真夜中のページ・ボーイ 
 
15. 正 体 
 
「何を見ている」
 
 
 
 
 
ギクッとして、身体が硬直した。
 
背後で扉が閉まる音と、男の気配。
奧の部屋から出てきたのだった。
 
「勝手に部屋の物を触るとは……大したページボーイだな……」 
 
感情の無い、低い声。
 
僕は首だけ、そっちへゆっくりと向けた。
真っ白な顔をして、男が近づいてくる。
  
 
 
「………………」
僕はもう、ここへ来るときから決着をつけるつもりだった。
クビになったって、もういい。
別館の掟に逆らって何が起きようが、今日みたいな事が続く方が、もう耐えられなかった。
だから……
 
 
 
「あんた……カワギリ…ヤクモ………?」
 
 
  
言葉なんか、選ばない。
訊きたいことだけ、口にした。
「僕の痴態…ネタにして………出版なんかしてたんだ」
 
 
 
「――――――」
男は何も言わずに、近づいて来る。
………………!
その目の色が、変わった気がした。
ギラリと光って、凶暴なオーラを発し出す。  
 
 
―――また、捕まえてムリヤリ犯る気か?
………そうは、いくか……! 
僕は身体を引いて、逃げる構えで睨み続けた。
 
  
「その首のは、なんだ」
 
  
予想に反して、男は僕の前で止まった。
じっと見つめる先は、僕の首の横に貼ってある絆創膏だった。
それはあの時、休憩室でチーフに付けられたモノを隠していた。
わざとらしいけど、これしかなかったんだ。
シャツを脱げなかった僕の耳のすぐ下……見える場所にキスマークを付けられてしまったから。
僕は首に手を当てて、絆創膏を隠した。
  
「わかってて訊くんだ。……根性悪いね……」
 
めざとい男に、何でか腹が立った。 
イヤミを言って笑ったつもりだけど……声が掠れた。
 
何もかも、コイツのせいだ。
こんなキスマークも、チーフにされたコト全部も……! 
 
 
 
「答えなよ! ……あんたが、あの大作家 ”河霧八雲” なんだろ!?」
 
 
叫びながらも、まだ自分で信じられなかった。
河霧八雲は……その作家だって、すごい古い人間の筈なんだ。
僕が中学の頃には、官能小説の第一人者として、君臨していた。 
ポルノと言ったら、この人で。たいてい表紙に、赤いシミーズを来た女の人が描かれている。
表紙からしてイヤらしいから、買うに買えなくて友達に借りたりしてたんだ。
 
そんな古くからいる作家が、こんな若いなんて…… 
あの作家が、今、目の前にいるコイツだなんて……
 
 
―――でも、事実はそれしか有り得ないと、物語っている―――
 
 
届けられたような、数冊積まれた同じ本。
あれを読んだチーフが、ここでのコトを知ったんだ………。
散らばった原稿用紙の中身は、僕の目隠しされた姿が、生々しく描かれていた。
 
女の子として……性器や性感帯は違ったって…………あれは、僕だ。 
 
 
 
 
「俺じゃ―――ない……」 
男は唸るように、低い声を絞り出した。 
 
―――――!!
……なにを、この期に及んで……!
「あんたでなきゃ、誰だよ!? ……まさか、あの老紳士なんて、言うなよな!!」 
冗談で言ったつもりだった。
  
  
「…………」
 
男が……頷いた。 
首を、縦に振ったんだ!  
冷たい眼で、唇を引き結んで…… 
 
 
「――――!!」
怒りで脳みその血管がぶち切れそうだった。 
「あんたも、大したモンじゃん! ……あんな老人のせいにするなんて!!」 
怒りすぎて、笑ってしまった。
よくも人のこと、侮辱できるもんだ!
あんな老人で、重々しい歴史関係ばかり書いてきた大作家を捕まえてさ!
……しかも、その内容は……!! 
「僕にやったこと、そのまま書いてんじゃんか! オリーブオイルも、ディープキスも、目隠しも!」
間近で見下ろしてくる男に、思いっきり怒鳴った。
「あれ、あんたがやったことだろ!?  ヒトのせいにすんなよッ!!」
そこまで言って、腕を掴まれた。
「うるさい……静かにしろ!」
「――――!」
怒りに駆られて、僕は逃げるのを忘れていた。
 
「…………あッ」
 
すぐ後ろのベッドに押し倒されてしまった。
「やめろ! ……もう、こんなこと沢山だ!」
昼間のチーフへの怒りも、ぶり返した。
辞めてやる―――こんなホテル!!  
「どうせクビなら、あんたのこと言い振りまいてやる! 何が秘密か知んないけど、僕の知ったこっちゃないっ!」
抑えてくる手に抗いながら、噛み付く勢いで言ってやった。
切り札は、僕が握ったと思ったんだ。
ビデオと制服で脅されてたけど、今は僕が優勢だって!
 
「……この手、離せよ!」
冷たい眼で見下ろしてくる男を睨み返した。
 
―――――!? 
……また、……この眼だ……
 
時々見せる、意味不明の表情……。
僕は息を止めて、その琥珀を見つめてしまった。
「……………」
手首を顔の横で押さえ付けて、真上から見下ろしてくる。
危険な琥珀――猛禽類のそれのように、ギラリと煌めいて獲物を狩る……
それだけだったら、僕はこんなにもこの男に興味を持たなかった。 
凶暴なだけなら、憎んで、嫌悪して、……もっとさっさと、ここを飛び出していたかもしれない。 
 
危険、危険、と警報を鳴らす僕のセンサーに、もう一つ引っ掛かっていいたもの。
………それは……… 
 
 
 
「なんで、そんなカオ……してんの」 
   
孤独な狼のような―――
 
凶暴さなど、カケラもない…………寂しくて、冷たい眼だった。
 
 
 
「今からベルボーイを犯そうってヤツが、なんでそんな顔してんだよ!」
 
あの渡り廊下で見たコイツの姿は、正にそれだったんだ。
傷ついたオオカミが、やっと歩いている様だった。
その瞳は、哀しみでいっぱいってふうに、眉を寄せて――― 
 
「……うるせえ」
「―――んっ!」 
急変した狼は、獰猛な狩人のギラついた眼になっていた。
今まで見たこともない怒りさえ、孕んでいる。
いきなり掌で口を塞がれた僕は、その眼光に射抜かれていた。
 
噛み殺される―――!!
 
一瞬煌めく殺意……。
ぞっとして、全身が硬直してしまった。
 
――えっ!? ……ちょっ……!!
「んんっ……んーーーっ!!」
男は、前後の見境が無くなったように、獲物となった僕の制服を剥がそうとしてきた。
―――破ける……!!
 
「――ぬぐ――脱ぐから……待って………!」
 
焦った僕は、チーフの時と同じように、自分から言うしかなかった。
「うるせえって、言ってんだよ!」
男は僕の口を押さえ直して、強引にスラックスを引き下ろした。
「――――んんっ!」
インナーも剥ぎ取ると、乱暴にシャツの中に手を突っ込んできた。
「…………ッ!」
ビクンと勝手に身体が跳ね上がった。
まさぐってきた指先が、僕の胸の中心に触れて蠢き出したから。
でもそれは、乱暴すぎて愛撫なんてもんじゃなかった。
―――痛ッ!
激痛と恐怖で、背中に冷や汗が伝った。
 
―――あ……痛いだけの、アレは嫌だ……!
 
本当に痛いだけで……何もかもが辛かった。 
あの悪夢の晩の行為を、身体が思い出して震え出す。
 
恐怖に眼を見開いたまま、僕はされるがままになっていった。
「――あッ! …………ぁあ……ッ」
後ろに指を押し込もうとする。
なんの滑りもない今の状態では、すんなり入る筈がなかった。
「やめろ……止めろッ!!」
必死で首を振って掌から逃れると、僕も負けずに琥珀の眼に挑んだ。
鼻が触れあうような距離で、睨み合う。
「―――――」
お互いの荒い呼吸が、顔に掛かった。
その間も男の指は、乱暴に動いて僕の中に入ろうとしていた。
「…………くぅッ…!」
―――なに……なんなんだ、コイツの動きは? ……何をそんな……
悔しくて呻きながらも、視線は反らさなかった。
 
「……………?」
睨み返しながら、変な違和感を覚えた。
「………………」
動きは怒りに駆られていて、あまりにもその手は凶暴すぎる。
  
―――なのに……まただ……。
―――僕の中の危険信号……
 
真っ赤に点滅して、命の危険さえ感じて警告音を鳴らす。
なのに、別のセンサーが、僕を踏みとどまらせる。
 
 
「なんで……なんで、そんな眼、するんだよ!?」
 
 
僕はさっきと同じことを叫んでいた。
その獰猛な眼光の中に潜む、悲しげな翳り。
それが、コイツを100%危険人物にしないんだ!
 
 
「あんたがなんなのか、教えろよ!」 
コイツの中に、何があるんだ……!
 
 
僕のどこに、そんな勇気があったのか――
自分でも驚くほど、男に食らいついていた。
 
ベッドに押し倒されたまま、後ろに片肘を突いて、上体をやっと少し起こして。 
それ以上は、動けない。
異物の侵入のせいで、下半身は痺れているし……
のし掛かかってくる男の圧力は、その下から逃げ出すことを、完全に阻止していた。
 
指が蠢いて、イヤでも僕の恥ずかしい感情を駆り立てる。
「こんなこと、あの老人に教えて……僕がどこに感じて……どんな 声で喘いだか。それで、あの本になったって!?」
 
―――ふざけんなっ……!!
あんな文章、口で伝えたって……書けない!!
 
「なんでそんなに、秘密なんだよ!? なんで誰もアンタのこと、気が付かないんだ!?」
何度訊いたか、もうわかんない。
いくら男の目を覗き込んでも、答えなんて、返ってきやしない!  
 
「――――――」
  
悲しい眼をしたまま、黙っている。
……あんな横柄で、あんな凶暴だったクセに……!!
僕は、もの凄い腹が立った。
 
「なんで、僕なんだよ!! ……なんで指名してるクセに、あの老人は僕を知らないんだよッ!?」
 
  
「…………………」
 
 
黙ったまま、男の腕が伸びてきた。 
鋭く刺し貫くような、視線………
――――あッ……!!
僕の怒鳴った声を覆い隠すように、急に抱きすくめられた。
頭を抱えて、顔を胸に押し付けて……男は両腕の中に、僕を抱え込んでいた。 
 
 
―――――苦し……
 
 
 
 
 
 
 
「俺を……助けろ」
 
 

NEXT  Novel長編SS 短中編