カバン返して。
 
4.
 
「おら、帰るぞ」
「あっ、ハイ!」
 
千尋に声を掛けると、嬉しそうに立ち上がった。
「お買い上げ特典で、軽トラ1時間無料で貸し出してますので、使ってください」
店員が申し出てきた。
「あ…、俺免許持ってきてねえや」
慌てて出たから、財布を置いてきてしまった。
「じゃあ、僕が運びますよ」
「え? いいよ、後でまた来るから…」
「構いませんよ。行きましょう」
さっきまでの怒りはどこへやら、取り澄ました顔で軽トラを用意しに、部屋から出て行った。
―――んだかなぁ。
俺も千尋に預けていた金で布団のレジを済ませると、駐車場に運んだ。
 
(…………ん?)
積み込んだあと、店員が当然のように千尋を助手席に乗せようとしていた。
運転席から、誘導している。
「……へえ、そっちがいいんだ」
俺はチャリだった。
「今日から、ソイツの世話になれよ」
冷たい声でそう言ってやった。
千尋も当然のように、乗り込もうとしてたから。
「…………」
ステップに足を掛けていた千尋は、うっと目を潤ませると、店員の顔をジッと見上げた。 
その二人の様子が、俺をイラッとさせた。
―――なんだこの空気。
余りにも馴染んでいて、余りにも解け合っていて……
俺の隣にいるより、ずっと自然に見えた。
……これは、さっき店に飛び込んだ時に感じたイライラと、同じだと思った。
 
―――誰にでも、すぐ懐くんだな、コイツ……
 
俺は踵を返すと、二人を無視して自転車を取りに歩き出した。
「あッ」
その直後、背後で叫び声が上がった。
―――!?
振り向くと、千尋が車の外ですっ転んでいる。全身をアスファルトに叩き付けるみたいに、ハデに転倒していた。
そのまま驚いた顔で、動けないでいる。
(……何やってんだ! ったく)
「しっかりしろよ! 子供じゃあるまいし」
駆けつけて、腕を引っ張り上げた。
「…ハイ。ごめんなさい〜」
立ち上がって砂を叩く千尋の後ろで、バタンと軽トラのドアが閉まった。
助手席側の窓が開いて、店員が顔を出した。
「先に行っているね。君んとこ、細い道が多くて回り込まなきゃいけないから、車の方が遅いかもね」
にっこりそう言うと、あっという間に軽トラは駐車場を出て行ってしまった。
「……え?」
そのあまりの早業に、二人で唖然としてしまった。
「ボク…突き落とされたんですぅ」
車の方向に目線を送ったまま、放心したように千尋が呟いた。
「…はっ!?」
何考えてんだ、アイツ…
結局俺は、後ろに千尋を乗せてチャリで山裾を登って帰った。
つっても、マウンテンバイクだから荷台は着いてない。
後方に取り付けたステップに立って、俺の首にしがみついていた。
「こ…恐いです!」
「本気出せば、都会の原チャにも負けねえよ」
もっとも、これは山専チャリだが。
俺はさっきの店員が気になって、どんどんスピードを出した。
「ひゃーーーっ」
「うっ苦し…」
 
辿り着くと、荷物だけ置いてあって車はもう帰ったようだった。
―――なんだアイツ。…変な奴だったな。 
 
 
ともあれ、布団がもう一組揃ったわけだ。
運び込んで包装を解いていると、また背後で千尋が叫び声を上げた。
「んだよ、煩い…」
振り向いた俺は、ギョッとして言葉を失った。
テレビ画面に、俺がセットしたままだったDVDの映像が流れている。
キャプチャー機能で、観ていた場所の続きを映し出していた。
激しい動きと喘ぎ声が、部屋の中に響き渡る。
「わぁ…」
動かした張本人は、顔を真っ赤にして、画面に見入っている。
「バ…馬鹿野郎! 見てんじゃねえよ! 止めろって!」
俺は慌ててストップさせてDVDを引っこ抜いた。
耳の中に、甲高い喘ぎ声が変に残った。
「徹平さん、もしかして…」
今度は俺が、真っ赤になってるだろう。
「勘ぐってんじゃねえよ!」
くそっ。
買い物が上手くいってりゃ、バレずに一発抜けてたのに!
その腹立たしさからも、いっそう目の前の役立たずを睨み付けた。
  
 
 
 
その夜、俺の下半身は困ったことになっていた。
あの甲高い声と白い肌が、頭から離れない。
布団の中で半勃ちになったまま、萎える気配がまったくなかった。
(クッソ! こんなんじゃ、眠れやしねぇ!) 
寝返りを打っては、溜息をついた。
隣を見ると、薄暗い中でもそもそ布団が動いてる。
厄介事の張本人は、新しい布団に嬉しそうにくるまっていた。
「ボクの布団〜」
――――!
「違う! それは、客用だ!」
どっちみちもう一客必要だったんだ。こっちに母親が泊まりたいと、煩かったし。
「おまえはカバン見つかったら、さっさと出てけよ!」
居着きそうな予感にゾッとして、思わず怒鳴った。
「……ハイ」
暗くて、表情の細部までは見えない。
ちょっと間をおいて返ってきた返事は、寂しそうに聞こえた。
「…………」
俺は何となく、ぶつりと黙ってしまった。…なんか、気分わりぃな。
それにしても、体が落ち着かない。
また寝返りを打って、千尋に背中を向けた。
 
――――ん!?
ごそっと背後で動く気配がしたと思ったら、千尋が足元からこっちの布団に潜り込んできた。
「お…おい?」
腰の辺りで丸くなっている。
「千尋? 何してん…」
――――!!
スウェットの上から手を当てて、俺の半勃ちになってるモノをさすりだした。
「おい…やめろ!」
「…でも、辛そうだから……」
布団の中から、小さな声。
―――辛そうだと、こんなコトするのか!?
「大きなお世話だ!」
でも千尋は、手を休めない。刺激を受けたそれは、反応してしまった。
……マジかよ!
下着の中に手を突っ込んで、直接触ってきた。
「お…千尋ッ……うぁッ!?」
生温かい感触に包まれた。
 
――――フェラ!?
 
柔らかい舌と唇で、そっと上下に扱き出す。
「うっ…」
久しぶりの感覚に、待っていたように体が悦んだ。
抵抗をやめた俺の下着とズボンを脱がすと、千尋は布団を捲り上げて姿を現した。
「…寒かったら、ごめんなさい」
小さく囁いて、再び咥えなおす。
「―――!!」
寒いって……俺はそれどころじゃなかった。
優しく添える手の平は、タマを揉んでは、胸や尻の方まで撫で回す。
滑るような手つきで、俺を高めていく。
  
――なに…!? ………スゲ…上手い…!
 
信じられなくて、首だけ上げてヤツを見た。
ストンとした髪が丸いシルエットを作っている。その小さな頭と細い体の影が、暗がりの中で蠢いている。
「ウッ…ウォ……!」 
優しくポイントを刺激していた手と口が、しだいに激しくなっていく。
「うぁッ…!!」
俺は千尋の手に翻弄されたまま、イッてしまった。
 
「―――はぁ…」
激しい快感の余韻の中、俺は肩で呼吸をしていた。 
…マジ…上手すぎだろ……
俺が久しぶりってだけじゃない。同じ男だから判るとか、そんなんじゃない。
その手つきは、プロを思わせた。
「…ちひろ?」
俺の放出を口で受けとめていた千尋は、ゆっくり体を起こした。
 
「…ボクの取り柄」
 
その声は、暗がりの中で寂しそうに笑った。
おい…飲んだのか? 今の…
「―――取り柄って…」
小さい影は脚の間に座り込んだまま、俯いて黙っている。
「――――」
俺はコイツの、ピリッとさせた空気を思い出した。
触れちゃいけない、何かがあるのか…
それにしたって…!
「おいっ?」
起きあがると、千尋の腕を掴んで引き寄せた。
一瞬ビックッと震えた体が無抵抗に引っ張られ、俺の胸にしなだれてきた。
「おわッ!」
抱き込むつもりはなかったから、驚いてしまった。
「…………」
カーテン越しの薄明かりが、布団の上で抱き合う俺たちを照らす。
見上げてくる千尋は、唇が艶めいて上目遣いがひどく妖しい。
ジャージから覗く首筋や鎖骨の白い肌までが、色っぽく見えた。
――――ッ!
俺は慌てて、その体を突き放した。
「―――慣れてるな…おまえ」
驚いたように目を瞠る千尋に、思わず呟いた。
「……うん」
「……なんでだ?」
聞いていいのか一瞬迷ったが、この空気のままじゃいられなかった。
「ボク……」
突き放されたままの距離で、頭を垂れた。
再び俯いてしまったシルエットは、ぴくりとも動かない。
「……嫌ならいい」
俺は溜息をついた。
―――なんだか知らんけど、俺には関係ないことだ。
 
「でもなぁ。…だったらこんなこと、するな!」
はっと影が顔を上げた。
「でも…ボク…恩返しできるの、これくらいだから…」
「恩返し?」
「はい……徹平さんが辛いの、解消してあげたかったんです」
 
「――――――」
 
コイツなりに考えてんのかって、驚いた。
その方法にも。
……よくわかんねぇ。
見た目と中身に、ギャップがありすぎて。
 
 
「……取り柄なら、料理が上手いだろ」
 
 
「…………」
 
 
戸惑う気配。
遠慮がちに俺を見つめ続ける。
「それでいいから。……言いたくなったら、言え」 
「………はい…」
闇の中で、細めた目と白い歯が光った。
小首を傾げて零した笑みに、俺の心臓が、また1回跳ねた。
  

NEXT / 長編SS短中編