カバン返して。
 
6.
  
午後になると、だいぶ体調も戻った。
ただ横になっていると、ついつい昨日の夢を思い出してしまう。
 
―――あまりにも、生々しい…
…てか、あれ…誰だ? 自分が自分でない夢なんて、初めてだった。
 
にしても、……疼くな~。チクショー
あんな体験させられちゃ…しかも、あんな勃ってたら、普通眠れないだろ。
盛大に吐いて布団に戻ってからも、治まらないコカンに困って。
直ぐさま一発! ってヤリたいとこだったが……しかし、相手があれじゃーな… 
 
無意識に、こめかみの辺りを手の甲で抑えていた。
キモイおっさんを思い出すと、吐き気が再発しそうだ。
―――それに。
千尋の様子が異様すぎて、昨晩はそれどころじゃ、なかった…
蒼白になって見開きっぱなしだった目は、泣いてるようにも見えた。
俺より具合悪そうで体中震えてて…、結局は俺が寝かしつけてやった。
(風邪ひいたって訳じゃ、なさそうだがなあ…)
隣の台所からは、何かやってる音がする。
俺を介抱する様子を見る限り、昨日の閉め出しで病気になった気配はなかった。
 
「………探してやるか」
 
俺はもそもそと、布団から這い出た。
台所に立つ千尋の顔に、まだ眼鏡は戻ってない。
(まあ、度無しなんだから、無くたって生活に不自由はしないよな)
――――ん?
部屋の隅、机の脚の横…など、視線を滑らせていって、しまいにゃゴミ箱まで覗いた。
 
――――!! ……これは
 
握って丸めたような、くちゃくちゃのメモ用紙。
なんとなく気になって開いてみたら。
 
 
 
   てっぺーさん!
   明日のお弁当の材料、買ってきます。
   ちょっと足りなくなっちゃってーー!
   すぐ戻るけど、間に合わなかったらごめんなさい。
   楽しんできてくださいね!
                           ちひろ 
  
 
 
慌てて書いた、走り書きのメモ…
――俺は、「行ってくる」って声は掛けたけど、千尋の返事も確認せずに飛び出したことを、思い出した。
ちょっと気に掛けて部屋を見渡せば、すぐに気が付いたはずだ。
 
「徹平さん~! おやつ食べましょう!」
千尋が盆にいろいろ乗っけて、台所から戻ってきた。
 
「……あ」
 
メモを手に立ち尽くす俺を見て、真っ赤になった。
慌てて盆を畳に置くと、両手をバタバタさせた。
「それ…捨てたんだから、拾っちゃだめですっっ!」
「……………」
「プライバシーの侵害ですよぉ~っ!」
 
―――プ…プライバシーの侵害!?
俺の…俺のプライベートに間借りしてるクセに……コイツッ!!
 
 
 
「千尋ッ!!」
 
俺は怒りに任せて、右手を振り上げた。
「!!」
千尋は、首を竦めて両目をぎゅっとつぶった。
「―――!」
逃げるわけでも、手で庇おうともしない。
  
俺は怒りが冷めない。
振り上げた右手を、千尋の頭にそっと置いた。
ビクッと小さく、丸い頭が揺れる。
「なんで、言わない?」
「……え?」
怯えた目が薄く開いて、俺を見た。
眼鏡をしてない、澄んだ瞳。
「なんで、メモ見てくれなかったのかって、言わねぇんだよ!」
どう考えたって、悪いのは俺だろう。
あの状況で、千尋が怒らない理由が判らない!
「……だって」
「だってじゃねえだろ!? ちゃんと責めろよ、文句言えよッ!」
頭に乗せた手に、力を込めた。
子供に言い聞かせるみたいに、顔を近づけて睨み付ける。
 
俺は、自分に怒っていた。
――なんでもうちょっと、気遣ってやんなかったんだ。
――なんで帰って来たとき、あんな言葉しか出なかったんだ。
菜穂の時のことが、ダブって俺の胸を締め付ける。
俺はいつも、自分のことが最優先で…… 
後で気が付いて、後悔する。
――――その繰り返しだ! 
ただ我慢してるような千尋にも、腹が立つ。
俺ばっか、悪者のまんまじゃねぇか!
やり場のない怒りが、千尋に向かってしまいそうで……頭に乗せた右手を離せなかった。
  
睨み続ける俺の眼を、千尋も見返す。
長い前髪の隙間から見上げてくる。…その瞳の色が、何故だかとても哀しく見えた。 
 
 
「……ごめんな」
 
 
あの時、一番に言うべき言葉…。
笑顔をつくったコイツに、何よりも先に詫びなきゃいけなかったんだ。
それをしなかった自分に、腹が立ってしょうがない。
 
「謝らせろよ…俺に」
「………」
じっと見上げてくる。
困ったように眉を寄せて、俺の言葉を聞いている。
「…昨日みたいのは、お前が怒っていいんだよ!」
 
「………そんなこと……できない」 
 
―――――!?
見開いて、俺を見上げる大きな目から、涙が零れだした。
 
「…………ちひろ?」
「したことないから…そんなの」
 
 
ボロボロと零れる涙を、俺は唖然として見ていた。
何で泣くんだ…
何を……したことないって――? 
 
手の平から、千尋の震えが伝わってくる。
……体温も。
 
「…………」
俺は腕に力を入れて、ぐいと頭を引き寄せた。
「…っ!」
柔らかな音を立てて、俺の胸に千尋の顔が埋まる。
頭を抱えたまま、背中をさすった。
「泣くな! いい大人が!」
「…………」
腕の中で小さく頷いた頭を、俺は泣きやむまで抱きしめていた。
 
真っ昼間の安アパートの一角で…
ハタから見りゃ、妙な光景に見えただろう。
でも俺は、こうするしかなかった。 
何も語らないコイツに、俺も掛ける言葉なんかなかったから…
だからせめて、その震えを抑えてやりたかったんだ。
 
 
 
「…………」
千尋が身動いで、俺は我に返った。
「おっ……」
慌てて腕を解いた。見上げてきた顔が、また近くて。
(おわわ!)
「―――すまん!」
自分で何を謝ってるのかもわからず、その身体から一歩離れた。
「…………」
まだ涙で濡れている目が、困ったように見開かれている。その頬も真っ赤だった。
俺は一昨日の晩のこと思い出して、心臓が飛び跳ねていた。
艶っぽい唇…妖しい目線。…すっぽり腕の中に入ってきた、一回り小さな身体。
―――うわッ…やべ……
不覚にも、股間が疼いた。
 
「……おまえなッ、なんで一声掛けなかったんだ!?」
 
慌てて思いついたことを、千尋に聞いた。
―――冗談じゃねぇ! コイツで勃つなんて…!
なんとか熱くなっていくそこを、落ち着けたかった。
心臓のドキドキも、止まらない。
 
「メモより、手っ取り早いだろうが!」
 
「えっ……だって」
俺の言葉に、情け無く口を歪めた。
「だってじゃねえ!」
うっと、眉を寄せると、千尋は小さな声を出した。
「……お風呂入ってる時に声かけると…徹平さん、怖いです」
「―――!!」
「機嫌悪くなるです~」
きゅっと首を縮めて、目を瞑ってしまった。
 
―――結局、俺かよ!
 
隙あらば…なんて考えていた俺は、風呂にまで入って来そうなコイツを、声で牽制していた。
……のーてんきで懲りなくて、なんも感じてないかと思ってたが…ちゃんと判っていたのか。 
「あー、わかった。もういい! 俺が悪かったよ! すまんかった!」
「………」
やけくそのように言った俺の言葉に、千尋の頬が、また紅く染まった。
  
(――うッ…)
こくんと頷きながら嬉しそうに俯いた姿が、妙に可愛く見えてしまった。
 
 
 
――――俺は…何を拾ってしまったんだ?
 
 
  
 
 
 
翌朝、俺も仕事場からバス会社に、荷物のことを聞いてみた。
『あんたね、大概しつこいよ! 無いもんは無いって、言ってんだろ!』
「……はっ?」
千尋は毎日、問い合わせていたらしい。電話受付の声はうんざりして、怒りに満ちていた。 
(毎日って……あいつなぁ)
そんな話しは、聞いていない。俺は苦笑いで、電話を切った。
――しかし、何が入ってるってんだ? そのカバン…
その日、俺はちょっと寄り道をしてから帰宅した。
 
「お帰りなさい~」
「…ただいま」
相変わらずの間の抜けた声と、笑顔。
ひょいとこっちに顔を出すと、ユーターンして台所に戻ろうとする。
「あ、千尋…」
思わず腕を掴んでいた。
「……!」
びっくりして振り向く千尋に、俺は小さな包み紙を差し出した。 
「? ……ボクに…ですか?」
俺は無言で頷いて、受け取れと促した。 
 
「閉め出して、ホント――悪かったな」
 
千尋は恐る恐る受け取って、包みを開いた。
「……あっ!」
小さな叫び声。
それを両手で握り込んで、俺を仰ぎ見る。
「……これ!?」
「おまえの鍵だ。さっき帰りに、作ってきた」
長いこと居着くなら必要になるかと…罪滅ぼしも兼ねてのつもりだった。
「ボクの……」
目を見開いて、鍵を見つめる。 
「ありがとうございますぅ……すごい…綺麗な色…」
いろいろなデザインが選べるブランクキーの中に、千尋に似合いそうな色を見つけていた。
「メタリックグリーンだ。目立つだろ? あとコレ」
「?」
もう一つは、シルバーのチェーンだった。鍵だけじゃ、絶対失くすと思って。
「それに鍵を通して、いつも首から下げとけ!」
「……はいっ!」
「言っとくが、安もんシルバーだからな! おまえは、それで充分だ!」
「はいぃっ~!」
また大きい目が、うるうると揺れ出す。
眼鏡越しでも、澄んだ輝きを放っていた。
 
「……ありがとうございますぅ」
 
鍵を握り込んだ両手を胸に押し当てて、俺を見上げて微笑んだ。
細められた目から、ぽろぽろ涙を零して。
「……ボク…大事にします」
 
 
 
 
 
 
 
「ボクの鍵~!」
晩飯の間中、千尋は自分の胸元を何度も見下ろしていた。
嬉しそうに首に通したシルバーは、薄いメタリックグリーンの鍵を、胸の上で光らせた。
思った通りその色は、千尋の明るい茶色の髪に、よく似合っていた。
「ボクの鍵~~!!!」
喜んではしゃぎ続ける。
 
「………」
 
喜ぶのはいいが…。 
俺は冷たい眼で、その顔を睨み付けた。
コイツのモノの失くし方は、ある意味天才的だった。 
昨日失くした眼鏡は、夜、布団を広げたときに出てきたのだ。
 
「布団に挟み込んで、押入に入ってましたなんて…もう、絶対やめろよ!」
  

NEXT / 長編SS短中編