始まりは、卑怯なほど 甘い
   
2.
 
「ほらみろ。立ってられないだろ」
両腕で僕を脇から掬い上げるように支え、口の端を上げて笑った。
その顔は、……憎らしいけど………めちゃくちゃ格好良かった。
「―――――」
思わず言葉を失した僕に、もう一度軽いキスをした。
「アンタ、名前なんての?」
「………………」
「オレ、有馬。有馬哮(ありまたける)。アンタは?」
もう一度聞いてきた。
 
「……北原(きたはら)……和希(かずき)
 
「和希? ホントに、女の子みたいだな」
「……それを言わないでください」
どれだけ、この名前に泣かされたか。一輝とか一紀とか、せめて漢字が男らしかったら救いがあるのに。
「ほんじゃ、和希。行こうぜ」
「……は!? ……だから、僕は仕事の途中で…」
また回してきた手で腰をぐいっと引き寄せると、有馬という男は歩き出した。
僕は悔しいことに、この男の胸くらいまでしか身長がない。とても引き剥がして逃げたりは、出来なかった。
「あ……有馬さん!」
離してほしかった。付き合ってられない。こんな変なヤツ。僕はもう帰りたい!
「哮って呼べ」
見下ろして、言った言葉はそれだった。
「………!」
―――だから、そうじゃなくて……!
マイペースなこの空気に、嵌められていく。
信号待ちでようやく脚を止めた。ここを渡れば、駅は直ぐそこだった。
僕はまた口を開いた。
……うっ、なんだか、呼びづらいけど。
「……たける…さん……」
僕、帰ります。
そう続けようとして、また見下ろしてきた目にドキッとした。
もう辺りは暗くなっていて、商店街の街灯と車のライトだけが、僕たちを浮かび上がらせる。
真っ黒になった瞳を、真っ直ぐに僕に向けてきた。
ほとんど真上を向いて、僕は口をぽかんと開けていた。
ぶっと、哮さんが、噴き出した。
「なんて顔してんだ、和希」
「……………っ」
思わず見惚れたなんて、言えない。
僕はぷいっと顔を背けて、足元に視線を落とした。首も疲れたし。
………このヒトの目は、僕の心臓を早くする。
 
 
「メシ、食おう」
「え?」
信号を渡ると、駅と反対方向に僕を誘導した。
「さっき、コーヒーしか飲んでなかったろ?」
「……あ、ハイ。まあ……」
「この先に、上手いお好み焼き専門店があるんだ。おごってやるよ」
言いも悪いも無い。強引に連れて行かれた。
その店は、かなり大きなお好み焼き屋だった。
完全個室になっていて、客が各自で焼くように掘りこたつに鉄板が設置されている。
「へえ、こんなとこ僕、知らなかった」
会社が入っているビルは駅前だから、他はあまり歩く必要がなかった。
「駅から、ちょっとあるからな。でもここは混むんだぜ」
今日はまだ時間が早いから、空き室があった。
3畳くらいの、3方を襖で仕切った小部屋。
廊下側じゃない、2方の襖を開ければ両隣の部屋と繋がり、かなりの団体客も入れるようになっているらしい。
室内の柱や天井は、油が染みついて全体的にセピア色になっている。
吊るされた電灯が、黄色い光でぼんやりとそれらを照らし出して、時代錯誤な雰囲気を醸し出していた。
「……昭和の、初めの頃みたい」
もちろん僕は生まれてないけど、その頃の時代はこんな色をしてるイメージだった。
物珍しくて、きょろきょろする。
「面白いこと言うな」
また見つめられてしまった。
僕は恥ずかしくて、下を向いた。
 
 
「酒もイケるだろ?」
ビールと日本酒とお好み焼きともんじゃ焼きを注文すると、すぐに持ってきてくれた。
「乾杯」
カチンとグラスを合わせると、哮さんはぐいっとグラスの冷酒を飲み干した。
僕もビールを、一口含んだ。
あまりアルコール類は得意ではなかったけど、嘗めるだけなら…。
なし崩し的にこんなトコにきてしまった事を、ちょっと後悔して。
 
だいたい、デートってなんだ? ”お礼に食事”でいいじゃないか。
僕は、何を考えているかまったくわからない強引な男の顔を、じっと見つめた。
実際、変な出会いだった。 
何者なんだ。僕よりは年上に見える。
 
「和希、焼き方知ってる?」
「知ってますよ! お好み焼きくらい!」
からかうように聞かれ、僕はムキになった。
二人で向かい合って座っていると、座高が違いすぎる。
僕は小さくて、子供になった気分だった。
熱くなった鉄板の上に、お椀の中でかき混ぜた具材を一気に流し込んだ。
「あ、ばか!」
「えっ!?」
じゅわあっと音を立てて、泡が脹れあがり、湯気がもうもうと立った。
前が見えなくなる。
「ああっ」
……鉄板から溢れる!
僕は慌てて、ヘラで鉄板を突いた。
とたんに、手の甲に激痛が走った。
「あっち!」
「――おい、ちょっと貸せ!」
僕からヘラを奪い取ると、鉄板中に広がった生地の成れ果てと焼けていない具を、手早く鉄板から片付けた。
「火傷したのか? 見せろ!!」
席を立つと僕の横に座り込んで、火傷した手を捻り上げた。
「痛っ……」
「早く冷やせよ、ばか!」
氷の入ったグラスを掴むと、みみず腫れを起こし始めたそこに、くっつけた。
「うっ……」
滲みて痛い。
「何やってんだよ。知らないなら知らないって、言えばいいだろ?」
そう言われて、僕は泣きたくなった。
「焼き方を知らないんじゃないよ! 取った器がお好み焼きの方だと思ったんだ!」
怒られて、怪我して、非情に情けない気分だった。しかも、出た言葉は、言い訳だ。
「……そんなに、ばかばか、言わないでください!」
これが一番悔しい。涙目になった僕を見て、哮さんが眉を寄せた。
「……すまん。悪ぃな」
コップの角度を変え、常に冷たいところを患部に当てながら、そう言った。
「――――!」
さっきまで、何したって謝んなかったのに!
僕の息を呑む気配で、哮さんが振り返った。
僕は掘りこたつに脚を突っ込んで、後ろの襖に背中を凭れていた。
右側は直ぐ壁だ。焼き方の説明がぺたぺた貼ってある。
そして左側で屈み込んでいる大きな身体。
追い詰められたような狭い隙間で、思わぬ至近距離に、たじろいだ。
「―――和希」
吐息と共に、囁かれた僕の名前……。
カッコイイ釣り目が、窺うように僕を斜めに見上げながら、顔が……唇が近づいてくる。
「ん……」
また、唇を重ねていた。
今度は、さっきみたいに強引じゃない。
そっと触れたかと思うと、体温を確かめるように、優しく押しつける。
何度かそうして感触を楽しむと、舌先が僕の唇を舐めてきた。
「ぁ……」
身体がビクンとしてしまった。
火傷した手に添えていた大きな掌が、僕の肩を掴む。
身体を起こして、上から舌を入れてきた。
真上に向かされた僕は、目を瞑ってそれを受け容れた。
「――――んん」
舌を吸われ、口内を撫で上げられ、僕の身体は熱くなっていってしまった。
さっきと同じ感覚が僕を襲う。
―――腰が疼く。
僕は怖くなって、顔を振った。
 
こんなトコで、……しかも男同士で、変な気分になるなんて!
 
「……和希」
また囁くと、哮さんの手が僕のズボンをまさぐり始めた。
「…………!!」
やっ! ……なにしてんだ!
僕は慌てて、その手を押さえた。
火傷がズキズキ痛い。
「あっ……」
阻止した手を掬い取られ、哮さんの舌先が火傷の場所を舐め上げた。
ぞくり、と背中を何かが走った。
 
―――嫌だ、怖い……
 
自分の感覚を持て余して、僕は首を横に振った。
「そんな、泣きそうな顔、すんな」
また、そっとキスをされた。
「んん………、っでも……」
「和希、かわいい。ほんとに女の子みたいだ」
「!!」
なにそれ……。ちょっと傷ついた。じゃあ、ホントの女の子、誘えばよかったじゃん!
「――やめろっ」
低い声で、………殊更男っぽく、抗った。
「…………」
動きを止めて、僕を見つめる哮さん。
「ほんとに、いや?」
目を細めて、口の端を上げる。
「……………」
悔しいけど、………見惚れる。
短い髪が、精悍さに磨きを掛けている。
僕なんかが、こんな風に短くしたら、きっとモンチッチみたいになってしまう。
だから僕は、男らしくしたいのに短くできない。
「あ……」
耳の横の髪の毛を掻き上げられた。
「……耳も小さいんだな。出せばいいのに」
だって、……だから………
「あ、やぁっ―――!」
首を斜めに反らして、逃げた。
耳の中に舌先を入れてきたからだ。
「しーっ」
首筋にキスをしながら、人差し指を唇に当てられた。
「ん……」
襖一枚隔てた向こうは、違う客室だ。
うっかり大きい声を出すと、変な声が隣に聞こえてしまう。
僕は、涙目で哮さんを見つめた。
哮さんの頬も少し紅い。
さっきの日本酒くらいで酔ったりは、してないだろう。
「静かにしてな。すぐ済むから」
僕は、何がどう済むのかよくわからないまま、小さく頷いた。
また大きな手が、僕のズボンのファスナーに伸びた。
前が解放されて、ちょっと息をつく。
クスリと、耳元で笑う気配。
「和希、……かわいいな」
「ぁ………」
下着の中に、手が入ってきた。
僕の身体は、気持ちに反して熱くなってしまっていた。
でも、こんなの、やっぱりおかしい。
素直に受け容れられない感情が、表情を曇らせた。
「……泣くなよ」
「!! ……泣いてなんか、ないっ」
「じゃあ、……怖い?」
「…………」
僕は、小さく頷いた。
「はは、ホント、かわいい」
頭を抱えて胸に押しつけられた。
僕の心臓は、上と下に2つあって、同時にドクンドクンと激しく脈打っていた。
首から、かぁっと熱くなっていく。
「あ………」
下の熱いのを指を丸めて包むと、上下に扱きだした。
「――――!!」
う………うわぁ………っ
抱きしめてくる腕にしがみつくと、声を殺した。
こんなこと、他人にやってもらうもんじゃない。
恥ずかしさが、脳裏で色々な言い訳をし始める。
でも……
「んっ、……あぁ、哮さん……」
気持ちいい……。キスみたいに優しかった。
 

NEXT /長編SS短中編