真夜中のページ・ボーイ
 
19. もう一つの 罠 
 
旧館に戻ってワゴンを片づけると、シャワーを浴びに行った。
 
 
――――――!
浴室の鏡に映った自分を見て、驚いた。 
全身に、紅い痣が散っている。
 
”俺のモノになれ”
……アイツは、そう言っていた。
 
首の絆創膏にも、目がいった。
それを剥がすと、うっすら消えかけた赤黒い痕。
……ここだけ、チーフのものだ。
イヤだな…嫌悪と一緒に、ズキンと胸に痛みが走った。
 
…………アイツは?
―――レンは、誰のモノ……?
 
顔色を失ったまま、あの部屋に入っていくレンが、脳裏に浮かんだ。
「―――――!!」
蛇口を勢いよく捻ると、シャワーの音が室内に響きだした。
僕はその雨の中で、両耳を塞いで床にしゃがみ込んだ。 
立てなくて…… 
いつまでも、蹲ったまま泣き続けていた。
 
  
 
 
  
  
 
 
「……………」
目覚ましを止めて、なんとか起きる――いつもの朝。
 
最近はやっと慣れて、起きたときにココがどこか、判るようになっていた。
天井からぶら下がる裸電球を、ぼんやりと眺めた。
 
「―――――」
 
両腕を持ち上げて、目を覆った。
昨夜のことを思い出してしまい、胸が痛くなって……
困っていた、レンの顔が浮かんだ。
僕を見つめて……何か言いたそうに、唇を動かした。
 
あの時、僕はやっと気が付いたんだ。
お互い、名前を教えてなかったってこと……
知ってると思ってたから。僕のフルネームなんて……。
 
 
――キケン、キケン…… 
僕の中で煩いほど鳴り続けていた、真っ赤なダブル・シグナル。
それはもう、点滅も警報も止めていた。 
今は、あの哀しく揺れる琥珀色……ダーク・イエローばかりが脳裏に浮かぶ。
停止線を越えてしまった僕は、もう止まれない。
 
アイツのエリアに飛び込んだからには、もう、直進するしかないんだ…… 
 
 
 
 
 
 
「朝倉さん、織部宗司ってお客様、知ってます?」
早朝ミーティングの後、朝倉マネージャーに早速訊いてみた。
 
「ええ、別館に泊まってる方よね?」
 
―――――!!
 
「? ……どうしたの?」
「え……いえ……」
 
こんなにも、あっさり認められるなんて。
いくら探しても出てこなかった、謎の男の所在……。
 
表向きの世界では、違うキーワードで存在していた。
ただ、それだけだったんだ。
 
「……どんな方ですか? そのひと」
「――須藤君、別館のこと、あまり興味持っちゃ駄目よ」
 
「―――は?」
「この間から、bP01のこと何か言ってるし。織部様のことまで、聞いてくるなんて」
 
暗く陰った瞳で、小首を傾げながら僕を見る。
「……どういう……」
「泊まっていることすら、シークレットのお客様も多いの。あんまり立ち入ると、危険だから……」
 
――――!
身体がビクッと、反応してしまった。
”危険”
朝倉マネージャーの口から、そんな言葉が出るとは、思いもしなかった。
 
怯えた僕の顔をもう一度覗き込んで、朝倉さんは微笑んだ。
「……ごめんね、脅しちゃって。でも、覚えておいてね」
「……はい」
「織部様は……”織部宗司”は、織部財閥の創設者、織部昭造のひ孫に当たる方で、自分が使っていた部屋をそのまま、可愛いひ孫のために、一部屋借り切ってるって噂よ」
 
「……織部財閥!?」
 
「ええ…私が知ってるのも、これくらい。あまり表には出てこない話題だから……」
 
―――――。
 
「須藤君、元気になったね」
言葉を無くしてる僕に、朝倉さんは急にそんなことを言い出した。
「えっ……」
―――元気? ……今日も寝不足で、かなり辛いけど……
洗顔の時、鏡の中の僕は、泣きはらした酷いカオだった。
「……そうですか?」
「うん、目がぱっちり開いて、顔が明るい」
ふふ、と微笑んでくれる。
「…………!!!」
僕は再び言葉を無くして、赤面した。
―――そんな顔になってたんだ、僕……
我ながらゲンキンなもんだと、ちょっと情けなくなった。
昨日も一昨日も、ヤってることは同じ。
ただ、アイツをちょっと、正面から受け入れただけだ………
  
 
 
 
―――それにしても……
 
マネージャーにお礼を言って、フロントに走りながら、また一つ抱えた疑問を反芻した。
―――織部財閥……
僕でも知ってる、その名前。あまりいいイメージは無い。
傘下には暴力団の名前も聞く。
 
でもそれより……アイツの仮名が、実在する人物の名前だったってことに……驚いた。
老人が付けたって、言ってたくせに……!!
せっかく掴んだと思った、あの男の正体……どこまで行っても、得体が知れない。
 
独りぼっちの、寂しい狼……
  
……そう見えたんだ。僕には……
だから、僕は……
 
 
 
「須藤! ……なんて顔してんだ!!」
―――えっ? 
「顔洗って、出直してこい! そんなザマで、客の前に立つな!」
声の方をみると、狩谷チーフが目を吊り上げている。
「おまえ、ほんとヤバイって。……早く行ってきな」
横にいた他のベルも、僕の脇腹を小突いた。
「……………」
言われている意味が飲み込めず、ろくに返事も出来ないまま、踵を返した。
 
 
たったさっき、朝倉さんに元気になったって、誉められたのに……!
通路を走りながら、ギュッと唇を噛んだ。
―――アイツ……レンは、ウソを言ったのか……?
僕に全部を見せたんじゃ、なかったのか!?
そこにショックを受けていた。
 
―――財閥の……ひ孫……?
僕の中のセンサーが、また不可解さを訴えている。
――変ダ、変ダ…何かがオカシイ――
 
……いったい何が真実なんだよ……!! 
 
 
 
言われたとおり、真っ青になっていた僕の顔は、見れたモンじゃなかった。
顔を洗ったって、どんなに仕事が忙しくたって、強張った僕の心は、晴れはしなかった。 
何かが挟まったような不快さを抱えて、一日が過ぎていった。 
 
休憩時間は、自分の仮眠室に戻った。
遠くて面倒くさいけど、休憩室に……あそこにいるのはもうイヤだったから。
もう、チーフに触られたくない。
脅されるのも、視姦されるのも、それ以上も……何もかも、嫌だ。 
 
 
 
自室で休んでいる時も、頭は堂々巡りを繰り返していた。
答えのでない疑問を、勝手に反芻し出す……。
僕が拘っているのは、レンを信用出来ないかも――ということだった。
そんなことない――という気持ちが、別方向から突き上げる。
 
―――交互に点滅していた、ダブル・シグナル。
今また、僕のセンサーは二つの臭いの間で揺れていた。 
 
その中でふと、新しい疑問が湧いた。
――レンの……名字は?
 
僕は、愕然とした。 
付けたのが、下の名前だけだったとしたら……
朝倉さんの言ってる事が、本当だとしたら……?
 
ひと月何十万という別館の一室を、十年以上借り切る、二つの勢力―――
レンを取り巻く背後の大きさに、背筋がゾッとした。
 
”雁字搦めだろ”
制服のことをそう言った後のアイツの、皮肉に歪めた顔。
”悪趣味だよな”
最後は、そう吐き捨てていた……。
 
僕を拘束して何かしようとするとき、辛そうな顔を一瞬見せたり――
あれが、僕に変な違和感を起こさせたんだ。
 
―――自分を見てるようだったのか…… 
―――雁字搦めなのは……レンなのか……? ……この”不夜城”に…… 
 
 
溜息と共に、目を瞑った。……目眩を起こしそうで。
閉じた瞼の裏側に、暗く翳る…琥珀が揺れる――― 
 
 
  
 
「…………レン」
声に出したら、目尻からも涙がこぼれ落ちていた。 
 
  

NEXT  Novel長編SS 短中編