真夜中のページ・ボーイ
 
5. 
 
「自分で脱げ」
 
耳元の声は、非情だった。 
「…………」
全裸も恥ずかしいけれど、脱ぎ途中のTバック姿も、見られたくない。
「……シャワーを貸してください」
僕としては、せめてもの願いだったのに。
「何を言ってる。浴びてきたんだろ? シャンプーの匂いがするぜ」
「あ…………」
耳の後ろに顔を押し付けられて、首を竦めた。
―――そうだ。気を落ち着かせようと、出がけに熱いシャワーを浴びたんだった。
 
「―――っ!」
僕は真っ赤になってしまった。
用意周到だと、勘違いされただろうか?
こうなることを予想して、準備してきたと……
 
「早く脱げ!」
狼狽した僕には取りあわず、イライラした声で命令してきた。
「………………」
僕はしょうがなく、ゆっくりと立った。
ソファーでふんぞり返っている男を睨み付けながら、首のタイを外した。
丁寧にローテーブルの端に置いていく。
ベストの首を繋ぐチェーンを外し、ボタンを外す。それを脱いで、畳んで置く。
靴下を脱いで、テーブルの足元に置く。
迷ったけど、シャツの前にスラックスを脱いだ。
そして、インナー。
上半身にシャツ一枚だけになったとき、男が笑った。
「……イイ眺めだな」
「――――」 
僕は取り合わず、手首のカフスボタンを外した。前のボタンもゆっくり外す。
肩を滑らせて脱いだシャツを、丁寧に折り畳んでスラックスの上に重ねた。
 
時間稼ぎをしているつもりはない。
……ただ、羞恥心を抑え、泣き喚くことなく自分で立っているには、こうするしかなかった。
 
「………………」
それでも、最後は顔を背けてしまった。
一糸纏わぬ姿になり、恥ずかしさで、背中を伸ばすのが精一杯だった。
睨み続けることなんか、できない。
噛み締めた唇が震えた。
 
 
「……なかなかいい根性してるな、お前」
薄目にして僕を眺めていた男は、低い声でそう言って笑った。
「オイルを持って、こっちへ来い」
「…………」 
 
ソファーにふんぞり返っている男の前に立つと、男はオイルのビンを受け取りながら、意地悪く口の端を上げた。
「脚を開いて、俺の膝に跨がれ」
「――――!!」
 
膝にって……。
大股を開いて座っている男を見下ろす。
――こんなトコに、座ったら……
戸惑っていると、また怒鳴られそうだった。
眼を合わせなくたって、わかる。
苛ついた双眸が僕を、睨み付けている。
「…………」
僕は両手の拳をグッと握り締めると、言われたとおりに跨った。
想像以上に開いた僕の両脚は、恥ずかしい局部を晒け出してなお、外側へ引っ張られた。
「…………」
「こっち向け」
横に反らしていた顔を、ぐいと正面に向けられた。
「―――っ」
近い距離で、睨み合う。
凶暴に光る琥珀が、また僕を吸い込む。
 
「そのままでいろよ」
目を細めて笑うと、男は僕の顎を捕らえたまま、反対の手を背後に回した。
「――あッ」
指が背中をつ…と、なで下ろし、そのまま後ろの中心に這っていった。
「……んっ……」
そのまま入ろうと、下から押し上げてくる。
「や……ムリ……です…」
濡らしてもいない。いきなりそんなことしたって、痛いだけだ。
僕は腰を捩って、嫌がった。
「動くな」
鋭く一瞥されて、身体が竦んだ。
視線も反らせないほど強引に顎を掴まれている。
危険な光を帯びた目の中に、獰猛な影を見た気がした。
――言うことを効かないと、何をされるか判らない。
そんな恐怖が湧いた。
――危険、危険――
警報がまた鳴り出す。
 
何で僕は、あそこで逃げなかったのだろう。
何故、部屋に入ってしまったんだろう。
 
警報を聞きながら、それを無視した自分に疑問を抱いた。
 
「……何を考えている」
男が、顎を掴む手に力を入れた。
「……貴方のことです」
 
僕は負けじと、睨み付けた。
やり場のない両手を、膝の上で握り締めて。
「貴方に従っている自分が、悔しいです」
「はっ……、あんなビデオ、見せられりゃな」
下卑た声で、低く嗤う。
 
――あんなビデオ……
それもある……あんなの!
悔しくて、眉を寄せた。思い出したくもない!
……でも、それだけじゃないんだ。
僕のこの警報は、もっと違うことを警告している。
 
――荷物を纏めて、このホテルから逃げろ――
――この男から、逃げろ――
 
そんなことして、あのビデオを裏社会にバラまかれたりしたら、大変だ。
でも、それ以上に、ここに居続ける事の方が、危険なんだ。
 
点滅し続ける危険信号は、そう警告していた。
 
「ぁあっ……」
急な刺激に、思わず声を上げてしまった。
男の指が、後ろから入ってくる。
今度はオイルを使っていた。
「んっ……ぁあぁ…」
さっきとは違う感覚に、また腰が逃げを打つ。
入り口の壁を突き抜けて入ってきた指は、中を探り出す。
内壁をなぞり、更に奧を目指す。
出し入れされるたび擦れて、変な感覚が湧いた
「…………っ!」
唇を噛み締めて、声を抑えた。
「どうした? もっと鳴けよ」
顎を揺すってくる。
僕は細目で男を睨み付けると、短く言った。
 
「早く終わらせてください」
 
「――――」
男の手が止まった。
僕の目を、覗き込むように見る。
興醒めしたように、その眼からは獰猛な光が消えていった。
 
――恐い
 
殴られるか。どんな酷い仕打ちを受けるか。
でもとにかく、こんなのさっさと終わりにしてほしかった。
――明日はまた仕事があるんだ。
 
 
「はっ……ほんと、いい度胸だな」
片頬を歪めると、顎の手を離した。
「…………っ!」
同時に後ろを突き上げてくる。
あまり慣らさず、指が増やされていく。
「ん……ぁあ……」
どうしても、声が漏れてしまう。
僕は必死に唇を噛み締めて、首を振った。
出るたび、入るたび、身体の奥の方で、何かに火が点いたようにチリチリと熱くなる部分がある。そこを擦られると、思わず後ろを締めてしまう。勝手に力が入るんだ。
そうすると余計刺激が強くて……
「ぁ、……ぁあっ……」
背中を仰け反らせて、身体を震えさせた。
男に触りたくもない。
やり場のない手は、自分の太股に爪を立てていた。
「おまえ、想像以上だな……」
「…………?」
ちらりと目線をやると、真っ直ぐな琥珀色が余りに近く、驚いて仰け反った。
「んっ」
追いかけてきた唇に、呼吸を塞がれた。
背中を抱えられ、それ以上逃げられない。
指はますます、突き上げを激しくした。
「んんッ……!」
体内から熱く湧き上がる疼きが、背中を這い登る。
僕の中心で小さく揺れていたものが、上を向きだしていた。
「―――ぁ……?」
不意に指を抜かれ、身体も突き放された。
少し開いた身体の隙間で、男は自分のズボンの前を開けた。
「…………!」
「ここに座れ」
 
取り出したそれは、既に反り返って血管を浮き上がらせていた。
――ちょっと待って……
大きすぎる。そんなの入るかって……
 
「早くしろ!」
 
「…………っ」
昨日は酔っぱらっていて、判らなかった。
でも、コレを入れられていたんだ。
 
顔を下に向けたまま、目線だけ上げて男をもう一度見た。
知らずに、生唾を飲み込んでいた。
「昨日より、痛くはしねえよ」
そんな僕を嗤う。
また双眸に、凶暴な光が宿っている。
オリーブ油をたっぷりと、後ろに塗り込められた。
「ん……」
指が出るとき、また呻いてしまった。
 
「もっと腰を出せ」
「……ん……くぁ……」
 
重力が手伝って、ヤツが僕の中に入ってくる。
メリメリとこじ開けながら、さっき指が擦っていたところを容赦なく触る。
「あっ、ぁああッ……!」
堪らなく、声を上げてしまった。
バランスが取れなくて、男の肩にしがみつく。
全部を飲み込んで、男の腰に座り込んだあとは、もうそれ以上動けなかった。
  
「そのまま、抱き付いてろ」
男の掠れた声が、荒い息と共に耳元で響いた。
「んぁああっ……」
腰の両側を掴まれ、持ち上げて落とされた。
同時に、下からも突き上げられる。
もの凄い衝撃。
中を擦る刺激が、僕を襲う。
「や……ぁああ……」
男の肩を掴んだまま、身悶えて背中を反らせた。
「――あッ」
晒した胸の中心に、舌が這ってきた。
ゾクリと腰が疼く。
「やっ……やめ……」
ますます絞めてしまった後ろに、自分が苛まされる。
「いい顔してる」
にやりと嗤われて、悔しかったけど、何も言い返せない。
―――早く、終わらせろ……!
揺さぶられながら、それだけ祈った。
でも、そんな僕をあざ笑うかのように、男は僕を攻め続けた。
「ぁぁあ――くっ……ぁあ……」
押し殺した喘ぎが、妖しげな水音と共に、部屋中に響く。
「そんな声もいいが……」
不意に、耳に囁かれた。
「―――ぁあっ」
腰を持ち上げられ、ヤツが抜け出た。
急に消えた圧迫感に戸惑った瞬間、ソファに向かって四つんばいにされた。
「……ッぁあ……!」
後ろからもう一度、貫かれる。
閉じようとした蕾を、腸壁を無理矢理こじ開けて、また中を擦られた。
目の前で火花が散ったような衝撃が、体中を駆けめぐった。
「…あぁ……ああっ、………あああ!」
さっきとは違う角度で、剔ってくる。
体内で擦られる部分が、勝手に喜びに震える。
僕は声が嗄れるほど、際限なく啼かされた。
「おまえ……最高……」
また耳に囁かれた。
ビクンと、心が震える。
すでに身体を支えられない腕はソファーの背もたれにしがみつき、膝で座り込んでいた。
腰だけ高く突き出して、男のなすがままだった。
「ぁ……もう……やめて…………くだ…」
「ああ、イかせてやる!」
 大きい掌が、完全に勃ってしまっている僕の中心を握り込んだ。 
「……ぁあ……!」
激しく上下し出す。
「……んぁああっ!」
堪らずに、首を振って感覚を散らした。激しすぎる。
無遠慮に、どんどん高められていく。
―――あッ……イク……
こんなヤツの手で! 一瞬過ぎる躊躇も、快感の波には勝てなかった。
「ああぁッ……!」
 
体内に熱い滾りを注ぎ込まれる。
僕も男の手を白濁で汚した。
 
はぁ……はぁ……
解放された身体は、ソファーに座り込んだ男の上に崩れ落ち、動けないでいた。
上品なシャツから、コロンの香りがほのかに匂っている。
僕だけ全裸な事に、改めて思い知らされた。
羞恥と、悔しさが僕を襲う。
なんでこんなヤツの言いなりに、ならなきゃいけないんだ……!
 
 
――そうだ、なんで僕なんだ……
なんで……塩崎さんがいるのに……。
 
 
塩崎さんがこんな目に遭って欲しいワケじゃない。
でも、あの人を差し置いて、なんで僕が101に呼ばれるんだ?
「…………」
僕は顔を上げて、男を見た。
この男に気圧されて、肝心なことを訊いていなかったんだ。
「―――?」
僕の目線に、怪訝な顔で眉を寄せたみたいだった。
涙で視界が歪んで、その顔はよく見えない。
  
「……なんで……」
乱れた呼吸で、切れ切れだけど、必死に言葉を紡いだ。
これを訊かなきゃ、僕は戻れない。
 
 
「…………なんで、僕なんですか?」
 
  

NEXT  Novel長編SS 短中編