真夜中のページ・ボーイ
 
16. ダブル・シグナル  
 
――――はっ……!? 
「……何、言ってん……」
 
 
 
 
「おまえ、ヘルプだろ」
 
 
 
  
…………ヘルプって……そうだけど……
「……それは……ホテルの応援で……」
 
―――あ……
僕の脳裏に、微かに蘇った言葉……
 
”おまえが、ヘルプだって言うから……”
   
あの時、僕が眠りに落ちる直前に、コイツはそう言っていたんだ……
”なんで僕なんだ”って、訊いたとき――
 
 
 
「……助けろ……?」
 
 
 
……僕が助けを、欲しがってんのに…… 
胸の中で、呼吸を確保しながら訊いた。
締め付けてくる腕の力が、尋常じゃない。
 
 
 
「俺を受け入れて、俺の側にいろ」
「―――――!!」
 
 
  
なに、言ってんだ――
……受け入れてって…………はぁ!?
それ……どういう…………
僕は、耳まで真っ赤になるのが、判った。 
そんなの、有り得ない――!
……しかも……
 
「……何もかも、秘密で!? 何も知れないまま!? ……勝手なことばっか、言って!!」
 
コイツの言ってること、無茶苦茶だ!
「冗談じゃないよッ!!」
 
 
 
僕は太い腕の中で、力一杯藻掻いた。
やっぱコイツ、おかしい!
僕の中の、別のモノが、警報を鳴らし始めた。
 
”コイツは危険”と点滅する警報の中……なぜか僕を引き止めていた、不可解なシグナル。
僕のセンサーに引っ掛かっていた、もう一つの何か。
……今度はそれが、危険信号を発し始めた――― 
 
 
―――痛ッ……!?
 
 
手首をひねり上げられて、僕は抗うのを止めた。
その掴み方に、妙な違和感を覚えて…… 
「…………?」
見上げたすぐそこに、琥珀の双眸が僕を見下ろしていた。
 
その眼の色は……判らない……余りに、無感情すぎて…………
 
――――― くそっ……!!
「離せよ! ……僕はごめんだ!!」
心臓が早くなっていく。
なんでこんなに、焦ってんだ……僕……!
 
 
 
 
 
「ゴーストだと……言ったろ」
 
 
 
 
 
押さえ付ける身体とは、反比例した掠れた声…………。
「―――――」 
 
 
「幽霊である俺には、……名前も実体もない」
 
「…………?」
いきなり切り出した言葉に、反応出来ない……
何を……喋り出したんだ…………? 
無感情の瞳は、僕を見ているようで、映してはいなかった。 
 
 
「……あれは、あくまでも ”河霧八雲” が書いていて――それは、アイツの名前だ」
 
………………?
「わかんない……何、言ってんだよ……」
  
 
 
 
「俺は……アイツの飼い殺しの、ゴーストライーターだと言っている」
  
 
 
 
「ゴースト……ライター……?」
 
 
「もう何年も、アイツの本の中身は、俺が書いている……」
「…………」   
「でもそれは、絶対に秘密だ。天下の中埜御堂都が、実は全てを愛人に書かせているなんてバレては、とんでもないことになる」
―――愛人?
「なに……それ……」
「強いて言うなら、俺の立場は……それだからな」
面白くもなさそうに、嗤った。
「……ゴシップは、その言葉で ”中埜御堂都”の恥晒しを、よってたかって書き立てる」
「…………!」 
 
  
……ゴーストって……そういうこと…… 
実体のない、幽霊……って……… 
 
 
  
「…………」  
……え? ……でも……
「さっき、なんて言った? ……河霧八雲は……!?」
パニックになりながら、また聞き返した。
男は、顔を顰めて口の端を上げると、反吐でも吐くように言い捨てた。
 
 
「それこそが、”中埜御堂都”の最大の秘密さ……」
 
 
「………………」  
「清廉潔白な歴史小説家。……時代考証文学、映画、エッセイ、ゲストコメント―――
そんな堅苦しい仕事に囲まれて、息苦しくなったヤツは……」
 
   
「河霧八雲の名前で、ポルノも書き始めたんだ」
 
 
「――――!!」  
 
  
――――――え……   
中埜御堂都と、河霧八雲が……同一人物……!?  
 
 
頭が、ついて行かない。
「じょーだん……」
掠れた声で、それだけ絞り出した。
「…………」
「ウソ言うなよ……」
あの壮大でお堅い歴史小説を書くような作家が、あんな乱れたイヤらしいモ ノを書くなんて……
あまりにも、イメージが違いすぎる。悪い冗談としか、思えない……
 
「俺だって、最初は冗談かと思ったさ」
冷たく冴え冴えとしていた瞳が、揺れた。
「憧れの、偉大なる大先生に弟子入りした俺が……アイツに手込めにされるまではな!」
 
――――――――!!
 
「純真な、文学を愛する青年たち……俺も、大先生に近づきたがる若い奴らの一人だった」 
「………………」
「弟子入りしたまま囲われた俺は、テイのいい玩具……ストレスの捌け口にされたってわけだ」
「………………」
「始めは、夜の相手ばかりさせられていた……でも、アイツはそのうち楽しようと考え出したんだ」
男は、辛そうに唇を噛み締めた。
 
「俺に……河霧八雲になれと、言った……」
 
「…………!」
知らずに、息が詰まった。
 
「アイツ、俺に自分の濡れ場を書けって、命令しやがった」
「…………そんな……」
「散々ネタにされていて……それだけでも、悔しいのにな」
 
琥珀の双眸が、揺れた。
あの、寂しげな翳りを見せて……
 
「いつか腹上死するんじゃないかと思うくらい、毎晩激しくて……でも……いい加減、歳を重ねるにつれ、いろいろ億劫がるようになった。執筆も、夜の方も―――だから……」
「………………」
「代わりに書くぐらい、いいかと思った。それで、アイツの性から解放されるなら……」
 
 
それ以上は、口を噤んでしまった。
……聞かなくてもわかる……まだ繰り返されている、悪魔の宴……
その声を、僕は自分の耳で聞いたのだから―――
 
 
――――でも……
「なんで逃げないんだよ? あんた、自由に外、出歩いてんじゃん!!」
そんな目に遭って……!
「……なんで、毎晩ここに帰るんだよ!?」
 
逃げない理由が判らない。
僕だって、この10日間でボーイすら辞めようとしてるのに!
 
見上げた琥珀の宝石が、ギラリと凶暴な輝きを放った。
「―――――――!!」
また思わず、息を呑んだ。
 
 
 
「お前には、わからない」 
 
 
 
「――――――」 
 
 
 
「陵辱され続けて、恐怖を植え付けられて――隔離された世界で、何年もアイツの相手だけをさせられた」 
 
 
「………………」 
「アイツの代わりに書けと強いられて、俺は自分の名前を失った……」
 
 
 
 
「今更……逃げ出して、どうする……」
黄金の眼がギラギラと光り出す。
不穏な光を孕んだそれは、もうどこも見ていない――
 
 
「俺は……待ってるんだよ、アイツがくたばるのを!」
「………………!」
 
 
「本業の歴史物まで、俺に書かせるようになった時から……俺は心に決めたんだ」
 
―――震えている…………腹の底から、絞り出す声。
 
「いつか、成り代わってやる! アイツと入れ替わって、俺が中埜御堂都になってやるってな!!」
 
「もう作品は、どっちも俺のモノになっている! あとは、アイツがくたばれば全てが手に入るんだ!」 
 
男は声を上げて、笑い出した。 
  
 
 
 
―――狂気……
 
 
 
 
その瞳の奧に隠された暗い光は、救い様のない狂気に満ちていた。
ゲラゲラと笑い続けるその声は……その顔は、僕にはちっとも笑っているようには、見えなかった。
 
狂気に顔をゆがめて、獣が叫び続けている――
その咆哮は……あの悪魔の雄叫びに似ている――! 
 
 
「……や……!」
僕は耳を塞ぎたくて、再び腕の中で身悶えた。
―――聞いてられない……!! 
 
 
これだ……これだったんだ!!
僕が感じていた、危険信号―――
初めてエレベーターの中で見たときに、本能が嗅ぎ取った恐怖。
まだその警報は、鳴り続けている。
 
――コイツは、キケン、キケン、……危険……!!
 
それが一際、頭の中で大きく鳴り響いた。
「―――――ッ!」
振り解いた手で両耳を塞いで、硬く目を閉じた。
男の笑い声も、うるさいレッド警告も、頭の中から追い出したかった。 
 
 
 
―――怖い……!
あまりに強烈な負の激情に、身体の芯から震えが来た。
なんで……なんで、逃げなかったんだ…………僕は……!
後悔が、胸を過ぎる。 
 
 
 
「もういい…………」
――もう、やめろ……それ以上、嗤うな…… 
「わかったから……」 
 
 
 
僕は、泣いていた。 
恐怖のせいか、それとも……
この男が、笑えば笑うほど、僕の胸は締め付けられた。
 
 
  
なんでなんだ……この男の何かが、僕の琴線に触れる―――
 
 
 
腕の中で頭を抱えて泣き続ける僕を見て、男はやっと狂気を納めた様だった。
「…………」
耳を塞いでいた僕の手を退けると、顔を覗き込んできた。
 
「……んっ」
顎を捕らえ、唇を重ねられた。
……僕を知り尽くした、巧みなキス――
「…ん……んん……」
生温かい舌が、奧の奧まで探ってくる。
反対の手が、身体を這い始めた。
さっきとは全然違う動きで、胸の中心を撫で回す。
 
ぴくんと、身体が揺れてしまった。
―――また、笑われる……
そう思って、キスされたまま薄目で睨み付けた。
 
…………あ
 
僕を見ている。
寂しい琥珀が、ずっと僕を見ている……。
――キケン…キケン…――鳴り続ける、もう一つのシグナル。
ズキンと、心臓が痛くなった。
 
 

NEXT  Novel長編SS 短中編