夜もカエサナイ
 
5.
  
「千尋、誕生日おめでとう」
 
 
あの病院事件があった二日後の晩、ケーキを持ったまま、後ろから抱き締めた。
「ひゃぁ……、え? ……ぇえええッ!?」
台所に立っていた千尋は、帰るなり抱きついてきた俺にビックリして、その言葉にもう一度ビックリした。
 
「これ、バースデーケーキ」
 
目の前にぶら下がる白い箱を両手で受け取ると、首だけ振り向けて、俺を仰ぎ見た。
「……徹平さん」
煌めき出す瞳に、微笑みかけた。
「2月は過ぎちまったけど、やろうって言ってたろ?」
「はい〜……でも、こんな急に……」 
「本当は昨日がよかったんだ。けど、プレゼント探すのに手間取った」
「……プレゼント?」
無邪気な輝きが、笑顔に交じる。
「はは、後でと思ったけど、今渡すわ」 
 
俺は用意しておいた小さな包みを二つ、隣りの部屋から持ってきて、千尋の手のひらに握らせた。
一つはとっても小さい。
もう一つも片手で握れる。
 
「…………」
千尋は手の中の包みを、俯いてじっと見つめていた。
 
だいぶ暖かくはなったけれど、まだまだ寒い。
千尋は暖かそうなモスグリーンのセーターに身をくるみ、濃紺のデニムパンツ。それと、モコモコスリッパ。
俺はと言えば、まだ着替えてもいず、紺青のスーツに、黒のロングコート。
歳が近いとは思えないくらい、俺らの格好にはギャップがあって。
台所なんかで立ち尽くして、こんな誕生パーティーもないもんだと、内心苦笑いだった。
「ごめんな。特別な誕生パーティーにしてやりたかったけど、ちと急いだからな」
「え?」
「……何でもねぇよ、早く開けろ!」
「は…はいっ!」
 
 
「あっ……これ……」
 
 
先に開けたのは、小さい方だった。
白い包装紙の中から、メタリックグリーンが顔を出す。
「緑色の鍵……。約束だったからな。……探したんだぞ」
「…………」
 
真新しいそれは、キズ一つ無く輝いている。
 
「うそ……うそみたいです………これが、目の前にあるなんて……」
 
薄茶色の双眸に輝くグリーンを映して、言葉を詰まらせた。
「……貸してみ」
緑色の鍵を受け取ると、千尋の首に掛かっていたシルバーチェーンも外した。
「ほれ、あっち向け」
銀の鍵と付け替えて、もう一度首に掛けてやる。
後ろから手を回して、目の前でゆっくり降ろしながら……
胸に納まった、メタリックグリーン。
「…………」
無言で見つめる千尋を、そのまま抱き締めた。
「嘘みたいだな……ほんとに、あの時のままだ」
「……はい」
 
俺たちが居た空間……
事故ったあの日が繰り返しエンドレスで……そこに迷い込んでいた。
自分たちで強引に季節を動かし、春を呼び、夏を呼び……
その中で、千尋はこの鍵を大事に大事に、していたんだ。
 
「ボク、絶対……失くしません」
「……お前の絶対なんて、信用しない!」
「えっ!」
「だから、これはスペア。……これも大事にしとけ」
「……ハイ!」
さっきまで首に掛かっていた、銀色の鍵を千尋に握らせた。
「もうお前を、閉め出したりしたくない」
「……徹平さん」
嬉しそうに、顔を振り向けて、瞳をキラキラさせる。
(こんな顔、出来なかったのにな…)
上から逆さにキスをしてやった。
 
「こっちも、……開けてみ」
後ろから抱き締めたまま、促した。
「はい〜!」
嬉しそうにさっきのよりは大きめの包みを開けて、えっ! と眉をひそめた。
「……徹平さん…これ」
「ゴメン。千尋はイヤかもしんないけど……それは、俺のエゴ」
「…………」
「俺、スッゲー後悔したんだ。もう、お前の顔、誰にも見せたくない」
千尋の手から、それを奪い、折りたたんであったツルを広げた。
ダサイ細長型の、四角い眼鏡。
今までの丸いのなんか今時売ってないし、同じのは俺が嫌だった。
「こんなのしかなくて……でも、イケてんのは、目立っちまうだろ」
「…………」
「お前を拘束することになるし、嫌なこと思い出させてしまうと思う……」
「…………」
「でも、無防備にさせておけない」
バカバカしい拘束だとは、思う。
だけど、その点だけは、アイツの気持ちが解ってしまった。
……ヒデノリだって、コイツが大切だったんだ。
独り占めしていたかったんだ。 
 
「お前が嫌ならいい」
「…………」
「こんなのしなくったって、危険な目に遭わなきゃ、それでいいんだ」
「…………」
一言も、何も言わない。
千尋は俯いたまま、ずっと目の前に掲げられたそれを見つめていた。 
 
 
「―――――」
ふう、と溜息をついて、俺は眼鏡を折りたたんだ。
 
「やめやめ! ごめんな! コレは無しだ!」
スーツのポケットに押し込んで、左手で千尋の頭をクシャクシャにした。
右腕で、ぎゅうっと身体を抱き締めてくるみ込んだ。
「……俺、どうかしてた。ごめんな」
耳元で囁いて、この話題はヤメにした。
 
「メシ作ってる途中だったな、すまん。俺、着替えてくるわ」
「………はい」
身体を離すとき、小首を傾げて俺にふと笑いかけた。
その微笑みは、あの心の入らない諦めきった顔に見えた。
  
 
 
「……徹平さん」
「ん?」
北側の一番小さい部屋を、荷物置き場にしていた。
衣装持ちでない俺たちには、備え付けのクローゼットで充分間に合っていた。そこにコートを引っかけようと苦労していると、千尋が入ってきた。
「すみません。ご飯、煮込みモノが、もうちょっとかかるので……」
言いながら近寄ってきて、コートを俺の手から請け負い、丁寧にハンガーに掛けた。
「先にシャワー浴びてください」
こっちに向き合うと、ネクタイをするりと抜いて、シャツのボタンも外し始める。
「…………」
右手が上手く使えないから、今朝もスーツを着せてくれていた。何も頼んでいないのに、自然にそういうことをやる。
「……ああ。いいけど」
「こっち、濡らしちゃまずいですから、ビニールかけますよ」
シャツの袖から腕を抜くと、昨日と同じく包帯の右手にスーパーのレジ袋を被せた。
「はい、行きましょう」
俺をアンダーシャツとボクサーパンツだけの姿にさせて、背中を押した。
 
「万歳してください」
脱衣所で上を脱がせて、次にボクサーに手を掛けた。
「お、おい。……いいよ。自分で脱ぐ」
何となく恥ずかしくなって、手を払ってしまった。
それはまるで他人の、介護士か何かのようで……
あの優しい雰囲気を纏った、千尋の手ではない気がした。
「ダメですよ〜。こんなの引っ張って脱ぐのだって、力が要ります」
言葉は、変わらない千尋なのに。
俺の腰元に跪いて、両手をボクサーのゴムの端に添えた。
ロゴ入りの太いゴムを外側に広げながら、下げていく。
「…………」
俺の逸物が現れたとき、一瞬手を止めた。それはまるっきり反応していなかった。
すぐにそのまま下ろして、何事もないように脱がせた。
「ボクが洗います……徹平さんは座っていてください」
そう言いながら、顔を股間へ寄せてきた。
(―――えっ!?)
俺の萎えているブツに、唇を這わせる。
「おい……千尋!?」
突っ立っている俺に腕をまわし、腰にしがみつく様にして、フェラを始めた。
(…………!!)
柔らかい咥内に全てを含み、舌先で先端を舐め回す。時々吸い上げては、上あごと舌面で挟んで転がす。
 
「いいって! やめろ」
 
千尋の頭に手を当てて、強引に引き剥がした。
千尋の口から外れたそれは、少しボッキしていた。
(……情けねぇ…俺)
 
「こんなこと、俺はちっとも嬉しくない!」
跪いたままの目線に遭わせて、俺もしゃがんだ。
「だって……」
「なに?」
放心したような顔は、目が潤みだしていた。
「徹平さん…勃ってない……」
「は?」
「ボクのせいで……」
ポロポロと泣きだした。
「ったく!」
顔を胸に押し当てるように、抱き締めた。
「それが俺のデフォルトみたいに、言うな!」
「……ボクの前では……いつもそうですぅ」
胸の中で、もごもご言う。
 
「……お前は、自分の価値が解ってないなぁ」
「……?」
「こんなテクが上手いから、いいんじゃない」
「………」
「メシ作るのが上手いから、好きなんじゃない!」
「………」
「お前が笑顔なら、それだけで俺はいっつも勃ってんだよ!」
「……!」
「お前が嫌なら、あんな眼鏡、もういいんだ」
「――――――」
腕の中で、頬を紅くさせた千尋が上を向いた。
 
「すまん…悪かったよ―――お前のそんなカオ―――俺は……眼鏡じゃなくたって、帽子とか…他になんかあっただろうに…」
 
「――――――」
 
「だ・か・ら、俺のせいで、お前から笑顔が消えたから、反省してんだ! ココも!」
下を指さして、目を丸くしてる顔に睨み付けた。
「言わせんな、そんなこと!」
「……徹平さん」
ポロポロと、泣き続けている。
「わかったら、もう気にするな! ケーキ美味しく食べような?」
軽く唇にキスをして、笑ってやった。
「うん……ボク…どうしていいか、わからなくて……」
また胸に顔を埋めた。
「せっかく徹平さんが誕生日って……なのに……」
俺は小刻みに震えている頭を、撫でていっそう抱き締めた。
先にシャワーなんて……今のフェラも……。
不器用なコイツなりの、精一杯か。
あの空気のままじゃ、楽しくパーティーってわけには、いかなかったもんな。
 
「………千尋」
あんなタイミングで渡した俺が、やっぱ馬鹿だった。
再度反省を、口にしようとしたとき、
 
(……ん?)
胸の辺りが、くすぐったい。
なんかぬめった温かいモノが這い回りはじめて……
「お……、おまっ!」
慌てて千尋を引き剥がした。
俺の乳首を舐めやがった!
「徹平さん、硬くなってます〜」
舌先で唇をなめ上げながら、嬉しそうに微笑む。
(―――――!!)
「寒いからだ! ボケッ!!」
 
実際には下もデカくなってて、大バレだったが。
千尋は嬉しそうに、そこも丁寧に洗った。
「ボクの徹平さん、復活〜」
なんて、言いながら。
 
夕食は普段通りに食べて、食後にケーキとロウソクで雰囲気を出した。
「おっさんにも、祝ってもらわなきゃな」
「はい〜!」
あの写真もテーブルに置いた。普段はテレビ台のローボードの上に飾ってある。
「徹平さん、さっきの眼鏡……もう一度、ボクにください」
照明を落とした、仄かにオレンジの灯りの中で、千尋が笑顔を向けた。
「……いいのか?」
「はい……ボクも、反省したんです」
悲しげに眉を寄せて、俯いた。
「だって、徹平さんがくれる物なんです。…それは、絶対に過去に戻るモノでは……有り得ないんです」
「……千尋」
「こんなこといつも気にしてたら、ボク、嫌われてしまいますぅ……」
また悲しげに微笑んだ。
ローソクの揺らめく灯りの中で、それは妙に儚げに見えた。
(…………)
「さっき萎えていた俺のブツが、よっぽどショックだったのか?」
「!!! えぇ〜っ! …ちっ……違いますぅ〜!!」
目を見開いて、顔を真っ赤にした。
ちょっとズレたことを言って、笑わせようと思ったんだが。……図星か? 
 
「んじゃ、改めて。23歳おめでとう」
「……ありがとうございますぅ」
持ってきた眼鏡を両手で受け取ると、下を向いてそれをはめた。
ゆっくりと顔を持ち上げる。
「……どうですかぁ?」
眉をハの字にして、上目遣いで俺を見る。
 
(か……かわいい)
――失敗か?
あの丸眼鏡のときの野暮ったさが、出ない……
 
「……」
俺が言葉を詰まらせていると、泣きそうな顔になった。
「……似合わないですかぁ?」
「あ、いや…似合っちゃ困るんだ、本当は……」
「?」
小首を傾げる仕草が、また可愛い……
「つ…使いづらかったら、取り換えるからな! ちゃんと言えよ!」
「はい!」
――クッソー、ガラにもなくしどろもどろだ! 情け無ぇ、俺ッ!
「……千尋」
手を伸ばして、頭を引き寄せた。
向かい合ったテーブル席でお互いに身を乗り出して、キスをした。
「あ……写真」
「こんぐらい、見せてヤレ」
伏せようとした千尋の手を掴んでもう一度唇を重ねた。
今度はディープキス。
どうせ毎日、これぐらいは見せてる……
 
その後は電気を点けて、ケーキを食べて、俺の時間だった。
「さあ、お返しプレゼントをくれ!」
千尋を横抱きに、抱え上げた。
「えっ!」
驚いて、腕の中で暴れ出した。
「ダメですよ! 運動は禁止だって……!」
生きのいい魚を抱える様に、俺はそれを押さえ付けた。
「今更、何言ってやがる!」
昨日と同じコトを言って、お姫様抱っこしたまま、千尋を寝室まで連れて行った。
 
俺のベッドに寝かせると、上から見下ろして顔を近づけた。
「俺が勃起してない方が、いいか?」
「………」
頬を真っ赤にさせて、首を横に振った。 
「んじゃ、しょうがねぇよな」
軽いキスをした。
「この身体で、責任取ってくれ」
「……はい」
潤んだ目になって、俺の寝間着のボタンを外し始めた。
上半身裸になったところで、俺は手伝っていたその両手首を捕まえた。
 
「この手は、封じる!」
「えぇっ!?」
 

NEXT / 長編SS短中編