5.

「…………」
 うっとりしてしまった。
 そして、ハタと我に返る。
「僕こそ……その……、イヤラシくて、すみません」
 嫌われないように、気をつけなければ。
 目を丸くして、僕を見つめる光輝さん。
「はあ? ……そんなこと謝んなよ」
 噴出しながら、僕の頬っぺたを摘んだ。
「だって……」
「それより…、指舐めたのって、初めてか?」
 ちょっと真剣に聞いてきた。
 僕も、誤解がないように真剣に答えた。
「はい……。噛まないようにしゃぶるには、あれしかなかったです」
 途端に、合点がいったように光輝さんの目が明るくなった。
「ああ、俺、”しゃぶれ”って言ったもんな。”噛むな”とも」
 そして、声を上げて笑い出した。
「………?」
 笑いながら、ぎゅぎゅっと、強く抱きしめられた。
 息が出来なくて、苦しい。でも、光輝さんが嬉しそうなのは、僕も嬉しかった。
「おまえ、可愛い! ほんと可愛いよ」
 抱きしめながら、頭も撫でる。
「こう……き、さん?」
 嬉しくて、真っ赤になってしまった。
「合格、合格! 何もかも合格!!」
 ぎゅうぎゅう、抱きしめて離してくれない。
「あ…あのっ…?」
 僕はいい加減、苦しくてじたばたした。
 耳のすぐ横で笑ったり喋ったりするので、直接脳髄を痺れさせる。バクバクする心臓音が、光輝さんに聞こえやしないかと、よけい手足をバタバタさせた。
 僕の身体をやっと離した光輝さんは、深いため息を付いた。
 満足した、気持ちのいいため息。
 僕もその胸の動きに誘われて、一緒に息を吐く。心地よくて光輝さんの胸に後頭部を預けて、よっかかってしまった。
「なあ、巽。……これ、舐めてみ?」
 改めて人差し指を、僕の唇に差し出した。
 僕は口を薄く開いて、指を受け入れる。舌の平でぴちゃぴちゃと舐めまわした。
 ふふ、と首筋で笑う。息がくすぐったい。
「俺は、これが来ると思ってたんだ」
 ずるりと指を抜く。透明な糸を引いて、目の前にかざされる。
「巽は、俺の言うことを、しっかり聞き取って、その通りのことをしてただけなんだな」
 膝の中に抱え込んだ僕の両脚を開かせる。
 バスローブなんて、とっくに肌蹴てるから、ほとんど裸体だったけど、やっぱり恥ずかしい。
「さっき、何でそんなことさせたかというと……」
 言いながら、僕の蕾にその指をあてがう。
 くん、と力を入れて。指先を入れてきた。
「………ぁ……」
 ずくん、とそこが疼き、息が漏れてしまう。
「こうやって解していくのが、普通なんだよ」
 濡れて滑りがいいその指は、僕の露を待たなくても、容易く入ってくる。
「んんっ………」
「そうそう、その声。いいね。さっき我慢したろ」
「……ごめんなさい……」
 後ろで怪しげに笑う気配がした。
「そんな子には、お仕置きだな」
「…………!?」
 両手を掴まれると、紐を使って、背中で束ねられてしまった。
 なんで、いつの間にそんな紐……と抗おうとしたが、あっさりと動けなくなる。そして、顎を掴んで上を向かされた。
 不意打ちで開いた唇と歯列の間に、何かを突っ込まれる。
「!?」
 僕はかなり焦った。
 頭を振って逃げるけど、噛ませられた棒みたいな物の両端から出ていた皮ベルトを、後頭部で固定されてしまった。
「んん~~!!」
 その変な棒は、通気口のように穴が幾つも開いているらしく、呼吸はできる。
 ひゅうひゅうと、呼吸するたびに音が鳴った。
「それは、ギャグっていう、所謂さるぐつわ。もちろんウチの商品な」
 怯えた僕の目を覗き込みながら、楽しそうに説明してくれる。
「それも、基本のお道具だ。本当は今日はまだなんだけど。まあいいだろ」
 僕は良くない。必死に首を振ったが、ベルトはまるっきり緩まなかった。
 両肩を掴んで前方を向かせられると、また後ろからぎゅっと抱きしめてくれる。頬と頬をくっ付けられた。ベルトの感触を共有するかのように。
「これで、声も隠せない」
「うう~~」
 恨みがましい声を出した。
「そんなじゃなく、もっといい声、聞かせろ」
 光輝さんは、さっきの続きを再開した。
 中指を自分でなめると、蕾に突き立てる。爪が当たらないように、角度を調節しながら、えぐってくる。
「ふぅ~んっ……」
 とてつもなく甘い声が、鼻から抜けた。
 恥ずかしくて、眼を瞑る。
「そう、その声……いい子だ。巽……」
 体中が疼いて、身を捩った。けど、拘束されていて、上手く動けない。
 余計腰を突き出すような感じで、支えてくれてる腕の中でずり下がってしまった。
 指の刺激が嫌でも強まる。
「うぅ……はぁ………!」
 出入りを繰り返しつつ、どんどん進入する。
 昨日の異物感が、そのまま再現された。
「やあ……」
 しかも、半分入ったくらいから、中で掻き回してきた。
「んぁ! ………や……やえ……」
 上手く喋れない。やめてと叫んでいるのに。
 奥歯を食いしばれない分、リキめない体は、与えられる疼きを散らせない。
 無抵抗に受け容れざるを得ないその異物感は、容赦なく僕を刺激する。
 目から涙がこぼれた。
 「……気持ち悪い?」
 優しく聞いてくる。僕は、目をぎゅっと瞑ったまま、こくこくと頷いた。
 「挟まってるって思わないで、出入りしてる動きを感じろ」
 尚も蠢かしながら、穏やかに言う。
 僕は、身悶えしながら、一生懸命、その声を聞いた。
 「擦れた時に湧く感覚を感じ取れ。気持ちいいと思うことを、怖がるな。それが快感に繋がる」
 「ん……ふ……」
 返事も出来ない。暴れる中指が疎ましい。
 その時、その中指が僕の中で折れ曲がって、内壁をぐるりとなぞった。
 「ふぅぅ………んっ」
 僕の背中に電流が走ったように、何かが這い上がった。
 仰け反って、声を上げる。
 「今のは……? どっちかと言うと、いい? 悪い?」
 クスリと、笑いながら、聞いてきた。
 酷い……
 そんなこと聞いてくるなんて。だいたいどうやって返事するんだ。
「んっ、ぁはあぁんっ……!」
 いきなりまた、なぞる。何度も何度も外に向けて押すように。
「ぅぅん……ふぅぅん……」
 噛まされているギャグの呼吸孔から、頬や顎に唾液がしたたる。止めることなどできない。
「これはどうなんだ? 嫌じゃないか? 気持ちいいのか? よければ、頷け」
「ぁあ、ぁああ………」
 はあはあ、ひゅうひゅうという自分の呼吸が耳に煩い。
 何度も何度も、指が動く。僕が返事をするまで止めない。
僕は、背中を突き上げる痺れが、どんどん激しくなるのを感じた。前のモノも熱くなって、頭を擡げて行く。恥ずかしい。気持ち悪いのに。なぜか反応してしまう。
「あっ、あはぁぁ………やぁ……」
「ほんとに、嫌?」
 耳たぶを噛んでくる。
「んん~っ!」
 びくんっと、思いっきり前が勃ってしまった。
 僕の目から、また涙が出る。
「………なぜ泣く? そんなに嫌か?」
 僕は首を横に振った。
 でも、なぜ”良い”といえないのか。
 昨日みたいに、感覚が変わるきっかけが欲しかった。
 指の動きを感じてみる。縁を一周するかのように、僕の中で右回り、左回りを繰り返す。
 曲げて押し付けてくる指が、排泄感を促すように、外側に向って悪戯をする。
 ……あ…出ちゃう……
 指が外れそうになった気がして、思わず逃がさないように、力を込めて搾った。
「―――!!」
 とたんに、昨日の様な衝撃に襲われた。
 後ろを窄めたとたん、肉壁全体で指を感じ、その動きがそのまま前を刺激する疼きとなる。
「ぁあ、ぁあ、ぁあ……」
 僕は指の動きに身を任せるように、喘いだ。
 さっきまで嫌悪していた異物を、奥へ奥へと飲み込むように、引き窄めてしまう。
 奥を搾るたび、僕の背中に電流が走った。
「気持ち、……いいのか?」
 耳元でバリトンが響く。僕はこくこくと、頭を一生懸命縦に振った。
 ふふ、と小さく笑って、光輝さんは僕を抱えている方の腕で、しっかり抱きしめてくれた。
 耳に直接唇を押しつけて、囁く。
「……いい子だ。巽……」
「ひ………」
 その熱い声に反応して、さらに後ろを閉めてしまった。強烈な疼きに襲われた。
「きついな……。この先が楽しみだよ」
 光輝さんは、曲げていた指を伸ばして、更に体内に侵入させた。
 圧迫感が増す。伸ばした指で肉壁をぐるりと抉られた。その時、
「ふっ、うぅん!」
 僕の脚が、びくんと跳ねた。ある一点を抉られた瞬間、前に鋭い疼きが走った。
 体中の皮膚が粟立つ。
 その反応に、背後で笑う気配。獲物を見つけた指は、そこだけに執着して執拗に擦った。
「んっ、んんっ!」
 僕は必死に頭を左右に振って抵抗した。しかし指は2本3本と増やされていく。
「あっ、あっ……」
 擦られるたびに体中が上擦る。たまらずに足が動く。身体が熱くなって、涙が滲んだ。
 前のモノはびんびんに勃って、露を滴らせている。喉を仰け反らせて喘いでしまい、みっとも無いほど唾液が幾筋も首を伝った。
 僕は与えられる快感を、嬌声を上げながら、ただただ享受するしかなかった。
 快感を散らせない躰は、どんどん高められていって。その指の動きに、全く容赦はなかった。出入りする音が厭らしく響く。
「や……やぁ……やぁぁ……こぉき……はん」
 呼吸もままならないでひゅうひゅうと激しく音を立てながら、酸素を貪る。
 酸欠と快感で瞑った瞼の内側ががチカチカした。
 
 ―――ああ、いっちゃう……!
 
 
 屈辱と期待が交差した瞬間、
「………!?」
 指がずるりと抜かれ、僕はいきなり快感から、突き放された。
 躰を突き上げてくる揺さぶりが、ぴたりと途切れる。
 咄嗟に逃げていく刺激を追うように、後ろをぎゅっと搾った。取り残された疼きに、腰が揺れた。
「……こお…きはん……?」
 訳がわからず、ちゃんと解放して欲しくて、思わず光輝さんを振り仰いだ。
 歯を食いしばるように、辛そうな顔がそこにはあった。
 真っ黒の双眸はぎらぎら光り、苦しそうに眉根を寄せて。
 僕と目が合うと、弾かれたようにぎゅっと目を瞑った。
「……解しだけで、イかせちゃあ、社長になんて言われるか」
 絞り出すように、それだけ言う。
 僕は、途方に暮れた。持て余した疼きの解消を、ただただ欲する。足先が知らずに動いた。
「………ふっ……」
 堪らなく嗚咽を漏らした。
「巽……」
 腕の中で項垂れた僕を、体中でぎゅっと抱きしめた。
 そして、後ろ手の戒めと口のギャグを外してくれた。
 僕は大きく息を吸い込む。躰が内側から熱くて、やるせない。思わず非難がましく光輝さんを見つめてしまった。
「そんな熱っぽい視線で俺を見るな……」
 乾いた唇を、湿らすように舐めながら、低い声で言う。その舌先の動きに、心臓が高鳴る。
「……お仕置きが、過ぎちまったな」
 また羽交い締めに抱き込んで、ごめん、と耳元で謝った。
「こおきさん……ぼく……」
 両膝を擦りあわせるようにして、躰を捩った。
「ああ、……テスト本番、いくぞ。気絶すんなよ」
 片眉だけちょっと上げて、僕をにやりと見る。
 そして耳元で囁く。
「やっぱ、ギャグは無しだな。俺の名前、ちゃんと呼べよ」

 
 


BACK                                NEXT