僕のお仕事 index
11.「ヤノタツミ」  
1.2.
  

「なんでこんなことするんだよっ」
 
俺を睨み付けてくる。どこにそんな強さがあるのか、この外見からは想像出来ないほどの、真っ直ぐな視線。
「僕になんの恨みがあるんだ!」
そのデッカイ目から大粒の涙が溢れてきた。
細い眉を吊り上げているのに、睫毛が濡れてよけい艶っぽい。
そのアンバランスさが、益々俺の胸を灼く。
……はっ?恨み?そんなモンあるもんか!
なんだってんだ、なんだってんだ!
「ムカツクんだよ!大ッ嫌いだおまえっ!!」
あまりに腹が立って、首を掴んだ。黙らせたくて唇で唇を塞ぐ。
勢いで舌をねじ込ませ、吸い上げた。泣かせてやろうと、さらに吸い上げる。
「んんっ……んーっっ」
足をバタつかせながら、呻いたその声に驚いて、俺は思わず唇を離した。
なんて声を出すんだ。
「はっ、なるほどね、その声か!」
俺を駆り立てる。許さない、許さない!
そんな声で睦月に鳴くな。そんな表情で睦月に迫るな!
俺は握り潰しそうなほど、力を込めて首を絞めた。
顔を歪めて、喘ぐ。
困惑しながら俺を見上げてくるその目に、また大粒の涙がぽろぽろ零れる。
くそっ!奥歯を噛みしめた。
俺は泣かない。こんな風に睦月の前で涙なんか零さない。
俺には流す涙なんかないんだ!
「……その涙も……。いっぱい手管があるんだな、おまえ。……よくわかった」
心が痛い。俺にはない可愛さ。負けたくないのに。
その瞬間、タツミが俺の気持ちの隙間に入るように、のぞき込みやがった。
俺はまた、目の前が真っ赤になって、訳が分からなくなった。
可愛いタツミ。健気なタツミ。こんなことしてるのは自分なのに、庇護欲をそそられる。
怒りを煽るくせに、守ってやりたくなる。
それなのになんだ、こいつは!俺を哀れみやがった!
それだけは許せない。許せない。やっぱ睦月のことも許せない!
鎖骨の下の痣に噛みついてやった。
「痛っ!」
悲鳴が上がって、口の中に血の味が広がった。
俺の傷んだ心の味。睦月との、間接キスだ。
睦月のキス……。こんなにその跡を撒き散らせて。
どれだけ大事に扱っているのか…。俺は今、悲鳴を上げさせるばかりなのに。
………もういいや。
怒って怒鳴り散らしていても、俺にもタツミにもどうしょうもないことだった。
初めの予定通り、コイツをめちゃくちゃにしてやる。
「俺にもその声を聞かせろ。俺が納得するまで、鳴き声をあげろ」
タツミの胸に顔を寄せて、胸の尖りに舌を這わす。
「あっ……」
思わぬ喘ぎ声に俺はびっくりして、さらに嘗め回してみた。ねちっこく、根を上げるくらい。
すっごい小さな突起がつんと力強く舌先に当たってくる。
「……やらしい身体……。俺の愛撫で感じてる」
嘗め回しながら、嗤ってタツミを見上げた。どんなカオしてんのか見たかった。
「………っ」
悔しさに唇を噛みしめてるけど、目を瞠って射抜いてくる視線は、やっぱり俺を煽る。
手錠のガチャガチャいうのだけが聞こえて、うるさい。
もっと声が聞きたい。
「ほら、もっと鳴けよ……」
鳩尾、脇腹、臍、下腹、と唇を下げていく。
睦月の気配を追って。睦月の形跡を辿るように。
睦月が愛しんだ身体を、同じように探る。
特に太腿、尻、ペニス。
やさしく、やさしく、睦月がしてくれたように。啄んでは軽く吸う。
「……ぅ………ん」
タツミの身体が震え出した。熱く火照ってくる。
真っ白だった全身が、ほのかにピンク色に染まった。
漏れる息も熱い。
腰が揺れて、次の刺激を誘い出す。
艶めかしく悶える肢体。しっとり汗を掻き、指が肌に吸い付く。
気が付くと、自分の呼吸も早くなっている。
その厭らしい動きに、俺の身体まで熱くなりそうで、驚いた。
俺は睦月以外、欲情しないのに……。
「……ぁあ……はぁ……」
焦らしていると、喘ぎが激しくなっていった。
「……くやしいけど、いい声」
俺は思わず呟いた。
くそっ。
これ以上、聞きたくなくなった。
「いかしてやるよ。焦らして悪かったな」
嫌がらせ半分、衝動半分で、反り返ってるモノを口に含んだ。
幸隆なんかとは比べモノにならないくらい、小振りだけど、しっかり芯があって存在感がある。
幸隆のは……一回銜えさせられたんだ。ムリヤリ。
睦月はしたくても、一度も触れさせてもらえなかった。
「やぁ……っ」
流石に、抵抗してくる。ただの愛撫じゃないもんな。
俺は構わず、しゃぶった。口の中で転がすと、心地いい。
「いいっ、いいから、焦れたままで……。もう辞めて!!」
必死の声が頭の上から浴びせられた。
身体は反応していて、口の中のモノは力強く跳ねている。
「やだ……やめてっ……ほんとにやめて!……お願いっ」
そのあまりの悲痛さの中に、俺の心に刺さるモノがあった。
身に覚えがある気がした。
迷いながらも、正直なタツミの身体を味わい続けた。
「ぁっ、ぁっ……」
嬌声と悲鳴が交互に上がる。
腰が震えて、身体が喜んでいるのが手に取るようにわかる。
でもその口からは、止めてとしか紡がれない。
「やああ!」
泣き声。俺の心もたぶん泣いていた。
舌を絡ませて上下させていた唇を離して、掌で包み直す。
タツミのイク顔も見たかった。
目をぎゅと瞑り、顔を仰け反らせて喘いでいる。
上気した頬が、壮絶に綺麗で、首や胸を伝う汗が、艶めかしい。
俺の目はもう、タツミしか映っていなかった。コイツをイかせる。
イかせてやる。俺の手で。今のコイツの相手は俺だ……。
「…………!」
タツミの絶頂と共に、俺の掌がなま暖かく濡れた。
俺は心で、タツミを犯した気分だった。
 
目を瞑ったまま、タツミは泣いていた。横を向いたまま俯いて。
後から後から、涙が頬を伝い、シーツにはたはたと音をたてて、落ちる。
妙な満足感と、後味の悪い苦々しさをない交ぜながら、俺はそれをずっと眺めていた。
小刻みに振るわせている身体が、跨っている俺まで振るわせるようだ。
小さく鳴らす手錠の音で我に返った。
枕元に這っていって、手錠をはずしてやる。
手に取った、華奢な手首の感触に驚いた。濡れている。赤く染まって。
赤い筋が肘まで垂れていた。
痛そうにタツミが、顔を歪めた。
「!!……痛いよな……。ごめん」
思わず呟いた。
手首の回り中、擦り剥けて、赤黒く痣になっている。一カ所ざっくりと切れていて、血の筋を作っていた。
「……すごい……痛い……」
タツミも驚いて自分の手首を見ている。今にも泣きそうだ。
「ごめん、悪かったよ。ほんと」
俺は、こんな怪我をさせるつもりはなかったから、本当にびっくりした。
やり過ぎていたことを、今更思い知らされる。
すごい後悔が俺を襲った。
ずっと手錠の音は聞こえていたのに。
そんなことに気遣う余裕すら、俺は無かったのだ。
ちょっと可哀相で、何遍も謝った。手首の傷に対して。
でもタツミは俺に背を向けたまま、身体を丸めてしまって、ピクリとも動かない。
壊れてしまったのかと、思うほど。
……傷の手当をしないと………。
俺はやっと思い立って、リネン室からタオルと救急箱を持ってきた。
手首の傷を消毒して、止血してガーゼを巻く。
俺はしょっちゅう怪我をするから、こういうのは得意だ。
身体の汚れた所や、汗を拭いて、服を着せる。
タツミは人形のように、されるがままだった。
もう泣きもしない。かといって怒りもしない。逆らいもしない。
ぼんやりとした目を彷徨わせている。
俺は、怪我させてしまったことは悪いと思うけど、やったことに対しては、謝りたくなかった。
タツミを認めたくなかった。
睦月を返せ。
タツミは可愛い。タツミは色っぽい。タツミの声は俺を煽る。そのくせ儚げで。
ずるい。
俺だって可愛い。タツミに無いモノがあるはずだ。
睦月を俺に返せ。なぜ俺じゃいけないんだ。
そんな気持ちが、俺を意固地にさせていた。
布団も肩までかけてやって、何もすることが無くなったのに、声を掛けるのを躊躇ってしまった。
虚ろな顔のタツミを見つめる。
額に掛かる前髪が汗で張り付いている。虚脱した真っ白な顔が痛々しく、俺の胸を責める。
不意に、視線を真っ直ぐ合わせてきた。
俺は負けじと、見返した。
文句を聞いてやろう。受けて立ってやる。
 
ところが、タツミの口からとんでもない奇襲を受けた。
「君は……、睦月さんの……?」
えっ?
俺…どっかで睦月の名前、呼んだっけか?
思わず顔が赤くなってしまった。
タツミが困った顔でなおも言う。
「だって……、同じなんだもの。君の……愛撫が。……睦月さんと」
「………っ!!!」
俺の頭は一瞬にして真っ白になった。
やっと落ち着いてた心が、ザワッと揺れる。
気持ち悪い触手が絡みついて、思考を奪う。
……愛撫が……睦月と同じ……
言葉を反芻して、意味を理解していく。
俺が受けていた、俺だけのはずの、”愛撫”。
睦月の癖。優しさ。手順。
俺だけが知っていることを誇りに思っていた。
なのに、コイツは自分のモノとして、語っている。
 
顔がどんどん赤くなっていくのが判った。
「あ……、愛撫とか、いうな!!睦月を名前で呼ぶなよ!」
悔しくて、叫んで歯軋りする。
握り拳を、ベッドの端に押し付けて、身体ごと震わせた。
ふざけんな!ふざけんな!
「おまえ……睦月に可愛がられてるからって……、キスマーク付けられたからって、いい気になるなよな!」
睦月は俺のだ。誰がなんと言おうと、会社がどんな処分を下そうと。
睦月が誰を相手にしようと。
………俺が睦月のものなのに………
「なんで…なんで、おまえなんだよ……」
俺はどうしたらいいんだよ。
なんでこんな思いして、我慢しなきゃいけないんだ。
ちょっとは可愛いと思ってしまった。
コイツならしょうがないかと、一瞬思ってしまった。……だけど…
「おまえなんか、やっぱ、大っ嫌いだー!!」
それ以上はそこに居れなかった。
絞め殺してしまうかもしれない。
そこから逃げ出した。
俺は”タツミ”から逃げ出した。
部屋を出て、当てもなくエレベーターに乗り込む。
両腕で身体を抱きしめて、床にへたれ込んだ。
―――睦月……。
呼吸ができない。
心がまた、止まってしまう。
俺に触って。俺を呼んで。
俺を必要だと言って。仕事上でいいから。
俺に、ここに居ていいと……
生きていていいと
 
「睦月……。死んじゃうよ、おれ……」
それでも、俺の目からはあんな涙は流れない。
こんな心は痛いのに。
すで泣き尽くして、そんなものは枯れてしまった。
それを持っているタツミが羨ましかった。
それを武器に出来ることが妬ましかった。
「………睦月。助けて」
動かないエレベーターの中で、俺はいつまでも蹲っていた。
   

NEXT / お仕事index