カバン返して。
 
12.
 
「……風呂、一緒に入るか」
 
「えぇ!」
興奮も冷めてくると、さすがに寒くなってくる。 
余韻を楽しんで、千尋を胸に抱いていたら、ふと思いついた。
「でも…」 
「? なんだ」
「……ボクが、入っていいのか…」
一瞬、何を言っているのか判らなかった。
「徹平さん、いつも怒るです…」
上目遣いに、怖々見上げてくるのを見て、思い出した。
(あ!……)
今となっては、笑い話か。
「あれは、もういいんだ。もう怒らない…スマンかったな」
「……!」
嬉しそうに目を煌めかして、何も言わずに俯いてしまう千尋。
やっぱりその仕草は、可愛いと思った。
 
……にしても
「なんですぐ、俯くんだ?」
顎を掬って聞いてみた。
ビックリ目で、俺を見つめる。
「…ぁ……謝られるの、慣れてないから……」
「――――!!」
ひゃあ! と叫んで、また俯いてしまった。
 
 ……ヤバイ
 
「おら、いくぞ」
また勃っちまいそうで、慌てて千尋を突き放した。
「あは、イ草のニオイが体中に着いた〜」
風呂に向かいながら、のんきに腕を持ち上げて、鼻をくっつけている。
(……あー)
後で拭かないとなぁ。染みになったらマズイ。
 
 
「あったか〜い」
お湯を張るまで時間がかかったから、身体が冷えたのだろう。
白い肌を桜色に染めて、喜んでいる。
「しっかり、浸かってろ!」
追い炊き風呂はいいんだが、浴槽が小さすぎる。交互にしか入れなかった。
俺は時間を稼いで、丹念に身体を洗った。
(…ん?)
気が付くと、元気な時は迷惑なほど煩いヤツが、毛先や顎を湯に沈めて黙り込んでいる。
口元には、微笑を浮かべているけど…
「……千尋?」
声を掛けても、上の空だ。
「おい! つむじばっかり、見せんな!」
俯きっぱなしの頭と顎を持って上を向かせると、真っ赤な目が俺を見上げた。
「…………っ」
何か言いたげで、言わない。
(しょうがねぇなあ…)
いくら我慢すんなと言っても、そんなすぐに変われるもんじゃない。
この男には、我慢と諦めの区別さえ、すでに付かないのかもしれなかった。
 
「千尋…」
丸い頭に手を置いたまま、顔を覗き込んだ。 
「帰ってくるまで、留守番しててくれ」
「……え」
目がまん丸く見開かれた。 
「カバンが出てきても、ここで待ってろって言ってんだ! いいな!?」
「…………」
 
見開かれた目から、見る見るうちに、涙が盛り上がってくる。 
噤んでいた口が、大きく開いた。
「……はいっ!! ありがとうございますぅ!!」
嬉しそうに顔を輝かせる。
俺もホッとして、その顔を眺めた。
―――コイツを好きだと自覚した時から、ちゃんと言ってやらなきゃと、思っていたんだ。
 
真っ赤になった頬は、喜びと興奮と……のぼせか!?
よく見りゃ、俺を見つめる焦点が合っていない……
 
「出ろ!」
「…はっ……はいぃ!」
 
  
 
 
その夜は、久しぶりに一緒の布団に入った。
(もちろん、畳は拭いた!)
ゴソゴソ動く千尋が、くすぐったい。
「何してんだ?」
頭まで布団の中にすっぽり入り込んで、俺の胸の辺りで落ち着かない。
 
「……緊張」
布団の中から、小さい声。
(……!!)
俺は噴き出して、その身体を引きずり出した。
「いまさら、何言ってやがる!」
「ひゃーっ」
すっかり温まった身体を、後ろから抱きしめた。
肩口に顔を埋める。
 
―――落ち着くな……
 
他人と一緒のベッドは、彼女とでも眠れなかったのに。
 
不意に、隣で眠っていた菜穂の気配を、思い出した。
(……アイツとは)
眠れないのは、菜穂でも、他の誰とでも同じだった。
でもそれ以外は、誰よりも気が合っていた。最初はあんなんじゃなかった。
ずっと一緒にいけるかと、そう思った時もあったんだ。
 
(……ん?)
抱きしめていた千尋が首を捩って、心配そうに俺を見上げている。
俺の顎に鼻先がくっつくような距離だ。
「…………」
眼鏡をしていない、澄んだ瞳を見つめた。
(邪心がないって、そう思ったけど……もっと、それ以前。”自分”を持てなかったんだな)
 
「菜穂の目は……いつも”あたしは”って、自己主張していた」
俺はそれを見るたび、イラついた。
いつの間にか変わっていった俺たちの関係は、自分がどれだけ尽くしたかのアピール大会になっていた。
「……だからだな。お前の目を見たときは、スッゲー癒やされた」
千尋の前では、何故か短気が続かないのが不思議だった。
何も押し付けてこない瞳が、俺の心を解かしていく。
そろそろ俺のブラックな部分、解放してもいいかと、思ってしまうほど……。
 
「……なほさん?」
「ああ、…元カノ」
「…………」 
俺は深く溜息をついて、千尋を抱え直した。
正面に向き合うように振り向かせ、背中に腕を回す。
「この間、なんで俺がこっちに来たか、聞いたろ?」
「……はい」
「大学ん時、職探しで……。俺は自分に合う仕事場を、ずっと探していた」
「…………」
唐突に話し出した俺の言葉を、千尋はじっと聞いていた。
「…いつも思ってた。自分の両親やダチの親を見てて。サラリーマンは嫌だって」
「えっ!」
「はは、可笑しいだろ、今の俺は立派なリーマンだ」
「……はい…」
小さく、神妙なカオが頷く。
「俺が嫌ってたのはリーマンじゃなくて、無意味に働くってことだったんだ」
家族のために…なんて、聞こえはいいけど親なんて、ケンカばかりだ。
オヤジは、酒がいけるようになった俺に、グチばかり零すようになった。
「俺が楽しくなきゃ…父親が笑ってなけりゃ、家庭を持っても幸せにできないと思った」
そこまで言ってハッと口を噤んだ。
千尋が泣きそうに口元を歪めている。―――コイツの前で”家族”の話しなんて。
「すまん…」
「…………」
ぷるぷると首を横に振って、目線で先を促す。
俺は抱きしめていた腕を解いて、すべらかな頭を撫でた。目にかかった前髪を、掻き上げてやる。
  
「……そんな時、ローカルネットで、社長の記事を見つけた」
『独立・成功の影に、譲れない想い』――そんなタイトルだったと思う。
あの文字に心を惹かれた。
「それを読んだ時さ。自分の考えを貫いて、企業に反旗を翻した社長が、カッコいいと思った。職人を、技術を大切にする社長に、会ってみたくなったんだ」
 
「…………」
こくんと千尋も頷いた。
俺はそれを見て、また溜息をついた。
「菜穂は……なんでそんな遠くなんだって、言った」
「…………」
取り留めなくあちこちする俺の話に、眉を寄せた顔は、それでも俺の言葉を待っている。
「俺は、自分が納得した仕事をしたかった。……俺の人生じゃんか。この先一生だぜ」
また小さな頭が頷く。
「でも、菜穂は…俺の親も…理解してくんなくてな」
両親は、最後は諦めてくれた。だから、なるべく帰るようにしてるんだ。
でも菜穂は…
「あんたは、自分のことばっかりだ。あたしのこと考えてくれたことあんのかって、まったく理解してくれなかった」
いつも、最後はそう言って俺を詰った。
他の些細なケンカも、俺がすぐ短気を起こしてアイツが詰る。
なんでこうなるんだろうって、後で後悔する。それの繰り返しだった。
でも、アイツの目を見ていると、どうしようもなく苛ついた。
 
「……最後は、殴っちまった」
千尋が、小さく息を呑んだ。
「あたしは? あたしのことは? って、アイツの目はそればっかりで」
「…………」
「うるせぇって横っ面引っぱたいてな。オマエこそ、俺のこと考えたことあんのか! って、怒鳴った」
いつも当て付けのように泣き出す菜穂に、辟易していた。
 
でも最後のアレは、本当に泣かせてしまった。 
……あの涙が、今も俺に、後悔させ続ける。
 
 
 
「今でも時々考えるんだ。……もう少し何とかなんなかったのか。ヤツの言うことを聞いてやれなかったのか」
  
「俺は……自分のことを一番にして、家族も友人も…みんな置いてきた」
 
 
 
高速バスでたったの数時間……。
それなのに、外国みたいに遠いんだ…ここは。
 
 
 
 
「……てっぺーさん」
千尋の指が、俺の胸にぎゅっとしがみついてきた。寝間着変わりのトレーナーを握り締める。
「……人がひとり生きていくっていうのは……とても大変なことです」
――千尋。 
「自分の将来に責任を持ったんです。偉かったですよ……徹平さん」
「! えらかったって……」
ちょっと噴いてしまった。
3つも上の男に、子供に言うみたいに。
 
「………は…」
肩を揺すった俺に、千尋も静かに微笑んだ。
「だから、徹平さんがここに来たのは、しょうがないことなんだと思います」
「……しょうがない?」
千尋がさっき言った言葉と、ダブった。
「あ…あぁっ! でもこれは、前向きの”しょうがない”ですよ!」
俺の視線に、千尋が慌てた。
「だって、そのままそこに残ったら、きっともっと上手くいかないです!」
「……!」
「徹平さん、……違う後悔、してたですよぉ!」
「――――」
俺はぽかんと、目の前の男を見つめてしまった。
「だから、しょうがなかったんです! 見つけた会社がここだった。……他はない。それだけなんです!」
必死に食い付くように次々言う。その中の言葉が、妙に響いた。
――それだけ――
……他にはない……?
 
「はは…それだけ……か。そりゃいいや」
……そうでしか生きられない俺には、ぴったりかもな。
自嘲気味に笑い出した俺に、千尋の手が伸びてきた。
 
 
「だから……自分を責めちゃ、駄目ですよぉ」
 
 
「!」
優しい指で、俺の目尻を拭った。
 
 
 
(……千尋!) 
俺の代わりに、泣きそうな顔してるくせに。
”しかたない”と言って笑うその裏は、自分の総てを諦めていた。
なのに、こんなに必死に俺を励ます……
 
「千尋……」
頭を引き寄せて、力一杯抱きしめた。
 
「サンキューな……」
俺は、この優しさに癒されていたんだ。
 
「千尋…やっぱ、お前……好きだ」
「…………!」
照れて俯く顔を持ち上げて、唇を合わせた。
濃厚なキスを、何度も繰り返した。
 
俺からはなにもしてやれないから。
せめてこの瞬間、コイツが喜ぶように…
 
 
 
「ん…徹平さん、……苦し…」
「…な、やっぱ、もう1回ヤル」 
「えっ」
 
 
  
それからの一週間。
出張当日まで、俺と千尋は毎晩抱き合って眠った。 
千尋は毎晩恥ずかしがって、そのくせ愛撫を始めると、別人のように乱れた。
俺はそのたび、抑制が利かなくなった。
 
 

NEXT / 長編SS短中編