真夜中のページ・ボーイ
 
22. 二人で 
 
「晃也……それは俺が、決めたことだ」
 
 
僕の手首を掴んで、叩くのを止めさせた。
「なんで!? 勝手にやるなよ、そんなこと!」
泣きながら、僕は叫んだ。
「頼んでないだろ!! ……こんなこと、誰が望むと思ってんだよッ!!」
  
そんなことなら、さっきの言葉も撤回だ!
愚かなことを軽はずみに言った自分を、繰り返し心が責める。
 
「レンの馬鹿野郎ッ! 勝手に……勝手にッ!」 
胸に顔を押し付けて、僕は叫び続けた。
  
 
ベルマンを辞めるのは、ほんとはちょっと辛い。
総てを捨てて闇世界に飛び込むのも、不安がある。
 
僕まで闇の世界に、入り込んでしまったら……
レンがもしおかしくなったとき、冷静な判断が出来ない――
僕だけでも、外の世界と繋がっていなくちゃいけない気がするんだ。
この迷宮から、抜け出すためには―― 
 
でも……でも―――― 
哀しい瞳。
レンに、そんな顔、させたくない。
 
 
 
「晃也……顔を上げろ」 
優しい声に目線を上げると、困ったように眉を寄せているレンがいた。
「俺もお前と同じくらい、お前にそんな顔……させたくないんだ」
両頬を掌で挟まれて、覗き込まれた。
「…………」
「狩谷を俺は許せなかった。……お前に、そんな顔させてまで、ベルボーイを辞めさせたくはない」
 
…………………。
 
「……そっちの方が、15年間保ってきた俺のプライドより、ずっと重い。―――ただ、それだけのことだ」
 
「―――でも……!」
「うるせえ」
 
まだ反発しようとしたら、ギロリとした眼で睨まれた。
「俺の言うことを聞け!」 
 
「…………………」 
凄んでみせるレンを見つめるけど、……もうちっとも怖くないよ、そんな顔……
 
また、涙が溢れてきた。
頬に触れるレンの手が、大きくて、温かくて……
 
 
 
 
 
「レン…………僕の人生……レンにあげる……」
 
「…………」 
 
 
 
 
 
「だから、今回また……心を潰すことになっても……悲しまないで」
 
「…………」
 
 
「手に入れた代償の方が、絶対大きいから……」
「――――」
 
揺らいでいた双眸が、細められた。苦しげに眉が寄せられて。
僕にどれだけの価値があるかなんて、わからない。
そんな偉そうなこと、言っちゃっていいのかも……
でも……
 
 
「……僕、毎晩来るよ。……レンのために」
 
深夜零時から、わずか一時間くらい。
毎晩、そこがレンの癒しになるように……
待ち続けたこの男が、いつか救われるまで……自由を手に入れるまで……
 
「僕も……一緒に待つ」
 
それが、何よりの代償のはず。
もう、独りじゃないんだって……いつも、実感して欲しい。
 
「……一緒に、この無限回廊を、抜け出るんだ」
 
 
「―――晃也」
しがみついて泣き続ける僕に、レンも抱き返してくれた。
肩口に額を押し当てて、顔を埋める。
 
「お前が……俺の鍵になる」
「……うん」
「なにがあっても、俺が俺で居られるのは、お前がいてこそだ」
「……うん」
「俺が俺のまま、中埜御堂に成り代われるなんて、思いもしなかった」
 
「……うん」
――そこは……諦めてないんだ……。
――復讐を誓う男。……その眼は、やっぱり哀しい。
 
 
 
 
 
「鍵って言えば……」
「…………」
「僕……答えは……シークレットキーは、レンそのものだと、思ってた」
「…………うん?」
 
不夜城の迷路は……総てbP01のこの男に繋がっていると、思った。
”謎の男”という鍵さえ開けられれば、出口の扉は開くと、思ってたんだ。 
その外側に、もう一つ罠が張られていたなんて……
 
「この迷宮の出口……。鍵である、レンが彷徨ってるなんて……想像も付かなかった」
眉間にシワが寄るほど、顔を顰めてしまった。
 
「だから……お前に……」
レンも、目を細めた。きらきら入れ替わる黄金と明茶……
 
その色は、寂しくなかった。
暖かい、喜びの光……
 
 
 
……僕の、オオカミ……
 
 
 
「……わらった」
 
「――ああ……」
 
「初めて、見た……」 
 
「―――15年振りだ」
 
また、笑った。今度は白い牙まで見せて―― 
 
僕の狼―――
これからどうなっていくかなんて、わからない。 
あまりに背後が大きすぎて。
 
でも…… 
真のキーポイントは、あの老人だと思う。
レンをゴーストとしてこの不夜城に縛り付けている、諸悪の根元……
アイツがどうにかなれば……織部一族だって、変わるんじゃないか。
 
だって―――
こんな一匹狼に、何が出来るって言うんだ――― 
 
「レン……」 
その瞳を、真っ直ぐ視界に捕らえる。
ウェーブする前髪を、そっと掻き上げて、その奧を覗き込んだ。
「レンに会えて、よかった」
この魂を救えるのが、僕で……
 
「この目をした蓮が……大好き」
 
「…………」
大きく見開かれた琥珀は、また光を多く取り込んで、いっそう輝いた。
「俺もな……威勢ばっかりのお前が…………」
 
―――えっ!!
 
僕は赤くなって、身体を少し離した。
「それ……嬉しくない」
それを言うなら、レンだって、とんだ強がりの見栄っ張りのゴーストだった。
「レンが……怖かったよ……」
「……ごめんな」
「……うん」
 
抱き締められて、耳に熱い息がかかって……
いつまでも、離れられなかった。
 
タイムリミットは、アイツが起きてしまうまで……
五感全体で、部屋の奥の物音に神経を尖らせながら……
 
僕たちは、毎晩こうやって、抱き合うんだ。
 
 
 
 
 
僕は、真夜中のページ・ボーイ
 
 
 
僕だけの主人のために、毎晩オーダーを運ぶ。
僕が来たよ、と、主人を呼び出す…………
 
繰り返される、夜毎の天国と地獄の饗宴。
 
 
ホテル不夜城は、この先もずっと、そんな客たちを静かに見つめて、飲み込んでいく。
その懐に、何もかも隠して。
音さえも漏らさず…… 
 
 
ただ、光だけを煌々と照らし続ける。 
丘の上への誘導光を、放ち続ける。
 
 
 
 
新たな獲物を、呼び寄せるように――――
 
 
 
 
 
 
そして僕は今晩も……bP01の扉を叩く―――
 
 
用意周到に、準備するために。 
二人が幸せになるために。
 
  
 
 
 
「失礼します。ルームサービスをお持ちしました」
 
 
 
 
END   

長編SS 短中編