真夜中のページ・ボーイ 
 
17. 孤独な魂  
 
「―――俺を助けろ……」
 
 
 
男はもう一度それを言うと、僕の制服を全部剥いで、唇での愛撫を全身にまき散らした。
 
「ん……ぁ……」
秘部への責めが、僕に声を上げさせる。
「ぁ……ぁあ……」
舌先が後ろに侵入してくる。
―――さっきとは全然違う……
再び、思い知らされる。
優しく扱われて、僕の身体は熱くなっていった。
 
―――あ……ぅ……ぁあ……
 
喘ぎながら、同時進行で激しくなる二つ目の、レッドシグナル。
 
 
――キケン! ……キケン!
――イケナイ! ……イケナイ!
 
 
…………。
僕はそれに目を瞑って、頭の隅に追いやった。
 
  
舌が指に替わり、更に侵入してくる。
体内の奧……入り口の内側を擦って、腸壁をくすぐる。
 
「ぁあ……」
指も抜かれ、男の屹立が押し当てられた。
「…………はぁ」
男の肩を掴んで身体を支えると、僕は脚を開いた。
 
―――んっ――ああ――っ!!  
 
熱い異物が、どんどん入ってくる。
やっぱり慣れない圧迫感、開かされる痛み、異物の恐怖……
ぎゅっと眼をつぶると、瞼にそっとキスが降りてきた。
「…………」
辛い挿入感に身体を震わせながら、薄目を開けると、さっきと同じ瞳。
 
  
暖かい琥珀色―― 
……なんで……
 
 
――危険! 危険!
――受け入れては、ダメダ! ……心を許しては、ダメダ!!
 
  
そう、警報は繰り返す。
 
”コイツに深入りしちゃ、いけない”
 
僕の脚を止めたクセに……その本能は、そう言っているんだ。
……そんなの、判ってる!
 
 
―― ヒキカエセ、ヒキカエセ!――
―― 今なら、まだ間に合う!――
  
 
―――でも……でも……!
 
 
「…………」
 
 
僕は男の唇に、自ら自分のそれを重ねていた。
男の身体が、一瞬震えたのが判った。
戸惑う琥珀。
僕は――この眼を、見捨てられない……!
 
「……ん…」
繰り返すディープキス。
気が付くと僕の中に、男は全てを納めていた。
 
胸を上下させて、荒く呼吸をしている僕に、男が囁く。
「……痛いか?」
「……動いたら、わかんない……」
 
ゆっくり、その腰が動き出した。
切れそうな不安が過ぎりそうになりながらも、擦り上げる快感の方を、引き出していく。 
 
「……ぁ……ぁあっ……」
 
今までも同じ事をされて、喘がされた。
身体に直接、モノを言わされた……
 
でも、こんな感覚を味わったことはない……
 
 
「んっ……ぁッ……ぁあ……」 
腕の中で、身体を仰け反らせた。
背中を痺れさせる疼き。
後ろから、体内から……何か熱いものが湧き上がってくる……
 
―――ぅあ……気持ちいい……
 
 
「ぁあっ……!」 
 
後で考えても恥ずかしいほど、喘いでしまった。
打ち付けに感じて、後ろを締めてしまう。
男が呻く。
一瞬顰めるその顔に、よけい僕は興奮した。
 
 
「も……イきたい……」
前の屹立が、限界を訴えている。
みっともなく腰を振り出す前に、僕は言葉でねだっていた。 
じろりと見下ろされ、一瞬嗤われるかと、また身構えた。
「……んっ」
言葉を塞ぐようなキス――
  
 
 
――あっ……んぁああっ……!!
 
 
  
そのまま前を扱かれ、腰がどんどん高まっていく。
「んっ――んんっ……ぁああっ…!」
 
  
絶頂感と、飛び散る白濁。
何度も何度も、痙攣した。 
  
そのまま穿ち続けられて、男も僕の中に液体を放出した。
 
―――あぁ……
……体内が熱い……
 
初めて、それがイヤじゃなかった――
  
 
「…………はぁ」
ぐったりと、ベッドに張り付けになってしまった。
相変わらず、直後は怠い。
男の首に回していた腕も、解けてシーツに沈んだ。
そんな僕を上から見下ろして、男は顔を曇らせた。
「……辛かったか」
「…………」 
大きな掌に、片頬を包まれた。その親指が、目じりを擦る。
「……辛いんじゃ……ない」
……僕はまた、涙を流していた。 
  
「じゃあ、なんで泣いている……?」
琥珀の眼が、眉をひそめる。 
 
 
 
「………あんたが、泣かないから………」
  
 
 
―――僕が……替わりに、泣いてるんだ……
……ヘルプ、だって……?
こんな僕に、助けを求めるなんて…… 
 
凶暴さの裏の翳りが――その二面性が、僕には悲しすぎた。
ただの野獣の方が……まだ、マシだ…………
腕で目を覆って、暫くの間、涙だけ流した。
 
  
「…………」
僕の上から退いた男は、軽く息を吐いて、寄り添うように僕の隣りに寝そべった。
見ると、眉を寄せて、何かを考え込む横顔。
―――こんなふうに、並んで寝るのって……なかったな。
いつも変な場所で、僕だけ服を脱がされて……僕だけ裸なのは、今もだけど。
 
ああ、でも……
初めての夜、ワインのせいで寝てしまった。
あの時は目が覚めたら、横にこんな風に、この男がいた……。
……そうだ……あの時の寝顔。
目を閉じていたこの顔に、凶暴性は見られなくて……。
昼間や、暴行の時の危険なイメージとは違っていた。
 
―――あの時から、僕の心の中に、すでにコイツは居たのか…。
「…………」 
険しい眉……高い鼻梁……目を隠す、緩くウェーブした長い前髪……
目前にある一つ一つを、ゆっくりと眺めていく。
真っ直ぐに引き結んだ口、しっかりした顎…… 
 
その横顔が、こっちに向けられた。
双眸が、僕を見る……。
煌めく琥珀……初めて見たときは、全身に鳥肌が立つような警戒信号が鳴り響いていた。
 
 
「何を見ている」
 
「………………」
 
僕は怠くて、何も答えられなかった。
ただ……見ていただけだし……
ただ……”ヘルプ”の僕が来なかったら……助けのないこの男は、どうなっていたんだろうって……
 
 
 
  
ぐいと、太い腕に引き寄せられた。
「…………!」
また胸の中に抱え込まれて、僕は一瞬身動いだ。
終わったばかりの行為を思い出して、身体が震える。
――もう、無理……
勘違いした僕を諭すように、背中に回した手で、頭を撫でてきた。
男の顔が肩口に押し付けられて、頬に長い髪が当たる。
「………………」
いつもの、コロンの香りがした。
  
 
「お前……俺のモノになれ」
 
  
低い声が、耳元で囁いた。
「―――――!」 
「ベルボーイなんて、やめろ」
 
  
……………。
もう、驚かない……コイツの飾りっ気のない言葉…… 
それは、心から零れた……願い……?
 
 
「……アンタのように、闇の世界で……、ただの性奴隷になれと……?」
――名前もなく、存在も消して……
すぐ横にある耳に呟く。
 
「……お前にゴーストは無理だ。……そんなことは、させない」
 
「…………」
「ただ、俺の側にいろ。……アイツに、俺が潰されないように」
……ただ、側にって―――
「アイツから自由になった時……俺はおかしくなっちまうかもしれない……」
「―――――」
「……だから、……側に居てくれ」
 
抱き締める腕に、力が籠もった。
背中が仰け反るほど、きつい。
 
「……自由にって……?」
まさかという想像が、一瞬過ぎる。
「……アイツはもう、そんなに長くはない。自分でも判っているから、昼間、健康維持の散歩なんかしてるけどな」
 
……ああ、あれは、そういうことなんだ。
 
「歩くのが、やっとだ。昼間は寝たきりで、ボーイに全部世話して貰っている」 
「……塩崎さんだ。老紳士のこと、好きみたい……」
「はっ、ただ可愛がってりゃな……俺にだって、18で弟子入りした時は、ウソみたいに優しかったぜ……」
吐き出すみたいに言う言葉に、胸が痛くなった。
「…………」
怠い腕を、男にしがみつかせて、力を込めた。
 
「この間、どこかに出かけた……?」
話題を逸らしたくて、思い出したことを訊いた。
あんな格好……
でも全然、話題転換には、ならなかった。
 
「……ああ、出版関係の行事で、どうしても出席しなくちゃならなかった。珍しく外出したんだ。……俺はアイツの、運転手でもある」
「……やっぱり」
「あの時何があったか、教えてやろうか……」
 
……え?
 
「車を回して、やっとホテルに帰ってきて……いつものことさ。車の中で、咥えさせられた」
「――――!!」
「でもいい加減、あの老体だ……。車内では流石に、と思っていたから……」 
「…………」
ふっと、自嘲気味に息を吐いた。僕の耳に暖かい空気が当たる。
「とことん嫌気が差していた……お前に渡り廊下で会った時、俺は、うがいも手洗いも出来ていなかった」
――――――!
「流石に……俺も躊躇したけど、お前…逃げないから」
 
「…………」
 
僕は、無言で頷いていた。
何で逃げない? ……なんて聞かれて、驚いたんだ。
あの時は――僕も判らなかった。
なぜ、拒否できなかったのか……
僕は……傷ついた狼の、哀しい瞳に……心を掴まれていたんだ。
「……それで、手袋のまま…?」
―――キスもなく……
 
「……アンタ…なんで、あんなにスタッフルームに詳しいんだよ……?」
野暮かも……そうも思ったけど、とことん知りたくなっていた。
この男のこと……
 
 
 
しがみついた胸の中で、目一杯顔を起こして男を見つめる。
「…………」 
 
 
 
見返してきた眼が、不快げに細められた。 
 
「15年もいて……始めの5年は、ヤツの気紛れでどこにでも連れ込まれて、犯られたからな」
 
 

NEXT  Novel長編SS 短中編