俺の頬に先生の小指が当たる。
細かい作業をするから、手首をそうやって固定しているんだ。
先生の温かい手。
いつも間近で見てるけど、なんでこんなに真っ白で綺麗なんだろう。
 
「拓人君」
「はい?」
「なんで君は、治療している最中、目を閉じないんだ?」
俺の口の中を弄くりながら、先生は涼しい目で俺を見下ろした。
兄貴もここに通ってるから、一緒にならないように、先生は俺のことタクトって、名前で呼んでくれている。
歯医者にしとくのは、もったいない程の美人顔。
俺は先生を眺めるのが好きで、つい、いつも見つめ続ける。
こんな至近距離で、この綺麗な顔を見れるのに、目を瞑るなんて勿体ない。
 
 
「今日はこっちの虫歯の治療と、右下の親知らずを麻酔をして、抜くからね」
「はあ~ヤダヤダ。……絶対?」
「うん。こんな綺麗な歯で、勿体ないけどね。ここまで斜めに生えたらもうダメだよ」
「俺……痛くて、グリグリ押してたから」
「早めに来れば良かったのに」
「………」
その頃はまだ、ここを知らなかった。
兄貴が、ここはいいぞって教えてくれたのは、最近だった。
 
「水が跳ねるから、目は閉じていて」
「はい」
一応言うことは聞く。 
真剣な顔で、治療してくれる先生。
そのマスクの下が、綺麗な薄い唇なのを、俺は知っている。
前回、偶然見たんだ。マスク外してるとこ。
 
「拓人くん、制服似合うね。初めてちゃんと見たよ」
「え?」
俺、結構制服のまま来てるけどな。
そう言えば、先生は診療室に後から来るから、紙エプロン付けてる姿しか見てないのか。
「今日は、女の子達いないっすね」
誰一人いない。
だから今日は、先生がエプロンを付けてくれたんだ。
「……つまんない?」
「……別に」
受付の子が可愛いな、と思ったことはあった。
先生に探りを入れて、名前と歳を聞いたりして。
 
「動いちゃダメだよ」
麻酔が効いて何も感じなくなった咥内で、先生はいつもと変わらない涼しい顔で作業をしてくれた。
「はい、終わり」
それを俺に見せてくれる。割に大きい親知らずだった。
 
止血ガーゼでぎゅっと圧迫しながら、先生は溜息をつくように言った。
「それにしても、君たち兄弟の歯は綺麗だね」
「………」
そうすか? と、喋れない俺は、目で聞いた。
「歯列が美しい。歯の表面のエナメル質も丈夫で、色が綺麗だよ」
「………」
歯オタクな先生なんだな。
褒められて悪い気はしないけど、俺は自分の歯を特別アピールポイントにしたことは、無かった。
 
……それはいいんだけど。
先生が圧迫したあと、患部に分厚いガーゼを噛ませてくれて、自分で止血している俺。
その顎に、先生の手がいつまでも添えられている。
「はい、これ噛んで」
って、やったあと、そのまま。
 
子供じゃないんだからさ。
一緒になって、顎押さえてくれなくても、自分で噛んでいられるのに。
「……………」
先生の手が温かい。
なんか……
なんか、変だな……俺。
先生の手で、ドキドキしてる……?
 
妙に先生の手を、熱く感じる。
熱くて、汗を掻いてきた気がするし。
抜歯したあとって、こんなになるのか?
 
「……………」
ガーゼを噛んだまま、顔を少し先生に向けた。
今度は本当に、ドキッとした。
先生―――
……目が……綺麗な目が、俺をじっと見ている……
 
「あ……」
――熱い。
全身、火照ってきた。
動悸もしてきた。
俺……どうしちゃったんだ?
なんか、身体が……変だ――
 
 
「……熱い?」
先生が、目だけでクスリと笑った。
涼しげな双眸が細まる。
 
「――――」
俺は頷いた。
先生、もう…手、退けてくんないかな。
心臓がドキドキ早くなっていって、苦しい。
 
 
もう一度クスリと笑うと、先生はマスクを外した。
「…………」
やっぱり美人顔だ。
細面で、艶っぽい。
鼻と口が現れると、目がますます濡れたような妖しさを醸し出す。
 
その顔が近づいてきたと思ったら、耳に唇を押し当てて囁かれた。
「……どこが、どのくらい……熱い?」
 
「―――!?」
びっくりして、俺は身体を起こそうとした。
囁かれた瞬間、痺れが背中を這い上がったんだ。
―――腰から。
 
熱い……腰が………
 
「……はぁ…」
ガーゼの隙間から、吐息を吐いてしまった。
どこがって………
 
俺の跳ね上がった身体を押さえ付けて、先生が上から見下ろしてきた。
「薬、効いてきたね」
「………?」
「さっき、麻酔打ったとき、もう一本別の薬も打ったんだ」
「――――!?」
「拓人君、目を開けっ放しだから、困ったよ。バレちゃうかと思って」
「―――なにを……」
うまく、喋れない。
「………あっ!」
俺は、身体をくねらせた。
先生が、俺の股間に手を伸ばしたからだ。
制服のズボンの中できつくなっているそこを、上から撫で上げた。
「や……先生!?」
身体が思うように、動かない。
ただ、熱い。
「………俺……?」
何をされたんだ?
何をするつもりなんだ?
 
混乱して先生を見上げた。
「拓人君……」
先生の唇が、俺のに重なった。
「………んっ」
触れるだけのキス。でも、ずっと押し当てられていると、興奮してくる。
 
「はぁ………」
先生の手が、制服のズボンの前を開く。
窮屈だったそこが解放されて、俺は思わず溜息をついた。
 
「拓人君、もう止血は出来たと思うから、ガーゼを取るよ」
口を開けてと、先生が言う。
俺は、言われるがまま口を開けた。
「代わりにこれを噛んでいて」
ガーゼと入れ替えに、口に突っ込まれたのは、シリコンの固まりの様なモノ。
長時間口をあけたままの治療をするときに、顎が疲れないように、患者に噛ませるためのヤツだ。
一見、でっかい円柱形のマシュマロみたいだ。かなり高さがあるから、一回歯と歯の間に突っ込まれたら、指で摘まないと外せない。
「………」
それを、治療してない側の左顎に噛ませられて、ていよく口を封じられた格好になってしまった。
腕はぐったりと怠くて、動かせない。
身体の内側から、腰ばかりがどんどん熱くなってくる。心臓も早い。
俺は、焦って先生を見た。
……なんだ……先生?
 
「……んっ」
ボクブリのなかに、直接手を突っ込まれた。
腰が、ビクンと震えた。
直に先生の指が、俺に触れる―――ぅわ……
 
「こんなの、穿いてんだ。……最近の高校生はエロいなあ」
ボクサーブリーフは、兄貴の真似だった。
………あっ
下着をさげて、俺の勃起しているモノを引きずり出した。
 
「もうこんなになってるよ。すごい効き目」
嬉しそうに笑ってる。
俺はそれどころじゃない。
なんだこの、恥ずかしい格好は!?
歯医者の診療台の上で、真っ昼間っから股間だけ出して。しかも勃起させてる……。
余りにも非常識なこの光景に、俺はすっごい恥ずかしくなった。
身体はもう全然、動かない。なのに先生の手には反応してしまっている。……逃げるどころじゃない。
 
「…………」
俺の見上げた目線に、先生が優しい笑顔を向けてくる。
「ごめんね、拓人君……。今日は全部これがしたくて、仕組んだんだ」
 
―――え?
「…………んあぁッ!」
しなやかな指が俺を摘み上げて、人差し指で裏スジを撫で上げた。
腰から、ゾクゾクした快感が這い上がった。
横たわったまま、俺は先生にされるがままだった。

「喘ぎ声は、出して。……君のこの素敵な姿、全部監視カメラで録画してるよ」
「………!?」
 
この治療台は、天井端に設置されたカメラからはベストポジションだった。
 
先生………
俺は、潤んでいるであろう目を、再度先生に向けた。
こんなコトして、どうすんだ?
「あっ…、ぁああっ………」
鈴口から、裏スジ、袋の後ろの方まで…触れるか触れないかくらいの接触で、先生の指は上下する。
 
ああぁ……やべ……
すっげ……やべ………ぁああ……
 
はぁ……はぁ………でも……
 
 
―――そんなんじゃ、……ダメだ……
 
 
俺の腰は焦れた。もっと直接的な刺激を欲しがり出す。
 
「すごい。イヤラシイ液体が、たくさん出てきたよ」
「うぅ……」
俺は恥ずかしくて、首を振った。別のモノがそこにあるみたいに、真っ直ぐに起立してしまっている。
それを突いては、揺らして、いたぶる先生。
「これじゃあ、診療台が汚れちゃうね」
「……!?」
何を言い出すかと思えば……。
先生は、治療の時に唾液を吸い上げるのに使う、エジェクターを手にした。
「ぁ……、ぅあ……」
俺は、首を振って嫌がった。
さすがにそれは……マズイだろ、先生!
「や……」
俺の、ゆらゆらしている先端から流れ出す透明な液体。
それに、エジェクターの先をあてがうと、先生はスイッチを入れた。
ジュジュジュと音を立てて、吸引し出した。
 
「――や……!」
 
恥ずかしすぎて、俺は目をぎゅっと瞑った。
いつまでも裏スジを撫で上げて、微妙に刺激を与えられる。
俺の身体は、半端に熱いまま、悦びの液体を流し続ける。
「あぁ……や……ぃやら……嫌……」
噛ませられたモノと、麻酔のせいでろれつが回らない。
 
 
「すごいね。どれだけ採取できるのかな」
先生はますます妖しげに双眸を光らせた。
 
―――採取って……
「…ん……あぁっ!」 
先生の手のひらが、いきなり俺を包んだ。
根本から絞り出すように、指を握り込んで扱き出す。
「ぁあ、………はぁ……」
刺激が欲しかった俺の身体は、悦んで震えた。
ますます吸引の音は、うるさい。
 
………やだよ、先生……俺、すっげー恥ずかしい……!
 
「…あっ、…あっ、……ぁあ……」
 
どうしていいか、わからない。
先生の指…めちゃ、気持ちいい……!
でも、恥ずかしくて、そんな快感に浸れるはずもない。 
 
 
扱くスピードが速められて、俺はどんどん高められていった。
「やっ! ……ぁぁああっ……」
喋れない分、首を懸命に振った。
 
 
ぁああぁ………はぁああ…………
 
このままじゃ、こんなところで……俺……
 
「拓人君……」
また呟くように、俺を呼ぶ。
先生の興奮した顔が、ちらりと視界に入った。目だけを異様に輝かせて。口の端を少しだけ、上げてる。
真っ白な顔が、妖しすぎる。
 
「んぁ……っはぁ……!」
イキそうになった瞬間、先生の手が止まった。
「………ぅう…?」
荒い呼吸で、視線をさまよわす。
エジェクターの音が止まった。
「…………?」
 
 
なま温かい感触。
 
「!! ――――ああああぁぁ!」

いきなり、先生の口に咥え込まれた。
舌先が、鈴口をもう一度いたぶる。唇が、柔らかく、きつく、俺を吸い上げる。
 
―――うわ、うわっ……!
「ぁああっ………」
 
まじ、気持ちいい……
 
イク…イク………!
先生―――っ!
 
俺は動かない手を、必死に先生の頭にしがみつかせた。背中を仰け反らせて、快感だけを追った。
生まれて初めての、フェラの体験。
しかも、男に犯されて――
 
俺はどんどん高まる身体と一緒に、興奮していった。
 
「ああぁ……、んぁあぁっ…!!」
 
 
ドクン
 
心臓の高鳴りと音を合わせて、俺は先生の咥内に吐精した。
 
「ん…ぁああぁ……」
 
その余韻をいつまでも引きずるように、吸い上げられる。
もう、吸い尽くしたと思っても、まだ吸い上げて扱かれる。
 
「んっ………ぅはぁあ……」
 
腰の両側で、手を動かし、パタパタと台を叩いた。
足先もジタバタと動かす。
 
―――先生、……もう………ヤめ……
 
 
 
「…………」
 
俺の両目に、涙が光った頃、ようやく先生はやめてくれた。
「……はぁ………」
 
潤んだ眼で、先生を見つめた。
先生は、俺の出したモノを全部呑み込んで、口の端を少し上げた。
 
その表情に、またゾクリとしてしまう。
妖しく美しい、先生……。
 
俺に噛ませていた顎止めのシリコンも外してくれた。
 
「………せんせい…」
 
乾いてしまった咥内を、舌で湿らせながら、それだけ呟いた。
なんて言っていいか判らない。
とにかく、恥ずかしい。
萎えてクッタリとしているけれど、俺はまだそこを晒したままだ。
 
何で、俺にこんなこと…… 
 
「先生……俺……」
 
薬なんて、使わなくたって――
 
そう思っていた。途中から。
あんな、声も出せない、抵抗も出来ない、そんな状態じゃなきゃ……俺はもっと………
 
 
「そこまで。…拓人君」
また妖しげに、先生が唇の端を上げた。
 
「―――僕は、誘い受けは嫌いなんだ」
「………?」
 
言われた意味が、判らない。
 
「僕はね、嫌がるコを無理矢理ってのが、好きなんだ」
今度は、にっこり笑った。
 
「出来るだけ羞恥を煽って、困った顔をさせるのが、堪らなくそそる」
 
 
―――――――!!
 
 
 
 
「その…通りの顔を……俺はしていた…?」
 
「うん、可愛かった」
 
 
俺は、真っ赤になっただろう。
顔が、もの凄い熱い。
 
 
「………その顔」
「…………」
「今後、治療の度に、そんな顔を僕に、見せてくれるんだよね?」
 
エジェクターを手に、それを軽く振って、にっこり笑う。
「これを見るたび、思い出すよね?」
「―――――」
 
 
俺は、またゾクリとした。
晒しっ放しの股間が、熱を持ち始める。
先生との楽しい時間を、期待して……
 
 
でも、そんなことお首にも出さないで……
 
 
恐怖に引きつらせた顔で、先生を見つめ返した。
 
 
先生――――
俺を……手放しちゃ、ダメだよ…… 
  
 
 
 
-終- 

 
 
NEXT-File長編SS短中編