カバン返して。
 
11.
 
「あっ、徹平さん、……電気消しましょう!」
 
 
「だめだ」
 
「布団、敷きましょう!」
  
「あとでな!」
 
 
この期に及んで、照れて暴れる千尋を押さえつけた。
もう一度耳と首筋にキスをして、胸の表面に舌先を滑らせていった。
「っあぁ……、あ…、あっ…」
感度のいい千尋の体は、すぐに熱くなった。
白い肌が、ほんのりピンクになり、触れたところは、濃い桜色になる。
ピクピクと跳ねる身体や裏返る声に、それだけで煽られた。
胸の突起に辿り着くと、俺の腕を掴んで、もの凄い震えた。
「ぁああっ、徹平さん、……そこッ…」
舌先で押し潰すように、嬲ってやった。
「んぁああ! いいっ……、んんっ」 
声だけで、俺もイキそうだった。
「……はぁ…」 
考えてみりゃ、俺は何度かしゃぶられてるが、コイツの乱れた姿は初めてだ。
(夢ん中じゃ、自分が千尋だからなぁ)
客観的に見たことがなかった。
 
「…………」
 
……ん?
愛撫を急にやめた俺を、潤んだ目が心配そうに見上げてくる。
髪が畳に広がり、前髪も横に落ちて、かなり顔が見えていた。
頬も目も真っ赤で、八の字に眉を寄せて。
子供なのか大人なのか、判らないような表情。
そっと手を伸ばすと、まだ顔を半分隠している眼鏡を外した。
「あ…」
「……千尋、可愛い」
その顔に、キスをしていく。額、鼻の頭、両頬、唇……。
「ん……」
仰け反った顎先、首筋。
そうしながら、首の所で絡んでいた邪魔なシャツを脱がせた。
上半身が裸になる。
 
(お……)
首に吊していた、メタリックグリーンの鍵が残った。
シルバーのチェーンが素肌に光って、妙にヤラシイ。
「ちゃんと、下げてんだな」
「はい! ……大事な宝物です」
それを外してやると、愛撫を開始した。
鎖骨、肩、胸…と、唇でゆっくり啄みながら、手をもっと下へ滑らせた。
千尋のそこは完全にテントを張っていて、ジャージが持ち上がっていた。
それを上から撫でる。
「んっ…」
腰をぴくんと震わせて、膝が擦り合わされるように動いた。
「脚…伸ばしてろ」
ジャージの両脇を引っ張って、下着ごとそっと脱がせた。
 
「……ひゃぁぁ!」
ピンクのペニスが、ぷるんと飛び出てきた。
先端から、尻の方までびっしょりになっている。
「すごいな…」
「み…見ないで」 
顔を両手で覆って、全裸を晒している。
興奮も絶頂の俺は、きつくなったデニムの前を開けて、ボクサーも全部ぬいだ。
上も勢いよく脱ぎ捨てる。
「……徹平さん、カッコイイ」
細い手が伸びてきて、俺の胸筋を撫でた。
指先が触れただけで、ゾクリとし、下がますます勃起した。
「……」
俺のそれを凝視して、千尋が冷や汗を掻きだした。
「……おっきい」
「そうか?」
他人と比べたことなんかないから、知らん。
それより、俺は千尋の方が気になった。それこそ、生の他人の勃起なんて初めて見る……。
白い両脚を持ち上げて開かせた。
「……ひぁあ」
先端がピンクに染まっている、綺麗な屹立。
溢れた先走りが、背中の方まで伝って、有り得ないくらいエロイ。
俺はそこに舌を這わした。
背中の方から、尻に伝っている透明な液体を、舐め取っていく。
どんどん這い上がり、核心に舌を近づけていった。
「んんっ……、はぁ……」
焦らされた千尋の身体は、震えて新たな透明な液体を流している。
脚の付け根を舐めながら、俺は先端の鈴口で盛り上がっている液体に親指を添えた。
「んんァッ!」
ぴくんとそれを揺らして、悲鳴があがる。
「お前みたいに、上手くできないけど……」
亀頭をゆるゆると擦りながら、裏スジを反対の手で撫でた。
「俺流で、やるぜ」
要するに、俺のオナ方式だ。千尋の感じるところを探しながら、ソレを全部口に含んでいった。
「ぁああっ! 熱い…てっぺーサン……」
腰をビクンビクンと跳ねさせ、脚を自ら開いていく。
後ろの窄まりが、俺を誘う。
ピンクの中心に指を当ててみた。
「ひゃっ……ぁああ…!」
色っぽい声が一段と跳ねて、口の中のモノが硬くなった。
垂れているぬめりで、蕾の表面を擦っていると、ピクピク収縮しだした。
 
――やべ……エロすぎだろ……
女じゃないのに……
男臭くもない千尋の肢体に、女に感じるような欲情が湧き上がる。
(いや、……興奮はそれ以上だな)
心の中で苦笑した。
 
俺の愛撫に、確実に反応する千尋。
身体で、喘ぎで応えるそれは、俺を興奮させ続けた。
「ゆ……指、入れて」
耐えかねたように、千尋が甘い声でねだりだした。
「――――ッ!」
俺の股間もすごいことになった。
今の声で、ギンギンに勃起してしまい、スゲー痛ぇ。
「――――」
屹立をしゃぶりながら、後ろを弄っていた人差し指を、ピンクの中心にそっと押し込んでみた。
「ん…んぁっ!」
(おっ……)
リキんだみたいで、反発をくらった。
それでも蕾を掻き分けて、第一関節まで侵入させてみた。
「あっ……、いい……」
また、甘いよがり声だ。
「ぁあ、…てっぺーさん、そのまま、もっと奧……」
腰を回すように振ってくる。
はぁはぁと乱れる息も、顔が見えない分、余計に扇情的だった。
ぬめりに助けられながら、俺は人差し指を千尋の中に埋めていった。
「ぁん…、ぁあ…!」
(うわ……熱っ……)
中は思ったより柔らかかった。何かが蠢くように指を締め付けてくる。
(クッ……)
また俺の股間に、ダイレクトに来た。ここに挿れるのかと思うと……
蠢きに導かれるように、中で指を動かした。
「あッ…いいッ…そこ……」
激しく喘ぐのと同時に、咥えている屹立が大きくなった。
(……ここか?)
指の先に当たるような気がする何かを、俺は執拗に触った。
「あああ! ……いいっ! ……徹平さん…いいッ……」
頭に手を乗せられて、また腰がゾクリとした。
髪を掴んだり押したりと、俺の扱きに合わせて、身体をしならせる。
 
「あぁ! いッ…イキます……イッていいですか……!?」
 
(……えっ!)
俺は焦った。
(き、聞くなよ、そんなこと! ……そんな声で!)
咥えてて喋れない俺は、代わりに動きを速めた。
挿れていた指を抜き差しして、中も外も刺激する。
唇の扱きも、激しく上下させた。
 
  
「んんぁああっ!」
 
激しい締め付け。
声も一段と高い。
 
「……てっぺいさん……てっぺいさん! ぁ……いくぅ!」 
 
 
腰を震わせたかと思うと、俺の口の中に、飛沫を飛び散らせた。
(……んっ!)
 
ビクンビクンと、舌の上で跳ね続ける。
「ぁあ……、はぁあッ……はぁッ……」
激しく乱れた呼吸と胸の隆起に合わせて、放出し終えたそれは、硬度を失っていった。
俺は最後まで吸い出してやって、口の中に溜まったモノを一気に飲み込んだ。
「……え……ぁああ!! だめですよぉ!」
千尋が気が付いて、起きあがれないまま叫んだ。
「そんなの、飲んじゃ駄目です!」
「……千尋」
俺は這い上がって、横に並んだ。
上気した頬と潤んだ目が、イッた後を思わせて、これまた興奮材料になった。
「……てっぺーさん…」
困った顔の唇に軽くキスをして、笑ってやった。
「お前も、飲んだろ?」
「ボ…ホクは、いんですよぅ!」
目を白黒させている。
「お前が飲むたび、俺はゲッて思ってたけど」
頬に手を伸ばして、張り付いた髪の毛を払ってやった。
「お前から出たモンで、お前の体温で……ちっともヤなモンじゃねぇな」
……美味いモンでもないが。喉の奥に張り付いてる感じは、ちょっと参る。
でも俺の手の中で悶える、千尋の総てが愛しくて……吐き出すなんて出来なかった。
 
眼鏡ナシの目で見上げてくる。
澄んだ瞳が本当に綺麗だと思った。
前髪も畳に流れて、露わになってる顔は、妙に幼げで可愛いい。
この顔が、俺を受け入れたら……
(ックゥ……痛ぇーっ!)
すぐ、そんなことを考えてしまう。俺の勃起は、腹に着くほど反り返っていた。
「千尋……イッたばっかで、スマン。今度、俺いいか?」
「はいっ! ボク、すぐまた……いけます」
最後は恥ずかしそうに、小さく言った。
「千尋……」
その顔を胸に抱え込むと、肩も背中も全部抱き寄せて、脚を絡めた。
腰骨の辺りに、勃起を擦りつけて、暫く腰を振ってしまった。
(気持ちいい……止まんねぇ)
興奮が、何をしても俺を煽る。触れてるだけで、何度でもイケる気がした。
千尋の手が、俺の腰にそっと触れた。
「…………」
自ら脚を開いて、その中心に俺を誘導した。
指の何倍もあるコレが、本当に入るのか?
あてがった時そんな不安が過ぎったが、先端を押し込むと、柔らかく俺を向かい入れた。
抵抗は最初だけだった。
「んぁ…」
千尋がすぐに反応し出す。
「今…あたま、入ったぞ」
「……はい、…はぁ……やっぱ、大きいですぅ…」
「く……」
締め付けられると、かなりヤバイ。
ゆっくりとその先を押し込んでいった。
俺の先走りでぐちょぐちょになってるそれは、引っ掛かりながらも少しずつ千尋に埋め込まれていく。
「あっ……ああっ、……すご…すごい……」
体中を震わせて、身悶えている。
少し引いて挿れ直す時は、顎を反らせて喘いだ。
「んっ…、んぁあっ!」
耳元で上がる嬌声に、俺は理性が抑えられなくなっていった。
必死に脚を開いて、俺を受け入れているのも、愛しい。
「千尋…スマン」
「あっ! ……ぁあああッ! うぁ……て…てっぺーさん」
最後は強引に突っ込んでしまった。挿れきってから、2.3回突きあげた。
「んはあぁ!」
全部を咥え込んだ千尋は、中で俺を締め付けた。
「あぁ……、熱い…徹平さんの……熱い」
「俺も……、お前んなか、熱い…」
はぁはぁと、お互いに息を吐きながら微笑んだ。
入り口は搾って、奧は奧で締め付けてくる。
熱く蠢く体内は、想像以上に気持ちが良かった。
「てっぺーさんと、今…繋がってる……」
火照った顔が、虚ろな目で微笑んだ。
「千尋……」
その笑顔で、俺の怒張が中で増したのがわかった。
「……んっ」
「動くぞ」
「……はい」
ずるっと引き出して、再び奧まで突き挿れた。
「んぁっ……、ぁあぁっ!」
突くたび、細い腰を上に揺さぶる。
「ぁあ! ……ぁああっ! ……いいッ……いいよおぉ…!」
爪を立てて、俺の腕を掴んできた。
「千尋……千尋ッ…」
抽挿を繰り返しながら、仰け反った白い喉に、晒けた胸に、俺もむしゃぶりついた。
口を開けたまま乱れる表情に、俺の理性は完全にぶっ飛んでしまった。
腹の間で勃ちなおしている、ピンクのも扱いてやる。
「ぅぁあッ……ぁんんっ……、すご……すごい……、ぁぁあ!」
体内と出入り口の2カ所で締められて、俺はすぐ限界を迎えた。
「千尋…ちひろ……、イクッ」
「うん、ボクも……そのまま……そのまま、中に出して……」
 
 
「……クッ!」
「あぁ…、徹平さん……!!」
 
 
きつく締められて、俺は千尋の中で達した。
熱い滾りを、注ぎ込む。
千尋も俺の手で、2回目を放っていた。
 
 
「んはぁ……熱い…」
嬉しそうに、上気した顔が笑う。
「ボクの中……徹平さんで…熱い」 
 
「……ああ」 
俺も熱くて。このままコイツの熱を感じていたくて、暫く抜けなかった。
 

NEXT / 長編SS短中編