夜もカエサナイ
 
3.
  
俺の足掻きをあざ笑うように、医院長は眼を細めた。
 
ゆっくりと、口の端を上げていく。 
「さあ、ショーの始まりだ。……たっぷり感じさせてあげるよ」
 
はだけたシャツの隙間に、手を差し込む。
「あっ…!」
千尋の身体が、ビクッと揺れた。
シャツを押しのけながら、胸の中心を弄くる。
「あ…あぁ…」
 
俺にわざと見せ付けるように、ガラスの前に千尋を立たせ、ピンクの部分を摘んでは弾く。
「……やぁ…!」
千尋は苦しそうに、顔を背けた。
その身体を腕に完全に抱え込んで、医院長は俺より高い位置から、興奮した目で見下ろしてきた。
「イイ声だね……この子は」
「―――!! やめろッてんだよ!」
叫びながら、ガラスを両拳で殴りつけた。
すぐ目の前に千尋がいるのに。
手が届かないってだけで、俺は何も出来ない。
目の前で喘がされていくのを、ただ観ているしかない。
(畜生ッ!)
悔しくって、目の前の男を睨み上げた。
「……いい目だ。次は徹平君だからね」
そう言いながら医院長は、千尋のズボンの前を開け始めた。
「や……やです……離して」
「何言ってるんだ。こんなに綺麗なモノ持ってて……」
トランクスから萎えているそれを摘み出した。
「やあ!」
「千尋ッ!」
 
 
(……ショーだって!?)
 
正面を向かされ、後ろ手に捕らえられている、はだけられた千尋…… 
シャツの隙間から白い肌が覗く。鎖骨や胸、腹筋まで。
喘いで胸を反らせるたび、中心で色づく桜色が妖しく見え隠れして……
灰茶色の薄明かりに、浮かび上がる肢体は、ガラス越しに妙に生々しい。
 
「…思った通り、素敵だよ……ここ」
「やめ……やめて…………」
 
腰骨も半分剥き出しで、トランクスに突っ込んでいる医院長の手が、極めつけに卑猥だった。
無骨な男の手に握られた、乳白色とピンクの先端………エロ過ぎるだろ…。
 
「やぁ……んっ…」 
感じまいと堪えてる表情は、医院長を煽っては興奮させている。 
 
「…………」
確かに……こんな有り得ない構図と淫らな妖しさは、ストリップの舞台みたいだった。
ガラスの檻に捕らわれた、……千尋のストリップとレイプショーだ。
 
 
(―――クソッ……!) 
 
 
その胸には、シルバーチェーンに通した銀色の鍵が光っている。
悶えるたびに、それが閃く。
夢の中で買った店には、約束の緑色は置いてなかった。
それでもあの鍵は、アイツが俺の家に住んでる証だ。
俺のモノって、印なんだ! 
 
それを下げて、俺じゃないヤツに犯されようとしている。
結局、こうなってしまうのか?
千尋は……こんなことから解放されないのか……
 
「離せよッ! 汚ぇ手で触んな!」
割れるなら、このガラスを割ってやるのに!
痛みなんか既に吹っ飛んでいた。叫びながら、邪魔な障壁を叩き続けた。
 
 
 
「徹平さん……手……ダメです」
 
 
 
千尋が身体を屈めて、ガラスに顔を近づけた。
「――――!?」
  
 
「痛いです……ケガ、しちゃいますよ……」
 
 
苦しそうに顔を歪めながら、俺に囁く。
開かない窓を挟んだすぐ向こう側で、悲しげに眉を寄せる。
  
「……ちひろ…」
 
俺は両手でその顔を包むように、こっち側からガラスに手をついた。
 
―――コイツは……!!
また、俺の心配なんかしてやがる!
自分はどんな目に、遭ってる!? 
医院長の手は、柔らかいピンクのそれを直接握っては、扱いている。
勃たせようとイヤラシイ手つきで、下から袋ごと揉み上げている。
「ん……や…」
胸の尖りも摘んでは引っ掻いて、紅くなっていた。
汗が首や胸を伝いだして、喉を震わせて……。 
  
 
(―――クソッタレが!! 畜生!!)
 
 
   
「千尋君…意地を張ってないで、私の指に感じなさい」
院長が頬を寄せて、耳を舐めながら囁いた。
  
「……や」
千尋は顔を振って、必死に抗った。
 
長い指が、くねくねと蛇のように絡みついていく。 
萎えたままのそれを上に向けて、裏スジを撫で上げる。
カリ首の裏を、鉤状に曲げた人差し指で何度も擦る。
「ヤダぁ……やぁ…」
身悶えながらも、それは全然反応しなかった。
医院長は苦々しい顔を作って、千尋の口の中に指を突っ込んだ。
「舐めなさい」
「んぐッ……」
 
(―――――!!)
俺は、この後何が起こるかすぐに判った。
あれは、俺も千尋によくやることだから……
 
「おい! いい加減にしろよッ!」
またガラスを叩いた。
「黙って観ていなさい。……この身体、どこまで耐えられるかな……?」
クスリと口の端を歪めて嗤うと、千尋の唾液で濡らした指を、その身体の後ろに這わせた。
「アッ……! やめ……やめてください!」
片腕に押さえ付けられて、後ろに指を埋め込まれていく。
「アッ……アァッ…」
頬が紅く染まっていく。身体が震え出す。
俺は見るに堪えなかった。
嫌がってんのに、ムリヤリ勃起させられて……それを俺に見られるなんて。
 
千尋の胸の痛みが、俺の心臓にも刺さった。
見開いた千尋の目から、涙がこぼれ落ちた。
「てっぺい……さん……」
一瞬俺に向いた視線は、悲しく歪んで……
 
 
唇が、”ごめんなさい”と、かたどった。
 
その涙が、”見ないで”と、訴える……
  
 
 
―――千尋……ッ!
 
 
 
「クソッ、……クソッ!!」
拳で窓を叩き続けた。
「これが割れりゃあ、そっちに行けるのに!!」
 
「煩いねぇ、君は。……しかし、この子も強情だね」
(―――――!)
 
後ろに挿れられた指が、抽挿を繰り返している。なのに前の桜色は、萎えたままだった。
「ん……先生になんか……」
千尋が小さく呟いた。
項垂れて頭を下げているから、髪で顔が見えない。
  
医院長は顔を歪めて、千尋を睨み付けた。
「強がっていられるのも、今のウチだよ。あの台の上に寝かせて、しゃぶってあげようか」
「………!!」
「それとも、このガラスに手を突かせて、後ろから掘ってあげようか」
「や…」
恐怖に青ざめて見上げる顎を捕らえて、またキスを始めた。
後ろは指を動かしながら。
「んんッ!!」
 
「千尋ッ! 千尋ォッ!!」
俺は手がおかしくなるほど、ガラスを叩き続けた。 
 
「せ…先生……ボク、逃げないから…」
キスの合間に、千尋が声を絞り出した。
真剣な目で、必死に医院長を見据えて。
「まず、ボクが……先生の……ぁ、はぁ」
指が蠢くのを感じまいと、唇を噛み締めている。
「せんせい……お願……それで、許して……」
「……私に、奉仕してくれると?」
目を見開いて、医院長は見つめ返した。
「………」
こくりと、見上げたまま、小さい頭が頷く。
「……先にそれも、面白いね」
医院長は、自分のベルトを引き抜くと、それで千尋の腕を背中で縛った。
「……痛ッ……」
「……口だけで、よろしく」
「……はい」
千尋は、バランスを崩しながらしゃがみ込んで膝を突くと、目の前の腰に顔を近づけた。
白衣の下のスラックスに、唇を寄せる。
紅い舌先を尖らせて、合わせ目を探り、ファスナーのツマミを手前に立たせた。
白い歯を見せて、それを軽く噛む。
 
「………千尋」
 
俺は、その光景を、呆然として眺めた。
歯で摘んだファスナーのツマミを、ゆっくり下ろしていく。
既に膨らんでいるそこは、トランクスを持ち上げて、開いたソコから出ようとしていた。
これじゃあ……こんなの、アイツにヤラされてきたことと同じだ……あれの繰り返しじゃないか!
 
医院長も、予想以上の千尋の仕込みに驚いている。
「ここまでするとは……」
意味深に、俺をちらりと見て、嗤った。
 
(俺がシツケたとでも、言いたいのか!?)
頭の中がカッとして、目の前が真っ赤になった。
アイツが…千尋がどれだけ、その”躾”を嫌がってきたと思ってんだ。
それなのに、犯られることを恐れて……自分の身体を守ろうとして、あんな事を選んだんだ。
 
(――千尋…)
 
『なんていうか、健気な子だねぇ』
 
母親が言っていた言葉が、脳裏に蘇った。
 
『守ってあげな』
『イイ子なんだから、しっかり面倒見てあげるんだよ』
 
散々言われた。退院したとき…… 
 
 
―――言われなくたって、そんなこと……!
俺は掌に爪が食い込むほど、拳を握り込んだ。
 
……”奉仕”なんかしたって、それで終わるはずがない。
散々フェラさせた後、医院長は絶対千尋を犯す。
そんなのは、目に見えている。
「――――――」
だから、あれ以上させてしまったら、俺は……!
 
俺は咄嗟に室内を見渡した。奧にあるキャスター付きの椅子に目が留まった。
(!!)
飛びついてそれを両手で抱え上げると、ヤツの方に向き直った。
「千尋、下がれッ!!!」
叫ぶのと同時に、力一杯椅子をガラス窓に投げつけていた。
 
 
「―――ッ!!」
 
 
激しい衝撃音。
ガラスが割れて飛び散る。
 
とっさに両腕で顔を覆ったが、あちこちに灼けるような痛みが走った。
 
「千尋っ!!」
残ったガラスの破片を叩き落として、窓枠を飛び越えた。
 
ジャリッとガラスを踏みながら、倒れている千尋を抱き起こして、後ろ手を解いてやった。
身体中かすり傷で血が滲んでいるけれど、大きなケガはしていなかった。
「よかった……」
両腕で抱き締めて、肩も頭も抱え込んだ。
「徹平さん…」
辛そうに顔を歪めて、俺を見る。
「待ってろ。……すぐ済む」
 
俺は立ち上がると、後ろを振り仰いだ。
 
青ざめた顔で、まるっきり動けない医院長……。
診療台に手を着いて、腰を抜かしたように寄り掛かったまま、言葉も出せないでいる。その頬はスパッと切れて、大量の血がシャツと白衣を紅く染めていた。
  
俺はその胸ぐらに飛び込んで、顎に拳を叩き付けた。
「この…クソ野郎がッ!!」
「グァッ!」 
鈍い音と悲鳴が同時に上がり、診療台の下に大きな体が倒れ込んだ。
俺は怒りが冷めない。目の前に転がった男の腹をけっ飛ばした。
 
 
「うあッ…やめろぉッ!」
「……徹平さんッ!!」
 
 
「―――――!!」 
 
 
二つの叫び声で、我に返った。
 
「…………」
もう一度男を見下ろす。
「……やめろ……やめてくれ」
蒼白のまま、首を横に振り続けている。
「…チッ!」
俺は半端に下がっているスラックスの前を、靴で踏んで睨み付けた。
「自分がしたこと、判ってるよなぁ?」
「…………」
「こんな怪我と、破損くらいで許されるなら、ラッキーだよなぁ!?」
グッと体重を掛けて、股間を踏んでやった。
ギャッと悲鳴が上がる。
「開業停止にされたくなかったら、これ以上俺たちに手を出すな!」
 
俺は診療台の奧に設置してあったデジカメで、医院長の情け無い姿を撮ってやった。
 
 
「コレは保険でもらってくからな! さっさと行って、キズの手当してもらえよ!」
デジカメを尻のポケットにねじ込みながら、千尋の方へ戻った。 
 

NEXT / 長編SS短中編