俺は、こっち。
 

 
「ハマチュウは……俺のこと、どう思ってんの?」
ドアを閉めて、ゆっくり近寄った。
 
「瀬良……君」
急に印刷室に入ってきた俺に、ビックリしている。
どうしていいかわからない…というように、首を振った。
 
「昨日は、はぐらかされたけど、…今日は絶対聞く」
大人としての一般論なんか、どうでもいいんだ。
「俺は、ハマチュウが、俺のことどう思っているか知りたい」
もう一回言った。
にじり寄って、追い詰めて。
センセーは、昨日と同じ、懇願の目で見下ろす。
 
その目にイラついた。
「俺に託すなよ。自分で答えを出せよ!」
怒鳴りつけて、胸ぐらを掴んだ。
「俺、ハマチュウがこんなに好きなのに!」
「しっ! ……瀬良君、静かに……」
こんな時まで、こんな冷静なセンセー。
俺は悔しかった。
俺一人、こんな熱くて。
俺ひとり、こんなやるせなくて…。
「一時の迷いって、なんだよ! 何歳になったらそれが許されるんだよ!?」
「―――!」
悲しそうに眉を寄せる。
俺も悲しいよ、センセー…。
また、衝動が突き上げる。
「……んっ!」
唇を奪っていた。
でも、昨日とは違う。もう噛み付いたりしない。
俺は兄貴にして貰ったとおりに、ゆっくり優しくセンセーの唇を舐め上げた。
昨日はわからなかった、ハマチュウの唇の形。柔らかさ。
一つ一つ、確かめるように啄む。
「せ……瀬良君」
隙をついて、俺に訴えかけるハマチュウ。
俺はもう許さない。とことん、この口を犯してやる。
 
「ん……んんっ」
昨日の俺みたいに、センセーがいい声を出した。
俺は、腰がぞくりとした。
追い詰めた壁に背中を押し付けて、センセーの身体を固定した。
俺は精一杯伸びをして、ハマチュウの舌をまさぐった。
「んっ」
俺も思わず声を出してしまった。
センセーの舌が絡み返してきた。
………あっ!
腰が疼く。
壁に付いた背中を滑らせて、センセーと俺は床にしゃがみ込んだ。
「ん、………はぁっ…」
ねっとりした吐息が、漏れる。
「ハマチュウ……」
「瀬良君……」
俺たちは見つめ合った。
俺の頭は麻痺したみたいに痺れた。
センセーが俺を見てる…俺を呼んでる……
それが嬉しくて。実感に変えていくのが難しくて。
ただ、身体が震えた。
 
「……こんなキス……どこで覚えたんですか…?」
ハマチュウも喘ぎながら、聞いてくる。
「……内緒」
上唇を舐めながら、俺は笑った。
そして、センセーの首筋にもキスをした。
「あッ、ダメです!」
動き出す身体を押さえ込むように、首筋、鎖骨とキスをしながら、シャツの下をまさぐった。
「せ…瀬良君!」
悲鳴の様な声。
「なんで僕なんです? 他の子達は、みんな濱中先生に夢中じゃないですか!」
……はぁ!?
またそんなこと、言ってる。
「………俺は、こっち!」
ハマチュウをじっと見た。
「俺はこっちの方がイイんだ」
「こっち………って」
「あっちは、関係ないだろ? いつ俺が濱中先生の話をしたよ!」
「―――――」
「俺にとって、ハマチュウは、目の前にいる一人だけだ!」
赤面したセンセーは、それでも抵抗してくる。
「……瀬良君は……僕のこと嫌いかと、思ってました」
「!? ―――はっ? 何で!?」
俺は心底驚いて、紅くなった顔を見つめた。
少し恨めしそうな目で睨んでくる。
「だって…いつも僕を、睨み付けて……」
「………………」
「ありがとうっていっても、振り向いてくれなくて……」
「………………」
「でも、授業中、ずっと僕のこと、見てくれてますよね」
俺は、また睨んでしまった。
こんなふうにしか、ハマチュウと向かい合えないんだ。
緊張しすぎて。
「僕は、その目が、恐かった」
恐る恐る手を伸ばしてきた。
俺の頬に、そっと触る。
「僕なんかを、相手にする人は、誰もいなかったから」
「俺、そっちの方が、信じらんねー」
ハマチュウの手に自分の手を重ねた。
「でも、そのおかげで、ハマチュウのお手つきは無しだった」
俺は嬉しくて、笑った。ハマチュウも目を細める。
そうだよ、そうでなきゃ、俺がいくら好きだって、他人のモンだったんだ。
 
「ハマチュウ……」
身体が、どんどん熱くなる。
「でも……やっぱりダメです」
「何が?」
なんだよ、じれったい!
「僕は、教師で……んっ…」
俺はまた熱いキスを繰り返した。
言わせるか! そんな言葉。関係ないのに。
「……はっ!」
激しい舌の吸い合いに、苦しくなった。引き剥がすように唇が離れる。
「ハマチュウ、やらし…キスはバリバリ応えてくんじゃん」
泣きそうな顔で返された。
「俺言ったよね、ハマチュウが好きだって」
その眼を至近距離で睨み返す。
「………」
「先生じゃない。ハマチュウなんだ! 俺、ハマチュウのこと、先生なんて思ってない!」
 
酷い話しかもしれないけど、事実そうだった。
浜中先生、なんて思わない。
いつも笑ってる、愛称が嬉しいなんて言ってる”ハマチュウ”が好きなんだ!
キスだけじゃ、止まらない。衝動が駆けめぐる。
「せら……くん!」
センセーのシャツをめくり上げると、胸に舌を寄せた。
「あっ……」
俺は、笑った。
「センセ、……声出しちゃダメですよ」
涙目のハマチュウが、何か言いたそうに唇を噛み締める。
「しーっ………」
俺はいたずらっ子のように笑って、人差し指をハマチュウの唇に当てた。
そして、また胸に顔を寄せる。
ビクンと身体が跳ねるのが判った。
それだけで、俺の下半身はますます熱くなる。
………ハマチュウ…かわいい。
手をズボンの中に差し込んだ。
センセーのそれも、熱く大きくなっていた。
「ハマチュウ……凄いよ、ここ」
直に握って、扱き上げた。
「ぁっ……」
小さく呻く。
「……はぁ」
俺も息が苦しい。センセーの紅くなった顔を見てるだけでイキそうなくらい興奮していた。
「センセ……俺……」
「あ……待って……解してからでないとっ」
「……ほぐす?」
「……ハイ。そのままじゃ、無理です」
「どうやんの?」
さらに真っ赤になったハマチュウ。
小さな声で、ぽつりと言った。
「濡らして…広げて…」
……そうか。
逸る心が、総てを忘れさせていた。
俺だって、少しくらい知識はあった。
恥ずかしい言葉を言わされたハマチュウは、真っ赤になって小さくなっていた。
「痛くしないから」
俺はそう言って、センセーのズボンと下着を脱がした。
「――――」
息を呑むのが聞こえる。
俺は、ハマチュウの足の間に顔を埋めた。
「ん、…ぁあっ」
めちゃいい声に驚きながら、小さな蕾に舌を入れた。
俺の頭にしがみついてくる。
さっきまで、ドアの向こうの届かない存在だった。
 
俺に触ってる
俺に感じてる
俺に応えてくれた…
 
身体が熱い。心が逸る。早く早く、ハマチュウと繋がりたい。
でも、センセーの前のモノが俺の顔に当たっては、その熱を告げる。
「……ハマチュー…、これ、くわえていい?」
「え…? ……あぁッ…」
ハマチュウの身体が、ビクンと震えた。
俺は訊きながら、答えも待てずに、それを口に含んでしまった。
歯を立てないように、舐め回す。
「アッ…、せら……くん」
腰がすごい震えてる。熱い、センセーのこれ…。
俺の身体も、震えた。
舌の上で引っ掛かるくびれを、丁寧に嘗める。
自分が手でヤルときみたいに、唇で上下した。
「あぁ、…瀬良君……ダメです!」
ハマチューが喘ぐ。俺の髪を掻きむしる。
「お願いです! イカせないでください! 僕はまだ……」
聞いてられないよ、センセー……。
俺はもう、本能で動いてる。ハイ、ここまでなんて、止まるはずがなかった。
「ん、ん、んッ! ……あぁ!!」
俺の口の中で、センセーが大きくなったかと思ったら、いきなり弾けた。
「――――!」
喉の奥まで、届いてしまい、かなり咽せた。
「ごめんなさい、ごめんなさい! 瀬良君……!」
悲鳴のように、声をあげて心配してくる。
「……ハマチュウ、………しーっ」
口の中のモノを全部飲み込むと、俺はまた、いたずらっ子のようにウィンクしながら、人差し指を立てた。
泣き顔のまま、センセーは黙り込んだ。
「センセー、俺、すっごい嬉しいよ。俺の口で、イってくれた……」
「……………」
センセーは、壁に寄りかかったまま、顔をまた、真っ赤にした。
 
俺は再度、顔をハマチュウの足の間に埋めた。
「あ……瀬良君…」
ハマチュウがこの期に及んで慌てるけど、無視だ。
覗き込むと、下の唇が小さく震えている。
思わず、指先で突いた。
「ひゃっ!」
ハマチュウがびっくり声を上げた。俺も、つられてびっくりした。
「センセ、ここがイイんだ…」
指の先をじわじわと、蕾の中に入れてみた。
「あっ、瀬良君…やっぱ、いいです! そこまでしなくても…」
震える声で、なんだかんだ言ってくる。
「センセ、うるさい。……良ければイイって、言ってよ」
指を出し入れし出すと、ハマチュウの身体がしなり始めた。
―――綺麗。ハマチュウ……。
ここに俺が入るのかと思うと、その蕾が愛おしくて堪らなかった。
丹念に愛撫を繰り返す。
俺の拙い動きで、どれだけ解れたかはわかんないけど…。
「ハマチュウ…」
俺の熱いのをあてがって、ゆっくり押し入れた。
「あっ……ああ……」
ん、キツイ……
「くっ………」
センセーも同じなんだ。苦しそうに顔を歪める。
やっと、なんとか俺の全部がセンセーの中に収まった。
 
「ハマチュウ……すげ…気持ちいい」
ゆっくり、動かし始めた。
「あ……瀬良くん………瀬良くん」
俺の名を呼び始める。
「センセ……センセ……好き……大好きだ」
 
俺も譫言のように耳に呟きながら、腰を動かした。
小さな部屋で、肉の打ち付ける音が響く。
「せ…らくん、…もっと、ゆっくり……」
身体を揺さぶられながら、ハマチュウが言う。
ハマチュウのいい声が聞きたくて、また前も扱いていた。
その動きも強引だったかもしれない。
でも……
「無理……」
静かにしろったて、もっと抑えろったて、もうそんなの無理だった。
「うぁ………」
欲望のまま腰を打ち付け、俺はセンセーの中で果てた。
センセーもまた、白いものを俺の手に出した。
そんなのですら、俺は大事だった。
ハマチュウの目の前で、その掌を舐め上げる。
「あ、ダメです、そんなモノ……!」
慌てて手を伸ばしてくる。
「だめ。俺、ハマチュウのコレも全部好き」
また、真っ赤になって、センセーは下を向いた。
「……僕なんかで。……僕なんかが君に関わって…」
「………」
「君は、……素敵に育つよ。それなのに、僕なんてお荷物背負い込んだら…」
「……ハマチュウ」
なんで、こんなに自分に自信がないのかな。
……そりゃ、濱中先生みたいに派手に格好良くはないけど。
髪の毛を揃えて、もうちょっとイイ服を着れば、ハマチュウだって今ほどナメられないのに。
「…僕は、大人だから、僕が我慢しなきゃいけないと、………踏ん張ってたのに」
「――――」
「君の噛み付くようなキス。大人のキスで応えそうになってしまった」
目を細めて、微笑む。
「でも、あんまり子供なキスだったから……自制できたのに」
クスリと笑った。
俺は、真っ赤になった。
「今日のは、負けました。あんなすごいの、僕は初めてです」
「……もう一回、しよ。すごいキス……」
潤んだ目のハマチュウを見ていたら、また欲情してしまった。
今度はもっといい場所に連れてってもらおう。
ハマチュウの実費で。
俺が良からぬコトを考えてニヤつき出すと、ハマチュウも俺に言った。
 
「瀬良君、取り敢えず明日のプリントを、刷ってしまいましょう」
「…………」
俺の熱くなっていった身体は、がくんと崩れた。
「う……ハイ」
 
「――瀬良君」
改めて呼ばれて、俺はハマチュウを真っ直ぐ見た。
「………」
「本当に僕なんかで、いいんですね?」
「……うん」
「クラスに、可愛い女の子がいるでしょう?」
「……ハマチュウほど可愛くない」
目を瞠って赤面した。
「……今は2年の一学期。あと2年後には卒業です」
「……………」
「その時僕は、君を離したくなくて、束縛しようとするかもしれません」
「――!!」
「そしたら、見捨ててもいいです。……だから、それまで…今はよろしくお願いします」
目尻に涙を光らせた。
 
「―――――」
俺は、ハマチュウとこうなることが、この先どうなっていくかなんて、考えていなかった。
ハマチュウはそれを考えて、怖がっていたんだ。
俺はやっぱり、先の見えない子供だった。
 
――でも!
「俺、どんなハマチュウだって、きっと好きだ。嫉妬も束縛も嬉しい。だって俺、ハマチュウの笑顔、他のやつに振りまいて欲しくないもん。それと同じだろ?」
 
涙を指で拭ってあげた。
「瀬良君…」
「ハマチュウこそ、新入生に惚れんなよ」
「……ハイ」
泣きながら、笑ってるその顔が可愛くて、俺は精一杯腕を回してセンセーを抱きしめた。
 
 
 
うん、俺は絶対、こっちがいい!
 
 
可愛い、俺の浜中先生………今、捕まえた。
  
 
 
完 
続編 /長編SS短中編