たまには、シャッフル
  

 
僕、浜中尚哉(はまなか なおや)。のんびりと基礎解析の先生をやってます。
マイペースに、生徒に迷惑を掛けないことだけは配慮して、毎年なんとか平穏に教師をやってました。
……去年までは。
年々、生徒の素行が悪くなっているのには、実際、困ってました。
せめてプリントさえ見てくれたら、テストはクリアできるのに。それが、自分の成績として影響するのだから、そこだけはやって欲しかったんです。
ほとほと困っていたら、瀬良君が助け船を出してくれました。
僕のことを”ハマチュウ”と呼んでくれて…。
その愛称が、今年赴任してきた濱中先生に移ってしまっても、ただ一人ハマチュウと呼び続けてくれた生徒がいた。
 
……それが瀬良君だった。
 
瀬良君は、毎回僕のプリントを配ってくれる。
僕は嬉しくて、その度お礼を言うのに、1回も振り返ってくれません。
……嫌われているのかな?
でも、授業中、ずっと僕の顔を見てる。
視線を合わせなくても、顔を上げてこちらに向けているのは瀬良君だけだから、教壇側に立っていれば直接見なくたってわかるんです。
でも、いざ顔を見ようとすると、そっぽを向いてしまう。
……僕は、瀬良君がわかりません。
でも、会話したり何か頼んだり出来るのは、瀬良君しかいなかったので。
 
「あ、瀬良君。丁度良かった、ちょっと手伝ってくれないかな」
つい、聞いちゃった。
友達といたのに、一人残ってくれて、手伝ってくれました。優しい子です。
瀬良君とのプリント作りは、とても楽しかったです。
必死で紙押さえをしてくれて、裁断するとき、思わぬ至近距離に何回も切り損ないそうになっちゃいました。
……瀬良君の髪のいい匂いに、ひたすらドキドキしてました。
 
―――でも、僕は教師で……。
 
瀬良君に「好き」と言われて…困りました。
いきなりキスされたときも、一瞬くらっとしたけど…あんまり拙いキスに…心が痛くなっちゃって。
「……君はまだ子供すぎるんです。一時の気の迷いでこんなコトしてはダメです!」
迫ってくる瀬良君のシャツを掴んで、肩を押さえて、とにかく冷静になってくれるよう、祈りました。
どんなに大人びて見えても、本人がそう言っても、その行動は子供そのもの。
衝動的で、後のことなど考えもしない。
そう思い込もうとしたのに…… 
だって、僕なんかに関わってはいけないんです。それなのに。
  
……びっくりした。
――なんですか、あのキスは!
次の日、また迫ってきた瀬良君に…とうとう僕は……
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
  
「……チュウ………」
 
 
 
「……ハマチュウ!」
 
「あ、ハイ」
「ハイ。じゃないだろ! 何考え事してんだよ」
「ごめんなさい…」
僕は、顔が赤くなった。
どうしても連れて行けと言われ、時々来るようになったホテル。
僕が先にシャワーを浴びてベッドに入っていたら、瀬良君が潜り込んできて…。
「んっ」
例のめちゃくちゃ上手いキスで、いきなり唇を塞がれた。
瀬良君の舌が、僕の口内を探る。優しく撫でては、吸い上げて。その度背筋が痺れてしまった。
「……はぁ…」
やっと解放されると、銀色の糸を伝わせて、瀬良君が微笑んだ。
「ハマチュウ、…色っぽい顔」
「…………」
「さっき、何考えてたんだよ?」
また聞いてきた。鼻がくっつく距離で、僕を覗き込んで。
「顔、赤くしてさ。なんかヤラシイことだろ」
僕は、もっともっと顔が赤くなっちゃいました。
「瀬良君との……初エッチの……ことです」
「――!!」
瀬良君の顔も、真っ赤になった。がばっと身体を離して、僕をじっと見る。
 
「―――ハマチュウ!」
ぎゅっと抱きしめられた。
「ハマチュウ、可愛い!」
「か……かわいいって……」
年の差、何歳だと思ってるんだか!
「あ……あぁっ!」
耳、うなじ、首筋と唇が降りてきた。瀬良君の舌使いはどこの場所でも絶妙で、僕はどうしても声を上げさせられてしまった。
「あ、…ダメです! そんなとこ、跡付けちゃダメです!」
首の付け根を、きつく吸われた。さすがに人目に触れそうで、僕は焦った。
「……じゃあ、ここならいい?」
ちらっと僕をみて、楽しそうにそう言うと、脇腹に吸い付いた。
「んぁあっ…」
ぞくりと、背中に疼きが走って、腰を捩ってしまった。
「ハマチュウ、俺のモノ! 跡付けた!」
満足そうに笑う、瀬良君。
実は毎回、どっかしらに付けられてはそう言って抱きしめられています…。
 
「ん……」
愛撫の舌先が、後ろの蕾まで辿り着いた。
「あっ、……はぁ……」
僕は仰け反って、疼きを逃がした。
尖らした舌先を、蕾の淵に沿わせて何度も円を描く。
「んっ……ぁぁ…」
我慢できない僕の身体が痙攣し出すと、その舌先を中心に埋め込んでくる。
「あ! ……はぁ!」
吐息とともに喘いでしまった。
「…瀬良君……上手すぎです…」
「へへ。大巨匠、直伝に、教えてもらってっからね!」
腰の向こうで、そんなことを言った!
「お…穏やかじゃ、ないな! その発言!!」
僕だって、怒ること、あるんです。
「誰ですか? ……気になってたんですよ…!」
「ハマチュウ、やきもち!?」
嬉しそうに、瀬良君が目を輝かせた。
「…………」
「ウソ、だよ。うそ! 直伝はキスまで。後は知識だけ」
「……ダメです! キスだけでも、ダメです!」
「…うるさいな。これ、上手くならなきゃ、ハマチュウいつまでも俺のこと子供扱いだったろ!?」
また、唇を塞がれた。
「んん―――っ」
今度は手で愛撫してくる。
「ぁあっ……」
指が進入してきて、蕾を刺激する。
「ハマチュウ…もう、焦らしはナシだ…」
僕もコレには異議は無い。
「ハイ……久しぶりですね…」
 
「ん……」
瀬良君が、入ってきた。熱い、僕の瀬良君……。
「あっ、……はぁっ…!」
「ハマチュウ……ハマチュウ――!!」
激しい、腰をぶつける音。恥ずかしい水音も響く。
「あッ……あッ、あぁッ…!」
 
ドクン、と僕の中で熱が弾けた。
「んあぁっ…!」
僕も、瀬良君の手を白濁で汚した。
 
「……ハマチュウ」
息を切らしながら、僕を抱きしめてくれる。
僕より、若干一回り小さい瀬良君。それでも僕はその腕に暖かい包容力を感じていた。
 
「ハマチュウ……今度、ちゃんとデートしよ…」
「…そうですね。まだ一回もしたことなかったな……」
首筋に暖かい息を吐きながら、瀬良君は嬉しそうに笑った。
「やった! 約束!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「ハ・マ・チュ~!」
 
印刷室で、瀬良君が口を尖らす。
「ごめんなさい、本当に時間がないんです」
約束したまま、どこにも行けず、それどころかエッチもままならなくなっていた。
「学校の新校舎建て直しと、体育館移設の会議で、先生達は総出で忙しいんです。もうちょっと、待っててください」
「……やだ。待たない!」
「…えっ」
印刷し終えた紙の束を移動させると、瀬良君はいきなり僕に飛びかかってきた。
「あっ! ダメです、瀬良君!……こんなトコで…」
「しっ…、すぐ終わらせるから、ダイジョブ!」
「ダイジョブって……」
僕はもう校舎内で、あんなコトは絶対ダメだと、自分に言い聞かせていた。
もし誰かに見つかったら大変だし、……それに…。
焦って抗おうとしたら、バランスを崩してしまった。
「あっ」
二人で床に倒れ込んでしまった。
「…痛ってー」
「瀬良君! 大丈夫? ……ごめんね」
心配して、僕に乗っかってしまった瀬良君を覗き込んだ。
「センセ…キス」
真剣な顔をして、首を伸ばしてきた。
僕はその両肩を押さえて、止めた。
「……せ…瀬良君!」
「……なんでだよっハマチュウ!」
「ダメです…。瀬良君……こんなとこではっ……」
「だから、なんで……!」
その時、隣の部屋から机が倒れるような激しい音が響いた。同時に、さっき自分達が立てたような、人が倒れ込む音。…小さな悲鳴。
 
「――――!!」
 
びっくりして、僕と瀬良君は無言で、見つめ合ってしまった。
「ちょっと……俺、見てくる…」
「え……ダメ……」
そんな危険なこと…! 僕が止める間もなく、瀬良君はドアを開けて顔を半分出していた。
 
 
「…うわ―――っ!!」
 
  
思いがけない、瀬良君の悲鳴。
慌てて起きあがって、僕も半分だけ覗いた。
その声に危険信号はなく、単純に驚いているようだったから。
 
  
「……………」
二つの並んだドアから、それぞれ2つづつ、半分だけ顔が出ていた。
 
 
「………ハマナカ先生」
 
 
僕と濱中先生は、見つめ合って、同時にお互いを呼んでしまった。
どっちも、顔が真っ赤で。
 
「ナニ……してんですか? …先生」
濱中先生が、虚ろな目で聞いてきた。
 
ナニをしてたんです……って、いきなり告白しだしたのかと勘違いして、僕は酷く泡を食ってしまった。
 
ナニって、ナニって……!
いきなりナニ言ってんですか、センセ――ッッッ!!…って。
 
 
「…先生こそ」
聞き違いだと気が付いて、とにかく返事を返した。
引きつる顔を、無理矢理笑顔にして。
まともに、喋ることもできない。
 
「……ナニも」
濱中先生も、にっこりしてきた。
 
「僕もです……では」
それ以上、会話は無理だと思った。引っ込んでしまえ。きっと濱中先生もわかってくれるでしょう。
笑顔のまま顔を引っ込めると、瀬良君も引っ張り込んで、ドアをパタンと閉めた。
  
 
「はぁ――――――っ!!」
閉めたドアに背中で寄りかかって、深い溜息をついた。
「びっくりした!!!」
瀬良君も、目を見開いて、黙ったままだ。
 
「……まさか、濱中先生が…驚きです……」
「――うん、ほんと」
瀬良君も、やっと声を出した。
「しかも、あいつ…下から顔出してたちっこいの」
「……野原君…ですね?」
「うん…。一学期の終わりに廊下で…ハマチューと話してたヤツだろ」
「…はい。彼でした」
よく覚えているなあと、僕は瀬良君の顔を見つめてしまった。
「ハマチューと笑顔で話してるヤツなんて、珍しくて……覚えてた」
じろりと、僕を睨み返してきた。
「あんまちっこいから、始め新入生かと思ったし」
僕は嬉しくて微笑んだ。瀬良君、ヤキモチだ…。
「…あの時は、野原君があんまり寂しそうに、下を向いて歩いてたから。…声を掛けずにはいられなかったんです」
「それで、あいつが……ハマチュウにころっとイッちゃったら、どーすんだよ」
ぶすくれて、ますます睨み付けてくる。僕はそれに、また笑顔で返した。
「…あの時、たぶん彼の目は…」
僕は、何か言いたそうだった野原君の顔を思い出す。
「濱中先生しか、見えてなかったですよ」
「…………」
……まだ睨み付けてくる。
「瀬良君……怖いです」
僕はドアから離れて、一歩下がった。
「……センセ。俺、やっぱしたい…我慢できない」
――――!! …やっぱり!
にじり寄ってくる瀬良君に、恐怖を感じた。
 
……嫉妬心から、性欲を煽ってしまった!!
 
「……見つかっちゃったんですよ! 事件だったんですよ? そんな後でもヤルなんて」
「関係ない。影響なかったんだから、そんなの、俺にとって何もなかったのと同じだ」
「そんな理屈は……」
「リクツ? そんな難しいもんじゃないだろ!」
「……ダメです。いい加減、…諦めて」
「…なんでだよ!!」
「ガッコウでは、やっぱり…」
「だって、センセー、忙しい、忙しいって、ちっともホテル連れてってくれないじゃんか!」
「……瀬良君」
胸が締め付けられてしまった。
「なんだよ! ハマチュウ、俺とヤリたくないのかよ!」
胸ぐらを掴んで、揺さぶられた。そして、悲しげに眉を寄せた。
「俺、…こんなに、ハマュウとしたいのに……」
――――瀬良君!
「だって……だって、だって」
僕はもう、言うしかなかった。すっかり涙目になっていた。
「クセになってしまうのが、怖くて……」
「………!」
「こんなトコで、”すぐできる”なんて、身体が覚えてしまったら……」
「…………」
「僕は忍耐の効かない、だらしのない大人になってしまう…」
「……ハマチュウ」
「瀬良君を見るたびに、求めてしまいたくなったら……僕は、それが怖いんです」
「……………」 
「”今”しかなくて、いつも…こうやって二人で向かい合っている”今、この時”だけを、見ていられるなら……僕は、こんなに怖がらない」
「…………」 
「でも、見えてしまうんです。僕が我慢しなければ。僕がコントロールしなければ……あってはならない未来が来てしまう」
目から流れるものを隠そうと、両手で顔を覆った。
「僕は、それが怖いんです……」
 
「……ハマチュウ……」
瀬良君が、僕の頭を抱えてくれた。
「俺……ごめん。俺…また、子供やってた……」
僕の両手をそっと顔から剥がすと、辛そうな顔を覗かせた。
「こないだも……それでハマチュウ泣かせちゃったのに……」
「…………」
「ごめん。もう無理言わないから………泣くなよ……」
「…………」
僕は、まだ泣きながら……口元がほころんでしまった。
瀬良君の言葉、好きだ。
それに、自分こそ、そんな顔して…。
「……うん。僕の方こそ、ごめんなさい……瀬良君を泣かせてる……」
「えっ」
驚いて、慌てて自分のほっぺたを触っている。
「うっ……ウソ言うなよ、ハマチュウ!」
真っ赤になって、睨んできた。
「痛い心が、僕にはわかります。僕は…100%生徒の味方なんですから」
涙も止まったから、にっこり微笑んだ。
「っ……こんな時だけ、大人になるなよな!」
眉を吊り上げると、ぷいっと立ち上がって印刷室から出て行ってしまった。
 
………あ!
その背中を見て、胸がまた痛くなった。
今度こそ、怒らせてしまった。
自分の都合と気分で、教師になったり甘えてみたり……
 
そりゃ、怒りますね……
 
瀬良君の、振り向かない背中を思い出した。
まだ瀬良君が怖くて、僕をどう思っているか判らなくて……でも、感謝の気持ちは伝えた かったから、「ありがとう」って。…お礼を言ったとき、いつも振り向いて欲しかった。
振り向かない背中を、見つめ続けて……とても切なかった。
 
「また、泣いてる」
瀬良君が呆れた声を出した。
戻ってきて、戸口に立って僕を見下ろしていた。
「……瀬良君」
「ほら、もう泣くなって」
僕の前でしゃがみ込むと、持ってきた濡らしたハンカチで僕の顔を拭き始めた。
「……………」
僕は、されるがまま、顔を拭いて貰っていた。
「……ハマチュウ……ほら」
拭ったハンカチを僕に向ける。インクで真っ黒になっていた。
「……あ」
自分の手を見ると、インクが指先から肘の内側まで擦れたように付いている。
きっとさっき、乾かないうちに印刷物を抱えてしまったのだ。
「まったくなあ。……前言撤回」
「…………」
「ハマチュウ………大人のふりするな!」
厳しい目で睨み付けられた。
「ハマチュウは、”ハマチュウ”なんだ! 前も言ったけど、教師とか大人だからとか、難しいこと考えるなよな!」
「……………」
僕はふっと笑いながら、また目頭が熱くなった。
「拭くから、手ぇ出せよ!」
ぶっきらぼうに、僕の手首を引っ張る。
自然、引っ張られた僕は、上体も瀬良君に引き寄せられた。
「……ぅん」
 
瀬良君の……優しい、優しい……触れるだけのキス。
「……これくらいは、許してくれるよな?」
上目遣いに、悪戯っ子の顔が覗き込んでくる。
「……大人じゃない僕に、許可を取るんですか?」
「うん。…子供じゃないから」
僕は、おかしくて、とうとう声を出して笑ってしまった。
「あーっ、その手で顔触るなよ!」
「……ハイ……」
手を拭いて貰いながら、いつまでも笑いが止まらなかった。
 
 
 
 
 
 
すっかり忘れてしまっていたけれど。
濱中先生とはその後、膝をつき合わせて話すような内容ではないので、本当に何事も無かったように接した。
 
 
そして……困ったことに、瀬良君と決めた日にちに、また職員会議が入ってしまった!
会議に出ない美術の安藤先生が職員室に残っていたので、慌てた僕は、安藤先生に伝言をお願いした。 
もう、キャンセルは効かない。今度こそ本当に怒らせてしまうだろう。
「僕を訪ねて来る生徒がいます。その子に、この場所に先に行くように伝えてください」
メモの走り書きを、握らせた。
「はいはい」
「必ず、後から行くからって!」
「はいはい」
初老の安藤先生は、にっこりと快く引き受けてくれた。
その返事を確認して、僕は慌てて会議室に向かって走っていった。
 

NEXT /長編SS短中編