夜もカエサナイ
 
2.
 
それにしても”誰にも見せない”と言っても、限界はあった。
俺も千尋も、同じ様な場所を骨折していたのだが……。
退院後は、一緒に隣町の接骨医院へリハビリに通っていた。
そこはかなり大きな施設で、同じ様な事故の後遺症を抱えた人たちが、毎日通い詰めている。
いつも混んで、待たされていた。
 
患部を微量電流で温めて、マッサージでほぐしていく。
器具を使っての牽引もある。固まった間接が今まで通り動く様になれば、それでOKだった。 
 
俺は千尋を抱きまくって、自然に身体がこなれていたらしい。俺だけ先に通院が終わってしまった。
千尋は俺がバックから攻めるときも、まだ手を突けずに、肘で上半身を支えていた。
「待ってる間、隣りの客には気を付けろ」
俺は気が気じゃなくて、口うるさくそう言っていた。
 
 
 
「ボク、今日は通いです〜」
千尋だけが通院し続けて、2週間が過ぎる頃、朝の出がけにそんなことを言い出した。
靴を履いていた俺は、その手首を捕まえて、グルグル回してみた。
「痛いか?」
「いえ……」
「まだ通う必要、あるのか?」
「……はい」
「この間、もう終わりますって言ってたよな」
「……手首じゃなく、肩が」
「ん?」
困ったように頭を下げて、右手を背中に回した。
「背中……掻けないんです」
情け無い顔で、小首を傾げて笑う。
よく見ると、後ろに回した右手が、腰より上に上がらない。
左手は、肩胛骨まですいっと上がるのに。
「普段の生活では、まるっきり気が付かなかったんですけど、この間痛いことに気付いて……」
「はあ……こんな後遺症って、あるのか……」
俺は驚いた。
確かに千尋は、肩から指先まで固定していた。
肘と手首だけの俺とは、ギブスのハメ方が違ったんだ。
 
「もう終わりたかったけど……とうぶん通いかも…です」 
落ち込んだように下を向いて、手首をさすっている。
「そうか、大変だな」
その頭にポンと手を置いた。
「……はい〜。でも、徹平さんが帰るまでには、ちゃんとご飯作りますから!」
「無理すんな、包丁も気を付けろよ。じゃ、行ってくる」
 
軽くキスをして、俺は会社に向かった。
 
 
 
 
「おっす、荻野!」
「おう!」
「昨日出したアレ、何か来たよ」
「やっぱ! ……急いだからな。ちと廻ってくるわ」 
 
朝、出勤するやいなや、昨日納品した商品に不具合があると、連絡が来ていた。
(急ぐと、ろくな事ねぇな……)
会社での業務も、だいぶ休んでしまった俺は、リハビリ的な仕事をしていた。
夢の中で行かされた2ヶ月の出張は、現実ではさすがに無かった。
でも、似たような遠方攻略はあったので、少しは役に立つ企画書を提出できた。
『キミの的確な指示とアドバイスが、今回の成功の鍵となった』
社長から絶賛されてしまった。
 
―――あれも、千尋の親父の置き土産な気がした。
あんなの、実際に経験してなきゃ、出せるアドバイスじゃない……。
 
 
 
取引先に行って商品メンテと交換を終え、時計を見ると午後四時を廻っていた。
(どうすっか。社に戻ってもいいけど……)
そこから、接骨医院が近いことに気がついた。
この時間なら、いつも会計待ちをしている頃だ。 
「…千尋、拾って帰るか」
携帯で事務所に直帰する旨を伝え、接骨医院に車を向けた。
 
(……ん? まだ終わってないのか)
広い待合室には、数人の患者。
受付には、お姉さんが3人。
「すいません、千尋、来てますか?」
もう顔見知りになった、手前の受付嬢に聞いてみた。
「あ、お兄さん、こんにちわ!」
「もう帰ったかな」
「いえ、今日は最終検査で、レントゲン撮る手配になってますよー」
「レントゲン?」
「はい!」
 
(……最終検査……レントゲン?)
 
にっこり教えてくれるその顔を横目に、俺はそっちに向かっていた。
(今更…? 俺はそんなの撮らなかったぞ。それより、まだ通院は続くんじゃ……)
何か嫌な予感がした。
千尋のあのポーズ…
こっちに背中を見せて、後ろ手に回して…『普段なら気が付かなかったけど、痛い』なんて。
普段じゃない、何があって、そんなこと気が付いたんだ?
下を向いて、手首を庇うようにさすっていた姿が、妙に胸騒ぎを誘った。
俺は夜千尋を抱く時、無理はさせなかった。
感じないような痛さがあったって、楽しくない。
だからこそ、その後遺症に気が付かなかったのに……
 
白壁の階段を駆け下りて、地下のレントゲン室に走った。
自分の足音だけが響き渡る、白い廊下。薄暗い照明。
「2番」と札の下がったレントゲン室の前で、どうしようか困った。
ドアは閉じていて、中はまるっきり見えない。
「……………」
むやみに入るわけにもいかないから、気配を探ってみた。
(気にしすぎなだけなら、いいんだ……)
 
『ぁあっ……イタ…』
『こっちの角度は?』
『先生……痛いです…』
 
話し声が聞こえる。
診察か……? こんなとこで?
 
『……離してくださいぃ』
『ダメだ。言うことを聞く約束だよ』
『約束なんか……してません……』
 
―――!? ……千尋!?
 
『いいから、一枚写真を撮らせてくれればいいんだよ』
『イヤです……そんなの』
『そんなこと、言わないで。キミがこっちの人間なんだって、判ってるんだから』
『こ……こっち、って……?』
『……通い始めた頃、キミの膨らんだ股間を見たときは、目を疑ったけどね』
『は……離してください……痛い』
『ふふ…まだまだリハビリが必要だね。ほら、あっちを向いて』
 
 
 
 
―――何……やってんだ?
 
写真って……レントゲンなんかじゃないよな…?
「千尋!!」
俺はもう構わずに、ドアを叩いた。痛がっているか細い声も、気になる。
「千尋!? いるんだろ!!」
ドアノブを回したけど、鉄製の分厚そうな扉は開かなかった。
俺の叫び声と、ガチャガチャいう音が、再び廊下に響き渡る。
 
『てっ……徹平さん!?』
 
中から、驚きと救いを込めるような、叫び声。
 
『ぁあ……助け…ッ』 
 
急に声が途切れた。
もみ合うように動く気配。
「千尋!? ……おいッ、どうしたんだ!? 何やってんだよ!?」
俺は焦燥感にかられて、ドアに体当たりをした。
 
『止めなさい』
 
中から鋭い声が聞こえた。
 
「…………!」
 
 
『お兄さんだね?』
 
 
「医院長……?」
 
40代前半くらいの、背の高い男だ。  
一番初めの診療と、最後だけは、コイツに看てもらった。
後は、たくさんいる若いマッサージ師達が、日替わりでリハビリの手伝いをするというシステムで……
俺は客や看護師達に気が行って、コイツのことは眼中になかった。
まさか、医院長が直接……
 
レントゲン室の左隣りのドアが、がちゃりと音を立てた。
『入りなさい』
 
(―――!!) 
俺は咄嗟に、その扉に飛びついた。
飛び込むのと同時に、右側にある、隣室への直通ドアが閉まった。
「チッ!」
そこにも飛びついたけど、既に鍵を掛けられてしまった。
「おい、開けろッ!」
ガチャガチャノブを回して、鉄扉を力任せに蹴飛ばした。
びくともしないそれは、衝撃をそのまま俺の脚に返した。
(―――痛ってぇー……!)
 
『徹平君。無茶をしてはダメだよ。……君だってまだ、完全じゃないんだから』
扉の向こうで、笑いを抑えた涼しげな声。
 
「医院長……! クソッ!!」
俺は悔しくて、もう一度鉄扉を拳で叩いた。
 
室内を見渡すと、薄暗い灰茶の、ボンヤリした照明が灯っているだけの小部屋だった。
隣の部屋とは、大きな一枚の嵌め込みガラスと鉄扉で仕切られている。
(レントゲンの操作室……?)
操作パネルのようなものが、窓ガラスに向かって並んでいる。
機械の隙間を縫って窓を覗くと、こっちからの照明で照らされた薄暗い室内が見えた。
真ん中にベッド。
天上からレントゲン撮影用の、大きなアーム。
手前に着替用の衝立カーテン……
その影から、医院長とその腕に抱えられた千尋が姿を見せた。
「千尋!」
「徹平さん……」
辛そうに顔を顰めて、後ろ手に捕らえられている。
 
「医院長……なに考えてんだ……千尋をどうすんだよ!!」
「……徹平君にも、後で参加してもらおうかな」
「……!?」
俺を舐めるように見下ろして、ニヤリと医院長が嗤う。
「今からショーをやるから、キミは観客として観ていたまえ」
「なに……」
 
千尋の体を俺の方に向かせると、顎だけ掬って無理矢理キスをした。
「やっ……」
「千尋ッ!」
 
身悶える身体を押さえ付けて、シャツのボタンを外し始めた。千尋の胸をはだけていく。
「やめろッ!!」
俺はガラスを叩いた。
 
「……何…するんですか……!」
怯える千尋に、医院長は舌なめずりをして、厭らしい声で喋り始めた。
「君にまた、勃起を見せてもらう。今度は、直接ナマのをね」
「……え」
「さぞ綺麗だろうと、思ってね。それを写真に納めたいだけなんだ」
「や……やです………ぁ、痛…!」
身体を捩って逃げようとするが、押さえられた右手が痛いらしい。
変に胸を反らせて、腕の曲がりを庇っている。
「君の膨らんだ股間を見た時は、本当に驚いたよ。それで、よく観察していたら……」
千尋の肌を楽しんでいた医院長の眼が、すいっと俺に向いた。
「この子の視線は、徹平君だけを追っていた」
「………!」
「君たちの関係を推察した私は、千尋君にとても興味が湧いてね。……こんな可愛い顔して…綺麗な肌で…」
千尋の頬を撫で回した。
「や…離し……あ! 痛っ……」
逃げようとして、また腕を捩られたらしい。不自然に身体を反らせた。
「前回の診療で、写真を撮ろうとこの子を押さえ付けたら、あまり痛がるから」
「……いたい……先生……」
「これじゃ通院は終わらないから、また今度ねって、約束したんだ」
「約束なんか……それに、こんなことは一言も……」
痛みに顔を引きつらせながら、千尋も必死に抵抗する。
 
「離せよ! それでも医者か!」
俺はがむしゃらにガラスを叩いて、叫んだ。
 
嫌な予感が的中したのが、悔しかった。
今朝、もっと早く…俺が千尋の様子に気が付いてさえ、いれば!! 
 
――割れればいい! こんな邪魔なガラス!!
 
渾身の力を込めて殴っても、ダンダンッと、激しく音を弾ませるだけだった。
割れる気配なんか、まったくない。
 
「……クソッ!!」 
  

NEXT / 長編SS短中編