深夜2時を越えた頃……
 
目の前の自動ドアも、そうそう開かなくなる。
寂れた国道沿いの暗闇の中。
正面に向かい合うこの大型量販店から漏れる灯りと、俺の屋台だけが、煌々と広い駐車場を照らし出していた。
 
 
―――そろそろ店じまいか。
 
夕方5時からの、学生狙いの営業時間。
今日も売り上げは、上々だった。
クーラーボックスの中の売れ残りをチェックして、ウインドウの中の本数も数える。
 
「お兄さん、皮とカシラ、1本づつ」
 
……来た。
 
顔を上げると、やっぱりアイツだった。
俺がこの焼鳥屋を引き継いでから、頻繁に来る少年。
少年…ていうのもヘンだけど。青年てほど、大人じゃない。
夏真っ盛りのこの季節、俺はタンクトップとジーンズにシャツを羽織っていた。
食い物屋だから、衛生面には気を付けてる。汗なんか、垂らせないからな。
 
でもコイツは、袖無しのダボッとしたシャツに、ハーフパンツ。
無防備なほど剥き出しの長い手足が、闇夜に浮かび上がる。
白い肌が、その妖しさを増していた。
 
 
 
 
「今日は遅かったな。来ないかと思ったよ」
言いながら、注文品を焼く。
いつの間によく見ているんだか、売れ残りの中から選んでくれるのは、助かる。
「ほら、皮とカシラと、レバーはオマケだ!」
タレにたっぷりと焼き上がった串を絡めて、紙袋に入れて渡した。
少年はちょっと目を輝かせて、それを受け取る。
 
「お兄さん、毎日よくやるね。……すっかり板についてる」
悪戯っぽい顔に変わって、クスリと笑う。
綺麗に切れ上がった目尻と細い眉が妙に涼しげで、小憎たらしい。
俺もいつものように、その顔を睨み付けてやった。
「やりたくて始めたんじゃ、ねーっての!」
 
 
そう、俺もついこの間までは、この焼鳥屋の客だった。
目の前の、コイツみたいに。
 
 
 
 
 
 
 
 
「また来たな、ニイチャン」
「おっちゃん、皮とナンコツ」
「ナンコツなんて、売り切れてらぁ」
「いつもじゃん。ちゃんと仕入れろよ」
「何時だと、思ってんだ!」
 
そんな会話を、楽しみにして。
深夜の量販店の前に立つ焼鳥屋に、毎晩ふらふら出向いていた。
24時間営業の大型ディスカウントショップは、生活用品から裏モノグッズまで、何でも揃っている。
昼も夜も、学生達でうるさいほどの賑わいだ。
クレープ、焼鳥、大判焼き…各種の屋台がその店先を、更に彩って。
 
でも深夜0時を越える頃には、屋台は閉まっていく。
2時には、最後のこの焼鳥屋も閉まる。
俺はその頃に来るのが、好きだった。
余計な客もいない。おっちゃんとダラダラ喋るのがいい。
 
「ニイチャン毎晩来るけど、まだ仕事見つけないのかい」
「おっちゃん、またそれを言う…」
 
俺は、いわゆるニートだった。
ちょっと前は、プー太郎と言われていた。
ほっとけ。
なんか、やる気になんねーんだから、しょーがねぇじゃねえか。
大卒した後、どこにも就職が決まらず、バイトもせずに遊んでいた。
「……スネかじれるウチは、いいんだよ」
それは開き直りじゃなくて、正直な気持ち。
イザって時が来たら……
そん時は、やるしかないだろ。
それまで、待っててくれよ。
 
 
何が嫌なのか、わかんねぇ。
なんでやる気がしねぇのかも、わかんねぇ。
ただ、ダメなんだ……
 
 
周りのダチが社会に順応していく中で、俺だけは時間が止まったように、そこから動けなかった。
親になんと言われようと、近所に白い目で見られようと。
体面だけのために働くよりは、マシだった。
 
そんな俺は、昼間は寝ていて。夜になると、この暗闇に浮かび上がる屋台に、足を運んだ。
夜光に惹かれる、蛾のように。
ひっそりと、夜中も開いてる量販店。
入り口に向かい合って営業している、焼鳥屋。
寂れた界隈で、ここだけが眠らない街…というのか。
店のデッカイ看板のピンクとオレンジ。
それに焼鳥屋の、黄色いライト。遠目からも、このイルミネーションは幻想的で。
変に現実離れした空間が、俺は好きだったんだ。
 
 
「ニイチャン、ボサッと見てんなら手伝ってくれよ」
「……うん」
 
おっちゃんは気のいい人で、俺のことを聞きはするけど、五月蠅く言わない。
上手いこと俺を手伝わせながらも、店のことを色々教えてくれた。
おっちゃんと言っても、まだ40代だ。
テキ屋の割には小綺麗にしていて、服装も屋台の中も、清潔感たっぷりだった。
それが俺の興味を引く、要因の一つでもあった。
 
「おっちゃん、疲れた顔しないね」
深夜営業で、立ちっぱなし。
流れの客相手では、もっと粗野になっても良さそうなもんだけど。
ひげそり跡まで綺麗な顔に感心して、言ったことがあった。
「おう、これでくたびれてちゃ、しめぇだよ。オレは、このままじゃ終わらないぜ」
それは、都会のサラリーマンみたいなカオして江戸っ子調なおっちゃんの、よく言う口癖だった。 
「意外と面白いね」 
手伝っている内に、楽しくなってきて。
何でも適当だったこの俺が、バイトまがいに日参するようになっていた。
 
そんなある日、俺が屋台の中にいる時に、おっちゃんがするりと外に出た。
「ニイチャン、ちょっと用があるから、ここ見ててくれや」
「うん、いいよ」
「帰って来んかったらここ畳んで、明日開けといてや」
「おっちゃん、ソコまで手伝わすなよ~」
 
呆れて、それだけ返した。 
まさかそのまま、俺がここを続ける事になるとは、夢にも思わず……
 
 
 
  
 
 
「帰ってこなかったんだ、その人」
面白そうに目を細めて、少年が笑う。
その他人事の顔を忌々しく睨みながら、俺は憮然と一言。
「次の日来た。チラッとだけな」
 
冗談だと思っていたら、マジで帰って来ねぇ。
しょうがなく店を畳んで、次の日もそれを開いた。 
そこにおっちゃんが来たんだ。見たこともないリッパなスーツを着込んで。
「よッ! オレ、やることできたから、そこ頼むわ」
そう言って、それっきり。
おっちゃんは、姿を消した。
  
  
  
「ふふ……それで、後を引き受けてるんだ」
「…………」
小馬鹿にしたような笑いに、俺の顔は引きつった。
―――構うな。こんなガキ。
 
 
 
嘘みたいな本当の話。
俺とするりと入れ替わって、おっちゃんは消えた。
 
残されたのは、手伝ってたおかげで身に付いたノウハウ。
金庫に入っていた一時金。
ソコに打ち込めば、毎日具材を配達してくれる、専用のターミナル。
俺は訳が判らず、ただ必死に留守を守っているつもりだった。 
おっちゃんが言ってたセリフを、思い出しながら。
『無理矢理そういう状況にならないと、人ってな、変わらないモンだよなぁ』
『オレも、先輩に押し付けられたんだ』
 
 
 
そんな言葉は嫌いだけど……”ニート”だと、自分でも思っていた。
働く気に、なれなくて。
働かないで済む、環境にあって。
 
――なのに、なんで俺……
必死になって、おっちゃんの後、頑張ってんだ?
 
毎日通いながら、そう思った。
『辞めてやる!』
『おっちゃんが戻ってきたら、即辞める! ……そうでなくても、辞めてやる!』
心の何処かで、常にそう叫びつつ。
 
何の夢があるわけでもない俺は、何をやる気にもならなかった。
でも……そのままで良いはずがない事くらい、判ってもいた。
だから、この降って湧いたような「仕事」に戸惑いながら。
そこに、食らい付いていたんだと思う。
 
目の前でイチャ付くカップル。
まだ焼けないのかと、文句ばかり垂れる酔っぱらい。
気さくに話しかけてくる、会社帰りのサラリーマン。
 
そんなの相手にしながら、俺はなんか少し楽しかった。
でも一番気になったのは、実はコイツだった。
 
留守を頼まれて、あたふた変わりに営業し始めてすぐ、コイツは現れた。
かつての俺みたいに、深夜2時頃。
閉店間際にふらっと姿を見せて。
いきなりその綺麗な顔は、妖しい笑みを零した。
「店主…変わったんだ」
 
「今日はもう、閉店だよ」
よく漫画にあるセリフを言いながら、その日は追っ払った。
でも次の日も同じ時間に、コイツは来た。妙な話を、手みやげに。
 
「ねえ、お兄さん。ここの伝説、知ってる?」
「は?」
 
切れ長の目は、闇夜に妖しく光る。
屋台の光を映して、銀色に煌めく。
口の端を両側に引き上げながら、クスクスと笑い出した。
「何だよ? 伝説って」
俺は気味悪く思いながらも、その神秘的な空気に見とれてしまった。
「ここね、定期的に店主が入れ替わるんだ」
「……で?」
当たり前だろ。屋台なんてそんなもんだ。
「お兄さん、もう抜けられないよ。次の生け贄が来ない限り、抜けられないよ…」
 
―――生け贄!?
 
「なんだ? それ…」
 
問い質そうとした途端、またクスリと口の端で笑って、踵を返した。
あはは…と笑いながら、闇に消えていった。
 
「…………!?」
俺はその時は、からかわれたと思っていた。
困っている俺を、脅しただけだって。
その後ろ姿が、サラサラとなびく髪が、印象的で……消えて行った暗闇から、しばらく目が離せなかった。
―――ところが、その後判った事実。
いつの間にかこの屋台は、俺が主になっていた。
契約書の名義が、俺になっていたんだ。
 
 
「言ったとおりでしょ?」
また少年は、閉店間際にふらりと来て笑った。
 
俺はまた、おっちゃんのあの言葉を、思い出していた。
『オレも、先輩に無理やり押し付けられたんだ』
そん時は、真の意味なんてわからなかった。
―――無理やり……?
この状況と、同じパターンってことか?
……生け贄って……
変にするりと出て行った背中を、思い出す。
おっちゃんの先輩、おっちゃん……すり替わって……俺……?
「…………」 
串をひっくり返しながら、ゾッとしてしまった。
 
 
 
……それにしたって。 
「……お前、何でそんなこと知ってんだよ?」
生け贄って言葉を、信じた訳じゃないけど。
何かを知っているようなコイツが、気になった。
何歳なのか、何してるヤツなのか……
毎晩、こんな時間にふらりと来れるなんて、イイ身分じゃないか?
そしてこの、人を食ったような、謎めいた微笑。  
 
「……内緒」
目を細めて、クスクス笑う。
「前回のおじさん、いい人選んだなぁ」 
ウィンドウに顔を寄せて、俺をマジマジと覗き込んできた。
「ぅわ…」
間近の澄んだ目に、俺は意味もなくドキリとした。
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな遣り取りを、するようになって。
客商売が、ちょっと面白くなって。
あのおっちゃんみたいに、俺もその少年に話しかけるようになっていたんだ。
「…………」
オマケで渡したレバーを口に運んでいる、未だ得体の知れないソイツを眺めた。
小綺麗な顔は、一見冷たいけれど、常に微笑を湛えている。
軽口を叩いては、小馬鹿にしたように俺を笑う。
俺も軽く流して、適当にあしらっていた。
……今まで自分たちのこと、言わないし聞きもしなかったけど。
 
「高校生だろ? こんな時間に出歩いてて……学校行ってないのか?」
つい、聞いてしまった。
俺は大卒だったから、おっちゃんは働いてないのかって笑ったけど。
コイツは、もっと若い。
 
「高校は、卒業したよ」
見せたことのない、不機嫌なカオ。 
いきなりムッツリと、口をへの字に曲げた。 
「……へえ」 
驚いた。軽く笑うと、思ってたから。
一瞬眉を寄せた様子が、変に色っぽくて。
……こんな憂いを帯びた目を、するんだ……ますます、気になってしまった。
 
「お前、名前は?」
ゴミを受け取りながら、ウィンドウ越しに、訊いてみた。
「…亜樹」
「アキ? ……変わってんな」
「お兄さんは?」
小首を傾げながら、髪先を揺らす。……つい、その仕草に見入った。
「…夏雄」
亜樹は笑い出した。
「ふふ…夏と秋だ。いいコンビだね、ナツオ」
「呼び捨てかよ!」
呆れたもんだ、翳った瞳はどこへやら。
例の目を細めた、クスクス含み笑いが変に似合う。
「……なぁ、アキ。こんなとこ、毎晩通ってて、平気なのか?」 
やはり気になって、聞いてしまった。
何をするでもなく、ふらりと来ては、じっと俺の作業を眺めてる。
そんな時のカオに、覚えがあって。 
 
銀色に閃く切れ長の目が、不意に冷たい光を帯びた。
「―――うるさい…」 
ひらりと身を翻して、亜樹はいきなり闇に消えてしまった。
  
―――あ……!
………失敗した……!
速攻そう気付いた時には、もう遅かった。 
 
「……亜樹」
闇の中に、その名を呼んでみる。
ぼんやりしている時のアイツのカオは、客だった時の俺と、同じ目をしていた。
見た目は全然違うけど。
……なんかどっかが、似てる気がしたんだ。俺たち。
 
 
次の夜も、亜樹は足音もなく訪れた。
―――よかった。……来てくれた。
俺はほっとして、微笑みかけた。 
「そうだ。アキ、こっち来て手伝えよ」
おっちゃんが、俺にそう言ってくれたみたいに。
見てるだけじゃ、いかにもつまんなそうだ。俺は本当に、あんなカオをしていたんだと思う。
それに、昨日コイツが何に怒ったか、まだ判らないけど。
……もっと色々、喋ってくれないか。
もっともっと、亜樹のことを知りたいと思った。
 
「……いいの?」 
切れ長の目が、キラリと光った気がした。
「おう、きっちり手伝うならな! バイト料は、売れ残り食い放題!」
これも、おっちゃんと同じ。
本当は俺の自腹になるんだけど。まあいいや。
 
タレの仕込みにも気を遣うけど、実際に大変なのは清掃だ。
油でベタベタになった調理台や金網を磨き上げるのは、一苦労だった。
それを任せてみると、意外にも楽しそうにやってくれる。
そして、一つ気が付いたこと。
 
――色っぽいなぁ……
 
つい思ってしまうそれを、慌てて打ち消した。
何を、男相手に。
 
この狭い個室では、ちょっと動けば腕や肩が当たる。
おっちゃんとは平気でドンケツしながら作業してたけど、亜樹には少し緊張した。
外に居て、ただの客だったときのコイツは、小生意気で謎めいていた。
口の端だけ上げて笑う、意味深な表情が妖しくて……。
掴もうとするとふわりと避けて、闇に溶けてしまいそうな。
……危うげな儚さって、言うのか。
夜の闇が寄越す、小悪魔か…そんな気さえ、していたんだ。 
 
でも、雑巾を片手に一生懸命台を磨く横顔は、目に力があって。
真っ黒い長めのストレートが油で汚れるのも、気にしないで。首筋に汗まで伝わせている。
 
「………」
俺が見とれていると、亜樹も気が付いて俺を見た。
「……なに?」
「……いや、楽しそうだなって思って」
焦り半分、ごまかし半分。
思わず笑いながら、その額に手を伸ばした。
髪が張り付いて、邪魔そうだったから。
 
「――――!」
 
パンッ、という音と共に、軽い衝撃。
手を払われていた。
「……おい?」
驚いて顔を覗き込むと、さっきまでとは打って変わった不機嫌な顔。
「……………」
急にムッツリと黙り込んで、俺をじっと睨み付けてきた。
元々白い顔が、青白くなるほど冷めている。
「…どうしたんだよ?」
訳がわからず、俺は顔を寄せた。嫌われたくなかったんだ。
まだ俺は、コイツの何を知っている訳じゃない。
気まぐれに「もういい」と踵を返して、この間みたいに背中を見せて。
それっきり来なくなってしまうのが、怖かった。
 
 
「―――んっ!」
 
急に、噛み付くようなキス。
俺は屋台の隅で、床に押し倒されていた。
俺より一回り小柄で、どう見ても華奢で……
でも、壊れてしまいそうな細さに、かえって抵抗出来なかった。
「……ん、アキ…」
舌が入ってきて、濃厚なキスに変わる。
「……やだ?」
キスの合間に、呟いて俺を見る。
上気した頬に、潤んだ瞳。
いつもの余裕たっぷりな目とは、まるで違った。
「ヤダ……って……ん」
そういう問題じゃ、ないだろ!
亜樹の手が、俺のタンクトップの下に滑り込んできた。
汗でべとべとな胸を、指が撫で上げる。
……おい、マジかよ!?
 
ビクンと反応してしまった自分にも、驚いた。
細い親指が、俺の乳首をちょこちょこ触る。
「やめ…こら!」
キスを振り解いて身体も突き放すと、更に上気したカオ…。
目の色は見たこともないくらい輝いて、揺らめいていた。
「ナツオ……こんなに、なってるクセに」
膝の間に割って入っていた亜樹は、ふふ…と笑って、俺の股間に手を伸ばした。
「―――!」
不覚にも、ソコは微妙に反応していた。
コイツのキスが、イヤらしくて……
 
「舐めていい?」
言うが早いか、ジーンズの前を開けてしまった。
いきなり手を突っ込まれて、今度は体中に電気が走った。
「いい? …じゃ、ねーだろ!!」
身悶えて、手を払おうとしたけれど、なんせ狭い。
1畳分くらいしか、床面積は無いんだ。
 
その隅で、角に背中を押し付けるように押し倒されていて、脚の間に身体をねじ込んでくる。
「アキ…やめろ…」
俺のを咥えようと近づけてきた頭を押し返して、低い声で言った。
「……僕が、嫌い?」
顔を上げた亜樹は、乱れた前髪の隙間から、俺を見た。
……また、睨み付けてくる。
声だけ聞いたら、泣きそうかと思ったのに。
 
「……アキは?」
低い声のまま、反対に訊き返した。
「………」
「なんで、こんなコトすんだよ?」
 
 
俺は、意識していたから。
ドキドキしてしまう自分を、持て余してたのに。
……いきなりこれは、無いだろ。
嫌われたくないと思った心を、逆手に取られた気がした。
  
  
 
「……好き」
 
  
 
―――え…
 
 
 
「夏雄が、好き」
 
 
繰り返すその顔は、目は怒ったまま…頬が紅く染まっていた。 
 
「……夏雄は?」
 
押し返すのをやめた顔を近づけてきて、俺の目を覗き込む。
この涼しげな切れ長の目に、やられたんだ。
ポーカーフェイスのはずの細い眉が、悩ましげに寄っている。
俺の顔も、紅くなっているだろう…
 
「……俺も……」
 
自覚してなかった気持ちに、身分を与えてやった。
持て余していた、浮ついたドキドキを……言葉に……
 
「……亜樹が……好きだ」
 
一生懸命のカオを見せるようになって、俺は嬉しかった。
言葉では何も言わないけれど、内面を見せてくれた気がして。
俺に気を許したコイツが、可愛かった。
 
「……うそ。全然その気ナシって顔で、僕のこと子供扱いだった」 
「……子供、扱い?」
「進路の心配したり…アタマ触ったり。そんなの、親だけで充分だ」 
時々見せる怒った顔。その眼で、睨み付けてきた。
 
……ああ、そういうことか
 
やっと理解できた、コイツの不機嫌スイッチ。
そんで、思う……やっぱり似ている。
俺は益々、亜樹が愛しくなった。 
「ごめんな、――アキは…自分でちゃんと、考えている途中なんだよな」 
「………」
眉を吊り上げたまま、ちょっと驚いたように、頬を赤くした。
 
ちゃんと考えてる…答えが出せないなりに、悩んでいるんだ。
なのに、先回りして心配して、周りが勝手に世話を灼こうとする。それが疎ましくて…。
だから却って、何も言えなくなってしまうんだ。
 
そんな俺たちを大人達は、甲斐性がないと言って嘆く。 
”待ってくれよ……”
いつも俺は、そう思っていたんだ。
 
 
「じゃあ、いいよね」
嬉しそうに微笑んだ亜樹の目が、キラリと光った。
「え……ちょッ…!」
下半身に、さっきの感触。
生で指が触れてきた。熱い唇に包まれる。
「やめ…そんなこと!」
学生時代は、彼女がいたことがあった。
でもあんまりセックスは好きじゃなく、フェラしてもらったこともなかった。
 
「……ぅあ」
未知の快感が、腰を突きあげてきた。
舌が生き物のように、俺に絡む。
「はっ……あぁ…」
動転して天井を見上げると、傘だけ付けた裸電球。
磨き途中の小さなウィンドウケース。その向こうには、真っ暗闇。
正面に向かい合う店は、閉店しないんだ。
客がいつ、ここを覗くか判らないのに……
 
「ん……んっ、アキ…やば……」
 
イキそうになって、揺れる頭を押さえた。
クチュクチュと卑猥な音を立てて、動きを止めない。
「あっ……やめろ……んぁああッ!」
 
情け無い声を抑えられずに、俺は亜樹の口に吐精してしまった。
「……夏雄、可愛い」
ぺろりと舌を出して、紅い唇を舐め上げると、いつもの調子で妖しく笑った。
 
「か…可愛いって!」
それは俺が、コイツに思ったことだ。俺が言われる言葉じゃ、ないだろ!
……つか、飲んだのか!?
驚いてばかりの俺に、更なる行動を仕掛けてきた。
「!?」
後ろに指を突っ込まれて、慌てた。
吐精の残滓を掬い取っては、ソコに擦りつけてくる。
「ぅあ…何やって…」
引き剥がそうとした身体を、体重を掛けて抱き込まれた。キスで言葉を塞がれる。
「ん……!!」
中で指を掻き回されて、ぞわっと腰が震えた。
……くそっ!
舌の動きが巧みで、指と連動して俺を翻弄する。
 
「あっ!」
「し……」
一瞬身体が離れて、腰を持ち上げられた。
不意に叫んだ声も、また唇で塞がれた。
同時に俺の中に、指じゃないモノが入ってきた……
 
―――熱い……!
 
「ん……んんッ……!!」
上と下の口を犯されながら、俺は喘ぐしかなかった。
指とは比べモノにならない熱い塊が、俺の中に収まって――そして、ゆっくりと出入りを始めた。どんどん速くなっていく。
「ん…んッ…」
屋台の内壁に追いつめられて、俺は腰を激しく打ち続けられた。
亜樹の外見に見合っているそれは、たぶんそんなにデカくはない。でも、ソレで内蔵を掠られると、有り得ない感覚が腹の中に生まれた。
「あ…あぁっ……アキ…」
「はぁ……ナツオ…」
耳元で囁かれて、ゾクリとした。
「んっ…締まった」
クスリと笑って、目を細める。
その額には、さっきとは違う汗を掻いていて。こんな状況でも、目を奪われた。
「アキ……色っぽ…」
「ナツオは、可愛い…」
 
……くそ…
 
悔しいけど、逆らえない。
それ以上は喘ぎ声しか許されず、また反り返ってしまったモノを、掌中にされた。
「ナツオ……イッて……僕もイク」
「あ……はぁ……、イク……アキ……イク、いく!!」
2度目の白濁を、自分の胸まで飛び散らせた。
「うっ……」
亜樹の熱を、腹の奧に感じた。
「はぁ……夏雄……気持ちいい」 
余韻を楽しむように、数回腰を動かしてから、俺から抜け出た。
    
「…………はぁ……」 
 
 
――― なんてこと、しちまったんだ……
 
 
放心してる俺の腹を、亜樹が舐め始めた。
「う、…うわ!?」 
さっきもそうだけど、そんなの舐めるなよ!
 
「……イヤじゃないクセに」
上目遣いに、瞳を妖しく煌めかせて笑った。
「――――――!」
「僕なんて、跳ね返せるはずなのに」
腰に跨ったまま俺の手首を掴むと、二の腕まで撫で上げた。
「こんな筋肉の付いた腕、僕よりよっぽど力、あるよね」
「…………」
この屋台を引き継いでから、嫌でも体力が付いた。
完全な肉体労働だったからだ。
 
 
「―――――」
撫でるに任せながら、俺は亜樹を見つめた。
「……なに?」
また怒ったような目。
……俺は、この視線の意味が、判らなくて……
「もし抗って、怒らせてしまったら………ぷいっと帰って、それっきりお前が来なかったら……」
そんなことで、コイツが俺の前から姿を消してしまうなんて。 
「それが、怖かったんだ。……嫌われるのも」
 
次ぎにどう出るか判らない、亜樹……俺に何かしてくれるのが、嬉しかった。
――こんな、恥ずかしい事でも。
「ちょっと……いや、かなり抵抗はあったけど」 
いつもみたいに、睨み付けてやった。
また余裕な笑顔で、何か言うと思ったんだ。
 
 
「僕……そんなふうに見える?」
……え? 
 
泣きそうに翳った顔。
……焦った。
この間と、まるっきり同じじゃないか!
今度は逃げてしまわないように、俺もとっさに亜樹の腕を掴んだ。
「………ッ!」
一瞬抗った後、腹に跨ったまま、じっと俺を見下ろしてきた。
 
「何か言う度に逃げられたら、お前を理解出来ないだろ?」
必死にその眼を、見つめ返した。
「俺、本当に嫌われたくなかった。アキがどんなヤツか、イマイチ判らなくて……”好き”の一言だけじゃ、まだ心配で」
「……………」
「こんなスゲー恥ずかしいこと、平気なわけ無いっつーの!……でも、繋ぎ止めておきたかった。抵抗したら、お前どうした?」
ガラにもなく赤面した俺に、亜樹も頬を赤らめる。
捕まえている腕は、俺を襲ったとは思えないほど、震えていた。 
「……………」
奥歯を噛み締めるように、唇をきゅっと結んだ。
……そんな顔も愛しくて。そっと腕を放した。 
 
「……逃げて、ゴメン」 
「………」 
 
 
「僕が何考えてるか、判らないって……親によく言われる」
「…………」
「この先どうするんだって、訊かれても……何も答えられなくて」
「―――――」 
「気まぐれだとか…不安定だとか」
「……ああ、なんか言いたいんだよな、大人ってのは」
「……うん、それが嫌だ」
「………まあ、それが親の仕事かもしんないけど」
 
 
「……そっか」
小さく頷くと、俺の胸に頬を乗せた。
「僕ね…何もかも、つまんなかった」
胸に熱い息を当てながら、喋る。俺の体内に、その声が響いた。
前髪の隙間で長い睫が、時々上下する。
白い顔にさっきの名残か、火照った頬が色っぽい……。この期に及んで、鼓動が早くなった。
 
「昔っから、時々来てたんだ。……ここ」
「……へえ」
「ネオンが綺麗だから。この灯りを見てると、落ち着いた」
「…………」
目を細めて、意味深に微笑むだけだった亜樹。
謎めいた言葉で、俺の気を惹いて……それでも、心は空っぽだった。
何かを欲しがって、この屋台に毎晩来ていたんだ。
「……俺と、同じだ」
ふふ…と、亜樹がくすぐったい息を漏らした。
「伝説…って言ったでしょ。……あれはホント」
「ほんとって…?」
不可解な契約の引き継ぎ。コイツの言い回し。無視出来ない何かが、確かにあった。
 
「……呼び寄せるんだよ、この屋台は」
顔を起こした亜樹の目が、始めて見た時のように、銀色に揺らめいた。
綺麗な切れ長の両端が、ますます吊り上がる。
 
「……………」
「無気力な人…希望のない人…渇いた心が、ネオンに引き寄せられる」
「……ああ」
「入れ替わったら、次の”店番”が見つかるまで、そこから出られない」
「……どうしたら、出れるんだ?」
「次の生け贄を見つける…イコール、卒業」
……卒業?
「前のおじさんは、なんて言ってた? 最後はどんな顔してた?」
 
―――あ
 
『オレは、こんなトコじゃ終わらねぇ』
そう、目を輝かせて……あんなスーツ来て。たぶん、違う仕事を見つけたんだ。
――――そうか。
 
「僕…久しぶりに来て、夏雄を見つけて……見てるうちに、ドキドキした」
「なんで?」
顔を覗き込んで、聞いてみた。
「俺なんて……」
つまんねぇ、プー太郎。
俺こそ、何もかもつまらなくて、世の中に拗ねていた。
「うん、僕と同じ目をしてた」
またクスリと笑うと、唇を近づけてきた。
「その目がね、生き生きと輝いていって。僕、見惚れた」
……ああ、仕事が楽しくなって行ったんだ。
「ここの店主が変わる度、その目を見て来たんだけど」
「…………」
「でも、夏雄の目は誰よりもカッコよかった」
「んっ」
激しいディープキス。
 
「はぁ……んな形容詞…初めてだ」
「ふふ……見る目の無い人たちに、乾杯」
 
盛る犬のように、また身体を舐め出したから、俺は慌てた。
「きょ…今日はもう、終わりだ!」
また突っ込まれたら、堪ったモンじゃない。
真っ赤になった俺を見下ろして、亜樹は悪戯っぽく微笑んだ。
「ねぇ……さっき、反発されたら、どうしたと思う?」
「…え?」
「縛り上げて、無理やりやった」
「―――!」 
謎だった少年は、あそこでぷいっと帰ってしまう……なんてキャラでは無かった。
 
 
 
「おい…アキ、やめろって」
客が外に並んでるっていうのに。
「……じゃあ、お預け」
散々触られて、膨れてしまったオレの股間。
激しいディープキスに、意識は朦朧。
「……はぁ…」
―――― くっそー!! 
最初が肝心だった。きっとそうだ。
主導権を握られた俺は、アキに翻弄されっぱなしで……
  
 
「へい、開店だよー!! らっしゃいっせーッ!!」
それでも、俺は今日も笑顔で店を開ける。 
「えーと、はい皮と軟骨と………あざーっ、また来てね!」
 
 
「よく我慢したよね、夏雄」
閉店後。裸電球を消した屋台の床で、俺はマッパにされていた。
開店前にフェラを途中でやめて、その後は何食わぬ顔で手伝っていた亜樹。 
閉店したとたん、襲ってきた。
「お預けしてたから、すぐしたいでしょ?」
「したいのは、おまえだろ!」
「ふふ…僕のこと、判ってくれて嬉しい」
口では強がるけど抵抗しない俺に、アキは子犬みたいにじゃれついてくる。
それは実際、俺も嬉しかった。
でも……やることは狼だ。
「あ……」
まだ覚悟もない俺の中に、入ってくる。
「夏雄……」
綺麗な顔を、火照らせて……
「ん……アキ……」
 
誰かに覗かれても、バレやしない。
そんな真っ暗な床の上で、俺たちは抱き合った。 
 
  
 
 
 
つまんねぇ。
そう思っていた。何もかもが。
 
 
何にもやる気が起きなくて。
自分のためにすら、動く気になれなかった。
何かが足りなかった。俺の中で。 
 
「やっと、わかった。……俺の”やる気”」
足りないモノ、見つけた。
「お前だ…亜樹」
嬉しそうに、俺の上で綺麗な顔が綻ぶ。
コイツが来ると思うと、ここに通う気になった。
毎日会えると思うと、朝起きるのが楽しくなった。
 
何を置いても、大事なモノ。
それのために、人生を賭ける。
そんな単純なことが、俺には判らなかった。
誰も本気で愛したことなど、無かったから。
 
自分のためじゃなく、大事な亜樹のために……俺は、働く。 
 
 
   
 
そして俺は、するりと屋台を出て、亜樹に微笑んだ。
「続きは、頼んだぞ!」
 
 
 
 
 
 
―――不思議な屋台。
深夜のネオンの焼鳥屋。
 
その輝きに、何かを期待して引き寄せられる……心の渇いた人間達。
幸運にも引き込まれたら、……きっと生き甲斐を見つけることができるんだ。
そして、次の”生け贄”を待ち続ける。
 
俺はあの時のおっちゃんみたいに、今まで着たこともなかったスーツに身を包んで、亜樹の前に立った。
 
「早く卒業して、出てこい。待ってるから」
亜樹の側で、閉店作業を眺める。 
 
ひっそりとした屋台と、開かない自動ドア。 
ピンクとオレンジのネオンは、今日も深夜の駐車場を照らし出す。
 
 
 
 
-終わり-
web拍手
      
 
NEXT-File長編SS短中編