
今この状況で、なんで、僕の耳なんか……
「……どうだって、いいでしょう!」
両手で耳を隠しながら、哮さんの手を振り払った。
悔しくなって睨み上げたら、もうその顔は、笑っていた。 
「…………ッ!!」
しっかりした眉。その下で細まる吊り目。
短い髪が、すっごい爽やかで…… 
  
―――くぅっ……憎たらしいほど、カッコイイ……
 
文句も言えずに、見惚れてしまった。
「はは、相変わらずだな! おもしれー、和希」
「……面白い!?」
相変わらずって……前回なんかしたっけ、僕……
「ああ、おもしろ可愛い」
ちゅっと、鼻の頭にキスをされた。
 
―――――――――!!!!
 
今度は、鼻を両手で押さえて、声にならない絶叫を放った。
「……何ッ……!」
はっ……恥ずかしいッ……!!
こんな、恋人同士みたいなこと(もちろん男女だ!)は、想定外だった。
「スッゲー可愛い!」 
顔を押さえたポーズのまま、抱き締められた。
「か……可愛いって言い方、やめてくださいッ!」
咄嗟に腕の中で、逃げようと力一杯、抗った。
―――うう、悔しい……ちっとも解けない!
「……カズキ」
暴れて乱れた髪を掻き上げて、もう一度耳にキスをされた。
―――うあぁ……
優しいキス。
熱い息を吹きかけられて、ディープキスの時のように、腰に響いた。
 
「……………」
力が抜けてしまった僕は、しばらくそのまま、哮さんに抱き締められていた。
 
手摺りの向こうでは、夜の闇が深くなり、ますますネオンが輝き出している。
公園に相変わらず人気がないのが、僕にとって、何よりの救いだった。
 
 
「和希、メシ食おう」
急に、何事もなかったみたいな明るい声が、頭上から降った。
「……えっ?」
「腹が減ってちゃ、なんにもできないだろ?」
――ナンにもって……
相変わらず唐突で、僕のアタマは展開に着いていけない。
耳が小さいだ、面白いだって……それだけで、消化不良を起こしそうなのに。
それに付けて、メシと言われて思い出したのは、あのお好み焼き屋での、恥ずかしい出来事だった。
「……………」 
「ばか、何思い出してんだ」
また真っ赤になった僕を、逞しい腕が抱き締め直した。
………ぅあ…!
「だから、そんな言い方……ッ」
身動ぐ僕の言葉なんて、聞いちゃいない。
「あそこはちっと、遠すぎるんだ。この近くに美味い韓国料理屋があるから、そこ行こう」
「韓国料理……焼き肉?」
「いや、うどん。行きゃわかるよ」
「………?」
さらっとそれだけ言うと、僕の腰に手を回し、バイクの方へ誘導しだした。
「ちょ……離してくださいッ!」 
ああ、もう! コレが女の子扱いで、嫌なのに……!
抵抗も空しく、最後は抱え上げられて、バイクの後ろに乗せられてしまった。
「しっかり、掴まってろよ!」
僕の腕を自分の腰に巻き付けると、バイクは低い呻りと共に、滑り出した。
 
「…………」
僕はさっきより落ち着いて、しがみつくことが出来ていた。
いろいろゴチャゴチャ翻弄されたけど、会うまでのあのモヤモヤに比べたら、何でもないことだった。
―――よかった…… 
心の中で、何度も繰り返してる。
……嫌われないで、よかった…… 
回した腕に力を込めて、僕は自分から哮さんを抱き締めた。 
 
 
 
 
 
 
 
「おっ、……美味しいーっ!!」
僕は、スプーンを咥えながら、感嘆の声を漏らしていた。
得意げな顔の哮さんが、向かいの席で”どうだ”と言っている。
   
着いた場所は、どう見ても焼き肉屋だった。
「……焼き肉…ですよね」
テーブルの真ん中には、スミを入れる穴があいていて、網が嵌めてある。
壁にはカルビやら豚トロやらの張り紙が、ペタペタ。
「まあな」 
店に入ると、独特の香ばしい匂いが充満していた。
入り口正面に会計カウンターと、その後ろに厨房。
その両脇に、ボックス席が奧へと続いている。
奧に細長い店内のど真ん中に、壁に囲まれた厨房があり、その周りを「U」の字形にボックスが取り巻いているって感じだ。
左側の奧はトイレ、右側の奧は行き止まりになってる。
僕たちは右側の一番奥に、通された。
客は他に、誰もいない。
 
「ここは土日がスッゲー混むんだ」
「……はぁ」
「だから、俺は平日しか来ない。あ、おばちゃん、いつものうどん二つ。あとビール1本ね」
水を運んできたおばさんに、気安く頼んでいる。
焼き肉屋で、うどん二つって……ラーメン屋でラーメン頼むみたいに。
ビックリしてる僕に、哮さんはニヤリと口の端を上げた。
「うどんだからって、侮るなよ」
 
 
そう言われていた。
……ハッキリ言って、侮ってた。 
「すっごい、美味しい!!」
僕は何度も繰り返し言いながら、スープを啜った。牛すじの出汁がめちゃくちゃ利いてる。
うどんと言っても、日本の小麦粉の真っ白いヤツとは全然違っていた。
半透明に透き通っていて、角のある四角い麺だ。歯ごたえが餅より弾力があって、硬い。
カルビや山菜が沢山入っていて、これ一杯で充分な量だった。
「僕、こんな美味しいカルビスープ、初めて食べます!」
「だろ?」
嬉しそうに哮さんも、うどんを啜っている。
ひとしきり、無言で食べ続けてしまった。あんまり美味しくて、喋ってる余裕なんて無い。
 
「……ふぅ…」
やっと、僕だけに注いでくれたビールに手が伸びた。
背中の壁に寄り掛かって、哮さんを眺めながら、グラスを口に運んだ。
(………乾杯)
心の中で、そっと呟く。
アルコールは苦手だけど、舌先で少しずつ舐めた。折角注文してくれたんだから。
苦みの後から、アルコール臭が鼻孔と喉を灼く。
…………あ。
哮さんが着ている、スーツの色に気が付いた。
「哮さん、そのスーツ、あの時の……?」
前回、お好み焼きの鉄板の上に敷いてしまった、ネイビーブルーのスーツ。
あれと同じ色だった。
……油染みと臭いは、取れたのかな。
「ああそう、あれと同じヤツ。2着目は半額ってセールで、いつも同じの2着買うんだ」
「………そっか、それ、もうイッコの方なんだ」
やっぱ、使えなくなったんだ。……悪いことしたな。
「選ぶのって面倒くせぇからな。それなら、簡単だろ。それより…和希って、ほんとに会社員だったんだな」
「え?」
急に変なこと言い出した正面の顔を、思わず見つめた。
カッコイイ吊り目が、笑って僕を見てる。
「こないだ仕事とか言ってたけど、とてもリーマンには見えなかった」
「……えーッ!?」
そりゃ、僕は私服だけど……
「大学のレポートでも、やってんのかと思ったのに、仕事とか言うから」 
――――!!
女の子に見られたのだけでも、ショックだったのに。
あんまり悔しくて、言葉をなくしてしまった。
「………………」
ニヤニヤと笑い続けてる、憎らしいカオを睨み付けるのが、精一杯だ。
 
――悔しいけど…怒れない。
僕だって、勘違いしてた。
あの変な女に黙って付き合ってた、この男前は、
……僕よりずっと、年上のヒトかと思ってたんだから……
 
それを思い返すと、いつも胸が掴まれたみたいに、ぎゅっと痛い。
「……和希?」
思わず顔を顰めた僕に、哮さんの声が変わった。
「どうした?」
「……なんでもない…です」
「んなわけ、ねぇだろ!?」
グラスを抱えたまま下を向いてしまった僕の隣りに、哮さんは体を移してきた。
「……あ」
ビールが零れそうな勢いで、コップを引ったくられると、激しい音を立ててテーブルに戻した。
「どうした? 何か、辛いんか?」
肩を抱き寄せて、顔を斜めに覗き込んでくる。
真剣に心配するその目を、僕は見ていられない。
「ちがッ……なんでもない…です……」
慌てたけど、遅かった。
僕の両目から、ポロッと涙が零れた。
「……かずき…?」
「なんでも……嬉しくて…僕…」
とっさに嘘を付いた。胸はこんなに痛いのに。
「……んっ!」
唇が塞がれて、僕のヘタな言い訳もそこまでだった。
 
……うぁ……気持ちいい…
 
入ってきた温かい舌が、僕の舌に絡まる。
優しく吸い上げて、撫でるように離す。
繰り返されているうちに、身体が熱くなってきてしまった。
――ヤバ……これ以上は………
 
「ん……んっ……!?」
哮さんの手が、僕の身体を這い回り始めた。
――ちょっ……!
腰に回った手が、本気モードで触ってくる。 
「…こんな所で………止めてください!」
僕は必死に、顔と身体を突き放した。 
……いくらなんでも、ここはマズイって!
 
 
「酔っ払った振り、してろ」  
 
 

NEXT /長編SS短中編