真夜中のページ・ボーイ
 
7. 真夜中のページ・ボーイ 
 
「――疲れた……」
 
 
 
アップ時間になったので、休憩所でへたり込んでしまった。
あの後の仕事は、地獄だった。……身体が痛くて。
 
「お疲れ様! …………大丈夫?」
朝倉マネージャーが入ってきた。
僕の様子に、眉を顰める。
「あ……朝倉さん、ちょっといいですか?」
「なあに?」
 
僕は淹れて貰ったコーヒーを啜りながら、深呼吸をした。
「ページボーイって、何のことか、わかります?」
「ページボーイ?」
「はい」
「それ、ここでは昔の呼び方よ。役職はちょっと違うけど……現在のベルマンみたいなポスト」
「……昔の?」
「そう、ここの別館ができた当初だから大正時代ね。ヨーロッパの真似をして、ボーイのことをそう呼んでた時期が、あったのよ」
「別館……」
「ええ、だから今でもあっちでは、ベルマンのことをそう呼ぶお客様もいるらしいわね」
「…………」
「もしかして、あっちでそう呼ばれたの?」
反応のニブイ僕を先回りして、話しを進めてくれる。
でも、流石に変だと気付いたみたいだった。
途中から、僕はなんの返答もしなかったから。
 
「……須藤君?」
 
「マネージャー……僕、bP01のルームサービス、もう嫌です!」
 
優しく覗き込んでくれた朝倉さんの顔に、つい心が挫けてしまった。
涙は流さなかったけど、声は完全に泣き声で。
 
朝倉さんは驚いてしばらく僕を見つめていたけれど、口に手を当てて笑い出した。
「何を言ってるの! 子供じゃあるまいし。あんな優しそうなお爺様の、どこが嫌なの」
 
「…………っ」
僕は歯ぎしりして、黙り込んだ。
こんな会話、拉致があかない。
 
「このホテルに……変わったお客様って、います?」
方法を変えてみる。
野立先輩が知らなくても、朝倉マネージャーなら知っているかもしれない。
「…………変わったって?」
また変なことを言い出したと、言わんばかりに目を丸くしている。
「かなり大柄な体格で、前髪が長くて……目が…琥珀色なんです」
「琥珀? ……いないわよ。そんなお客様」
また笑われてしまった。
 
「なあに、幽霊でも見た?」
 
子供をあやすように優しく宥めてくれたあと、ルームサービスの指名は絶対だから、特に別館は。何があっても、必ず行きなさいと、きつく言われてしまった。 
 
「何があってもって……そんなこと、簡単に言わないでください……」
マネージャーが出ていった後の静まりかえった休憩室で、僕は独り呟いていた。
 
 
 
 
 
その夜も、ワゴンを牽いて別館の廊下を歩いていた。
カツン、カツン、と靴の音だけが、高い天井に不気味に響く。
考えてみれば、僕はここの住人を一人も見たことがない。
”不夜城”と呼ばれながら、生命の気配が一切感じられないこの建物に、今更ながらゾッとした。
 
夜ごと蠢くのは、本当に生きている人間なんだろうか。
前時代の怨念のような、残留思念のようなものが、渦巻いている気さえする。
――そうだ……僕がアイツに感じる危険信号……
あの異様なオーラは、そんな気配を発しているんだ。
 
「………………」
思わずワゴンを止めて、立ち止まってしまった。
――本当に……アイツはいったい、何者なんだ……
……なんで、誰もアイツのこと、知らないんだ?
 
 
そう思い至って、心が芯から冷えていった。
急に廊下の静けさが、気になりだした。
蛍光灯の白けた明かりだけが、煌々と続いている。
真っ白い闇に吸い込まれるような気がした。
 
「……こっ……恐くなんかない!」
自分にそう言い聞かせて、ワゴンを押した。
 
オーダーは、今日はワインだけだった。
「遅くなって、申し訳ありません」
自問自答していたせいで、数分遅れてしまった。
「いいから、来いよ」
ワインクーラーからボトルを出そうとしていた手を掴まれた。
「…………!!」
恐怖で、心も身体も竦み上がる。
でも、睨み付けた先の顔を見ると声が出た。
 
両サイドは掻き上げて、真っ黒い前髪だけ長く垂らしている。
緩くウェーブの掛かったその隙間から、見える双眸…………
 
「やめてください! ……離してくださいっ!!」
その顔が、にやりと嗤った。
「そんなこと言って、疼いてんだろ」
「―――!」
スラックスの前を掴まれた。
「昼間は悪かったな。俺だけイッて。ちゃんとイカせてやるよ、ほら……」
ベルトを外して、中に手を突っ込まれた。
「……ッ! ……やめ……!」
僕はその手を引っ掻いて、藻掻いた。
「…………痛ッ」
「あなた……誰なんです!」
抱きかかえられた腕から抜け出して、正面に向かい合った。
 
「……101の、住人だ…」
「ウソ言わないでください!」
「――――」
「なぜ、誰も貴方のこと知らないんですか? なんで貴方は、このホテルの中を自由に出入りできているんですか!」
 
その時、奥の部屋でゴトンという音がした。
「…………」
微かな呻き声。
 
――――!?
 
初めて、男の顔色が変わった。
僕を睨み付けた後、そのドアの方を仰ぎ見る。
 
「―――!」
僕はその隙をついて、101から逃げ出していた。
ワインもワインクーラーも置きっぱなし。
ワゴンだけ引っ張って、別館から逃げ出していた。
 
――何? ……あの声
――あの奧に、何がいるんだ?
あれが優しげな老紳士の声……?
……野獣の呻きみたいな、しゃがれた声……
 
――そして…………アイツの顔。
あの男でさえ、恐怖した目の色だった。
一瞬見せた、困惑の色は…………
 
何もかも恐かった。
別館に潜む何かが、僕を巻き込んでいく。
そんな恐怖に駆られた。
  
 
 
走って走って、僕は逃げた。
――生気を絡め取られないように
――脚を掴まれないうちに……
  
 
 
部屋に戻ると、暗いながらも裸電球を付けっぱなしにして、布団を被った。
 
  
”なんで僕なのか”
そう訊いたとき……アイツはなんて答えたっけ。
僕は疲れて寝てしまったから……。
 
 
”さあな”とだけ言っていたのは、覚えてる。
その後も、何か言っていたのに……
 
 
得体の知れない恐怖と、アイツに対する疑問と……
触られて、熱くなってしまった身体……
 
それらを抱えて、眠れない夜を過ごした僕は、いつにも増して寝不足になってしまった。
 
  

NEXT  Novel長編SS 短中編