カバン返して。
 
19.
 
「ぁああぁ―――ッ!!」
 
 
「千尋ッ! ……千尋ッ!!」
 
 
急に叫びだした千尋を、抱えて腕の中に押さえ付けようとした。
 
「―――――ッ!!」 
 
ビクッと肩を跳ね上がらせて、俺の手を払った。
抱え込まれないよう、身体を捩って、左腕で突っ張る。
「――ゥアアァッ……!」
声にならない唸り声を上げて、首を振り続ける。
 
「―――千尋…」
ベッドに斜めに乗り上げた身体で、右腕だけじゃ、抑えきれない。
(クッ…、痛つァッ―――!!)
左足に激痛が走ったけれど、かまわず俺はベッドに飛び乗っていた。
太股に正面から跨り、膝立ちになって、その身体を右腕で抱き込んだ。
 
「千尋……ちひろッ…!」
肩口に額を押し付けて、耳元に話しかける。
荒い呼吸が俺の耳横で、繰り返される。
お互いの熱い息が、首筋に当たった。
  
「………ぅ……ぅううぅ……」 
絶叫は止まったけれど、身体の震えは止まらない。
(…記憶が…………) 
どこまで……なんて、この様子を見れば解る。 
(……チッ) 
俺は心で、舌打ちした。
俺は……自分のために、コイツの記憶復帰を望んでしまった。
だからこそ、こうなる前に……もっとすぐに包んでやるつもりでいたのに。
ここまで、泣かせる前に……
(…クソッタレッ!) 
また舌打ちした。不甲斐ない自分に、腹が立つ。
 
俺は――千尋が何を思い出したって、泣いたって、それ以上のモノを……きっと与えられる。
その自信があったんだ。
コイツを守るって、決めてから―― 
 
「千尋……聞け」
「………」 
「以上が、お前の追加プロフィールだ」
「………」
「俺は、それしか知らない」
「………」
「他は知らない。……今言ったのが、お前の全てだ」
 
 
「……それのどこに、泣く理由がある?」 
 
肩を抱いていた手で、頭を撫でた。
すとんとした髪が、頭の丸みをそのまま出している……丸い頭。
ほのかに体温が、伝わってくる。
俺も、千尋の顔を胸に押し付けて、直接肌の熱を伝えた。
「生の体温だ。…わかるか? 本物の熱をお互いに感じてる……すげぇな」
「…………」
千尋は小刻みに震えながらも、じっとしていた。
俺の鼓動に合わせるように、呼吸が静まっていく。
  
 
「オラ、今度はお前……」
ポンと軽く頭を叩いた。
  
「………」
ピクリと反応する。
 
「お前が、俺のこと自己紹介……してくれ」
 
「………」
長い前髪を乱した顔が、ゆっくりと持ち上がる。
涙が流れ続ける目で、恐る恐る俺を見上げてくる。
 
「………」
唇が、また少し動く。
キュッと噛み締めたあと、薄く開いた。
(………………)
俺はじっと待った。
ゆらゆらと揺らめいていた瞳が、俺を真っ直ぐに見つめてきた。
 
 
「……なまえは………おぎの てっぺい…」
 
…………。
 
「……としは、26歳。……誕生日は…たなばた」 
 
「………」
 
「ご飯作るのが…ヘタで、ビールばっか、飲んでた……」
  
俺は笑った。
「……それだけか?」
 
「…………………」
見開いた目が、俺を見つめる。
頬が紅く染まっていく。
 
「……優しくて……優しくて……」 
 
「……ああ」
  
 
「……優しい」
 
 
「…………」
 
  
 
「ボクのこと……すごい……好き……」
 
 
 
「………ふ」
頷きながら、また笑ってしまった。
真っ赤な目で、真っ赤な頬で、困ったように眉を寄せながら……
その口元を優しく上げて、微笑むから。 
「大正解…」
他に思いつく言葉もなく、俺は千尋にキスで返した。
 
「……ん」
舌を入れて、千尋を探る。
歯列の一本一本を確かめて、柔らかい舌を探し出す。
温かい咥内。
優しく迎え入れる千尋の舌。
 
――――千尋……
 
目眩がするようだ。
やっと出会えた。やっと見つけた。
……本当の、俺の愛した千尋。 
 
幻だとは思えない、あの空間で抱き合ったように、同じ匂い、体温を実感した。
いつまでも、その唇が離せなかった。 
 
 
 
 
「ん……」
千尋が身悶えて、俺の背中を引っ掻いた。
「て……徹平さん、苦し…」
「……ん、わり…」
 
キスの応酬をして、抱き締め合って、見つめ合って。
それでも飽きたらず、また唇を奪っていた。
 
「……もったいないですけど…」
千尋も名残惜しそうに、唇を舐めながら息をつく。
その紅い舌に、また吸い寄せられそうになった。
(…………ッ)
暴走しそうになる自分を抑えて、千尋を腕から解放した。
「そうだ」
身体を捩って、足元に放りだしていた写真を手に取った。
 
「千尋、カバンとこれ……確かに、返したぞ」
「はい! ……ありがとうございますぅ!」
目尻を光らせて、大事そうにそれを、押し抱いた。
 
コレを追いかけてきた千尋…。
あの時、コイツが俺のカバンを掴まなかったら……
俺の所に着いてこなかったら。
俺は、どうなっていたんだろう……
 
「千尋……お前に、命助けられた」
「……………」
 
「だからまた、お前を…拾わせろ」
「……………」
「今度は、俺がお前を助ける」
 
「……徹平さん…」 
 
喜びと戸惑いが混在する瞳が、揺らめく。
「でも……ボクは……」
「嫌ならイヤって断れ! そうじゃなかったら、文句言うな!」
「…はっ……はいぃっ」
「で、返事は!?」
 
「……おねがい……しますぅ……」
 
また泣き出すから、軽くキスをしてやった。
唇が離れるとき、千尋が上目遣いに俺を見つめた。
「あのグリーンの鍵、…また作ってください」
「はは……あったらな!」
 
 
早速の要求に、俺は嬉しくてまた抱き締めてしまった。
そして、思い出した。
「痛ッ……イタタ……イッテェ〜」
 
「て、てっぺーさん!?」
 
 
ナースコールでドクターを呼んでもらい、左足のギブスを開いてみた結果……。
複雑骨折をしていた足首が、再度、変な方を向いていた。
 
 
「何やってんだか、この子は!!」
母親が、再びぺこぺこし、俺の頭も下げさせた。
 
 
 
「母さん、コイツ…千尋」
母親には、すぐに紹介してやった。
情け無いことに、移動には車椅子を義務付けられてしまい、千尋の病室まで押してもらって。
「俺をこっちに、繋ぎ止めてくれたヤツだ。千尋がいたから……俺は回復出来た」
 
「………」
 
普段は煩い母親が、この時は何も言わずに、千尋を抱き締めた。
「………!」
照れて身動ぐ身体を、両腕で抱き締め、頭を撫でて。
 
「ありがとうね」
 
それだけ言って、涙を流した。 
 
 
 
母親に、全てを詳しく話した訳じゃない。
説明は、その時の一言だった。
でも、目覚めてからの俺の変化と、千尋への執着振りをみて、何かを感じ取ったようだった。
俺を”扱いやすくなった”と、喜んでる始末だ。
 
千尋を俺の兄弟として、戸籍に入れてくれないかと、相談したとき……
「あんたの、命の恩人じゃあね」
と、溜息をついていた。
 
 
 
千尋にも、それは伝えた。
「嫁に…って、訳にいかねえからな。……それでいいか?」 
「……そんな……そんなのは…」
 
想像もしていなかったのだろう。
「迷惑になる」と首を横に振り続ける。
 
「千尋……これが最後。嫌な名前言うけど、我慢しろよ」
「……」
「ヒデノリと……俺たちがやり合っても、絶対勝てねぇんだ」
「…………」
ずっと、考えていた。
あの野郎にとって、千尋はいい餌だ。
手放すわけがない。
……そして、”千尋”は心も身体も……アイツに弱みを完全に握られている。
「だから……お前をアイツの手から逃がすには、本当の保護者……お前の義理の両親と掛け合う」
「………」
気付かれる前に。
ヤツが千尋を見つけ出す前に、手の届かないところへやってしまわなければ。
「お前は何も心配しなくて、いいから」
 
「……………」
俯いて泣き出す千尋に寄り添って、「うん」と言うまで、頭を撫でていた。
 
 
俺はケガの回復を待ちながら、母親と対策を練った。
「虐待を受けてるから」
「くれぐれも気付かれないように」
それだけは付け加えて、しつこく言った。
事の深刻さを察した母親は、早いほうがいいと、病院に俺の外出許可を取ってくれた。
 
「行ってくる」
車椅子で病室を訪れると、千尋は何も喋れないでいた。
 
 
 
 
 
「なんてか、健気な子だねぇ」
母親が、道中それだけ言った。
「……ああ」
俺も、それだけ応えた。
多分、親には初めて見せる……口の端を上げて、目を細めた笑顔で。
 
 
「母さん、……ありがとう」  
帰りには、心からの言葉が漏れた。
「何言ってんだい! ガラでもない!」
その顔も、かつて見たことないほど赤かった。 
 
 
その姿を見て、俺はこの間から感じていたことを、口にした。 
「俺、この歳になって……こんなに親の世話になるとは、思わなかった」 
「なんだい、それ」
「社会人になって、一人暮らしして。一端の大人になったつもりだった」
でも……こんな事故に遭って、つくづく気付かされた。
着替えやら身の回りの世話は当然のこと……、”俺を守る” というオーラに包まれている安心感が、何よりも絶大だった。
俺はまるっきりの子供扱いで、俺もそれに甘えて怪我の回復だけに集中出来た。
  
「母さん、なんかスゲェって思った」
「その、スゲェっての、やめなさいって言ってんだろう!」
すかさず俺を一睨みしてから、ふふっと笑った。 
「……子供ってのはね…、何歳になっても自分の子供なんだよ」
 
 
 
 
  
 
 
「ただいま」
 
そう言ったときも、千尋は声を出せないでいた。
 
気を利かせた母さんは、俺を病室に押し込んで帰っていった。
「ゼロになりそうだった息子が、2になったよ」
と、笑って。
 
 
 
 
 
「ただいま」
車椅子からベッドの縁に移動して、黙り込んでいる身体を抱き寄せた。
もう一度、そう言うと
「……お帰りなさい」
やっと、俺の胸に暖かい息を吐いた。
 
「たぶん……成功」
「…………っ! …てっぺーさん……」
 
俺の言葉に、胸にしがみついてきて、泣き出した。
ずっとずっと、喋れないほど緊張し続けていたんだ。
「痛テテ……」
俺はすぐに報告したくて、久しぶりのスーツを着込んだまま、来ていた。
ギブスが邪魔で、三角帯だけにしてもらって腕を吊していたから、動かすとかなり痛い。
 
「……あぁっ、ごめんなさい〜っ!」
慌てて身体を離した千尋が、顔を俺に寄せてきた。 
 
 
「徹平さん、……あの………ありがとうございますぅ……」
 
 
「ああ……もう、何の心配もいらない」
「はい……」
  
 
やっと零れた笑顔に、俺もホッとした。 
 

NEXT / 長編SS短中編