真夜中のページ・ボーイ
 
10.
 
 
「なんだ、元気ないな」
 
深夜零時。
4日目のルームサービスに来ていた。
今日のオーダーは、ワインの他にスコッチとブランデー。
摘みにドライシードと、フルーツの盛り合わせだった。
 
「――――」
一言も喋らない僕に、呑気にそんなことを言ってくる。
全てをローテーブルに並べると、立ち上がって、ソファーの男を睨み付けた。
涼しい顔して、ふんぞり返っている。
 
こんな何事もない顔して、やることやってて、その間も僕を……
そう考えると、怒りが湧き上がる。
 
「……あの映像、売ったでしょう!!」
 
押さえられない憤りに、もう、我慢はしなかった。
拳を握り締める。
 
「脅しておいて!! ……とっくに、売ってたなんてッ!!」
「……なんのことだ?」
「あんた、最低だよ! 何のために我慢してたんだ、僕ッ!」
 
男はソファーから立ち上がって来ると、僕を捕まえて睨んだ。
「煩い……喚くな」
「離せ!」
僕は掴まれた手首を捻った。
 
顔が近づいてきて、キスされるのが判ったから。
またいつものが、始まろうとしている。
そう思うと、遣り切れなかった。
心も体も……今日はすでにボロボロだ――!
 
「もう嫌だ! 我慢する必要なんか、もうないんだッ!!」
 
激しく抵抗して、もつれ合った。男の腕を振り解き、よろめいた。
「…………!」
男の手が追ってくる。
―――― くそっ……!
 
「触るなッ!!」
 
その手を叩き払って、後ろ向きのままソファーに倒れ込んだ。
「―――っ!」
男もそのままのし掛かってきて、ソファーと男の身体で動けなくされてしまった。
「んんッ」
顎を掴まれ、いつもの濃厚なキス。
―――やめろ……ッ!
このまま、なし崩しは嫌だ! 厚い胸板を、拳で叩いた。
 
「んっ――……ん……」
 
舌を絡みつけ、吸い上げ、僕の感じるところを探り出そうとしてくる。
その舌すらもはね除けて、首を振った。
いつまでも抵抗する僕に、男の手も苛ついたように、乱暴に制服をはがし始めた。
 
「――――!!」 
  
息を呑む気配と同時に、男の手が止まった。
「なんだ、この痕は……!」
はだけられた僕の胸に、驚いて目を瞠る。
体中に、狩谷チーフに蹂躙され……赤黒く変色した小さな痣が、たくさん付いていた。
 
「貴方のせいでしょう!? 早速あのビデオを見たチーフが、僕を脅したんですよ!」
僕はその顔に呆れて、笑ってやった。
 
琥珀の目が、揺らめく。
「何を言っている? 売ってないぞ……あれは」
「…………」
「おい、全部脱げ!」
カフスも外され、シャツを全部剥ぎ取られた。
手首には、ベルトの痕がクッキリと残っている。
チーフの無茶な拘束は、肘近くまで赤い螺旋を巻いていた。
「――――!!」
 
 
「……この制服のおかげで、誰に何されたって、バレませんね」
余りに酷いこの有様に、僕はまた笑った。 
こんな酷い痣……ぴったりしたシャツは、手首も首元も見事に隠していた。 
 
休憩室から逃げてシャワーを浴びたとき、僕はこの痕を正視出来なかった。
四日前、初めてこの男に付けられた痕が、やっと消えたばかりだったのに。 
……洗い落とせたのは、チーフの臭いと僕の涙だけだった。
  
「……チーフって、どいつだ……」
 
押し殺した、男の声。
「……旧館か? ……新館か?」
 
僕は口を噤んで、首を横に振った。コイツに教えたってしょうがない。
「―――――」
得体の知れない底光りをさせて、琥珀が僕を睨み付ける。
 
「―――あ……?」
その視界を、不意に塞がれた。
布で両目を覆われて、頭の後ろで結ばれてしまった。
「なに……」
制服のシャツかも……そう思ってヒヤリとしたけれど、その布からは、男がいつも匂わせているコロンの香りがした。
手首も何か、柔らかい布で束ねられた。
 
「そのチーフと俺と、どっちが上手いか教えろ」
 
――――!!
なに言ってんだ、コイツ……
僕は、もうこんな事そのものがイヤで……
 
「…………あ……」
  
首筋に息が掛かった。
鎖骨の上あたりを、きつく吸われた。
「……痛ッ……」
チーフが付けた痕を一つ一つ、上から塗りつぶすように、強く激しく吸っていく。
唇が肌に当たるたびに、身体が震えた。
熱い息遣いまで、肌に感じる。
「…………はぁ……」
見えないから、次に何をされるか判らない。
ちょっとでも唇が止まると、不安になった。
 
男の両手も、妖しく蠢く。
「っあ……!」
胸の尖りを摘まれたのか、そこに鋭い刺激があった。
ピリピリと腰に響く疼きが、止まらない。
いつまでも指先が、尖りを弄くる。
「ぁ…………ぁあ……んっ……」
堪らない――この刺激は……!
――見えない、避けられない――こんな状況で、疼きの散らしようがなかった。
 
カチャカチャという金属音が響いた。
ベルトを外されたらしい。
前が少し楽になった気がした。
「もう勃ってんのか。口ほどにもねえな」
―――――!!
男の嗤い声に、僕は唇を噛み締めた。
 
 
「……………」
スラックスもインナーも全部脱がされて、目の部分と両手だけが布を巻いていた。
横になったソファーで、全てが心許なかった。
 
 
何も言わなくなった僕を、男は見下ろしているみたいだった。
気配を近くに感じるけど、触ってこない。
 
禍々しいオーラ。……側にいるだけで、見えなくても感じる。
――キケン、キケン――
相変わらず点滅する、警報。
 
 
僕は横にされたまま、じっと動けなかった。
何者か判らないコイツに、何をされるかわからない。
そんな恐怖が、呼吸さえ止めさせた。
……そうだ。
今日はスコッチや、ブランデーまである。
あんなアルコール度の高いモノで、何かされたら……。
 
へんな汗をじっとり掻きだした。
「……………」
自分から、何か言うのは悔しい。
けど、このまま視姦されているのも、イヤだ。
 
「……!」
――― さっさっと終わりに………
そう言いかけて、言葉をのんだ。
ヤツが触ってきた。
 
膝を立てて、開かされる。
「…………」
恥ずかしい格好に、唇を噛んだ。
蹂躙の痕が、どこまでも付いているはずだ。
僕自身、把握なんてできてないけど。
 
男の唇はその痕を、一つ一つ、また吸い始めた。
脇腹、下腹部、足の付け根、太股の内側………
ピクリと、敏感な部分を掠めるたび、僕の身体は揺れた。
 
「………ん…」
焦らすように、中心を避けて周りを優しく唇で愛撫する。
半勃ちの僕のそれに、男の頬が時々当たる。長い髪が、内腿をくすぐる。
「………あッ…」
指が添えられた。内腿から、滑るように中心に向かっていく。
唇も合わせて、そこへ向かう。
舌先が、裏スジを辿り始めた。
「ぁ……はぁ……」
ついばみながら、舐めては指を絡め出す。
時々、後ろもつつく。
「んっ…」
思わず出る声に、また唇を噛んだ。
指はゆっくり僕の先走りを絡めながら、全体を包んでいく。
唇と舌は鈴口に吸い付き、割れ目の奧を探るように、蠢いた。
「ん………ぁ……」
はぁ、はぁと、荒くなる自分の呼吸が、聞こえてくる。
 
「……も…や………ぁあっ…」
 
焦れて、腰を振ってしまった。
いつもなら、とっくに後ろに指が入っている。
無理矢理、挿れられてる。それだから……
 
「待ってな。ちゃんと、最後までやってやる」
 
見透かすように、男の声は嗤った。
「…………ッ!」
僕は口を引き結んで、首を横に振った。
 
「…………あ……」
言ってるそばから、指を挿れてきた。
「ん……ん……」
締めてる壁を掻き分けて中に入ってくるのが、生々しくわかる。
腰を反らせて逃げてみたけど、男を悦ばせただけだった。
「……どれだけイヤラシイ格好で誘ってるのか…」
溜息交じりに、足元で囁いた。
「わかってないだろう……またビデオに撮って、お前に見せてやりたいところだ」
そう言って、笑った。
 
―――こいつッ…………!
 
 

NEXT  Novel長編SS 短中編