真夜中のページ・ボーイ
 
13.
 
 
でも、そんな呻き声なんて、序の口だったんだ。
 
僕はベッドの横で、絨毯に寝っ転がらされたまま縛られていた。
斜め上の視界にある扉。
 
 
 
その中の狂気を、逃げることも、耳を塞ぐことも出来ずに、体中に浴びせられた。
 
 
 
 
真っ暗な部屋がその口を閉じた後、中から男と老人の会話する声が微かに響いた。
内容までは判らない。
そのうち、狼の遠吠えとも、野獣の叫びとも付かない、恐ろしい呻き声が聞こえてきた。
「…………!?」
地の底を這うような低い呻りから、夜闇を震えさせるような雄叫びに変わっていく。
首を絞め殺される時の、断末魔のようにさえ、聞こえた。
それが、何度も何度も繰り返される。
 
それは、あの老人の……喘ぎ声だった。
 
―――――!!
 
両耳を塞ぎたくなるような、恐ろしい声。
あんな老体が、あの男に何かさせている…………
そして、あんな声を上げているなんて…………!!
胸が悪くなりそうなこの状態に、吐き気を覚えた。
 
狂喜した野獣の呻りなんて、もう、聞いていたくなかった。
「…………くっ……!」
縛られた両手を、揺すって解こうとしてみた。
しっかり結ばっていて、ビクともしない。
「―――――っ!」
……イヤだ………嫌だ! ………聞きたくない…!!!
目を瞑って、首を横に揺り続けた。
頭の中で叫んで、恐ろしい雄叫びを必死に耳から遠ざけた。
怖すぎて、実際に叫ぶ事なんて、できなかった。
 
 
恐ろしい咆吼は、長い間続いた。
”その時”に向けて、喘ぎが激しくなっていく。
煽られて胃の中のモノが上がってくるのを、僕は必死に抑えた。
最後は、本当に断末のような声を上げて、事切れたように静かになった。
 
 
「…………」
あまりの静けさに、却って違和感が湧くほどだ。
ゴトンと、室内で何かの音が響いた。
扉の開く気配。
 
……………。
 
目線をやると、男が出てきた。
唇に手の甲を当てて、グイと拭っている。
 
僕は怖くて、何も言えずに見上げていた。
 
男はベッドの横の屑籠にペッと唾を吐き出すと、苛ついたように眉を寄せて僕を見下ろしてきた。
 
「なんで、テメェが泣いてんだよ」
「……………」
 
怖くて……
それを言うことも出来ずに、ただ泣いていた。
 
「……うぜぇ」
 
 
 
「――あっ…!」
くくり付けられたその場所で、絨毯に転がされたまま、僕はまた犯された。
口付けがとても気持ち悪かった。
乱暴な腰使いが、すごい痛い。
 
――やめ……痛い……!
 
ちっとも反応しない僕に、余計怒りをぶつけられた。
恐怖に完全に呑まれた僕は、萎えたまま勃起することは無かった。
 
「もう帰れ! お前、つまんねえ!!」
 
僕の中でイクだけイって、動けないでいる僕を室外へ放り出した。
まだ着乱れたまま……。
こんな場面を誰かに見られたら、あの男だって困るはずなのに。
 
 
廊下は板だから、硬い。
土足だから汚いし……。
でも……立ち上がれない。
そのまま、シャツの前を掻き合わせた。
「…………ッ」
その手で耳を塞いで、額を膝に押し付けて蹲ってしまった。
 
まだあの野獣の叫びが、耳に付いている。
あそこから出てきた時の、あの男の眼……
痛いだけの挿入……
 
身体が震えて、立ち上がるどころじゃなかった。
散らばった靴も集められないまま、僕は長い間そこに蹲っていた。 
 
 
 
 
 
 
  
どうやって部屋に戻ったか、覚えていない。
朦朧とした記憶は、身体の痛みから、あれが現実だったことを思い知らされるばかりで。
僕はあの恐怖の時間を、無意識に消そうとしていた。
 
 
  
気が付いたら、朝の目覚ましが鳴っていた。
「……………」
……シャワーも浴びずに、布団に入っちゃったんだ……
あちこちが気持ち悪かった。
特に、口内……
うがいだけは、した気がする。
でもやっぱり気持ち悪い。
 
熱いシャワーを浴びて、歯をガシガシ磨いて、出来る限り全身をさっぱりさせると、早朝ミーティングに出た。
 
 
 
「うわ……須藤、おまえヤバイぞ?」
おはようの挨拶もなく、開口一番、野立先輩はそう言った。
「……そうですか?」
曖昧に笑うしかなかった。
 
「狩谷に言ってやるから、少し休めよ」
 
――――!!
 
「い――いいです! ……そんな!」
 
そんなの、あの人に火を点けるようなものだと思った。
「子供じゃないんですから、先輩! ……休みくらい、自分で取れますよ!」
笑い飛ばすと、先輩から逃げるべく、踵を返した。
これ以上心配してもらっても、ヤブヘビな気がして……。
 
 
 
  
 
「須藤君、お茶しよう!」
 
ぼーっとエレベーターホールの前で立っていると、いきなり腕を引かれた。
「! ……朝倉さん……」
振り返ると、綺麗な顔が僕を心配そうに見つめていた。
耳の下で切りそろえたサラサラ髪を揺らして、小首を傾げる。
「そんな様子じゃ、今すぐって仕事も、入ってないでしょ?」
「あ……ハイ…」 
  
 
朝倉さんは休憩室に入ると、熱いコーヒーを淹れてくれた。
「……苦いです…」
僕は一口すすって、舌を出した。
「それくらいの方が、呆けたアタマには、いいんじゃない?」
ふふ、と笑って、自分は普通のブラックを飲んでいる。
「…………」
しょうがないから、ありがたく苦いそれをすすった。
 
「……須藤君に、ヘルプ頼んだの……悪かったかな」
伏し目がちに、朝倉さんが言い出した。
……沈んだ声。
 
「そんな……僕、ここに来れたことは、とても感謝してます!」
それは本当だった。
三つの館はそれぞれに個性的で、それぞれをやりくりするのは、ベルマンの血が騒ぐってくらいだった。
 
だから、朝倉さんにそんな声を出して欲しくなかった。
後悔させたら、僕のせいだ。
 
「ヘルプが問題なんじゃ無いんです!」
「……………」
じゃあ何? と、穿った目で見つめてくる。
 
―――そりゃそうだよな……僕の様子は、確かに尋常じゃ無い。
 
「…………」
言ったって、しょうがない。
どう言えばいいんだろう。
僕も目を伏せて、コーヒーに集中した。
 
―――あ、そうだ……
 
「あの……」
「…………?」
「bP01のお客様って、大作家……ですよね?」
「……そうよ?」
「どんなもの、書いてるんですか?」
老紳士を見る事ばかり考えていて、どんな人物か……何の作家なのかなんて、興味が行かなかった。
「やだ、須藤君。そんなことも知らなかったの?」
「だって、……誰もそこまで、教えてくれなかったです」
笑われて、僕はちょっと拗ねた。
「……そうなんだ、ごめんね。……須藤君も名前、知ってると思うけど。歴史小説の第一人者。中埜御堂 都(なかのみどう みやこ)よ」
 
―――えっ!?
 
すまなそうに言う朝倉さんを見つめて、僕は固まってしまった。
だって、その名前は余りに有名すぎて。
有名というか、あって当たり前みたいな。
歴史と言えば、その人。教科書の例文にも使用されるくらいだ。
小説、時代考証、エッセイ、ドラマの脚本に至るまで、歴史関係と言ってその人の名前が出ないことは無かった。
学生時代は、参考文書として何度世話になったことか。
だから僕は………
 
 
「まだ……生きてたんですか!?」
 
大声で、聞き返してしまった! 
 
「ちょ! ……しっ! ……須藤君、なんてこと言うの!!」
 
目を丸くした朝倉さんが、腰を浮かせて、両手を振り回した。
僕も迂闊だったことを悟って、両手で口を塞いだ。
「……だって、教科書代わりのような歴史小説だったから……ずっと昔の人が書いたのかと思ってたんです」
真っ赤になりながら、言い訳した。
 
「まあ、ね。……そうとうなご老体なのは、確かだけど……」
朝倉さんも、小さな声で苦笑いをした。 
 
「だから、もうずっと別館に籠もられていて……塩崎君が原稿の受け渡しなどを、しているのよ」
「……そうなんですか」
……そんな、大役……。
「ご老人の話相手に、なってあげているみたい。……可愛がられてるわね」
「………………」
 
――それだけ……?
つい、昨晩の事を思い出した。
塩崎さんは夜毎、あそこで行われていることを、きっと知らない……。
 
老紳士は、塩崎さんには、あんなこと要求しないんだろうか。
老人があの中庭で最初に見せた、優しい眼差しと、新米の僕を心配してくれる心遣い……。
そして、塩崎さんの嬉しそうに笑った、可愛い顔が思い浮かんだ。
 
………ほんと……可愛がられてるんだろうな。
―――あの人は、ヨゴレなんかじゃ……ない……
 
何故か、胸がズキンと痛かった。
 
 
「…………須藤君?」
黙り込んでしまった僕に、また心配そうに眉を寄せる。
マネージャーだって、わかってるんだ。
……塩崎さんを差し置いた、僕指名のルームサービス。
そのせいで、確執が起こっていること。
 
でも、そんなのはもう解決したんだ。
塩崎さんは笑ってくれた。
 
「何でもないです。僕、平気です!」
残った苦いコーヒーを、ぐいっと煽った。
「たった2ヶ月しかないんです。……残りの日数、大事に仕事しますね」
苦すぎて、舌がもつれた。
そんな僕を、朝倉さんは笑ってくれた。
 
 
「さあ、じゃあ早速、お仕事に戻りましょう!」
その急かせっぷりで、本当はマネージャーも休憩時間じゃ無かったことに、気が付いた。
…………心配してくれたんだ。
その気持ちに、胸が熱くなった。
 
 
責任を感じてる朝倉さんに、負担を掛けてはダメだ!
 
  
僕は心を強く持って、仕事に支障が出ないよう集中した。
いつもの笑顔を取り戻して。
 
 
  
  
  
 
 
 
 
―――それなのに………… 
 
 
「よ……張り切ってんな」 
 
午後2回目の、本当の休憩時間。
狩谷チーフが入ってきた。
  
 
その時、僕は迂闊にも、休憩室に一人だった―――
 
 

NEXT  Novel長編SS 短中編