僕のお仕事 index
2.光輝さんとマナー
  
1.2.3.4.5.6.
 
 

 
「いいか、ゆっくり入れろ。角度を気を付けて。痛くするなよ」
気を取り直して、いよいよ直腸洗浄。緊張する。
「本番前に傷つけちゃ、元も子もないからな。自分の身体は商品だと思って、大切に扱え」
神妙に頷く僕。
お湯が出ているシャワーノズルを手に持ち、持ち上げられている股間に近づける。
丸見えの蕾にちょっとあてがってから、光輝さんを見る。
なんか怖い。これを入れるの?
「お湯は出したままな。すべりがいいから。力を抜いてな」
優しく微笑んで、頭を撫でてくれる。
こくんと頷いてから、僕はノズルの先を蕾のなかに差込み始めた。
暖かいお湯が、心地いい。人差し指くらいの太さなので、そんなに圧迫感もない。
「ん………」
ちょっと奥まで入ったら、変な声が出てしまった。
ノズルの先の方が肉壁を突き抜けて、直腸に入ったらしい。
お湯の温かみを、下腹に直接感じた。
「……あ……はぁ……」
呼吸が乱れる。
入れたはいいけど、どうしていいか解らない。
困って、光輝さんを見る。
お湯が溜まっていく感覚が気持ち悪くて、助けを求めた。
「一回ノズルを出して。」
僕の手を持って、一緒に引き抜いてくれた。
「んっ」
蕾からは、中に溜まっているお湯がでなかった。
「ちょっと我慢しろ」
光輝さんは僕の蕾の中に、そっと人差し指と中指の先を挿入した。
「……ぁっ」
思わず光輝さんにしがみ付く。
光輝さんは入れた2本の指先を開くようにして、少しそこをこじ開けた。
そして反対の手で、僕の下腹を軽く押した。
指と指の開いた隙間から、直腸に入っていたお湯が出てくる。
「……んぁ………」
この期に及んでも、変な声を出してしまい、僕はごまかすように、光輝さんにしがみ付いた。
息が上がる。恥ずかしくて顔が上げられない。
そんな僕を優しく引き剥がすと、済まなそうに言った。
「ごめんな、ちゃんと段取りを説明すれば、よかったな」
そう言って、泣きそうな僕に、もう一度丁寧に教えてくれた。
今度は違うノズルだ。といっても形状は同じで、ワンプッシュでホースとノズルが外れる。
「とにかくノズルを奥まで入れる。腹にお湯が溜まったら、ボタンを押して、ホースを外せ。下腹に力を込めれば、残されたノズルから、今度は出て行くから。お湯が出終わったら、ホースをはめて、またお湯を腹に入れる。そしてホースを外してお湯を出す。それを2,3回、繰り返せ。いいな」
僕はこくんと頷き、やってみる。奥まで入れるのが、ちょっと大変だった。
お陰ですぐお湯が溜まってしまった。かなり気持ち悪い。ホースを外して、お湯を出そうとしても上手く力が入らないのか、あまり出てこない。
光輝さんは僕の下腹を押してくれた。恥ずかしいほど沢山お湯がでてきた。
それを何回かくりかえした。
「そしたら、最後に今までの倍の量のお湯を入れろ」
「えっ!?」
「お湯が入ったら、お湯を止めて、ノズルだけ抜く。10分がまんしろ。その後、そこの便器で排泄しろ。いいな」
僕はびっくりして、ただ光輝さんを見つめた。
「それが終わったら、再度、今の洗浄を2,3回やる。その時は、人差し指を突っ込んで、内壁をぐるりとなぞって、内側を綺麗にするんだ。それから、お湯ですすぎ出す。わかったな?」
無反応の僕に、言うだけ言うと光輝さんは立ち上がった。
「俺は外にいるから、自分ひとりでできるよな。なんか困ったら呼べ。すぐ来る。」
それだけ言うと、さっさと浴室から出て行ってしまった。
「…………」
僕は途方に暮れて、シャワーノズルから流れ出るシャワーを見つめ続けた。
そこまで、やるの……。毎回?
「………はぁ」
大きくため息をついた。
それでもやらなければ、話は進まない。仕事にならなければ、クビなのだ。
僕は意を決して、言われたことに挑んだ。
かなり大変だったけど。なんとかできたと思う。
ユニットバスの意味がようやく解った。
四苦八苦して、どうにか事を終わらせると、ヨロヨロとバスルームを出た。
脱衣室で光輝さんがチョイスしてくれたバスローブを羽織り、通路のドアを開けた。
「………光輝さん」
僕はびっくりした。腰タオル一枚で、ずっと廊下の壁によっかかって立っていたのだ。
誰がいつ通るか、わからないのに。
「終わったか?」
優しく微笑んで、頭を撫でてくれる。
「あ、………はい、なんとか」
僕は感謝を込めて、指導のお礼を言った。
こんなカッコのまま待っていてくれたことも。
「まあな、なんかあって飛び込む時は、服は邪魔だからな」
笑いながらシャワーを浴びに、僕と入れ違いに入っていった。
先に個室に行っていろと、部屋番号を指定して。
 
その部屋は、幅は昨日の個室の半分で、奧に縦長だった。大きなベットが真ん中に一つ。
右の壁際にパイプ椅子が二つ。
左側にサイドボードが置いてあり、小物入れになっていた。
正面西側は、上半分が前面ガラス窓。ブラインドが付いているけれど、その外の景色には、遮るもの何一つなく、9月の空が広がっていた。
僕はベッドの左側に腰掛けて、空を眺めた。
光輝さんはすぐに来た。何やら入っている袋を手に。
それも気になるけど、何より僕は光輝さんに見とれてしまった。
普段掻き揚げて、セットされている前髪が洗い立てで、無造作に顔に掛かっている。
それを指で梳きながらサラサラと掻き上げる様が、めちゃくちゃカッコいい。
それに、同じバスローブを着ているのに、全然違う。色っぽいし、俄然、様になっている。
ぼけっと見惚れている僕に微笑みかけると、光輝さんは僕の横に並んで、ベッドに腰掛けた。
そしておもむろに、手を伸ばしてきて腰紐を解き、僕のバスローブの前を肌蹴る。
「わっ……」
僕はびっくりして、思わず、光輝さんの手を押さえた。
「合格」
にっこり微笑む光輝さん。
僕はローブの下は何もつけなかったので、すっぽんぽんだ。
変体おじさんよろしく、ローブの前を全開して、裸体をさらしている。
「俺、言わなかったけど、シャワーの後は、下着禁止な。」
「あ………、はい」
「せっかく脱いでんのに、また脱がせるなんて面度くせーだろ」
「あは……そんな理由……」
思わず笑った。
その両肩に手を添えて、光輝さんは僕をゆっくりベッドへ横たえさせた。
肌蹴たローブが肩も露にして、腕に引っかかっているだけだ。
部屋の冷気を全身で感じた気がした。
光輝さんは僕を押し倒したまま、上からずっと見つめていた。
「……今日は、基本その2、……な」
言い難そうに、顔を歪めて切り出した。
袋から取り出されたそれは、僕でも少しは知ってる。エッチな雑誌の後ろのページで通販しているのを見たことがある。いわゆるバイブレーター。
……でも、ちょっとへん……?
全長20cm、直径5cmくらいの棒のような物。
先の方は括れが付いていて、まるっきり男根の形だ。
棹の部分が、細くくびれたり出っ張ったりしている。
そして根元の一部に小さな盛り上がりがある。
ベッドに投げ出されたそれを、倒された時の格好のまま横目でしげしげ見ていると、光輝さんが笑った。
「もしかして、女用のと違うって知らないのか?」
「あ……」
これは”お尻用”なのだ。僕は真っ赤になって、口を噤んだ。
 

                                          
NEXT / お仕事index