夜もカエサナイ
 
12.    
   
「こ…これ、なんですかぁ?」
次は何処だと、マップを広げていると、千尋が興奮したようにそこを指した。
 
”闇温泉。真っ裸で各種の温泉を歩けます。恋人といろいろなこと、やり放題”
 
「うっ……」
やべ…これはスゴイ。
でも、さっきのこともあるので、入り口で一応聞いてみた。
「ご安心ください。貸し切り状態になります」
 
ってわけで、早速脱衣所で服を脱ぐことに…。
「やっと、お前の裸…見れた」
恥ずかしそうに前を隠す手を、掴んで引き寄せた。
「はいぃ〜……でも、こんなトコじゃ…」
「そうだな…フェラも出来ない」
キスだけして、闇風呂へ入っていった。
 
「え…露天!?」
闇と言っても、空が明るい。囲いの外からクリスマスのネオンが零れていた。
夜の闇を映して、湯は真っ黒い。
そこから立ちのぼる白い湯気が、ネオンの空に消えていくのは、幻想的だった。
「通りで、マップの端っこな訳だ」
観覧車から、一番遠い場所なんじゃないか。
「真っ暗闇よか、顔が見えていいな…」
入り口横にある洗い場で、簡単に身体を流した。
 
「うわ…熱ち……」
一つ目の温泉は、熱い分浅い…長湯できないような変な風呂だった。
太股の上くらいまでしか、水位がない。
バシャバシャとお湯を掻き分けて歩く千尋の股間が……
「……丸見えだな」
「徹平さんも…ですう」
微妙にヤラシイ構図で…俺たちのそれは、上を向いていった。
細長く伸びた温泉を横断すると、次の風呂に向かった
「お湯の中を歩くだけで、のぼせそうでしたぁ…」 
 
次はぬるくて、もっと浅い。
「寝湯?」
立て札の説明通り、お湯の中で寝そべってみると…
「丸見えだな」
「徹平さんっ…スゴイですぅ」
丸見えって言うより、丸出し…。
胸や腹ギリギリまでの水位しかない、超浅風呂だった。
そんなんで、勃起してる俺たちのそれが、お湯に沈むはずもなく……。
「俺、もう限界」
千尋の可愛い潜望鏡にしゃぶり付いた。
「あぁっ……」
さっきフェラしたときより、ずっと熱い…。
「やぁ…ダメです……こんなトコで……」
お湯を掻いて暴れる千尋を押さえ付けて、全部口に含んだ。
「ひゃ…ぁん」
先端のカリ首の裏をつつき出せば、気持ちよくて抵抗出来なくなる。
千尋の弱いところを知り尽くした俺は、そんなトコばっか責めてやった。
「あっ……んぁああ!」
さっきは触れなかった胸の桜色も、摘んだ。
「はぁ! ……ぁあっ……徹平さん…だめ…ぅん……」
声が色っぽくなる。
「千尋……すまん」
湯から腰を抱え上げると、蕾に舌を這わせた。
「んっ…」
あまり解すこともしてやれず、俺は自分の滾りを押し付けた。
「あっ……お湯が……」
起きあがろうとする身体を押さえ付けて、中に入っていく。
「んぁ……あぁっ…!」
打ち寄せては退く温泉の湯が、千尋の白い胸を撫でていく。
胸の花弁も濃い桜色に染まり、唇も頬も目のフチも……何もかも紅い。
湯の中でなびく髪の毛が、細く金色に煌めいて、千尋の顔を妖しく彩る。
「……綺麗だ」
片足を俺の肩に抱え上げて、深く挿入した。
「ああっ…」
そのまま身体を倒して、千尋に覆い被さった。
「メリークリスマス……千尋…」
半分湯に浸かっている顔を、首の後ろから腕を回して掬い上げた。
「徹平さ……だいすき…」
喘ぎながら、顎を反らせる。
「俺も…」
言いながら唇を塞いで、腰を動かし始めた。
「ん…んぁあ……なんか、すごい……」
浮力が手伝うのか、抜いて入れるときの衝撃がいつもと違った。
「あっ……あぁ…! お湯…お湯が……」
不安そうに眉を寄せつつも、腕は俺の首にしっかりと巻き付いてきた。
「徹平さん…」
上気させた頬で、俺を視界に捕らえる。
「ボク…今日、ボクだけがあんな風にイって、それで終わりなんて……」
「…………」
「観覧車の中で、それがすごく悲しかったです」
「千尋……」
「だから、今……すっごい、嬉しい……」 
きゅっと、中と入り口を搾られた。
「クッ……」
「ボク、徹平さんと……繋がってる…」
湯じゃない輝きを目尻に光らせて、微笑んだ。
「ああ…繋がってる…一つにな。……めちゃくちゃ…気持ちいい。お前ん中…」
愛しいとか、愛してるとか…何回も言ってきたけど。
そんなのお互い判ってるけど。
どう言っても、伝わらない気もした。
 
―――言葉なんかじゃ……
 
「千尋……」
抱くたびに、愛しくなる。
呼ぶたびに、苦しくなる。
抱え上げた足を更に開かせて、俺は腰の動きを速くした。
熱い千尋の中…俺も、熱い。
コイツの弱いトコ、俺だけが知ってるコイツのイイとこ。
そこを突いて責める。いっぱい泣かす。
「あぁっ…すご……いいよぉ……」
 
「千尋……イクッ…!」
「ボクも…イク……イきますっ!」
 
千尋の中に俺の全てを注ぎ込んで、腰を止めた。
「……はぁ……」
「……はぁッ……はぁッ」
二人の荒い呼吸が、白い湯気を立てて、闇に溶ける。
 
「あは……しちゃいましたね〜………」
「……ああ」
眉を寄せて笑うから…俺も笑ってキスをした。
「こんなとこで、ごめんな」
 
 
 
 
その後は、温泉周りどころではなく……。
そこを出て、”仮眠室”に向かった。
 
「……そんなトコも、用意してあるんですねぇ」
「確かに夜通し遊ぶには、必要な場所だよな!」
 
 
 
  
「ひゃあ……、コレもアトラクションですかぁ」 
「さっすが! 大人の遊園地は、抜け目がないな」
 
ココも来てみて、驚いた。
一見平屋の、プレハブのような建物。
中に入ると一直線に廊下が続き、左右の個室にいろいろな”仮眠室”が取りそろえてあった。
簡易的なビジネスホテル風の部屋から、事務所、保健室……果ては病院のナースセンターみたいな部屋まで。
「病院は……間に合ってるよなぁ」
「はいぃ…もう、見飽きました」
笑いながら、各部屋を覗いて、一番シンプルなビジホに戻った。
「俺たちの原点って、ここじゃね?」
「……そうですかぁ?」
 
「おっ!」
中から、若いにーちゃんが出てきた。
清掃員の格好をしている。
「あれ……ここ、清掃中?」
俺が聞くと、ソイツは首を横に振った。
「いんや。これはコスプレ!」
「は?」
驚いてる俺たちを気にもせず、廊下の先を指さして、
「あっち、ロッカールーム。色々あるから遊べば?」
「……いや…」
「それとココ、使ってたわけじゃないんで、どうぞ」
そう言って笑うと、するりと間を抜けて、余所へ消えていった。
 
「……あの人、大人にはみえなかったです〜」
目線で後ろ姿を追っている千尋。
確かに高校生のような顔してたし、何か変な奴だったな……でも、
「お前も、見えないよ」
「え〜っ」
眉を寄せるその身体を掬い上げて、部屋の奥に入った。
簡易ベッドに放り投げて、上から覆い被さる。
「何処が大人か、見せてみろ」
「えっ! 仮眠するんじゃないんですかぁ?」
「何言ってやがる! こんなとこで仮眠だけのつもりか?」
 
「え…だってここ、ラボホテルって訳では……」
「だからいいんじゃんか。声出すなよ」
「えぇ〜!」
「脱がしてやる…大人しくしろ」
「徹平さん…おじさんくさいですぅ」
上から跨って、コートを剥ぎ取った俺に、そんなことを言う。
「……」
ちょっと傷ついた。
 
「このやろ! ……お前だってなあッ……大人の証明、見せてみろ!」
「ひゃあ〜!」
 
 
 
夜がやっと更けていく。
クリスマスソングは一晩中鳴り響き、俺たちは寝たりヤったり、遊んだり……
素敵なプレゼントを、25日の夕方、帰るギリギリまで、遊び倒していた。
 
 
 
 
 
「じゃな、待ってるから。早く帰ってこい!」
「てっぺーさん……帰っちゃだめですぅ」
 
別れを言って、車から降ろそうとしたら、千尋が抱きついてきた。
「――――!!」
こんな我が儘なんて、言ったことがなかたから、驚いた。
「里心ついたか?」
顔を覗き込んで笑うと、べそっかきの顔で俺を見返す。
「うう……」
「帰ってきたら、お前のベッドに行ってやる。そん時は、俺を帰すなよ!」
「……はいぃ」
「いっぱい、いろんなことしてくれ! 朝まで一緒に寝てやるから。だから、今は頑張れ!!」
「はい〜! 判りましたぁ!!」
 
 
 
 
正月が開けて、俺の会社の新年会が終わる頃、千尋が帰ってきた。
「徹平さん、ただいまですぅ〜!」
その喋りは変わらなかったけれど、自信がついたような張りのある空気を纏ったような気がする。
「無事採用って事で、昼の部と夜に向けての仕込みを、させて貰えることになりました!」
「おお、すげぇな!」
さっそく写真に報告した。
「あんたの息子、こんなにリッパになったぜ!」
「……お父さん。ボク、もう大丈夫です」
俺たちは、写真に見せ付けるようにディープキスをした。
「そういえば、あのクリスマスチケットですけど…」
「ん?」
「親方に後で訊いたんですけど、俺は知らないって……」
「は!?」
「女将さんも知らないって……」
「……じゃあ、誰が?」
写真の顔が、意味深に笑った気がした。
 
 
「徹平さん…たまにはあっちに来てください〜」
俺のベッドの中で、千尋が自分のベッドを指さした。
俺は毎晩千尋を、自分の布団に引きずり込んで、抱き締めて眠っていた。
「ボクも、徹平さんにイロイロしたいです〜!」
 
俺はじっと千尋を見つめて、無碍に一言。
「行かねー! 俺はやっぱ一方的にする方が好きだ! されるのは性に合わない!」
「え〜っズルイです! 約束が違います〜!!」
ふくれっ面で、文句も言うようになった。
「ははっ、気にすんな!」
「ひゃあ〜っ」
パジャマを捲り上げて、乳首を舐めてやる。
鎖骨、胸、脇……ヘソ、腰骨、その下も……みんな俺のもんだ。
「あっ……ぁあ…」
抗いながらも、熱くなっていく身体……
 
ダブルベッドが買えるまで、もうあっちにはカエサナイ。
  
 
「千尋、今度は、母さんだ……覚悟、決めてくぜ」
「……徹平さん……」 
「何があっても、一緒だからな」 
「はい…っ!」
 
 
 
後日、ひっくり返ってしまった母さんから出た言葉は……
 
「千尋を、息子じゃなくて孫にしときゃよかった!」 
                                       
 
泣き笑いをしながら、その手があったかと唸る俺を、呆れた目で見て……。
 
 
 
 
結局その後も、俺達はシングルベッドのままだった。
あの時のことを思い出して、布団の中で溜息を吐いた。 
「お母さん、泣いちゃいましたね……」
「ああ、……でも、笑ってくれた」
「……はい」
 
腕の中から、千尋が俺を見上げる
「……もう、公認だなんて……まだ…信じられないです」
潤んだ目が、じっと俺を見つめる。
「……俺も」
 
 
カバン返してと、言い掛かりを付けてきて、荷物ぶちまけたり、自分を拾ってくれと言い出したり……そのくせ、肝心なことは、一言も言わない。
出会いはマジで、厄介で変なヤツだと思った。
 
そして……優しく微笑むこの目は、何も期待しなかった。
要求も押し付けも、何もかも一切しない。
だって…と言っては口を噤んで……
自分が生きているのが罪なことのように、全てを諦めて、あの写真だけに執着していた。
 
 
その目が、今は自分のために輝いている。
俺と居ることを、喜んでいる。
(よかったな…)
心からそう思う。
俺も千尋のおかげで、変わることができた。
……母さんと、ちゃんと話せるようになったのも、コイツのおかげなんだ。
(さんきゅーな……)
愛しい気持ちが、止めどなく湧き上がる。
 
「お前のやりたいこと、いっぱい聞きたい。全部、叶えていくぞ」
「はい〜!」
 
 
 
 
「手始めに、ダブルベッドにできる。……買うか?」
判りきったことを、頬にキスをしながら囁く。
クスクスと笑いながら、首を横に振る千尋。
 
 
 
「狭いのが、いいんですよねぇ」
「ああ、この密着度……最高だな!」
 
 
 
明日も明後日も…千尋は毎朝、寝坊をするだろう。
 
そしていつも、眼鏡を探し回って……
俺の背中の下に手を突っ込むのを、繰り返すこととなる。
 
 
 
 
END  

OMAKE(画面クリックで次へ進みます)
続編 / カバン / 長編SS短中編