2度目は、悔しいほど 見惚れて
 
4.
  
「えっ?」
 
「酔った振りだよ、俺が介抱してやる」
耳に唇を押し当てて、囁かれた。
………!!
不意を突かれて、肩が震えた。
「あっ……」
デニムパンツの上から、脚の付け根を撫で上げてくる。
さっきのキスで、僕のそこは少し大きくなっていた。
哮さんも、気が付いたみたいだ。
―――うぁぁ、恥ずかしい……!!
一瞬止まった手が、もっと強引に動き出した。
ベルトを外し、前のファスナーを開けられた。
「え……なに……」
「良くしてやるよ」
手をつっこむと、僕に直接触ってきた。
「ひゃあっ!」
「しっ……!」
抱え込んだ反対の腕で、口を塞がれた。
 
――ちょっ…、ちょっと待って……!
 
僕は本気で焦った。
だってここは、個室でもなければ、衝立があるわけでもない。
他の客や、さっきのおばさんが来たら、何してるかなんてすぐバレてしまう!
「や…、ん……っく」
勃ち上がってしまったモノを、下着から取り出された。
巧に指が裏スジや後ろにまわる。
そのたびに、腰がビクリと震えてしまった。
 
―――や……やっぱ、ダメだ……こんなこと! 
 
「…こんな場所で……!」
腕の中で身悶えながら、哮さんの耳に囁いた。
店の人に聞こえないよう、それでも、精一杯牽制を込めて。
 
「カズキに触りたい。俺…待てねぇ」
真剣な眼で、囁きかえされた。
「待たせるのがワリィんだよ…」
また髪を掻き上げて、耳を噛みながら言う。
熱い息が掛かった。
―――あッ…!
「ご…ごめんなさい! …だから…やめ……」
言い終わらないうちに、腰から背筋にかけて、鋭い衝撃が走った。
 
――――――!!
 
キスで言葉を塞がれ、肩口からカットソーの中に滑り込んだ手が、直接胸の中心に触れていた。
「んぁ…ぁあ……!!」
前の方も大きな掌が、僕を包み込んで上下し出す。
先端だけ別の動きで擦られながら、全体を激しく扱きあげる。
「あぁ……いやぁ……!」
腰を捩って、必死に逃げた。
 
――こんな、されたら………僕……! 
 
  
「あっ……ぁあ……」
 
仰け反って、全身を震えさせた。
キスも、愛撫も、扱きも……気持ち良すぎる………
 
「……カズキ」 
合間に囁かれる声に、アタマが痺れる。
 
……はぁ……はぁ………
入り口に背中を向けて、斜めに座る哮さん。
その影で、僕は必死にスーツの胸にしがみついていた。
 
――もうダメ……身体もココロも、…最後までイきたがっちゃった。
 
でも……あ……やばいよ……!
「……たけ……離して……」
このままじゃ本当に、イっちゃう。
こんなトコで出しちゃって、いいワケないのに!!
 
僕の焦りと悶えを無視して、哮さんの手はどんどん僕を高めていく。
「いいから……イケよ……」
胸を弄くっていた手を、Gパンの後ろから突っ込んで、奧を探ってきた。
前を扱かれながら、後ろの窪みもグイグイと指の腹で突き上げられた。
「ぁああッ……!」
腰が、新たな刺激に震えた。電流が走ったみたいに、全身を何かが駆けめぐる。
「ぁ……も…ダメ……いく…!」
絶頂の波が快感を突き上げる。掠れた声は、自分でも呆れるほど、ヤラシかった。
「た……哮…さん…ッ」
うぁッ! と思った瞬間、哮さんの身体が視界から消えた。
扱かれていた熱い先端に、柔らかい感触。
温かい肉幕が僕を包み込み、上下する。蠢く熱い舌が、鈴口を擦って刺激する。
 
「んっ…んぁあぁ……!!」
 
翻弄されたまま、快感に導かれて、僕は哮さんの口内に吐精していた。
 
 
「………ぁ………はぁ……」
細かく痙攣を、繰り返す。
余韻のせいで、震えが止まらない。
哮さんは僕の全部を吸い取ると、飲み下してしまった。
「あ……、だめ………」
「うるせぇ」
起きあがって、濡れた唇をぺろりとなめると、その口でキスしてきた。
「んっ……!」
 
――やッ……それはちょっと……
このキスは……美味しくないッ…!
 
 
「…んッ……はぁ……」
やっと解放された口付けでグッタリしてしまった僕の身体を、哮さんは綺麗にして、服も手早く整えた。
あと少し残ってるうどんを前に、僕は箸を持ち直す事も出来ない。
哮さんに肩を抱かれて、その胸に放心状態で寄りかかっていた。
 
………なにが起こった? って、くらいに急で……
まだ、心臓だけ…早い。
寄り掛かる胸の鼓動も、聞こえてくる。
……同じくらい早く、トクトクいってる。
それを聞きながら、ぼんやり考えていた。
 
……僕、また哮さんに、エッチなことされちゃった…… 
 
 
「……良かっただろ?」
涼しい顔で、哮さんが口の端を上げた。
楽しげに、僕を見下ろす。 
 
―――――!!
こんなとこで、どれだけ気が気じゃなかったか………!
僕のへそ曲がりな虫がまた、むずむずと動いてしまった。
「良いも悪いも……!」
 
「良くなかった?」
「だから、そうじゃなくて……」
「じゃあ、良くなるまで、ヤッてやる!」
 
―――はぁ!? この人はなんで、こう……!
しっかり抱き寄せられて、抱え込まれて、もう一度熱いキスをされた。
……………!!
その時、気付いてしまった。
哮さんの、股間のボリューム……
まだ、終わったワケじゃない……これからなんだって、それは知らせていた。
 
「和希がイイって言うまで、今夜は返さないからな」
ニヤリと笑うと、哮さんは歩けない僕を抱えて、店を出た。
 
「ど……どこ、行くんですか?」
怖くなって、しがみついた背中に思わず聞いていた。
「ホテルに決まってんだろ!」
 
 
 
青と白のイルミネーションでデコレートされているホテルに、バイクは滑り込んでいった。
慣れた感じで部屋を選ぶと、僕を抱えるように連れて行く。
バイクを降りてから、ずっと何も言わない。
「…………?」
見上げると、ムスッとしたへの字口……。
怒ったような顔の訳を聞くのが怖くて、僕も黙りっぱなしだった。
 
「……ぅあッ!」
ベッドに乱暴に投げ込まれた。
無言で、僕の服を剥ごうとする。
「た……哮さんッ」
その手を掴んで、大声で叫んだ。
「待って、待って! ……シャワーは!? 浴びさせて!」
「一回、ヤル」
僕の手を振り払って、力強い腕は簡単に服を全部、剥ぎ取ってしまった。
 
「んっ………」 
俯せにされて、背中をなで下ろされた。
熱い舌先が、さっき指で触れただけの、秘部を目指す。
「あっ……」
双丘を割られ、その中心に舌が差し込まれた。
―――ぁあッ……うあぁ……!
キスが上手いその舌の感触は、愛撫も同じだった。
優しく触れて、そっと撫で上げる。
でも、確実にポイントをグッと押す。
 
「んっ……ぁあっ……」
その度に、僕は腰を震わせてしまった。
 
―――怒ってる顔して、乱暴に服を剥いで……
でも、愛撫はめちゃくちゃ、優しい……
 
何故かいたたまれなくなって、涙が出そうになった。
「たけるさん……たけるさんッ」
見えない相手を、必死に呼んだ。
「ごめんなさい……ごめんなさい……!」
僕の中で動く指が、無言の返事のようだった。
「ぅぁあッ………」 
シーツを握り締めて、顔を埋めた。
涙が吸い込まれていくのが、判る。
「和希……すまん」
のし上がってきた哮さんが、僕の胸に腕を回しながら、後ろから囁いた。
「俺……止まんねぇ」
「………んッ…」
久しぶりの圧迫感。
押し付けられた熱い滾りが、指と入れ替えに入ってくる。
ぬるっとした感覚。
窄んだ壁を突き抜けて、哮さんが入ってくる。
「ああぁ……!」
異物感がすごい。勝手に身体が反発する。
それでも壁を擦りあげながら、それは入ってくる。
「ンッ……んんッ……」
入りきると、あまり慣らさないで動き始めた。
………アッ! ……あっ……凄い……熱い!!
内臓を引きずり出すように、中が擦られる。
外れそうなほど抜き出して、これでもかってくらい、押し込む。
内壁と入り口に、それぞれ違う刺激が来た。
ゾクゾクと背中を這い上がっていく。
「…あッ……あぁっ、たけるさん……すご……」
僕はシーツに爪を立てて、ベッドにしがみついていた。
突かれる衝撃で、身体が上に上がっていく。
あんまり激しくて、呼吸困難になりそうだった。
身体を引き戻す手が胸を撫でるのも、一々反応してしまう。
  
―――あッ! ……なに? ……これ……すご……
 
下腹部に、変な疼きが湧き上がってきた。
内側が擦られると……熱い哮さんの先端が、奧を突くと……
「んぁあッ……タケ………タケル……さんッ」
「カズキ……カズキ……!」
両腕ごと抱き締められて、腰骨の音がするほど、打ち付けられた。
「カズキ……イクッ」
前を扱かれて、僕も絶頂に導かれた。
 
―――んぁあああ………!!
 
もう、遠慮はいらないから…… 
僕も、身体の望むまま、欲望を解放した。
 
 
 
……ハァ……、ハァ……
二人で荒い呼吸を整えながら、そのままひっくり返っていた。
僕はもう、ホントにへとへとで……
でも僕だけ全裸なのが恥ずかしくて、掛け布団の端っこで腰を隠した。
 
「和希……さっき、泣いてたろ?」
腕が伸びてきて、顔を哮さんの方へ向かされた。
「何度も謝ってるし……」
「……………」
眉を寄せて、怒ったような顔。
 
「その顔……」
「……ん?」
「僕、いっぱい怒らせちゃったから……」
 
息を呑むのが、聞こえた。
「怒ってんじゃねぇ! ……いや、怒ってっけど……」
ガバッと跳ね起きて、覆い被さってきた。
背中に腕を差し込んで僕を抱えると、間近で見つめられた。
「和希……会ってくれないから……」
公園で言ったのと、同じことを言う。
「俺……マジで嫌われたのかと、思ったりした」
「……………」
男前のへの字口が、泣きそうな顔を作った。
「でも、そうじゃないって判ったら……止まんなくて」
「………うん」
「ごめんな……謝るのは俺なのに、和希が泣いて謝ってるの、マジ辛かった」
「……………」
「それなのに、俺、止められなかった」
 
………………。
僕よりずっと、年上に見えてたのに。
なんだか小さな子供みたいなカオしてる。
 
「僕、もう一度哮さんに会ったとき、……嫌われるのが怖かった」
「……なんでだよ?」
「……僕、男だし……」
ぶっと哮さんが噴いた。
「ああ、男だな!」
隠していた下半身に手が伸びてきた。
「あぁ……!」
不意打ちに、腰がビクンと跳ねた。
「それじゃ、言い直せばいいんだろ?」
「え……」
「和希だから、いいんだよ。……男でも、女でも」
 
―――うっ、……うわ……!!!
 
耳元に唇を寄せて、そっと囁かれた。
その声は腰に響いて、言葉は心に響いた……
 
「これなら、文句無いな?」
「……うん」
 
胸が熱くなって、身体も熱くなって―― 
触り続ける哮さんの手に、身悶えながら、僕はまた泣いてしまった。 
 
「和希、今度は優しくする……もう、泣くな……」
「………うん」
  
それでも暫く泣きやめなくて、哮さんを困らせてしまった。 
 
 
 
「なあ、これだけ着ろよ」
楽しそうな声に、哮さんの手元を見ると、カットソーの黒メッシュを掴んでいた。
白と黒で2枚重ねなんだけど、黒だけ着たら、思いっきりシースルーだ。
「やっ……やですッ…!」
そんな恥ずかしいカッコ、出来るわけ無い!
僕は、さすがに泣きやんで、呆れた。
「すっごいヤラシイ身体になりそうだよな。ここなんか、スケスケなんだぜ」
胸の突起を、親指の腹で撫でられた。
「……ひゃあッ!」
鋭い刺激に、ズクンと股間が熱くなる。
身悶える僕をじろじろ見下ろして、哮さんは口の端を上げた。
「和希……可愛い」 
 
―――くぅっ! ……また言う! 
 
どうにか、やめさせたい。
でも、睨み付けてみても、見つめ合ってしまえば……
……悔しいけど、怒れない。 
  
 
「哮さんは、……男前すぎです」
見惚れて、それ以上言葉なんか、なかった。
 
 
 
 
 
他にも問題はあるんだけど……
抱えた宿題は、まだ沢山のはずなんだけど……
 
 
前途多難に始まった、僕たちの変な関係。
一つ、何かをクリアしたみたいだった。
 
    
取り敢えず、次に会うのはもう怖くない。
でも、なるべくすぐ会わないとね。
……久しぶり過ぎると、シャワーも浴びさせてもらえないんだから。  
 
 
 
「ん………」 
そんなこと考えながら、僕は目を瞑った。
優しく滑り出す愛撫に、身体を委ねるために…… 
 
 
 
終わり  
 

長編SS短中編