真夜中のページ・ボーイ 
 
21. リスクと代償 
  
―――はっ!? ……身体で……虜……!? 
 
 
  
ビクンと、身体が揺れてしまった。
レンは目隠しの手をそのまま、背中に回した方の腕で、僕を押さえ込んで抱き締めた。
宥めるように、肩をさすってくれる。 
 
「織部は……何をするか判らない。俺は、そっちの方が怖かった」
「…………」 
「毎晩……どこに監視が居るか判らない中で……101に通っては、ヤツのいいように、玩具にされた」 
 
「逃げるどころじゃない……俺は自分から…誘って……」  
 
 
 
「もういい!! …………もういいよッ!!!」
僕は叫んでいた。
 
 
  
―――聞くに堪えない! ――もう充分だ!!
…… ”誰” だって?
…… ”何者” だって!?
 
 
……名前も存在も許されない、雁字搦めのゴースト……ただそれだけだ…… 
レンが最初から、言ってた通りじゃないか!! 
 
 
 
レンの掌の影から、僕の頬に幾つもの、熱い筋が伝っていた。
 
「ごめん……レン……」  
言わせて、ごめん……信用しなくて…ゴメン
胸がキリキリと傷んだ。
 
 
 
―――こんな事まで、言わせる必要なかった!!
もともとホテル内のレンの話しなんか、全部嘘っぱちだったのに!
なんであそこで、そっちを信じたんだ……
なんで僕…レンを疑ったんだ……!
 
 
 
 
レンが目隠しを取らないから――― 
半端に上を向いたまま、その身体にしがみついて、僕は謝り続けていた。
「ごめん……ごめんなさい」 
 
 
「晃也……お前も、もういい……」
 
 
もう謝るな……
その言葉を口付けに換えて、唇を塞いできた。
 
…………レン
 
入ってくる舌を受け入れて、僕は……僕たちはいつまでも舌を絡め合った。
言葉を発さないよう……
無用な声を、封じ込めるよう…… 
 
 
「ん……んっ……」 
 
レンの手が、僕のシャツの下に入ってきた。
相変わらず、僕だけ下を脱いでいて、レンはしっかり着込んでいる。
僕は負けじと、厚い胸元に手を伸ばした。キスを続けたまま、お互いの服を剥いでいく。 
 
―――うわ……温かい…… 
 
素肌で抱き締め直された。
レンの肌の熱が、直に伝わってくる。
触れている面、すり合わせている部分、全部がそれぞれ気持ちいいって言っている。
 
指先…腕…胸…頬……、太股……ふくらはぎ……踵………そして、腰……… 
ソファーの上で、脚を絡め合った。 
 
「レン……気持ちいい」
「…………」
「初めてだよね……」
こんな、二人が裸で抱き合うの……
あんなに何回も、僕……いかされていたのに……
 
レンの掌が、僕の背中をさする。
「いや……俺は……」
何かを、言い淀んでいる。
 
「……?」
「初日……ワインで酔い潰した後……お前を抱いた」
――――――!!!
「散々抱き締めて―――堪能した」
「……!!!」
熱くなっていた身体が、もっと熱くなった。顔から火を噴くかと思うほど、頬が燃え上がった。
 
「あれは……ひどい」
絞り出した声は、そんなことしか言えなかった。
 
「ゴメン……な」
そっと、耳にキス。
「ッ……!」
首を竦めて、胸に顔を埋めた。
いつものコロンの名残が、仄かに香っている。でももっと、本当のレンの匂いがした。
「……うん……これで、あいこだ」
―――そう思って、いいよね。 
 
レンの唇が、本格的に僕の身体を這い回り始めた。
「んっ…」
敏感な部分は、勝手に身体が反応してしまう。
すっかりレンの手に慣らされた、僕の身体。次にくる快感に期待して、震えるようになっていた。
 
脚を開かされ、中心に降りていく舌と唇……
指先は、太股の内側や脚の付け根を撫で上げる。
核心に唇が触れた。……熱い吐息。
「んっ……ぁあ……」
僕も熱い息を吐く。
僕の指先も、レンを欲した。腰の上の頭に辿り着き、両手を乗せた。
「…………」
ぴくりと、レンが反応して、愛撫を止めてしまった。
「……ぁ…イヤじゃない……続けて…」
思わず言ってしまった、恥ずかしい言葉。唇を噛んで、言葉を止めた。
「……」
動かなくなった頭…指先を滑らせて、ウェーブしてる髪に差し込む。そっと梳いてみた。
「んぁ……」
熱い息と共に、再び舌が蠢き出す。僕を舐め上げて、震えさせて…。
……あぁ……
後ろを解し出す。指が奧を探る。……優しく僕を開いていく。
 
「晃也……」 
 
低い、掠れた声で呼ばれた。
それだけで、背筋がゾクリとした。
 
「……レン」 
  
……ん…………はぁ…… 
 
熱いレンが、僕の中に入ってくる。
ゆっくり、ゆっくり……僕を傷つけないように、いたわるように……でも、それこそが、僕を刺激する。
「ぁ……ぁああっ……」 
背中を反らせて、膝を開いて、ゆっくり、ゆっくり……僕も、受け入れていく。
――熱い…すごい熱い……!
そこから疼き上がる快感が、背中を貫いていく。
 
この間、初めて気持ちがよかった……
でも、今日はもっと気持ちいい……
だって、僕たちは……もっとずっと奥深くまで、繋がることが出来た。身体だって、そうだ。
今は、二人を遮るものは布一枚、ないんだ……
 
「……晃也」
レンの心配そうな声。
薄目を開けると、揺らめく明茶色の琥珀が目の前にあった。
「…………」
僕は微笑んで、腕をレンの首に巻き付けて……。
その唇に、キスをした。
―――僕は大丈夫……そう、伝えたくて……
 
「ん……あッ……ぁああ…」
 
レンの腰が動き始めた。
腹の奧に刺激が来る。身体が高まっていく。
「レン……レン……」
 
「…………晃也」
 
お互いを呼び合いながら、深く深く……身体を繋げ合った。
「レン―――気持ちイイ―――ぼく……も……いく…」
打ち付けに全身を揺さぶられながら、喘ぎ喘ぎ、懇願する。
 
「晃也……あきや……」
 
「んぁ……あぁっ……!」
反り返っている屹立を扱かれ、後ろは激しく出入りされて……僕は絶頂を迎えた。
レンの手の中で、びくんと震えて、白濁を飛び散らせる。
 
―――んっ…!
レンも僕の中で達したのが、わかった。
 
 
 
「…………はぁ……はぁ…」
ソファーに寝たまま、抱き合った。
荒い呼吸が静まらない。胸が激しく上下している。
 
 
「……レン」
目の前の鎖骨に唇を押し当てながら、僕は謎だった男の名前を呼んだ。
「……なんだ」
汗で張り付いた僕の前髪を掻き上げてくれて、上を向かされた。
「僕……ベルマンは、辞めたくない」
「…………」
「それでも……いい?」
「………2ヶ月で、居なくなるんだろ」
 
見つめ合う瞳が、揺れる。
「……ここの…専属になるようにしてよ……このホテルの」
「…………」
「旧館でいいから。……アンタなら、できるだろ?」
 
狩谷チーフを一言で、左遷に追い込んだ男。
その権力行使は、たぶん僕だけのためだ……
なのに、何故か苛つく。つい、言葉がキツクなった。 
 
「………………」 
レンの目が、更に揺らめいた。
 
――――?
胸がざわつく。
この目は、いつも感じた違和感と同じだ。
強がりながらも、啼いている――
……なんで、今?
 
僕はしがみ付いて、レンを見つめた。
権力行使が……問題なのか?
本当は僕だって、そんなことするヤツ、嫌いだ。名前に物言わせて、圧力をかけて……
そんなの、ヒトを下に見ているヤツの、やることだ……って―――
 
 
――――あ……!!
ニブイ僕は、やっと判った。迂闊な自分に腹が立った。
 
……違う、そんなんじゃない!
……むしろ、反対なんだ―――
 
 
傷ついてるレンを、もう一度見つめた。
老人達の道具にされながら、自分を保って来たレン……
何をされても、どう利用されても、多分レンは、その報酬を突っぱねてきたんだ。
気持ちだけは、潔白でいようと……!
 
なのに、ここに来て……レンは僕のために、その立場を行使したんだ…… 
僕のせいで……その立場を利用したせいで……本当に、受け入れた形になってしまった!
 
――老人の愛人であり、弱みでもある……自分……
その性を虜にするべく、道具として、自分の意志でそこに居る。
織部財閥の、道具として――― 
 
そんな、屈辱的なこと……僕のせいで…… 
  
 
 
「レン……ごめん……」
レンが守ってきたもの……
譲らなかったモノを、捨てさせたんだ……
 
それなのに、もう一回それをヤレと、偉そうに言ってしまった……!
 
涙が止まらない。
「ごめ……ごめんなさ―――ぅう……!」
胸を拳で叩いて、泣き続けた。
そんなこと、して欲しくなかった!
 
 
レンはいつでも、横柄で凶暴で……そうでなきゃ、いけないのに……!
 
 
 
あんなチーフの為に、レンは自分を貶めてしまったんだ…… 
 
 

NEXT  Novel長編SS 短中編