カバン返して。
 
10.
 
「え? 2ヶ月の出張ですか?」
 
 
次の日、俺は上司に呼び出されていた。
「ああ。西方へ、大規模に手を伸ばすことになった」
「……2ヶ月って」 
「中間地点に居を構えて、あちこち回るんだ。先に小林が行って、売り込んでいる。荻野には試作のメンテとアフターケアで、バックアップを頼む」 
 
「――――――」
 
断れる筈なんかないけど、ハイとも言えなかった。
”荻野に適任だって、社長がお前のこと、えらく買ってたぞ!”
――そんな上司の誉め言葉も、今は耳に入ってこなかった。
 
(2ヶ月は長いな……) 
今までは独り身だったから、ちょっとした出張は気軽に受けていた。
でも……
言われた瞬間から、俺の頭は、千尋でいっぱいになった。
――アイツ、どうしよう。
 
まだ時々、俺のカバン、引っ張り出してる。
多分、問い合わせも続けてる。
もし、俺のいない間にカバンが見つかったら……。
いやそれより、千尋を……2ヶ月間、独りに?
 
千尋はあの悪夢を、見続けている。その度に俺まで巻き込まれた。
……繰り返される、悲鳴と快感…
飛び起きて泣き出す千尋を、俺は情けなくも勃起したまま、抱きしめて宥めた。
「――――――」 
デスクに戻ると、腕を組むふりをして、身体の震えを押さえた。
 
「荻野! 2ヶ月だってな、来週からだろ?」
「耳早ぇな、竹村」
物流課のヤツだ。以前、コンビを組んだことがあった。
「ああ、オレも今聞いてきた。オレは半月後に、追っかけ納品」
「…そうか」
「向こう行ったら、先攻の小林に、堅い数字ヨロシクな! って伝えてくれや」
「……ああ」
「? 元気ないな。どうした?」
「いや、なんでも…」
「しっかりしてくれよ! お前と小林の肩に掛かってんだからよ!」
俺の背中を叩くと、竹村は自分の持ち場に戻っていった。
(はーっ…)
後ろ姿を見送りながら、溜息をついた。
竹村の言葉で、もうプロジェクトが動き出していることを、実感していた。
俺独りがうだうだしてる訳には、いかなんだ―――― 
 
―――アイツは、どんな顔するんだろう……? 
 
 
 
 
 
 
「え〜っ! 出張ですかぁ」
のーてんきな声だった。
「…………」
食後の茶を啜りながら、千尋は目を丸くしている。
メシの時に言うつもりだったが、グリーンの箸と茶碗で嬉しそうにヒョイパクしている姿に、切り出せずにいた。
 
「2ヶ月って、長いですねー……」 
さすがに驚いて、目が丸いままだ。
「……ボク、カバンが見つかるまで、留守番しててもいいですかぁ?」
その後は、心配そうに上目遣いで、そんなことを言い出した。
 
――やっぱり、カバンか。
俺はなんとなく、腹の底が重くなった。
「―――」
返事をしないでいると、千尋は目をうるっとさせて、慌てだした。
「カ…カバン見つかったら、ちゃんと出ていきます! こっそり居着いてたりしませんからぁ!」 
(――――!)
突然、重かった腹が熱くなった。
ムカツク感情が、湧き上がってくる。 
「チッ!」
掴んでいた湯飲みを、乱暴にテーブルに叩き付けた。
向かい合う千尋の身体が、ビクッと震えた。
 
「お前、俺がいない間でも、カバンが見つかれば出て行くのか」
「……え?」
普段、口癖のように出て行けと言っていたのに、俺の口は違うことを言い出していた。
「他に言うことねぇのかよ! 俺がいてもいなくても、何もカンケーねぇ訳だな!?」
「…………!!」
驚きで見開かれた目が、俺を凝視した。
 
俺はコイツを置いて行くのが、心配だった。
毎晩独りで泣く姿が、容易に想像できる。
それに……俺は、千尋と離ればなれになるのが嫌だった。
「来週、いきなり俺がいなくても、お前は平気なんだ! ああッ? 部屋さえありゃ、いいんだなッ!」
 
「…………」
俺の突然の怒りに、目を丸くした顔は、ぴくりとも動かなかった。
俺が怒鳴り散らすのを、収まるまでじっと聞いていた。
そして、ゆっくりと目を細めた。
 
 
 
「……しかたないじゃ、ないですか」
そう言って、微笑んだ。
  
 
 
――――!? 
 
「ボク…本当に、間借りさせてもらってる……だけなんです」
口の端を上げたまま、ゆっくりと喋る。
「ヤダとか、寂しいとか。……言う権利なんか、ないんです」
そう言って、あの寂しい笑顔で、ニッコリと笑った。 
 
―――千尋ッ! 
 
胸が、苦しい……
閉め出してしまった時、”お帰りなさい”と微笑んだ、あの笑顔だった。 
 
「……あっ!?」 
俺は立ち上がって千尋の背後に回ると、その身体を抱きしめていた。 
「てっ……徹平さん!?」
「千尋…」
硬直している体を抱きしめたまま、肩口に顔を埋めた。
あたたかな体温が、頬に伝わってくる。
サラサラした髪が、俺の首にもまとわりつく。
 
「悪ぃ」
「…………!」
「俺が悪かった。……だからそんなこと、言うな」
「…………」
「お前は、居候なんかじゃねぇから。……そんな顔で、笑うな!」 
 
なんでこんなに、胸が締め付けられるのか、判らなかった。
千尋の微笑……。
我慢して、耐えに耐えてきたのだと思う。
コイツの受けた仕打ちを考えれば、言いたいことも言えなくなるだろう。
でも、そうじゃない。
もっと、心の渇く何かがあると……
 
「おかしいと思っていた。お前のそれ、……何にも期待しない笑顔だったんだな」
困ったようにちょっと寄せる眉。上がりきらない口の端。
何よりも、双眸が翳る。
それは、我慢なんかじゃなかったんだ。
「そんなふうに、自分なんてって……そうやって、いつも諦めていたのか」
望み通りにならないことを、もう、哀しみもしないで。
あの時もそうだ。
ここがあるだけで、俺が帰ってきただけで、それで充分なんだってか……?
氷のように冷たかった指先を思い出すと、改めて胸が痛くなる。
 
「そんな哀しい生き方、するなよ!」
抱きしめた腕に、力を込めた。 
 
千尋は小さく呻いて、首を垂れた。 
長い髪が顔を隠す。
「…………だって」
蚊の鳴くような小さな声が、絞り出される。
 
「……だって、もう、何もなかったんです。……家族を失った、ボクには」
「…………」
「みんなを返して。お父さんお母さんを…優美を返して…それ以外の望みなんか、叶わなくたっていい」
(―――――!!) 
「独り、生き残った罰だとさえ、思いました」
「千尋……」
 
……泣いてる。
震える声は、時々裏返って掠れた。
「すごく辛いこと沢山だったけど、ボクはその場が改善されるより……」
はたはた、涙が落ちていく。
「……あの空間に帰りたかった」
俺の腕に。
千尋の膝に。
透明な滴が、落ちていく。
「ずっとずっと、祈ってました。お願い…お願い…もとに戻してって」
 
「だけど……そんなの、叶うはずもなく……だから、しょうがないって……諦めるしか無かったんです」
 
 
……助けのこない日々を、救いのない現実を…恨みもしないでか……?
俺の眼にも熱いモノが溜まっていた。
 
「でも…お前、逃げ出してきたんだろ」
「……」
声も掠れる。…情けねぇ。
胸が締め付けられて、ちゃんと喋れない。
「お前は、生きてんだよ。ちゃんと、生きたいんだ」
 
千尋が俯いていた顔を、上げた。
「……てっぺー…さん」
ゆっくりと振り向く。
乱れた長い髪の隙間から、涙でぐしょぐしょになった目で俺を見る。
どうしたらいいのか、迷っているような視線だった。
「もっと自分に、わがままになれよ! やりたいことはちゃんと言え! 諦めんなッ!」
 
 
それだけ言って、俺はもう我慢が出来なかった。
抱きしめている一回り小さな体が、もの凄く熱くて。
震え続ける唇が、視線が、堪らなく愛しい。
 
「んっ……」
顎を取って強引にキスをした。
舌を入れると、肩がビクッと震える。
 
抑えきれない……
泣かせてしまうかも、しれない。……そう思って、我慢してきたけど。
 
「千尋、ごめん」
そう言って俺は、抱きしめていた体をイスから引きずり下ろすと、後ろの畳に押し倒した。
「……ぁっ!」
苦しそうに、息をつく。
俺は構わずに、ジャージの前を開けてシャツをたくし上げた。綺麗な胸が晒ける。
「て…徹平さん……」
細く震える声が、シャツの向こうから聞こえた。
 
 
「千尋……嫌なら、やめる」
 
 
「…………」
「俺も、我慢してたんだ。でも、もう抑えきれない。……お前が選べ」
言いながらも、俺は千尋の肌に手を滑らせた。 
「……ッ」
鎖骨、胸、脇腹、腰…と、撫でていく。
こんなにちゃんと見るのは、初めてだった。真っ白い綺麗な肌に、興奮する。 
ジャージから出ている腰骨の際まで丁寧に撫で上げて、上に引き返していった。
身体がその度、硬直して震えるけど、千尋は抵抗しなかった。
胸に顔を寄せて、色付く可愛い突起に唇を近づけた。
「……っ」
息を感じただけで、ぴくっと隆起する胸筋。
そっと舌先で、先端に触れてみた。
「あっ…!」
ビクンと全身が跳ね上がって、声が漏れた。
ツンと硬く尖ったそこを、舌先で弄りまわす。
「あっ、…ぁああっ……!」
肩をビクビクさせて、千尋が喘ぐ。
想像以上の反応に、俺は煽られた。
両腕を押さえつけて、豆つぶのようなそれを唇で啄み、舌と前歯で甘噛みした。
「あぁ……、んぁあ……」
右と左を交互に愛撫する。
「あ、あ、ぁああぁっ! ……はぁあんっ……」
鼻に抜けるような声で喘いだ後、千尋はすすり泣き始めた。
 
――――!!
身体をずりあげて、顔の見える位置まで動いた。
「…………」
顔を横に背けて、唇を噛み締めている。
ぎゅっと瞑った目は、睫毛が濡れて光っていた。
唇も、睫毛も、小刻みに震えている。
「―――ちひろ…」
その唇に、そっとキスをした。 
 
  
 
「お前が、好きだ」  
 
 
 
強張っていた横顔が、薄目を開けて、俺を見た。
 
 
「お前を抱きたい」
 
 
「…………」 
瞳が揺れる。
……何も期待しない、双眸。
自分を主張して、他人を非難することなど、決してしなかった。
菜穂とは正反対のこの目に、俺は癒されたんだ。
 
希望や欲求を一切捨てて、ただ見つめている。 
―――だから、こんなに透明なんだ。千尋の瞳は。
 
 
「お前のその目……愛しい」
  
 
胸が掻きむしられるようだ。
こんな目をしてないで、心から笑って欲しいと思った。 
俺が笑わせたいと、思った。
 
「ん……」
もう一度、濃厚なキスをした。
温かい舌が応えてくる。絡め返して、俺の中にも入ってきた。
「ん……、んっ……」
(スゲ……キスだけで、身体が熱くなる)
頭を押さえ、背中に腕を回し、腰を擦り付けた。
 
 
「……はぁ」
銀色の糸を引く、赤い唇。
頬も紅く染めて、千尋は上目遣いに俺を見た。
「可愛い…」
堪らず、頬に軽くキスをした。
 
「……徹平さん……嫌わないでくださいね」
千尋が呟くように、いつかと同じ様な事を言った。
泣きそうな口元。
「なんでだ?」
「ボク……すごいから」
そう言って瞬きした目は、すっごい色っぽかった。
 
「嫌われるの、怖かった」
おずおずと、俺の首に腕を巻き付けてきた。
 
 
「ボクも、徹平さん……大好きです」
 

NEXT / 長編SS短中編