真夜中のページ・ボーイ
 
4. 謎の男
 
「――――」
……? ……あれ……
 
一瞬、ここがどこか判らなかった。
高い天井から落ちてくる、ベージュのカーテン。
広いベッド。
視線を廻らすと、隣にあの男が裸で眠っていた。
 
――――!!
 
悲鳴を上げそうになって、慌てて口を押さえた。
肩まで掛かっていた薄掛けを剥ぐと、自分も真っ裸だった。
体中に赤紫の痕が付いている。
「……っ」
起きあがろうとして、アルコールの名残に襲われた。
ハンマーで殴り続けるみたいに頭が痛い、吐き気も込み上げる。
  
―――とにかく、逃げなきゃ……
 
両手で頭を抱えて、頭痛をやり過ごした。
「―――痛ッ…」
起きあがって腰を動かした途端、今度は後ろに激痛が走った。
膝の横でシーツを握り締めながら、深呼吸を繰り返した。
まだ何かがそこに挟まっているような、気持ち悪さが残っている。
「……はぁ……はぁ……」
―――くそっ……
動けない間、男に視線をやった。起きてしまわないか、心配で。
「――――」
眼を閉じていると、あの凶暴性は薄れる気がした。
太い眉に、高い鼻梁。
精悍ではあるけれど、その顔のどこにも……結ばれた唇からも、あの恐怖は感じない。
―――キケン、キケン、……この男は、危険……
それでも胸の奥で、小さく警報は鳴り続けていた。
―――部屋に、戻らなきゃ………
男を起こさないようにベッドから抜け出すと、床に散らばった制服を寄せ集めた。
裸のまま絨毯に座り込んで、その一枚一枚を確かめる。
 
―――よかった。傷んでない……
 
この期に及んでそんなことを心配する自分が、恨めしい気もする。
でも、この仕事をずっと続ける以上、僕自身よりこの制服を大事にしなければいけないのは、事実だった。
 
キツイ制服を着込むと、ワインクーラーとグラスを片づけて、ワゴンと一緒に別館から逃げ出した。
 
 
時間は、明け方の四時を回っていた。
まだ全てが寝静まった館内。
痛んだ身体には、自分の足音が響くのさえ、堪えた。
旧館の冷えた空気は、全ての動きを止めて、時間さえ止まっているような感覚にさせられた。
ここへ来てしまった事への後悔が…胸を一瞬掠めた。
 
 
でも、やっぱり僕はベルマンで……この仕事が、大好きだった。
  
――日勤に食い込んだ時間じゃなくて、よかった…… 
”仕事に支障をきたすな”
狩谷チーフの言葉が思い出される。
――今日一日……身体がもつかな…… 
 
とにかく熱いシャワーを浴びて、全身を清めることにした。
「痛っ……」
後ろを洗うとき、切れたような痛みに襲われて、呻いてしまった。
あの憎ったらしい、琥珀色の目を思い出す。
 
――何なんだ……あの男……
……朝倉マネージャーなら、知ってるかな。
 
 
 
「朝倉さん!」
朝礼ミーティングの後、早速マネージャーを捕まえて、訊いてみた。
「101? 素敵な老紳士よ」
お決まりな言葉しか、返ってこない。
「他にいる筈なんです、男の人が……」
納得出来ない僕は、必死に食い下がった。
「あの部屋は、完全に一人よ。食事で判るわ。それに、塩崎君からも、そんなこと聞いたことないし」
長い睫毛をしばたかせながら、僕を見る。
その目は、「何言ってんの」と呆れていた。
「ほらほら、今日も忙しいわよ! 持ち場に着いて!」
僕をフロントに追い立てながら、朝倉さんは小走りに他のフロアへ行ってしまった。
 
―――いったい、どういうことなんだ?
胸のモヤモヤが晴れないまま、仕事に突入していった。
 
その日は言われた通り目の回る忙しさで、却って身体の軋みも痛みも、何とか紛らわす事が出来ていた。
「おう、お疲れ!」
夕方、野立先輩と廊下ですれ違った。
「6日目にして、ずいぶんと疲れた顔をしているな」
ニヤリと笑う先輩。
ホテルマンは厳しいだろ? ……くらいのつもりだろう。
 
「――はい……」
曖昧に笑い返すしかなかった。
 
―――あっ!
「先輩! ……あそこ!」
僕は疲れた手を伸ばして、先輩の腕を掴んでいた。
引っ張って、振り向かせる。
真っ直ぐ伸びた廊下の途中、エレベーターホールの前に、男が立っていた。
 
―――あいつだ! ……僕を、見てる!?
 
でも、先輩がそこを振り向いた時には、その姿は消えていた。
「なんだよ?」
眉を寄せて、非難の声を出す。
「先輩……あの、このホテルに……ちょっと変わったお客様……いらっしゃいますか?」
「?……変わったって?」
「眼が…両目の色が、琥珀色なんです。背が高くて、前髪だけこう、長い……」
「はは、ナニ言ってんの!」
思い出しながら説明していると、野立先輩が笑い出した。
「いないよ、そんな客。いたらフロントで有名になってるって」
…………。
「そう……ですよね」
女の子達は、噂好きだから。
こんな素敵なお客様が……あんな変わった人が……
ちょこちょこ噂話で、情報交換し合っている。
あの男が、その会話の中に漏れるとは、とても思えなかった。
「幽霊でも、見たか?」
先輩が心配そうに、でも口の端を上げながら、僕を覗き込んだ。
 
「……そうですね」
 
―――いっそ、幽霊ならいいのに。
……僕の身体に触ることが出来ない、幽霊なら……
 
「――須藤?」
僕の落ち込んだ様子に、先輩も本気で心配声になった。
ワックスで整えた前髪の隙間から、僕の目を覗き込む。
「なんでもないです。……ちょっと寝不足で。でも今日は、良く寝ます!!」
 
そう思ってたのに――
着替える前に休憩室で休んでいると、狩谷チーフがまたメモを持ってきた。
「今日は、ミスが多かったな。明日からはもっと気を張れ」
そう言いながら手渡す紙片には、またbP01の文字と、深夜零時にチェックが入っている。
 
――――――!
 
「チーフ! 僕、もうイヤです。……ルームサービスなんかしません!」
メモを握りしめて、チーフを見上げた。
二晩もあんな事になったら、仕事どころじゃない。
「イヤって、なんだ? 子供の遊びじゃないんだぞ」
口の端を片方だけ上げて、冷たく笑った。
「ご指名もらって、いい身分じゃないか。イヤなら今すぐ、このホテルを辞めちまえ」
それだけ言い捨てて、休憩所から出て行った。
「…………」
昨日と同じで……紙片を握りしめたまま、僕はそこを暫く動けなかった。
 
ホテルマンは、僕の天職だと思っている。
ベルマンは楽しい。色々なお客様を案内して、顔を覚えて。
インの時の疲れた顔が、アウトの時は満足した笑顔に満ちている。
チェックアウトの時、次の予約を入れてくれると、もうすごい嬉しい。
「次回、お会い出来る時を、楽しみにしております。気を付けて、お帰りくださいませ」
心からそう言って、笑顔で送り出せる。
 
「…………」
”イヤなら今すぐこのホテルを辞めちまえ”
チーフの言葉が繰り返し、頭に響く。
 
―――イヤだ。
……辞めるのも、……101に行くのも……
 
シャワーを浴びて、気持ちを落ち着かせた。
考えたって、どうしょうもないことだと、自分に言い聞かせる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「失礼します。ルームサービスをお持ちしました」
 
昨日と同じように、深夜零時。
僕は、101号室の前にいた。
 
「来たな、ページ・ボーイ」
琥珀の男が出迎えた。 
「……は?」
 
―――やっぱり、コイツだ……
僅かな期待に、自分で賭をしていたんだ。
昨日だけの、間違いだったら……。
今日こそは、本物の老紳士が出迎えてくれるんじゃ……。
そんな期待を、心のどこかで捨てきれなかった。
その瞬間、また僕の中で警報が鳴り始める。
 
――危険、危険!――
――コノオトコハ、キケン――!!
 
今すぐ引き返せ! と、警報は鳴り続ける。
僕は動けずに、琥珀の瞳を睨み上げた。
 
 
別館(ここ)じゃ、まだお前らのこと、そう呼ぶんでね」
「…………」
――ページボーイ?
その声で呪縛が解けたように、僕の身体は動くことが出来た。
……コイツの言うことなんか、かまう必要はない。
それ以上聞き返しもせず、僕は昨晩と同じように、ワゴンを廊下に置いて室内に入った。
 
――何故引き返せないのか、そんなの自分でも判らないけど……
  
「まあ、ここに座れ」
ドスンとソファーに腰を下ろすと、隣を叩く。
――冗談じゃない!
「嫌です。……もう、イヤです。あんな事!」
二択しかないなら、来た上で拒否だ。
それしかなかった。
 
「……これでもか?」
チラリと僕を見て、意味深に口の端だけで笑うと、視線を正面のテレビ画面に移した。
つられて見た、僕の目に映ったモノは――
 
――――!!
 
顔を真っ赤にした僕。
どう見ても酔っぱらっている。
顎を掴まれて、口移しでまたワインを飲まされていた。 
 
 
「…………」
驚いて凝視したまま、動けなくなった。
画面の中の正体のないベルボーイは、その制服を一枚一枚脱がされて、裸にされていく。
映像は足先から、股間、胸、顔と移動して、じっくりその裸体を映し出す。
再び股間に降りていくと、脚を開かされて……
 
「―――っ!」
思わず目を反らした。
萎えて小さくなっているモノが、握られて扱かれ出していた。
見るに堪えない……!
 
だんだん喘ぎ声に変わっていく、僕の荒い呼吸まで聞こえる。
「と……止めてください!」
ソファーの男に叫んだ。
―――なんだこれ!?
昨日、こんなの撮ってたんだ……!
 
「良く撮れてんな」
面白そうに笑う。
僕は耐えられなくて、男の手元のコントローラーを奪おうとした。
「……あっ」
伸ばした腕を絡め取られて、男の膝に乗り上がってしまった。
そのまま僕を抱きかかえて膝に座らせると、背後から羽交い締めに押さえ込んできた。
その手で、顎も正面に向けて固定する。
「ちょ……離してください!」
「うるせぇ。見ろよ、ほら」
 
 ―――!
 
画面は、そこら辺によくあるAVみたいに……
 
『ぁあっ! ……ぁあ……はぁ……!』
 
激しく悶えている、僕の声。
背後からの固定画面で、逞しい男の尻と、僕の股間を映し続けている。
結合部が丸見えで、穿たれるたびに内腿が震えて、嬌声が響く。
 
「や……やだ! ――お願いです! ……止めてください!!」
 
身体を捩って、男に懇願した。
「酷すぎます……こんなのっ! ……聞きたくもないっ! 離してッ!!」
「これ、AVとして、その筋に売りつけてもいいんだぜ」
 
――――!!
 
耳元で囁かれた言葉に、僕は硬直した。
「……………」
なにも、考えられない。
真っ白になった頭に、追い打ちを掛ける男の声だけが響いた。
 
「ルームサービス。オーダー通りのモノを、持ってきているな?」
「…………」
僕は腕の中で正面を向かされたまま、無言で頷いた。
 
ローテーブルの分厚いガラスの上には、さっき僕が置いた、昨日と同じワイン。
それと、パスタとオリーブオイルが並んでいる。
 
「選ばせてやるよ。ワインと、オイル……どっちがいい?」
聞かれた意味がわからず、解放された顔を、振り向けた。
至近距離で、男と目が合う。
凶暴な光を湛えて、双眸が黄金色に煌めいた。
「ここの口には、どっちがいいかって訊いてんだよ」
「………あっ」
スラックスの上から、後ろに指を這わされた。
ぞくりと、背中を何かが這う。
「や……」
「早く決めろ」
膝の上で藻掻きながら、僕はもう一度ローテーブルを見つめた。
――ワインは、辛すぎだ……。
あの、内臓が灼けつく様な感覚は、もうまっぴらだった。
後遺症も、激しかったし。
 
「…………オイル」
 
僕は、絞り出すような低い声で答えた。
 
 

NEXT  Novel長編SS 短中編