俺は、こっち。
  

 
「覚えててくれたんですね。僕、存在感ないから忘れられてると思ってました」
嬉しそうに、また笑う。
その笑顔も、誰にでも振りまく。
「……それが嫌なら、しっかりすればいいのに」
つい、言葉は憎まれ口を叩いてしまう。
「教室で、もっと毅然としてりゃいいじゃん。へらへら笑ってばっかじゃなく」
「あは…無理です。僕、気が弱いから」
また目尻を下げる。
なんで、こんなふうに笑ってられるんだ?
俺、ものすごい失礼なこと言ってんだぞ!
「ああ、そう! じゃあ、ずっと嫌われてればいいんだ、ハマチュウなんか!」
それでも止まらない言葉は、どんどんエスカレートしていく。
その瞬間、悲しそうな目で、俺を見た。
――――っ。
胸がさっきとは違う痛みで、締め付けられた。
なんだよ、センセー。…そんな目はナシだ。
 
 
 
 
「ありがとう、瀬良君。だいぶ助かったよ。もう大丈夫」
できあがったプリントをまとめながら、何も無かったみたいにハマチュウは笑った。
「ハマチュウ……俺……」
何か言いそうになって、自分で慌てた。
謝りたかった。今、絶対傷つけたから。
でも、違うことを口走りそうになって、言葉を止めた。
「?」
怪訝な顔で俺を見てくるセンセー。
「……俺、帰る」
その視線に耐えられなくて、俺は逃げ出してしまった。
「あ、うん。ありがとう、本当に!」
飛び出していく俺の背中に、先生が叫んだのが聞こえた。
 
 
 
次の日、ハマチュウと朝っぱらから、廊下で擦れ違った。
「瀬良君、昨日はありがとう」
ほがらかに、笑いかけてくれる。
どの生徒にも、その笑顔で微笑みかける。
相手が無視しても、一向にへこまないその根性が、教室でも目が離せなかった。
どうせなら、その笑顔を必要とする奴にだけ、笑いかければいいのに。
―――例えば俺。
「ハマチュウ。今日もプリント刷るなら手伝うよ」
 
俺はわかったんだ。
昨日、帰ってからすごい自己嫌悪に悩んだ。
ハマチュウをいじめてしまっては、後悔する。
この俺の心は……。
 
 
 
 
「え?」
きょとんとした目を返してきた。
オハヨーと口々に挨拶を交わしながら、男女入り乱れて生徒達が教室に向かって歩いていく。俺もそのまますれ違う一人とでも、思っていたのか。
それとも、俺がこんなこと提案すんの、そんなに変なことか?
「なんだよ。ヒトがせっかく親切に言ってんのに」
じろりと睨んでやった。
ビクリと怯えてから、ハマチュウは笑顔を作った。
「ありがとう」
俺は、赤面するのがわかった。
慌てて下を向く。
「昨日はごめん…」
「え?」
「嫌われてればいいとか、言っちゃって」
「ああ、気にしてませんよ」
柔らかに笑う。諦めてるみたいに。
そうじゃない。俺が言いたいのは…
「……ハマチュウを……嫌いな奴ばっかじゃない」
なに言ってんだ俺。全然フォローになって無いじゃないか!
頭がカーッとしてきた。
丸く見開いた目が、俺を見ている。
何を言うのか、待っているように……
 
「俺……ハマチュウが…好き」
 
その眼を真っ直ぐに見返しながら、つい言ってしまった。
そして、その場にいられなくなった。
踵を返すと廊下を走って逃げた。
 
 
――言った!
 
 
教室に逃げ込んで、机に着いた。
心臓がまだドクドクしてる。
「うっす、ヨウスケ、昨日は災難だったな」
早速昨日逃げた連中が、話しかけてきた。
「お前ら…裏切りものめ」
睨み付けながら、本当は感謝したいくらいだった。
だって、ハマチュウと二人になれたんだから。
「なあ、カンハマの噂、知ってるか?」
「噂?」
「あんなんでも、彼女できたらしいぜ」
「マジ!?」
ダチと、言葉がはもった。
でも、俺の心境はこいつらとは、全然違った。
「あんな、甲斐性なしでも、オンナって、できるんだな~」
ゲラゲラ笑っているのを横目に、俺の腹は落ち着かなかった。
確かめたい。
 
 
 
放課後を、待ちに待った。
「瀬良君、ほんとに手伝ってくれるの」
職員室に行くと、嬉しそうに目を細めるセンセー。
俺は無言で頷いて、さっさと職員室から出た。
何か言うと、怒鳴ってしまいそうだったから。
慌てて後ろからついてくるハマチュウ。
「なんか、用があるなら、無理しなくても…」
そんなこと言いながら、印刷室の鍵を開けている。
俺の機嫌が悪いのを、何か勘違いしてるのか。
 
「ハマチュウ…彼女いるんだ?」
ドアを後ろ手に閉めて、なるべく静かに聞いた。
抑さえすぎて、声が震えた。
俺を見て、目を丸くしている。
そして、いつもの困った微笑みで答えた。
「彼女って…びっくりした。……まだ、そんなじゃないですよ」
「……まだ? ……好きなの? そのオンナ…」
「こらこら、そんな言い方、子供がしちゃいけません」
ヘラヘラ笑いながら、言ってはならないことを言った。
「―――!」
確かに、センセーと生徒だ。子供と大人だよ!
でも――!
 
俺はハマチュウに飛びかかっていた。
「あっ!」
どうしたらいいかなんて、知らない。
衝動に任せて、押し倒した。ハマチュウは書類を派手にばらまいて、床に倒れ込んだ。
「せ……瀬良君!」
慌てて俺を押しのけようとするけど、俺は全体重をかけて、上に乗っかると、センセーの唇に自分のを押し当てた。
噛み付くようなそれは、到底キスには程遠かった。
でも、俺はそうせずにはいられなかった。
「ハマチュウ、俺、……好きって言ったよね」
唇を離すと、間近で目を覗き込んだ。
”子供”と言われたのが悔しくて。
目を丸くして、困惑したように眉根を寄せている。
「俺……本気でハマチュウが好き」
また唇に迫ろうとしたけど、今度は止められてしまった。
「いけません。瀬良君…」
「なんで!?」
「それは……」
「俺が男だから? 子供だから? 生徒だから!?」
俺は、噛み付く勢いで食い下がった。
――そんな理由なんて!
「……そうとも、違うとも」
必死で俺の制服を掴んで、止めようとするセンセー。
「なんだよ、ハッキリ言えよ!」
「……君はまだ子供すぎるんです。一時の気の迷いでこんなコトしては、ダメです!」
「―――!!」
俺は悔しくて、唇を噛んだ。
大人ぶったこと言って!
いつもは、俺より頼りなさそうな顔してて!
 
「ハマチュウは大人だから、オンナと色々やってもいいんだ! へえ!」
悔し紛れにそう言った言葉に、ハマチュウが赤面した。
「――――!」
俺の頭はますます訳がわからなくなった。
「やっ……ダメです、瀬良君!」
背はまだ俺の方が低いけど、こんなひょろい身体、押さえ付けられる。
もう一度、唇に噛み付いた。
「……んっ」
知識半分、衝動半分で、舌を突っ込んだ。
「ん……ダ…ダメ! やっぱ、ダメです、瀬良君!」
俺を振り解くと、ハマチュウは情けない顔で、俺を見た。
「君の人生を、僕なんかで汚してはいけません!」
俺はそんな言葉、納得いかなかった。
「……ハマチュウは…俺が嫌い?」
「! ……それは…」 
すごい困った顔になった。
生徒を傷つけちゃいけない。
だから、ホントのことは言えない。
――そう、物語っている気がした。
 
嫌いなら嫌いって、いっそ言ってくれればいいのに。
そのオンナと結婚したいんだとか……
俺を、諦めさせればいいのに。
 
優しい顔して、けっして怒らない。
こんな時でさえ、俺を突き放さない。
いつもそれがいいとは、限んないんだぞ!
ダメな脳味噌には、きちんと教えないとわかんないんだ!
 
それでもセンセーの腕は、俺の肩を押さえて、それ以上近づけさせない。
「ハマチュウ……」
見下ろす俺に、懇願の目を向ける。
冷静になれと言っている。
俺はもう、悔しくて飛び起きた。
今はこれが、限界な気がしたから。
これ以上は、俺が負けて泣き言を言いそうだった。 
 
俺は走って走って、家に帰ると、布団に潜り込んだ。
子供のままごとみたいにあしらわれて、それ以上言い返せない自分が歯痒くて。
 
「陽介? どうした」
兄貴が心配して覗きに来た。
3つ上の兄貴。いつも入れ違いで卒業していく。
 
「……兄貴。キスってどうやるのか教えて」
「………は!?」
俺は布団から出ると、兄貴を見上げた。
「ディープキスを教えてよ」
「………」
驚いた目をまじまじとぶつけてくる兄貴。
「……好きな娘でも、できたのか?」
兄貴らしい口ぶりで聞いてくる。
よしよし、って具合だ。
俺は、真剣に睨み付けた。
「――好き、以上だ!」
 
一瞬、息を呑む兄貴。
「――――」
しばらく睨み合った。
 
 
  
「……腰抜かすなよ。俺様、直伝だ」
にやりと笑うと、俺の前に屈み込んだ。
「………」
顎を掬われ、唇をそっと押し付けられる。
そっとそっと、唇の感触だけ確かめ合う。
そのうち、ちょっと唇を尖らせては、俺の唇をあちこち啄み始めた。
くすぐったい。
我慢できずに、薄く開けてしまった。
「んんっ!!」
舌が入ってきた。
生温かさに、びっくりした。
兄貴の腕が、俺の背中に廻り、身体を密着させる。
もう片方の手は、頭を後ろから固定して、舌先が俺の奧の奧まで届くように、押し付けてくる。
「ん…んんっ……」
俺は胸にしがみつく格好で、だらしなく喘いでしまった。
目が眩む。
兄貴の舌は、俺の舌を右に左に絡めては逃がし、側面を擦りつけてはくすぐる。
時折確かめるように、歯列をなぞっては、また舌を絡めに探り出す。
俺はそのたび、無意識に逃げるけれど、必ず探し出されて、弄ばれた。
腰の辺りがむずむずし出す。
息もどんどん荒くなっていった。
最後は絡め取られた舌を、思いっきり吸われた。
「んん―――っ!!」
思わず、兄貴の胸を拳で叩いた。
「……はぁっ!」
唇を離されたとき、後ろに倒れ込むかと思った。
兄貴の腕が、俺の身体を支えた。
「―――どうだ?」
上から覗き込んで、にやりとまた笑った。
その顔が余裕たっぷりで。
宣言されたとおり、腰を抜かしてしまった俺は、何も言い返せなかった。
 
「言い忘れたけど」
置きみやげに、一言追加していった。
「勃っちゃっても、そこまでは面倒見切れないぞ」
俺は、ますます返す言葉が無かった。
 
 
 
 
 
――――――――――――― 
  
 
 
 
 
 
「ハマチュウ……」
印刷室に、いきなり入った。
待ってたんだ。ずっと我慢して。手伝うって言っても、断られると思ったから。
「瀬良……くん」
その声に胸が締め付けられる。
 
 
  
ずっと、職員室のドアの窓から眺めていた。いつ出てくるかと。
ストーカーだな、なんて内心呆れながら、その場を離れられなかった。
ガラス越しのセンセー。音も声も聞こえない。
廊下と職員室の中は、別世界だった。
薄暗い廊下から、明るい室内のセンセーの顔をずっと見ているだけで、胸が痛くなった。
微笑む。俯く。喋る。お茶を飲む……。
今のハマチュウに、俺は存在していない。
あの笑顔は、俺には向けられない。
 
俺……ここにいるのに……
そう思うと、また胸が痛くなった。
 
 会いたい
 会いたい
 喋りたい
 俺を見て
 俺に笑って
 俺に、話して…
 
おとといの、一緒に印刷をした楽しい時間が、遠い日のような気がした。
 
 

NEXT /長編SS短中編