真夜中のページ・ボーイ
 
2. 「 ナンバー ・ イチマルイチ 」
 
「あッ!」
閉じかかった扉に滑り込んで、誰かが入ってきた。
「あ……危ないじゃないですか!」
大事故になったら、大変だ。僕はその人を見て、もっと驚いた。この人、私服だ。
「このエレベーターは、業務用です。お客様は、隣のをお使い下さい」
「うるせえな」
その男は、開口一番そう言って笑った。
 
  
「……はっ!?」
「うるせえって、言ったんだ。勝手知ってんだよ」
「勝手知ってるって……どちらの……何号室のお客様ですか?」
正体をつきとめねば……怪しいヤツじゃ、ないよな?
僕は必死に食い下がった。
お客様を疑ったり、失礼なことを言ってはいけないけど……。
 
――コイツは危険――
 
僕の直感が、そう言った。
常日頃、危険人物と出くわしたら…という想定のもと、接客を心がけている。
急なことに、対処出来るように。
そして、そのセンサーにコイツは引っ掛かった。
全身から醸し出すオーラが、なんか怖かったんだ。
僕は170p以上ある。ベルボーイとしては、恵まれた体格だった。
その僕より、頭一つ高く、厚みは2倍。
そして何より……その瞳がインパクトありすぎ。
 
――アンバー……
 
……琥珀色のそれは、野獣の目のように凶暴に光っていた。
 
  
「俺の部屋は……ナンバー101」
 
 
―――えっ? ……イチマルイチって……
 
「そんな筈……痛っ!」
いきなり腕を掴まれて、身体を引き寄せられた。
エレベーターの奧の鏡に身体を押し付けられて、動けなくされた。
「ちょ……なに……」
危険信号が僕の中で、激しく点滅する。
 
―――なに!?
 
顎を掴まれると、上を向かされた。
ギラギラと光を放つ琥珀色の両眼が、僕を射抜く。
背筋がサァっと、寒くなった。
「なに……するんですか!?」
激しく抗って、制服がどうにかなるのが気になった。
ただでさえ動きにくいのに…。
「何すると、思うんだ?」
凶暴な笑いで、ソイツはいきなり僕の唇を塞いだ。
「……んんっ!」
目を瞑る瞬間、押し付けられた鏡に、デカイ男に襲われている僕の姿が映っていた。
 
―――なに……これ!?
 
首の後ろと顎を固定されて、身動きが取れなかった。
―――や……やだ……!
入ってくる舌を拒絶して、首を振った。
「んん……んっ……」
―――う……ぅあっ……強引!
舌が絡め取られる……奧を探られる……。
呼吸もままならなくて、目眩を起こしそうになった。
首を固定していた手が、僕のスラックスの後ろへ這っていった。
ぴったりしたズボンは、触感を生々しく伝えてきた。
「やっ……やめ……」
―――何してんだ、コイツ!
でも、やっぱり制服が気になる。
破けたりしたら、どう責任とっていいのか…… 
硬直していると、男はやっと唇を離した。
 
「後ろも……手を退けてください!」
尻を撫でまわす掌が、しつこく蠢く。
まだ近い顔に、用心しながら睨み付けた。
 
「いいケツしてんな……また遊んでやるよ」
ギラリとした目を妖しく光らせて、音も無く開いたエレベーターの扉から、すっと降りて行った。
 
…………な……なんだ、アイツ!!
 
エレベーターが停まったのは2階。別館への最短通路が、そこから続いている。
「…………」
……ナンバー・イチマルイチって……
僕は胸ポケに挿しているポケットチーフで口をゴシゴシと拭いて、休憩室に向かった。
「野立先輩!」
休憩室から入れ違いで出てくる先輩を捕まえた。
「先輩……あの……bP01のお客様って、品のいい老紳士……ですよね?」
「ああ? そうだよ。会ったの?」
「いえ、そうじゃなくて……」
なんて言ったらいいんだろう。
「あの、もう一人、います? その人の他に…」
「いや、一人だよ」
先輩は変な顔をした。
「bP01がどうかしたか?」
…………!
「いえ! ……なんでもないです!ありがとうございましたっ」
まさか、そこの客に痴漢されたとか、言えるはずがない。
「bP01なら、塩崎(しおざき)に聞けよ。あいつ、担当だから!」
先輩もそれ以上は付き合っていられないとばかりに、急がしそうにフロントに戻って行った。
  
――塩崎さんかぁ。懐かしいな……。
野立先輩と一緒に、僕を面倒見てくれた人だった。
あれ以来、会っていない。
 
 
 
「あ、塩崎さん!」
仕事が終わって、更衣室で着替えようとしていたら、タイミング良くその人が入って来た。
僕より少し小柄で、可愛い顔をしている。それでも僕より二つ上だ。
「お久しぶりです。研修の時はお世話になりました!」
……変わってないなあ。
ちょうど良かった。101のことを聞いてみよう。
「あの……」
「――――」
僕をちらりと一瞥すると、塩崎さんは着替えもしないで、踵を返し、出て行ってしまった。
バタンッという、乱暴に閉められたドアの音が、心に変な余韻を響かせる。
  
――――!?
なに? 今の……
 
塩崎さんも、人当たりの良い笑顔の可愛いヒトだったはずだ。
あんな……冷たい視線で……
一声もないし……。
僕はちょっとショックを受けてしまった。
あんなふうに無視される、意味が判らない。
 
「須藤、……伝言」
狩谷(かりや)さんがメモを片手に、入ってきた。
ベル課のチーフで、今回僕にいろいろ教えてくれている人だった。
口数が少なく、ベルとしては愛想がない方だと思う。
「たった今、塩崎から。須藤ご指名で、ルームサービス」
「……? ……ルームサービス? ……何号室ですか?」
 
 
「ナンバー・イチマルイチ」
 
 
―――――え?
手に取ったメモの字を目線がなぞるのと、狩谷さんの声が一緒だった。
 
  
「……なんで……だって、担当は塩崎さんじゃ……」
狩谷チーフを振り仰いだ。
無愛想な一重が、どうでもよさそうに、僕を見下ろした。
「オレは知らない。塩崎が直接そう言われたらしい」
―――知らないって……
「…ああ……それで、さっき……」
「? ……ここに来たのか?」
「ハイ……挨拶したら、出て行っちゃいましたけど」
「んだよ……自分で渡しゃいいのに」
―――僕に、怒ってたんだ。担当外なのに、指名なんて…
「えっ、ちょっと、待って下さい! こんな時間!?」
そこには、深夜零時にチェックが入っていた。
「僕、ナイトじゃないですよ!」
時間外もいいとこだ。
そんなの深夜組がやるべきなのに。
「別館は特別だからな。……明日の仕事に、支障きたすなよ」
「……そんな」
言うだけ言って、狩谷チーフは出て行ってしまった。
 
―――101……?
 
またそのナンバーを、頭の中で反芻する。
今日、何回目だろう。
―――なんで、僕なんだ。
ちらりと、あの琥珀色の双眸が脳裏を掠める。
何故か、背中が寒くなった。
「―――っ!!」
頭をブンブン振って、アイツを追い出した。
―――塩崎さんと、話せれば良かったのに!
冷たい塩崎さんの一瞥を思い出して、心が暗くなった。
「…………」
僕は、無情に渡されたメモを握ったまま、着替えることも忘れてそこに立ち尽くした。 
 
  

NEXT  Novel長編SS短中編