僕の前に跪く光輝さんは、ブルーのネクタイで濃紺のスーツを着込んでいた。
「………………」
 初めて見るその姿は、想像を超えるカッコ良さだった。
 その体から、少し煙草の臭いがしてくる。
 ……今までそんな気配もなかったけど、煙草を吸うのだろうか。
 スーツが汚れるのも構わず床に跪き、エネマを外そうと手を伸ばす。
 
 光輝さんの手が僕を触った。
 恥ずかしく反り返っているものが、ぴくんと揺れた。
 ずっと刺激され続けていた僕の身体は、かなり限界に近かった。
 後ろで銜え込んでいるディルドを取り出そうとしても、前のリングが板を上に引っ張ってしまって、上手く抜くことが出来ない。
 光輝さんの指が、リングや蕾を弄るたび、僕は痛みと刺激で悲鳴を上げた。
「駄目だ……取れない」
 頬を上気させて、光輝さんが、根を上げた。
 乱れた前髪を、無造作に掻き上げる。
「こおきさん……僕……もう……」
 僕も根を上げるしかなかった…声が震える。
 悪戯に刺激してしまった分、身体は更に疼いてしまった。
 前の張りが反りすぎて、根本から凄く痛い。でもそれ以上に、絶頂を求めて熱い露を垂らしている。
 僕の状態を見て、光輝さんは歯ぎしりした。
「すぐ済むから、じっとしてろ。なるべく、声出すな」
 止まったままのエレベーターの中。
 ここが何階なのか、まるで判らない。
 いつ、誰が乗り込んで来るかも。
 その四角く切り取られた床の片隅で、光輝さんは、僕の脚の間に顔を埋めた。
「―――ッ」
 跳ねた腰を押さえつけて、熱い唇が、舌が、まとわりついてくる。
 歓喜のような僕の震えを、唇でめいっぱい受け止めるみたいに、扱いてくる。
 唾液と先走りを絡ませて、光輝さんの舌は別の生き物みたいに鈴口を舐め回した。 
「ひッ……んっ…」
 ひたすら一点を目指して、僕の焦らされていた恍惚の渦が、背中を這い登った。
 指でも扱きあげてくる。ポイントをこすられて僕は激しくのけぞった。ディルドも動く。
 …あ、…あ、ダメもう――― 
「こうきさん……こうきさんっ」
 堪らず、声を上げてしまい、両手で口を覆う。
 こんな場所で…そう思いながらも、頭の中が真っ白になった。
 ただただ、疼きに身をまかせて、脚を開く。
 光輝さんの指が、根本を締め付けるリングを、精一杯広げた。
 
「―――ハァッ、ハァッ……あぁ……!」
 僕は光輝さんの口内に激しく性を放った。
 背中を突き抜ける痺れ、激しい鼓動。
 感じたことのない絶頂感だった。
 
 どくんどくんと脈打つペニスを根本からきつく吸い上げると、光輝さんは僕が放った白濁をすべて飲み込んでしまった。
「えっ……やだ……」
 僕はびっくりして、上体を起こすと光輝さんの頬に手を当てた。
「駄目だよ……汚いよぉ……出さなきゃ……」
「馬鹿。ここで、んなこと出来るか」
 ぺろりと舌先で、濡れた唇を舐め上げる。
 それがもの凄い艶めかしく見えて、また心臓が高鳴る。
 やっと萎えたペニスからリングを外すと、ディルドも抜くことが出来た。
 僕は総てから解放されて、体の力が抜けた。鏡に押しつけていた背中も床に滑り、後頭部だけが冷たい。
 安心したら、また泣き出してしまった。
 
 
 光輝さんは僕のズボンを穿かせ直すと、掬うように抱き上げて、部屋まで運んでくれた。
 僕のベッドにそっと寝かせる。懐かしい抱擁。懐かしい光輝さんの匂い。それが涙を止めさせなかった。
 
「何があったか、説明しろ」
 まだ泣きじゃくっている僕の頭を撫でながら、もどかしそうに聞いてくる。
「……試作が……僕指名で……なんか無理矢理……」
 しゃくり上げながら、何とか声を出す。
「なんだ、それは……」
「わかん……ない……。睦月さんも、わかんないって……」
 ぴくり、と手が止まった。
「……何やってんだ、アイツ………馬鹿がっ!」
 僕を頭から抱え込んだ。
 顔を胸に押しつけて、呻くように声を出す。
「冗談じゃねぇ……俺が……やっぱり俺が、おまえに付く!」
 
 その時。
 
「貴方が守り切れなかったその子を、…ぼくが守りたかった」
 半分開けたドアに片手を突いて、睦月さんが、立っていた。
 僕と光輝さんは、驚いて、そっちを見た。
 ちょっと首を傾げて、巻き髪を肩に揺らしている。
 その肩が微かに上下している。傾けた首筋には、汗が滲んでいた。
「戻ってこないと思ったら、こんな所に…」
 薄く笑ったその表情は、悲しかった。
「睦月! ……てめえッ」
 光輝さんが、もの凄い顔で睨み付けた。
「守りたかった。ぼくが。……でも、守り切れなかった」
「何言ってやがる! あんな、えげつないモン付けさせやがって!」
 バッと身を翻すと、入り口の睦月さんの胸ぐらに掴み掛かった。
「光輝さんっ」
 思わず僕は、声を上げた。
 二人が殴り合うのなんて、見たくない。
「光輝、貴方なら……守れたかな?」
 真っ直ぐな視線を、同じ高さの真っ黒な瞳にぶつける。
「……?」
 睦月さんの様子が変なことに気付き、光輝さんは拳を納めた。
「どういうことだ?」
「……巽君に、直接試作をテストさせる指示書が、出た」
 長い睫毛を伏せて、言葉を綴る。
「時々、変な指示書が出ていたんだ。その子ご指名の。……ぼくは、なんだかんだと、それを跳ね除けていた」
 
 …………知らなかった。
 僕は入り口に立ちすくむ、二人の青年を見つめていた。
 息を詰めて、会話を聞く。
「貴方が放り出したその子を、ぼくは全力で守りたかった」
 見たこともない厳しい目で、光輝さんを睨む。
 鳶色の瞳がきつい光を放っている。
「最初はぼくも戸惑った。でもこの子を見るたびに愛しくなる。守りたくなっていった。貴方は、この子の苦しみを知らない。ぼくは、その心も総てひっくるめて、包んであげたかった!」
 握り拳に、グッと力を入れる。
「でも……、ぼくは……自分自身を持て余してしまったし、……梓さんには逆らえなかった。結局たくさん泣かせてしまった」
 視線を僕に移し、優しく微笑んだ。悲しげに揺れる瞳。
「……ごめんね、巽君。許してとは言わない。ぼくが選んでやってしまった事だから」
 その瞳に、僕は胸を掴まれるように、苦しくなった。
 
 優しい睦月さん。僕をずっと待つと言ってくれた。
 僕が立ち止まるたびに、その度にずっと待っててくれた。
 馳せる想いから、心が戻るまで。その度に。
 その時の、細く見えた背中を思い出す。
 ……胸に針が、突き刺さった。
 痛い。
 睦月さんは、僕の心に入り込んでいた。たくさん、たくさん入り込んでいた。
 でも、僕は光輝さんの面影を追ってばかりで、気付かなかったんだ。
 わかってるつもりで、ちっともわかっていなかった。
 僕の中で大きくなっていた、睦月さんの存在。
 それでも光輝さんしか見えない、僕の心。
 
 そのせいで………。
 シャワールームで抱きしめられた時の、悲痛な声を思い出す。
 
 ――君の中に、ぼくはいない――
 
 
 
(むつき……さん)
 冷たい涙が、頬を幾筋も伝う。 
 僕は胸が痛すぎて、悲鳴のような嗚咽を上げた。
「……ひぃっ……ひっく……」
 ごめんなさい、ごめんなさい……
 僕は泣きながら、心の中で謝り続けた。
 睦月さんの優しさに。
 こんな僕を、好きになってくれたことに。
 悲しい顔をさせてしまったことに。
 ……気付けないまま、握りつぶしてしまった小さな恋心に。
 
「うわぁ~ん」
 最後は大声で、泣き出し、布団に突っ伏してしまった。
 睦月さんが、ベッドサイドに歩み寄る。
 そっと手を髪にふれる。
「巽君……。ぼくは、その涙だけで嬉しいよ……」
 微かにそう囁くのが聞こえた。
 その手を光輝さんが、掴み上げた。
「おまえ、もうコイツに触れるな」
 険しい目つきで、睨む。
「…………」
 静かにその目を見据えて、睦月さんは穏やかに言った。
 澄んだソプラノが、凛と響く。
「貴方が、一回は手放したせいで、こんな事になった。二度は許さない。ぼくがもう泣かせない」
 しばらく睨み合っていたけれど、光輝さんの力強い視線に、ついと、睦月さんが視線を逸らせた。
 長い睫毛を瞬かせて、眉根をちょっと寄せる。
 
「……それにしても、不可解だな。今回のこと」
 
 
 
 *********
 
 
 
 後日、睦月さんが僕を放棄した、僕と光輝さんは誤解が解けた、という形で、社長に謝り倒し、元の鞘に納まることが出来た。
 僕は、睦月さんにペナルティが行かないように、今回の試作を、感じた限りの感想を書き連ねて、レポートした。
 社長は、ともあれ光輝さんがこのフロアに戻ってきたことに、ホッとしているようだった。
 
 でも、僕としては、ホントに誤解が解けたわけではないから、手放しでは喜べなかった。
 光輝さんの不安定さが、僕の中で解決していない。
 出会った一番初めの頃のように、光輝さんと向かい会いたい。
 嬉しくて楽しくて、ドキドキしてたあの時に、戻りたかった。
 
 ……でも、もう引き返せない。
 僕は大きな秘密を背負って、光輝さんに会う。
 絶対晒し出してはいけない、この気持ちを隠して。
 光輝さんとずっと一緒に、いるためには………
 
 
 


BACK                                NEXT