「そこ、ちがうな」
最近転校してきた先輩に、また注意を受けた。
 
僕は、吹奏楽部で、フルートを担当してる。
小学校の時の鼓笛隊で、フルートをやって、そのまま中学でも吹き続けていた。
部活も2年目だから、かなり上手いつもりでいたんだ。
もともと余り注意も受けないで来たし、後輩もいる手前、いちいち指摘されるとカチンとくる。
………でも
先輩が演奏してみせる。
 
―――はぁ……
 
聴き惚れてしまう。
出だしの音…唇の形、息の吹き込みかたが、そもそも違う。
流れる指使い。音と音のつなぎ目の滑らかさ。
そして、高音………
 
キンキンと甲高い僕の音とは、比べモノにならない。
オクターブ飛び越えても、掠れもしない。雑音も入らない。揺らがない……。
澄んでいて、心の奥底、身体の隅々まで深く染み渡っていく。
 
指使いも見事だから、目を閉じて聞き惚れるのも勿体ない。
よく音漏れがしないなって、感心するほど優しい押さえ。
「…………」
先輩が吹き出すと、僕は瞬きも忘れ、見惚れた。
自分のフルートを掴んだまま、立ちつくしてしまう。
身体を揺らすたび、サラサラと流れる髪が、柔らかい動きを醸し出していて……
僕なんか、一生懸命吹いてるリキミが、そのまま動きに出て、息継ぎももっと雑だった。
 
「やってみ、今の」
「あ、……ハイ」
僕なりに感情を込めて、先輩のマネをしてみる。
「違うだろ、吹きゃいいってもんじゃない」
イライラしたように、僕を止めた。
「指が遅いのと、吹くタイミングが違う」
「……………」
「あと、もう一拍息を長く。余韻がないから、余裕がなくて、聴いてて焦らされる」
「………ハイ」
……やってんのに!
心の中で反発しながら、返事だけしていた。
「違うって! おまえさ、自分の音、聴いてる? 何でそんな汚い音出せんの」
――――!!
僕は、もう限界。そんな言い方しなくったって!!
「聴いてます! 先輩、自分が上手いからって、ヒトを下手扱いしないでください!」
普段思っている事を、言ってしまった。
「先輩のレベルに着いていかなくたって、充分だと思います!」
技術ばっか求められて、まともに完奏させてもらえない。
吹くのが好きな僕にとって、それはすごいストレスだった。
いっつもいっつも、同じトコ注意されて、壊れたレコードみたいに、同じフレーズを繰り返してばかり。
先輩が来てからは、他の楽器との音合わせも、させてもらえなかった。
「――おい、純!!」
僕を呼ぶ声を背中に、音楽室を飛び出してしまった。
 
カバンは掴んだけど、フルートのケースは、置いてきてしまった。
むき出しのままフルートを握って、僕は走り続けた。
よく練習場にしている、近所の河原まで走った。
鉄橋の下は、練習しやすい。好きなだけ、音が出せる。
響いてくる音が、心地良いんだ。
 
いつものポジションにたどり着くと、座り込んだ。
「……………」
呼吸を、落ち着ける。
目を閉じて、思い出す。
みんなとヤル”演奏”を。
一斉に息を詰めていて、指揮棒が振り下ろされる瞬間を待つ。
 
その瞬間、全ての生命が動き出すように…音が響き出す。
モノクロだった世界が、一瞬にしてフルカラーに変わる。
 
そして、共鳴。
 
ピアノが…クラリネットが…コントラバスが…トローンボーンが。
僕のフルート。バイオリン、チェロ。
合いの手でシンバル。
可愛いマリンバ。底を打つ、ティンパニー。
それぞれが違うのに、一体となって、一つの世界を作り上げていく。
 
初めてそれを味わったのは、小学校の運動会で、鼓笛隊行進が成功したとき。
一体感が気持ちよくて、ずっとそれを感じたいと思った。
 
あの感覚を思い出すと、身体が熱くなってくる。
そして、最近加わったもう一つの感覚。
先輩が吹く、もの悲しい旋律。
なんでか、先輩の音は感情を掻き立てる。
ソロのパートで、それを僕はやってみたかった。
「…………」
周りみんなの気配を感じて、先輩のマネをしながら、僕はマウスピースに息を吹き込んだ。
歌い出す、筒の中に響く僕の音。
しばらく吹いていたら、鉄橋の上を電車が通った。
うるさくて聞こえなくなるので、この時ばかりは、吹くのを止める。
電車の音が消えるのと入れ替えに、砂利を踏む足音が響いた。
 
「………先輩」
「こんなトコで、練習してるから……」
言いながら、僕のフルートのケースを手渡してくれた。
―――これ持って、追いかけて来てくれたんだ……
 
「音が、変に響いて……返ってわからないだろ?」
「………え……」
―――僕は、響くのが気持ちよかった。響くのが良くないなんて、考えたこともなかった。
「生の音を聴かないで、反響した音を聴いてるから、テンポがずれてたんだ」
 納得したような顔で、先輩は言った。
「こっち来い」
「あ……」
僕の手首を掴むと、鉄橋の下から出た。
………先輩。
振り返りもしない。
さらさらなびく髪の毛が、先輩の耳を見え隠れさせていた。
僕は手首をしっかり掴まれたまま随分歩いて、見晴らしの良い緑地公園まで、引きずって行かれた。
その公園と河原の間、足首まで青草が生えている吹きさらしの場所で、先輩は止まった。
「ここで、吹いてみろ」
「……はい」
掴まれていた手首が、痛い……。
フルートを構えながら、何となく、ドキドキした。
 
………あれ
 
鉄橋の下で吹くときとも、音楽室で吹くときとも、違う気がした。
 
………なんか、懐かしいな。
 
もう一度、吹いてみた。
いつも、演奏をすぐ止めてしまう先輩が、今は僕の好き勝手に吹かせてくれる。 
 
色々試してみて、やっぱり懐かしいと思った。
 
そして、いつも注意を受ける場所で、何故か音が引っ掛かった。
なんで……ちゃんと吹けてたのに……
指が息とあわない。
耳で聴く音と、身体で感じているリズムが違う。
息を吸って、吐く瞬間の出る音が、指より一瞬早い。
 
僕は初めて、先輩の前で、自分から吹くのを止めた。
「……………」
「わかっただろ?」
そう言って、先輩は笑った。
「……………!」
 
……笑った。
――初めて見た……先輩の笑顔。 
 
いつも注意ばかり受けて、怖い印象しか無かった。
「なに?」
訝しんだ先輩が、首を傾げた。
「いえ………なんで、引っ掛かかっちゃうのか、わかんなくて……」
僕は、慌ててごまかした。
「ちょっと貸してみ」
先輩は僕からフルートを取り上げると、口に当てた。
――――あ……
いつも通り、実演で教えてくれた…んだけど……
 
先輩の口が、僕が使っているマウスピースに触れている。
 
「判った? もう一回、吹いてみ」 
そのフルートを、返してくる。
「……………」
僕は、さっきよりドキドキしてしまった。
―――どうしよう……呼吸が……
 
「どうした?」
半端に構えたまま、動けない僕を、もう一度覗き込む。
僕、先輩が嫌いで、まともに顔を見たことが無かった……
 
綺麗な瞳。
 
演奏してるときは、目を伏せてるし、指ばかり見てたから……知らなかった。
真っ赤になってしまった僕に、また笑いかける。
「自分の下手さに、びっくりしてんだろ」
「えっ!」
「ウマイつもりで、いたろ?」
「……………」
そういう気持ちもあったから、何も言い返せなかった。
「オレが今吹いたの、聴いてた?」
「……はい」
「そのまま吹いてみ」
「…………」
ドキドキしながら、先輩が触れたそこに、唇を付ける。
……ツキン……
鼓動の音だけじゃない、何かが心臓を走った。
………集中しなきゃ。
唇を当てたまま深呼吸すると、先輩の音を忘れないうちに、そのフレーズを吹いてみた。
 
………あ! 
 
ウソみたいに、スムーズに指と音が重なった。
「………先輩」
「純はね、ホントは上手いんだよ」
「…………」
「それは、判ってた。だから、ちょっとテンポずれるのが、勿体ないと思ってうるさく言ってたんだ」
申し訳なさそうに、また笑う。
「変な自主練で、妙なクセを付けてたんだな。やっとさっき、判った」
 
………ああ、そうか。
何で、懐かしい音なのか、僕もわかった。
フルートが好きだと思ったあの時。
小学校の鼓笛隊は、校庭で練習していた。
音を響かせる環境なんかじゃ、吹かなかったんだ。
だから、生の音をしっかり聴いていた。
 
僕は、自分が上手いつもりで、自分の音なんかまるで聴いていなかったんだ。
「………先輩」
情けなくて、恥ずかしくなった。
さっき先輩に、言い捨てた言葉。
偉そうなこと言って、文句付けちゃった。
なのに、ケースを持って、追いかけてきてくれた………
「ごめんなさい……僕……」
 
「………純」
先輩の顔が、不意に近づいた。
 
―――――!?
さっきマッピに触れていた唇が、僕に押し当てられていた。
 
「………っせん…ぱい……」
驚いて、それしか声にだせない。
「……ごめん……間接キスじゃ、我慢できなくて……」
先輩の顔も、赤かった。
「さっきの……わざと」
「………え」
「お前のフルート。言葉じゃ説明できないのもあったけど」
「…………」
「純と間接キスでもいいから……したかった」
 
―――先輩……
 
「お前さ…オレが吹くの、いっつも瞬きもしないで、見つめてるだろ?」
「………はい……」
「オレ、ドキドキして、トチらないように必死だった」
今度は苦笑いをして、舌を出した。
―――うぅ……
その顔をみたら、なんだか泣きたくなってしまった。
「僕……先輩に、嫌われてると……思ってました」
「……厳しいもんな、オレ」
また笑みを零した。
考えてみたら、こんな風に喋ったこともなかったんだ。
「……ハイ。すごい怖かったです」
こんなに笑う人だとは、思わなかった。
「僕……先輩が怖かったけど……フルートの音色が…好きで……」
僕も照れながら、笑った。
「感情の込め方は、先輩のマネばっかしてました」
「………どんなふうに、聴こえた?」
目を細めて、優しい声で聞かれた。
僕はますますドキドキしながら、思い出してみる。先輩の音色。
「……どことなく、悲しい……なんか、胸が締め付けられるんです」
ふふ、と声にだして笑われた。
「わ……笑わないでください! ……本当にそう、感じるんですから! ……いつも…」
「それはね」
声が被せられた。
「…………」
僕は先輩をじっと見た。
「純を想って、吹いてたから。こんな想い、伝わらないよなって……哀しかった」
「………!!」
「だから、それは…オレの音。純が真似しても、ダメだよ」
 
…………先輩
 
さぁっと風が吹いて、先輩と僕の髪が揺れた。
制服のズボンの裾が、軽くはためく。
足元の草も、サワサワと音を立てた。
 
風が収まったとき、時間も止まったような気がした。
草むらの中で突っ立ったまま、先輩と僕は見つめ合った。
 
 
「オレは、これからも……その音色で演奏しなくちゃ、いけないか…?」
何も言わない僕に、哀しげな顔をしながら、先輩は首を傾げた。
「………せんぱい……」
僕は……なんて、返事していいか、判らなかった。
さっきまで、怖くて、嫌味で……嫌いだと思ってた。
でも、先輩の指使い、息使い、音色……演奏は大好き。
 
緊張して、唇を噛み締めて、先輩を見つめ続けた。
―――なんて言っていいか、わからない。
……でも、たぶん……
 
「……………」
僕は、首を横に振っていた。
「……オレの音色、変えさせてくれる?」
「……………」
今度は、ゆっくりと縦に振った。
「―――純…」
先輩は嬉しそうに、顔を綻ばせた。
「……抱き締めても、いいか?」
「…………!!」
急な展開に、ますます僕は声を失う。
真っ赤になって、先輩を見つめ続けて………小さく、頷いた。
「……じゅん」
嬉しそうな声と、先輩の腕が僕を包む。
…………あ……
押し付けられた、先輩の胸で……
――トク、トク、トク…
心臓の音が、かなり早い。
…………先輩の鼓動だ……先輩の、リズム…
今の先輩の気持ち。それが身体のリズムそのもの。
たぶん、ホントに先輩の音色は、変わると思った。
 
……いいな
自分の音を持つ先輩を、すごい羨ましいと思ってしまった。 
 
「先輩――」
無意識に、背中に手を回して、フルートごと先輩のブレザーを掴んだ。
「僕も……僕の音色が、欲しい…」
見上げて、先輩の目を見つめた。
「………うん、どんなのがいい?」
「――どんなの?」
僕が目を丸くすると、そっとまた口づけをくれた。
「こういう、甘いのか…」
「………うん?」
見下ろす先輩の瞳が、煌めいた。
「………んッ」
また、キス。
でも、今度のはすごかった。
「んんっ……んーーーッ!!」
舌を入れて来て、めちゃくちゃ吸われた。
背中を抱きしめられていて、離れられない。
「んっ……ぅんん……っ」
なま温かい先輩の舌に、僕は大パニックになっていた。
口の中をあちこちくすぐられて、必死でその舌から逃げた。
「んん……ん…」
絡み合った唾液が、口に溜まっていく。
息が熱くなってきた。
一瞬薄く目を開けたときに見えた、先輩の頬がとても紅くて……
閉じている目と眉が、怖いくらい真剣で………
 
僕も慌てて目をぎゅっと瞑った。
―――先輩……
すっごい、ドキドキしてしまった。
いつも優雅にフルートを吹く先輩と、全然違う。
 
「…………はぁ…」
やっと離してくれたときは、目も潤んで、顔も身体も熱くてしょうがなかった。
「……こういう…エッチな感じ」
いたずらっぽい目で見つめてきて、先輩は笑った。
真っ赤になってしまった、僕の頬を撫でる。
「でも……エッチな感じは……オレの前だけがいいな」
先輩も頬を紅潮させて、ちゅっとほっぺたにキスをくれた。
「ハイ……甘いのがいい…です」
えっちなのは……凄すぎる…。
僕はぼーっとしながら、抱きしめてくれる先輩に、体重を預けていた。
「純……もうイッコあるけど……オレもよく知らない」
「……?」
僕は顔を上げて、また先輩を見つめた。
「……試してみる?」
僕はこくんと頷いた。
「……あ」
その場で、草むらに押し倒された。
「せ……せんぱいっ?」
「……たぶん、気持ちいい感じ…だよ」
そう言うと、僕の制服のズボンを、半分降ろした。
「やっ……」
僕は怖くて、身体を捩った。立ち上がろうとしたんだ。
「……純」
先輩の手が、僕のパンツの中に入ってきた。
「や……先輩……やだ」
「…………」
もう返事もしてくれない。
僕の……それを握って、上を向かせた。
「あッ……」
腰が…全身が振るえた。
先輩が、握った先端を舐めたから。
「先輩……やめて……」
「ジュン………」
僕をチラリとみると、先輩は手を上下しだした。
「あぁ! ……せんぱ……」
今度は、口に全部頬張られた。
「……ぅあ……!」
僕は気持ちよくて、草むらに背中を倒した。
「…ぁ……あ……せんぱい…」
温かくてぬめったものが、僕の全部を舐め回す。
――…ぁあ……きもち……いい…
恥ずかしいのと、気持ちいいので、しばらく言葉を無くした。
でも―――
だんだん、気持ちだけ、不安になってきた。
「――せん…ぱい」
もうやめてほしい。そんなに、いつまでも弄くったら…
でも先輩は、どんどんスピードを早めるばかり。
ああ…出ちゃう……出ちゃうよ………
「やだ……やだ……先輩……!」
何も言ってくれない先輩に、必死に頼んだ。
クチュクチュいう音が、恥ずかしい。
先輩の、はぁはぁと言う呼吸も、時々聞こえる。
 
―――こんな、恥ずかしいこと、ヤダよ……
 
「純……オレの口でイッて」
我慢してる僕に、そう言って笑ってくれた。
「……先輩……」
顔を少し起こして、先輩を見た。
――先輩……唇、紅い……
ドキドキして見つめていると、また咥えられた。
「…ん……ん……ぁあ」
口と、手で交互に交互に、上下されて……
腰を、背中を、ゾクゾクと何が駆けめぐる。
足先は無意識に、青草を蹴り散らしていた。
「ぁ……あ……いく………いく……んんぁっ!」
びくっと、身体が震えた。
「………んっ…」
先輩の小さな呻きにも、顔が熱くなった。
………恥ずかしい
草むらに仰向けに寝っ転がったまま、僕はハァハァと息をしていた。
 
「―――どんな、感じ?」
先輩が、僕を覗き込んできた。
「……………」
見上げると、頬と唇が紅い。
目も潤んでいて、やっぱり普段の先輩とは思えない。
僕のせいでそうなったのかと思うと、ますますドキドキした。
その煌めく目に見つめられて、僕の紅い顔も、もっと紅くなった。
「先輩……手を…貸して下さい」
「…………うん?」
身体を支えている片方の手を、僕に差し出してきた。
僕はその手を取って、自分の心臓に持って行った。
さっき、先輩の胸の鼓動を聴いたときのように。
「僕の、今のリズム……こんな感じ……」
トッ、トッ、トッ、トッ……小動物の心臓のように飛び跳ねてる。
興奮と…気持ちいいのと、…嬉しいので。
 
「僕、すごく楽しい音が出せそう」
「うん。純の音は、元気いっぱいが似合ってる」
また笑ってくれた。
 
……僕、先輩を好きになりそう。
その笑顔を見せられると、そう思わずには、いられない。
「……先輩が転校してきて、よかった。フルート教えてくれて、よかった……」
「―――うん。…すぐ卒業だけどな」
……卒業。
胸がぎゅっと、痛くなった。
「その前に……先輩と二重奏、やりたい」
先輩と僕の音が、上下に絡み合いながら、追いかけっこをする。
それは絶対楽しい。先輩と、もっと楽しい思い出を作りたい。
「うん。もっともっと、呼吸を合わせような」
「……はい。先輩の言うこと、ちゃんと聞くようにする。今まで……ごめんなさい」
思い出すと申し訳なくて、また謝った。
「……なんでも?」
「……? ……はい…」
ふふと、先輩は笑ってまた僕を抱きしめた。
「その言葉。守れよ」
「………?」
そのずっと後、僕は先輩の部屋に連れ込まれ、後悔することになった。
 
でも、先輩とずっと一緒にいられるなら……それもいいかと思ったんだ。 
 
 
 
 
-終-

                
 
NEXT-File長編SS短中編