2.
 
 光輝さんは、僕を膝に乗っけたまま、ベッドの中央に乗り上がった。
 僕の膝を立てて、開かせる。
 久しぶりなのもあって、緊張する。恥ずかしさもひとしおだ。
「緊張すんなって。力抜けよ」
 後ろから覗き込んで、ローションで濡らした指を僕の蕾にあてがう。
「んっ……」
 軽く揉むように振動させる。
「…………っ」
 僕は奥歯を噛み締めて、声を抑えた。
 睦月さんの時は平気になったけど、光輝さんの前では声を出すのも恥ずかしい。
「……こら、睦月に教わったろ? 声出せ」
「えっ……」
 僕はビックリした。
 それ何……、どういうこと? なんで光輝さんが、睦月さんのそんなこと……。
「あいつはそこら辺のとこ調教すんのが、上手いんだ」
「………」
 目を瞠って振り向いている僕を、苦しそうに見返す。
「俺じゃ、だめだったから…。睦月なら……まだ安心だと思ったしな……」
「? ……睦月さんを、推薦してくれた……の?」
「……ああ、まあな」
 
 ――僕の知らない所で、色々な人が動いている。
 
 僕のために…?
 でも僕は、睦月さんだって、ホントは嫌だったんだ。
 光輝さん以外に…痴態を見せるなんて。
 
 ――光輝さんは、それでよかったんだろうか。
 
「んんっ!」
 考え込んでしまった僕は強引に、現実に引き戻された。
 蕾の奧に、指が無理矢理入ってきた。ローションを塗っているので、入りやすい。
「あ……はぁ……」
 出し入れを始める。光輝さんの指は、睦月さんと比べて太いし動きが荒い。
 すっかり睦月さんに慣らされてしまったこの身体は、まるきりの異物を入れられた様に反応した。
「あ……やぁ……」
 腕の中で、身体を捩る。
「ぁ……はぁ……はぁ……」
 光輝さんの腕にしがみついて、身体を仰け反らせる。
 指が2本に増やされる
「っん……ああ……やあぁ」
 声が漏れる。もう塞げない。
「あ、あ、はぁ……」
「いい声だな……」
 光輝さんが背後で囁いた。
 指が僕の中を暴れ回る。押し上げては、腸壁を擦って出て行く。
 指を曲げて、内壁をナゾって探る。
「ん……んっ、や……こう……きさん」
 堪らなくて、呼んでしまった
「……巽」
 呼び返された。バリトンが僕の名を呼ぶ。
「ん、きつくなった。やっぱり反応してるよ、お前」
 嬉しそうな明るい声で、そう言う。
 僕にはもう、その言葉は聞こえていなかった。
 体中の神経が、そこに集まっている。
 指を出し入れするたびに、内蔵が引きずられる。背筋が震える。
 前はパンパンに反り返って、苦しい。
「そろそろ、いいか。……力、抜いてろよ」
 僕の膝を開きなおさせ、指を抜く。
「ん………」
 透明な露が後ろを伝う。
 
 光輝さんは、右手にエネマグラを掴んだ。
 この間のより、ずっとシンプルだ。シリコンリングなんて、付いてない。
 小さな板から、細い棒が伸びていて、上を向いた小降りのディルドを斜めの角度で繋げている。
 板はミカンの皮を一枚むいたみたいな小ささだった。
「これなら軽いだろ。長時間これ入れたまま歩くんじゃ、このサイズが限度だ」
 指でほぐされた蕾に、ローションを塗ったディルドをあてがう。
「痛くしないから、落ち着いてな」
 僕の耳に息を吹きかけながら、そう言ってくれる。
 こくんと頷くと、目を瞑った。ヌルっと、無機質な物が蕾を割ってくる。
「……あぁっ……」
 圧迫感で仰け反り、息を吐く。
「ん……、はあ、……あっ……」
 少しずつ入ってきたそれは、ぽこんと全身を僕の中に埋めた。なおも奧へ押し込む。
「……んっ」
 僕は腸壁を動かして、奧に誘ってしまった。
 蕾が締まり、棒の異物感に気持ち悪くなる。
 光輝さんは、板をぐいっと蕾に押し当て、押し出されないようにした。
「……どうだ?」
 板を押し付けたまま、聞いてきた。
「……どうって……気持ち悪い。挟まってるのが、嫌だ」
 板から指を離そうとすると、ディルドが押し出されて、板ごと動く。
「もっと、後ろに力を入れて、内側に引き入れろ。わかるか?」
「あ……、はい」
 僕はやってみた。感じてしまった時の様に。指を離さないように銜えてしまう時のように。
 腹の奧を波打つように動かして、中にある物をさらに体内に誘導する。
「んっ」
 板が蕾にぴったりと吸い付けられた。
 同時にディルドが、僕の感じる部分に当たった。
「あっ、や……何?」
 困惑して、光輝さんに助けを求める。
 上半身を捩って、光輝さんを見上げる。両手でしがみついた。
「オッケー、ちゃんと入ったな。イイとこ、当たってるだろ?」
「……………っ」
「前立腺マッサージ器具、だからな、エネマは」
「……はぁ……、はぁっ……」
 
 僕は、直に疼き上がってくる快感を、どう反らせばいいのか、困っていた。
「これをある程度、装着し続けて、どれくらい負担がかかるか、かからないかをモニタするんだ」
「……ずっと? ……入れてる間中、当たってるの? これ」
「ああ。そうでないと意味ないからな」
 ……歩けないかも。立つのだって……
 でも、そう言えば、前回もそんなこと言ってた気がする。医療機器だとか……。
 身体の向きを変えるだけで、刺激を受ける。
 しがみついたまま、呼吸を確保するべく顎を上げた。
 鼻がぶつかるほど、近くに光輝さんの顔。
 僕の目は涙で潤んでしまっていて、よく見えない。
 とにかく訴えた。
「ムリ……。歩けないよ……」
 声が掠れる。
「……巽」
 唇が塞がれた。光輝さんの薄い唇が僕を覆う。乾いた口内を、湿った舌が進入してくる。
「ん……」
 以前のように激しく吸い上げたりしない。ゆっくり、優しく、味わうように蠢く。
 何度も何度も、右から左から、角度を変えては進入を繰り返す。
 僕は合間合間に、必死で息を吸った。
「…はぁ……」
 どれくらいそうしていたのだろう。
 やっと解放された時、思わず溜息が出た。
 放心してしがみついたまま、光輝さんを見上げている。
「……気が紛れたか?」
 その目を覗き込んで、聞いてくる。
 あ……、本当だ。
 僕は、さっきより身体が楽になっていることに気が付いた。
 キスに夢中になりすぎたんだ……。
「………はい」
 小さく笑って、身体を離した。
 
 それでも、身体を動かすと中で当たるので、立ち上がるのは大変だった。
「抜けないように、力を入れて歩くんだぞ」
「……うん……」
 光輝さんの左腕にしがみついて、支えられながら1歩足を出す。
「んっ……」
 揺れると刺激が強い。力を入れて締め付けると、角度がついて余計刺激される。
「よし、歩けるな。そいじゃ、服を着るぞ」
 このため用に、着替え一式を用意してくれていた。
 僕の前に跪く光輝さんの肩に両手を置いて、身体を支える。
 光輝さんの広げてくれる下着に足を入れる。片足立ちが大変で、頭にしがみついてしまった。
「おい、見えないぞ!」
「ひ~んっ」
 半泣きで、Gパンも穿かせてもらった。ベルトも締めてくれる。
 もう光輝さんも立ち上がっていたので、僕は光輝さんのシャツの胸のあたりを掴んで身体を支えていた。
 下着とデニムパンツを穿くと、ある程度の固定をされるので、少しは楽になった。
 厚手の長袖ウールシャツは、大きなチェック柄が淡いイエローで織り込まれている。
 その上に、ティールグリーンのショートダッフルコートを羽織った。フードの周りがふわふわファーで囲まれていて、肩が暖かい。
 ビルの外に出ない僕は、上着を着ること事態、久しぶりだった。
 
「うむ、似合う似合う」
 満足そうに頷く、光輝さん。
 サイズもぴったり。このデザインは、僕が使っている部屋に備品として揃えてある服と、同じブランドだ。
 以前いたコが、使っていた服。……これも?
「コートの色を迷ったんだ。ブルーもあったから。でもおまえ黄色いシャツ似合うから、やっぱグリーンだよな」
「え?」
「なんだよ、聞いてないのか。着せ甲斐のないやつだなあ」
 そうじゃなくて。
「これ、光輝さんが、買ってきたの?」
 僕のために……。
「あ……、まあ、そう」
 鼻の頭を掻いて、笑う。
「”外”の指示を見たときに、思いついたんだ」
「………嬉しい」
 僕は感動して、思いっきり破顔してしまった。
 光輝さんが目を見開いて、僕を見つめ返した。
「そんなに、嬉しいか?」
「うん!」
「嬉しいと、いつも……そんな顔して、礼を言うのか?」
「……? こんな嬉しいこと、僕はあまりないから……」
 
 こんどは、ビックリ目になった。涼しい切れ長の目も、こんな風に開くと、まん丸だ。
「……すまなかったな」
 ぽんと頭に手を乗せる。
「………?」
 何に謝ったのか、よく判らなかった。
 
「それじゃ、行くか。ゆっくり歩いてみろ」
 問い返す隙を与えず、光輝さんは僕から身体を離した。
「あ、……待って……」
 僕は後ろに力を入れながら、身体のバランスを保った。少しずつ歩く。
「中の、重くて出るってことはないだろ?」
「うん、こないだのはかなりそうだったけど、これは平気」
 息が荒くなりながら、そう答えた。歩き出すと、嫌でも内側に刺激を受ける。
 
 
 


BACK                                NEXT